うるさい女は嫌われる?特徴や嫌われる理由を解説

「うるさい女」と聞いてあなたはどんなイメージをもっていますか。あまり良いイメージをもっている人は少ないかもしれません。逆に悪いイメージを持っている人の方が多いのではないでしょうか。自分自身、うるさい女になってはいませんか。うるさい女はやはりあまりいいイメージはないのでそうならない為にも気をつけるべき点がいくつかあります。うるさい女にならない為にもしっかりと特徴をつかんでいきましょう。

2019年9月24日

うるさい女の特徴

では早速「うるさい女」の特徴をチェックしましょう。同じようにならないように気をつけてくださいね。

  1. 声が大きい
  2. オーバーリアクション
  3. 空気が読めない
  4. 話過ぎる
  5. 自分の話ばかりする
  6. 笑い声が大きくうるさい
  7. 要点がまとまっていない
  8. 態度が大きい
  9. 落ち着きがない
  10. 感情の起伏が激しい

うるさい女の特徴①: 声が大きい

うるさい女の一番わかりやすい特徴といえるでしょう。声が大きい人は何を話しててもうるさく感じます。

声が大きい人はどこでも関係なく声のボリュームが変わりません。声を聞いただけですぐに分かる、、という人が周りにいるのならその人は間違いなく声が大きい人の典型的な例です。

習慣になってしまっています。当の本人は自分の声の大きさには気づいていないのでなかなか改善するのは難しいかもしれません。

うるさい女の特徴②:オーバーリアクション

リアクションが必要以上にオーバーな人もうるさい女の特徴です。少しオーバーなリアクションや、たまにするオーバーリアクション、節度をわきまえているのなら場は盛り上がること間違いありませんが、オーバーリアクションが毎度毎度となってしまうとさすがにそれはうるささへと変化してしまいます。

自分をよく見せたりいい格好をしたいという気持ちが強いと職場などの不釣り合いな場所でも発揮してしまいます。

うるさい女の特徴③:空気が読めない

うるさい女は自分の話に夢中になりすぎて周りの空気を読む力が弱いです。上司や先輩と話していても配慮ができていないということもあります。

空気が読めずずっと大きな声で自分の話ばかりしていてはそれを聞いている人も思わずため息がでてしまいますよね。空気が読めない人は老若男女問わず好かれません。話に夢中になりすぎず周りへの配慮も忘れずにしましょう。

うるさい女の特徴④:話過ぎる

べらべらと聞いてもいないことまで話続けてしまうのも特徴です。聞かれたことをこたえるのはもちろんですが、聞かれていないことまで永遠と話しすぎてしまうと会話の趣旨もそれてしまいます。

結局何の話をしていたのか分からなくなることって女性ならではの特徴でもありますよね。人が話をしている時は、聞く。必要以上に話過ぎないことが大切ですね。会話は相手とのキャッチボールだと思いましょう。

うるさい女の特徴⑤: 自分の話ばかりする

4番目の特徴で挙げた話すぎるという特徴とよく似ています。話が盛り上がるとつい話すぎてしまうことって誰しもあると思います。

ですがうるさい女は話が盛り上がっていない状況でもマシンガントークで自分の話をします。周囲の興味を自分に向けたいためであり、自分が輪の中心にいたいという気持ちが大きいのです。

逆にそれが周りを困らせているということに気づかなくてはなりません。たくさん話すことが逆効果になってしまっています。

うるさい女の特徴⑥: 笑い声が大きくうるさい

話声がうるさい同様、笑い声もうるさいのです。あまりに笑い声がうるさいと耳障りですよね。

また、笑い声が大きいと下品にも見えてしまうので、男性からもひかれてしまう可能性があります。うるさいだけでなく女性性も半減してしまうのでマイナスなことばかりです。

綺麗な女性は笑い方も綺麗。笑うことはとても素晴らしいことですし楽しすぎてついつい盛り上がってしまいますが自分の笑い方も客観視できるようになりましょう。

笑い方ひとつで人間性がでますよ。

うるさい女の特徴⑦:要点がまとまっていない

うるさい女は基本的には自分の話ばかりします。自分のすきなように話続けるので何を話したいのか、要点が定まっていません。

それでは周りで聞いている人は結局何を言いたいのかわからないですよね。ただただ、まとまりない話を聞かされていることになります。

話をする場合はどれほど話が長くなろうと要点を見失わないことが大切です。そして周りの顔色もうかがうことも忘れずにしましょう。

うるさい女の特徴⑧:態度が大きい

なぜか上から目線で話す女性ってたまにいますよね。これもうるさい女には多い特徴です。

そんな女は自分の経験値や地位など自信があり相手が自分を尊敬しているよう、また自分が上の立場であるかのような、そんな振る舞いをします。どんなに自分より上の立場の人でも横柄な態度は気分が悪いですよね。

自分の方が上だと思っているせいか、主導権は自分にあると思い、たくさん話もしてしまうのです。=うるさい女です。

うるさい女の特徴⑨: 落ち着きがない

落ち着きがない女、生活音や、何気ない仕草の音がうるさいのも特徴です。何か動作をするたびに音をだしてうるさい人っていますよね。

うるさい女は話や笑い声だけがうるさいわけではなく、日ごろの生活音までもがうるさいのです。場が静かになってしまったり、じっとしておかないといけない状況になった場合は、落ち着きがないので無駄に話をしてしまったり身動きが多くなってしまいます。

落ち着きのなさとうるささは比例します。

うるさい女の特徴⑩:感情の起伏が激しい

喜怒哀楽が激しく感情の起伏が激しく、ちょっとしたことでも大げさに喜んだり、悲しんだりします。喜怒哀楽がしっかり表れるのは素晴らしいことですが、リアクションが大きすぎてしまうとそれは逆効果になってしまうこともあります。

感受性の強さやリアクションの良さが時にはマイナスなイメージをうんでしまうこともあります。何事もやりすぎてしまうのはNGですね。

うるさい女が嫌われる理由

うるさい女の特徴をみてきましたが次に嫌われてしまう理由を見ていきましょう。なぜ嫌われてしまうのか、どうすれば嫌われずにいれるのか、、、。

  1. 自己中心的
  2. 周りへの配慮がない
  3. 口が軽く噂話がすき
  4. 言動が雑

うるさい女が嫌われる理由①:自己中心的

うるさい女が嫌われる理由、一つ目は自己中心的な女。自分の話ばかりして自分のペースに巻き込む。

周りが見えていない分、自分本位になってしまうのです。そんな人は周りから好かれるはずがありません。

自分勝手に接していると周りから人が離れていってしまうでしょう。注目されたいという気持ちが大きい分自分本位になってしまうタイプがおおいですが、自分を客観視して自己中になってしまっていないか、自分を見つめ返すことが大切です。

うるさい女が嫌われる理由②: 周りへの配慮がない

うるさい女は自己中心的。周りの配慮がないため、人から嫌われやすい傾向にあります。TPOをしっかりとわきまえて場の空気を読むことは大切なことです。

それができないと周りから人が離れていってしまうのは当たり前のことですよね。せっかく楽しい場なのに空気を読まず、マシンガントークをされては周りにいる人にもう会いたくないと思わせてしまうでしょう。

好かれようとしている行動なのに嫌われては逆効果です。周りへの配慮は絶対に忘れないようにしましょう。

うるさい女が嫌われる理由③:口が軽く噂話がすき

口が軽く、人から聞いた噂話をぺらぺらと話してしまう女は当然信用されませんよね。うるさい女は噂話が大好きです。

良かれと思って平気で人に話してしまうので周りにいる人は相談話や秘密話はしないでおこうという考えになり離れていってしまいます。誰もが信用できない相手にはうわべだけの話しかしなくなります。

それいえ友人同士の信頼関係は薄くなってしまうでしょう。

うるさい女が嫌われる理由④: 言動が雑

話声、笑う声、生活音、すべての言動が大きいせいで雑だと思われてしまう傾向にあります。言動がいちいちうるさい女は男女問わず周りから嫌われてしまいますよ。

荒っぽい人は無意識な人が多いので意識することが大切です。ひとつひとつの言動を丁寧に行うように心がけましょう。

毎回意識しているとそれは習慣に変わります。自分の癖は努力すれば改善ができるので根気よく改善にむけていきましょう。

うるさい女の対処方法

実際、周りにうるさい女がいたらあなたはどう対処しますか。次はうるさい女の対処法をみていきましょう。

  1. 話を同調する
  2. 相手にしない
  3. 入ってこれない話をする
  4. 注意する

うるさい女の対処法①: 話を同調する

同調する事で相手は「私のことをわかってくれる」と感じ早々に話を切り上げることが、よくあります。 下手に反論をしてしまうから話が長引きうるさい話をずっとしてしまい、そうすると聞き手にストレスが溜まる一方ですよね。

さらに会話がヒートアップして終わりが見えなくなってしまうでしょう。 それならば相手に同調してしまった方が会話は反論するよりも早く終わる可能性が高いです。

話が長くなると困る時には相槌を打ち、同調するのがベストです。

うるさい女の対処法②:相手にしない

話していても相手にせず、聞き流すことも大切です。相手は話をすると聞いてもらえると思ってずっと話続けるのです。

ですのでここはあえて聞き流してみましょう。最初は自分の話に夢中で聞き流していても気づいてはくれないかもしれませんがその態度を変えずずっとしていればさすがに気づくはずです。

相手にしないことは心が痛むことではありますがここは心を鬼にしてやってみましょう。

うるさい女の対処法③:入ってこれない話をする

あえて話に入ってこれないように知らない話題を持ち出すのもひとつの手です。しかしうるさい女はそれでもなんとか会話に入ってくるでしょう。

しかしできるだけ相手に会話に入らせないことが大切です。自分が知らない話だと話に入ってきたとしてもぺらぺらとマシンガントークを繰り広げることはないでしょう。

しかし自分が話せる話題に話を転換してくる場合もあります。そんな時でもさりげなく話題を変えるようにしましょう。

うるさい女の対処法④: 注意する

この際、思い切って注意するのもいいでしょう。手っ取り早い方法です。

うるさい女は悪気がなく無意識にしてしまっていることが多いので人に指摘されないとわからないのです。これはとても勇気のいることですが、その人の為にも注意してあげることがベストかもしれませんね。

注意をしたところで必ず改善できるわけではありませんが注意をして自覚してもらうことから始めてみましょう。

うるさい女の直し方

何一ついいことがない「うるさい女」。直し方はきっとあるはずです。諦めないでください。

  1. 相手の表情をよく見る
  2. 自分を客観視してみる
  3. 声のボリュームを意識する
  4. うるさいことを指摘する

うるさい女の直し方①:相手の表情をよく見る

うるさい女は、まず、話をする時に相手の表情をよく見るようにしましょう。聞いてくれる人の表情を見て話をすることは基本中の基本ですが、マシンガントークをしてしまう人はこの基本ができていない人が多いのです。

自分の話を相手がどんな表情で聞いてくれているのか、楽しんで聞いてくれているのか、不快な気持ちで聞いているのか、表情を見るだけでわかるはずです。まずは自分の話だけに夢中にならずに相手のことをしっかりと見る習慣を身につけましょう。

うるさい女の直し方②:自分を客観視してみる

うるさい部分を直したいときは、まず話したいと思ったときに1度周りを見るよう伝えてみてください。周りを見て、今話すべきなのか、そうじゃないのかを判断する必要があります。

話したいときにいつでも話すのはよくありません。 また、周りを見ることで空気が読めるようにもなるので、人の話を聞く、必要でない時は黙るといった能力も自然とみについてくるはずです。

自分を客観視することは難しいことですが少しづつとりいれて習慣化させましょう。

うるさい女の直し方③: 声のボリュームを意識する

うるささを直したい時は声のボリュームを考えて話すように意識してみましょう。これは、意識しないと忘れてしまうので、日ごろから強く意識してください。

声のボリュームが下がるだけで、うるささというのは、半減します。ついついテンションが上がってしまうと誰もが声が大きくなってしまうものですが節度をわきまえましょう。

大人としてのマナーでもあるので必要不可欠なことです。TPOをわきまえていきましょう。

うるさい女の直し方④:うるさいことを指摘する

これは一番効果的といえるでしょう。はっきりと、直球で言うことです。「うるさいので静かにしてもらえませんか」等、はっきりとストレートにそのままの言葉を使って言えば、相手にはそのまま伝わるでしょう。

ただ、必ずしも上手くいくとも限りませんしリスクもあります。指摘されたことを逆恨みされたり、うるさいと思ってるのはあなただけで他の皆は思っていないとねじ曲がった解釈をされる可能性はあります。

しかし直球でいうことは一番相手に伝わることだと思うのでリスクはありますが期待値も高いです。

うるさい女は改善できる

うるさい女は当の本人は無意識であり、場を盛り上げるため良かれとおもってやっていることが多いです。なので話をスルーしたり話題を変えたりと間接的に伝えていくことは大切です。

それでも改善しないようならば直接、単刀直入にうるさいということを伝えてあげましょう。勇気がいることではありますが、はっきり伝えないと相手に伝わらないこともあります。

お互いがいい気持ちで会話ができるには配慮が必要で、努力していくことが大切です。