ネイルの男性ウケの実態…男性にウケの良いカラーやデザインご紹介!

ネイルは女性にとってモチベーションを上げる重要アイテムですね。ネイルは女性の特権とも言えますが、男性からはどう見えているのでしょうか。「ネイルは男性ウケが良くない」という話もありますが、本当はどうなのか気になるところですね。
そこで今回は男性ウケの視点から、印象の良いネイルのカラーやデザインを紹介していきます。

2019年11月3日

男性ウケの良いネイルとは

ネイルは種類も豊富でカラーもデザインも様々。女性にとっては気分を上げてくれたり、女子力アップをしてくれる必須アイテムですが、男性はどんなネイルが好きなのでしょうか。

好みは人によって様々ですが、基本的には、清潔感があって上品でシンプルなデザインのネイルが男性にも好まれるようです。可愛さにテンションが上がり、あれやこれやとつい盛ってしまい、気がついたらゴテゴテになってしまったことはありませんか?男性ウケを考えるのであれば、あまり「自己満足」にならないよう、男性好みのポイントを意識したネイルをするのが良いでしょう。

男性のネイルに対する本音

実際、男性は女性のネイルをどのように思っているのでしょうか。肯定派と否定派それぞれの声を紹介します。

ネイル肯定派

最近では男性でもネイルをする人が増えてきましたが、やはりまだまだ女性のお洒落ポイントというイメージがありますよね。肯定派の意見は主に「オシャレに気を使っているところが良い」ということです。

メイクや服、髪型だけでなく指先まで手を抜かずに気を使っていることは、美意識の高さも感じさせますし、「いつまでも可愛くいて欲しい」と女性に対して思うのは男性の常ではないでしょうか。

ネイル否定派

一方、ネイルに対して否定的な男性の意見としては、単純に「ナチュラルが好き」「ネイル自体の可愛さがよくわからない」といった話から、「清潔感が無い」という厳しい意見も。その他、「オシャレ優先で家事が出来なさそう」など、仕事や家事に対する実用性を考える男性ならではの現実的なコメントも見られました。

女性からすると、ネイルは気持ちを高めてくれる可愛くて楽しいものですが、なかなか男性には理解してもらえない部分も多いようですね。

男性ウケの良い・悪いネイルカラー

肯定派・否定派あるようですが、男ウケするネイルカラー、男ウケしないネイルカラーについてご紹介します。

男性ウケの良いカラー

①クリア

 引用:Instagram @utata_nail

ネイル否定派の男性にも受け入れられやすいのは、クリアネイルです。ナチュラルで清潔感があるため、ネイルに対して前向きになれない男性にも好印象を与えることができます。

クリアネイルであれば、軽いラメやストーンが入っていてもあまり派手にならず、控えめでありながら個性を出すこともできますね。広くウケの良いカラーと言えるでしょう。

②淡いピンク

引用:Instagram @private_nail_salon_cielo

女性らしく可愛らしい淡いピンクは、男性も大好きな色です。元々の爪の色にも近いので自然に見えますし、手入れをきちんとしていて上品だという印象を与えることができます。

注意したいのはあくまで肌色に近い薄い色を選ぶことです。ショッキングピンク等の濃いピンクは男性から見ると主張が強くなってしまい、引かれてしまうこともありますよ。

③ベージュ

引用:Instagram @sana0913

ベージュも淡いピンク同様に元の爪の色に近いため、嫌味が無く清楚で落ち着いた印象を与えることができます。ネイルが苦手な男性も、肌色に近く自然なベージュ色であれば興味を持って見てもらえますね。

上品なベージュ色は、ネイルに馴染みの無い年配の方にも受け入れられやすいので、例えばカレの両親に会う時やビジネスシーンなど、広く使うことのできるカラーでしょう。

男性ウケの悪いカラー

①紫

引用:Instagram @_cotonail_

男性から好かれにくい色として最初に挙げるのは紫です。男性ウケの良いカラーは、全体的によりナチュラルで清潔感がある色でしたが、逆に言えば、自然では無い色は男性ウケが悪い色と言えます。

男性目線で見ると、ネイルだけでなく下着やメイクなどでも、紫を使うことは良い印象を与えないようです。どうしても使いたい場合は、薄い紫にして控えめにすると良いでしょう。

②赤

引用:Instagram @nana7_nail

赤はエネルギーを強くイメージされる色で、力がみなぎっている時や元気を出したい時に付けたいカラーです。大人っぽい艶やかな印象を与えることができますが、男性ウケを考えた場合にはあまりオススメできません。

赤は良く言えば情熱的ですが、悪く言えば攻撃的になってしまいます。女性から迫られたいという男性であればともかく、男性ウケを考えた時にはやや難しいカラーと言えるでしょう。

③黒

引用:Instagram @smile.nailsalon

黒はモード系ファッションの定番カラーですね。クールで辛口な印象になりやすいですが、他のカラーとの組み合わせや柄など、やり方次第でポップにもガーリーにも一役買ってくれるカラーです。

しかし男性からすると、どうしても「女性らしい」「可愛らしい」という華やかなイメージとは反対の「ダーク」「かっこいい」という印象になってしまうため、男性ウケにはNGです。

男性ウケの良いネイルデザイン

続いて、男性ウケするネイルデザインもご紹介します。

①:ワンカラーネイル

引用:Instagram @coppelinail

シンプルな単色ネイルは清潔感とオシャレを兼ね備えていて、男女問わず幅広い層に受け入れられるネイルです。可愛らしく飾り立てたネイルで気分もアップ、といきたいところですが、男性ウケを考えた場合は「シンプル・イズ・ベスト」が大切です。

色を選ぶ場合は前述の紫や赤のような濃い色、青のような寒色系は避けて、肌色に近い色や暖かみのある色にしましょう。

②:白フレンチネイル

引用:Instagram @mn._.nails

ネイルの定番であるフレンチネイルは、男性ウケもしやすく人気のネイルですね。特に白は純潔や美しさの象徴と言われ、ブライダルにも使われますし男性に好かれる色なのです。

肌馴染みの良いベージュや薄いピンク等と組み合わせれば、まさに最強と言えます。オフィスでも浮くことが無く、取引先とのご挨拶などにも良いですね。

③:ラメフレンチネイル

引用:Instagram @tat_shinsaibashi

ちょっと遊びも入れたい、キラキラ要素が欲しいという人には、ラメフレンチをオススメします。シンプルなネイルが好きな男性にはストーンなどの装飾系は理解されにくいものですが、ラメを少し取り入れるのであれば派手すぎず、フェミニンな印象になりますよ。

ただし、基本の色はウケの良い淡い色にすることはお忘れなく。

④: クリアベースネイル

引用:Instagram @toraberry_nail

続いて紹介するのは、じわじわと人気も出てきたクリアベースネイルです。ナチュラル志向の男性には、爪の元々の色を生かしたネイルはウケが良く、好印象まちがい無しです。

透明感のある艶やかな爪に、軽めの装飾やフレンチなどのシンプルなデザインをすることで、清潔感と可愛さの両方の印象を与えられることがポイントですね。

⑤:グラデーションネイル

引用:Instagram @stellar_nail

濃い色は男性に好かれにくいですが、グラデーションにすれば取り入れやすくもなり、うるさくならず上品なイメージになるのでウケも良いです。ベースの色はピンク系の可愛いイメージの色がオススメです。

同じグラデーションでも、縦ラインのものよりは横のグラデーションの方がより自然な印象で好まれますよ。

⑥:レースネイル

引用:Instagram @tarako0909

男性ウケも狙いたいし、もう少し飾り立てたい気持ちもあるし…という人にはレースネイルが良いでしょう。白のレースは清楚な中にも女性らしさを演出することができ、男性ウケ抜群です。

注意したいのは、全体的に使用するのではなく、あくまでもさりげなく部分的に利用することです。服でも同じことが言えますが、やり過ぎは返ってマイナスイメージになりますよ。

⑦:変形フレンチネイル

引用:Instagram @starry_nail__

ウケを抑えつつデザイン性も重視するのであれば、シンプルな中にも個性を表現できる斜めフレンチや逆フレンチがオススメです。基本色はクリアや淡い色を選び、フレンチの幅や色でネイルを楽しみましょう。

全体的に統一感のある色味で、ラメやラインは控えめにするのがポイントです。また、清潔感を出すためになるべく短めにするのが良いですよ。

⑧:ワンポイントネイル

引用:Instagram @nail.lilys

男性ウケを考慮するのであれば、なるべくシンプルで控えめな印象のものが良いですが、少しは女性目線でも可愛いポイントを入れたいものですね。そんな時は、ワンポイントでアピールしましょう。

ベースがシンプルであればネイルが苦手な男性でも受け入れやすく、ワンポイントの部分で自分のセンスやオシャレに対する意識も伝えられますね。

男性ウケのポイントを掴んでネイルを楽しみましょう

男性ウケネイルの基本は「シンプル」「清潔感」「上品」の3点です。清潔感を出すために、濃い色をベースにしたネイルや装飾の多い派手なネイルは控えましょう。淡い色を基本とし、多くとも3色以内に抑えるのがベストです。

また、ネイル否定派の「家事や仕事の邪魔」というイメージも払拭するためにも長い爪はNGですよ。爪は極力短くして、作業の邪魔にならないようにしましょう。基本のカラーやデザインを抑えつつ、自分の好きなネイルを忘れないように楽しみましょうね。