【2019秋冬】ひと味違う大人の魅力♡セルフでできるフレンチネイルのコツとデザインカタログ

シンプルで上品な指先になれる「フレンチネイル」。シーンを選ばず好まれることから、ネイルデザインの王道とも呼ばれています。セルフでも取り入れる方が多いフレンチネイルですが、意外と難しいんですよね。そこで今回はセルフで取り入れる際のコツと、あわせてフレンチネイルのデザインカタログをご紹介します!

2016年9月17日

コツをつかんでキレイなフレンチネイルを作ろう

thinkstock (7968)

仕事や学校にも、プライベートファッションにも合わせやすいフレンチネイル。
自分でキレイにできるようになったら便利ですよね♪

でも簡単そうに見えて実は難しいフレンチネイル。
フレンチの部分をキレイにつくるのが結構大変!
シンプルだからこそ粗が目立ちやすいんですよね。

でも大丈夫!コツをつかめば自分でもキレイなフレンチネイルを作ることができます。

今回は、フリーハンドでキレイなフレンチネイルをつくるコツと、
ガイドテープを使ってフレンチネイルをコツの2つをご紹介します。

どちらが自分に合っているか、両方試してみてくださいね♪

セルフでできるフレンチネイルのコツ<フリーハンド編>

ベースを作る

ベースを作る

ベースカラーを爪全体に丁寧に塗っていきます。
ワセリンをたっぷりと塗る

ワセリンをたっぷりと塗る

ベースカラーが乾いたら、爪の周りの皮膚にたっぷりとワセリンを塗りこみます。
爪の中や、爪と皮膚の溝にたまるくらい塗るのがポイント!
左右どちらかからラインを引く

左右どちらかからラインを引く

先端のフレンチ部分に、白いポリッシュを塗っていきます。

このとき、一気にラインを引くのではなく、2回に分けて引くのがコツ!

まずは、右左どちらかのサイドから中央に向かってラインを引きましょう。
皮膚についたポリッシュは、先ほど塗ったワセリン効果であとから簡単に落とせます。
なので、躊躇なく皮膚にも付けちゃいましょう!

反対サイドからもラインを引く

反対サイドからもラインを引く

反対サイドからも同様に、中央に向かってラインを引きます。

右左どちらのラインとも、急いでラインを引こうとせず、ゆっくりと慎重にラインを引くのがコツ。

なじませて丸みを付ける

なじませて丸みを付ける

左右のラインが重なった部分が尖っているので、少しづつ両サイドから塗り足して丸みのある形に仕上げる。
トップコートを塗って完成

トップコートを塗って完成

キレイに仕上がりましたね♪
皮膚についたポリッシュを落とす

皮膚についたポリッシュを落とす

除光液をしみこませた綿棒で、皮膚についたポリッシュを落とします。
ワセリンを塗っているので、シールみたいにペロンと剥がれて楽々♪
爪の中に入ったポリッシュは水で落ちるので、手を洗いましょう。
色が薄い部分は足せばOK

色が薄い部分は足せばOK

アウトラインさえできれば、多少のムラは後からちょんちょんとポリッシュで足して整えればOKです。

フレンチネイル用の筆を使えばさらにキレイに

 (7977)

フレンチブラシを使えば、ポリッシュの筆を使ったときよりもなめらかなラインに♪
フレンチ部分が厚く深いデザインには筆先の角度が大きいものを、フレンチ部分が薄く浅いデザインには角度が小さいブラシが適しています。

一つあると便利なのでおすすめです♪

ラインがよれたらキレイな筆でふき取る

 (7980)

ラインがよれたら、焦らずに何も付いていない状態の筆ですぐにふき取るとキレイになります。

筆についたポリッシュは、固まる前に布やキッチンペーパーで除去しておきましょう。

セルフでできるフレンチネイルのコツ<ガイドテープを使う編>

種類豊富!貼って塗るだけの簡単ガイドテープ

種類豊富!貼って塗るだけの簡単ガイドテープ

爪先にガイドテープを貼る→上からポリッシュを塗る→ガイドテープを剥がせばOKの便利な道具ガイドテープ!

スタンダードなフレンチネイル用の型以外にも、変形フレンチ用の型もたくさん販売されています♪いろんなフレンチを気軽に楽しみたい人におすすめ♪

貼って塗って剥がすだけ

貼って塗って剥がすだけ

①爪先にガイドテープを貼る
②上からポリッシュを塗る
③ガイドテープを剥がせばOK

ポイントは
・ベースカラーが完全に乾いてからテープを貼ること
・端っこはテープが浮きやすいので密着させる
・剥がすときはポリッシュが固まってから

マスキングテープや絆創膏でも代用可

マスキングテープや絆創膏でも代用可

市販のガイドテープじゃなくても、マスキングテープや絆創膏でも代用はできます。
カットするのが手間なので、おすすめは初めから型どられたガイドテープです。
斜めフレンチや三角フレンチなどのアレンジにも使える

斜めフレンチや三角フレンチなどのアレンジにも使える

ガイドテープを使えば、スタンダードなフレンチネイル以外も楽々デザインできます。

セルフフレンチネイルの参考に!デザインカタログ♡

フレンチラインにラメをON

フレンチラインにラメをON

王道のホワイトフレンチにラメラインでアクセント。フレンチラインにラメを引くと、多少のがたつきはごまかせるので一石二鳥♡
透明感◎ラメフレンチ

透明感◎ラメフレンチ

フレンチの部分をラメでつくるのも透明感が出てキレイですよね!さっぱりシンプルな気分のときにおすすめ♪
ホワイト以外の色でもかわいい♡

ホワイト以外の色でもかわいい♡

ホワイト以外でフレンチをつくるのもおすすめです♪写真のネイビーのフレンチネイルも上品でかわいいですよね♡ストーンで華やかさをプラスプ+
一本だけ色違いに♪

一本だけ色違いに♪

薬指だけカラーとフレンチ部分の厚さを変えたおしゃれなデザイン。ワンポイントのパーツも上品でかわいいですね♡
レオパード柄をまぜておしゃれに

レオパード柄をまぜておしゃれに

基本のホワイトフレンチとレオパードをMIXしたおしゃれなデザイン。色が落ち着いているから、さりげなく見えますよね!これならオフィスでも大丈夫そう♪
フレンチ×お花柄ネイルシール

フレンチ×お花柄ネイルシール

定番のフレンチネイルに飽きたら、ワンポイントでネイルシールを重ねるのもあり◎フレンチネイルをお花柄のネイルシールでデコレートした上品なデザインですよね♪フレンチ部分とネイルシールの重ね方が絶妙なバランスで素敵です!
グレージュ斜めフレンチ

グレージュ斜めフレンチ

旬なグレージュカラーの斜めフレンチネイルであか抜け♪明るめのゴールドラメで華やかさUP。色合いがマッチしていて素敵です♡
ネイルシールでフレンチラインを飾るのも◎

ネイルシールでフレンチラインを飾るのも◎

フレンチラインに、ゴールドのネイルシールを貼ってゴージャスに♪ラメをひくよりも広い面積を隠すことができるので、フレンチラインのがたつきが気になるときにもおすすめです。
べっこうネイル×逆フレンチ

べっこうネイル×逆フレンチ

べっこうネイルの逆フレンチがおしゃれ♪フレンチ部分の厚い逆フレンチなら、爪が伸びてもキレイです。なかなかデザインを変えられない人にもおすすめ!
カーキの丸フレンチでぬけ感ネイル

カーキの丸フレンチでぬけ感ネイル

秋らしいカーキを2色使った丸フレンチ♪かわいらしさもおしゃれさも表現できるデザインです♡
甘め丸フレンチ

甘め丸フレンチ

秋らしいカラーで、丸くフレンチを作った可愛らしいデザイン♪フレンチラインのラメとパーツで華やか&ガーリーに。
秋色ドットフレンチ

秋色ドットフレンチ

フレンチラインにそって、秋らしいカラーをポンポンとランダムに乗せてドット風に♪これなら多少ラインがガタついてもデザインの一部にできるのでおすすめです。おしゃれ度UP♡
フランス国旗×フレンチ

フランス国旗×フレンチ

フレンチ部分をフランス国旗カラーに塗ったデザインがおしゃれ♪ベージュカラーとの相性も抜群です。何色かをフレンチ部分に使うデザインはガイドテープを使うと作りやすいです♡
ベースカラーで遊ぶのも◎

ベースカラーで遊ぶのも◎

人差し指のフレンチネイルはベースがグレー、フレンチ部分がピンクと色使いに個性が出ていて素敵です♡中指と薬指の丸フレンチ、親指と小指の単色ネイルの組み合わせもオシャレ♪応用編として参考にしたいデザインです。

フレンチネイルをマスターすればネイルがさらに楽しく♪

フレンチネイルは定番の形以外にもバリエーションがたくさんあります。
また、全部の爪をフレンチネイルにするデザインもあれば、
ワンポイントでフレンチネイルをいれるデザインも。
シンプルだけど奥が深いです、フレンチネイル!

フレンチネイルの基礎さえ自分のものにできれば、今後のセルフネイルがもっと楽しくなるはず♪
今回はフリーハンドで作るこつと、ガイドシールを使って作るコツの2パターンをご紹介しました。
人によって向き不向きがあると思うので、どちらも試して取り入れやすい方法をマスターしてみてくださいね。