ベルベットネイル10選!気になる持ちや失敗しないやり方もご紹介

もこもこふわふわで冬にしたくなる定番ネイル、ベルベットネイル。とてもキュートで可愛いですよね。女の子らしさ満載のベルベットネイルですが、質感的に持ちやセルフでのやり方が気になりますよね。そこで、ベルベットネイルのデザインや気になる持ち、セルフネイルでのやり方など詳しくご紹介します。

2019年7月13日

ベルベットネイルとは

ベルベットネイルは、そのふわふわもこもこの質感からファーネイルとも呼ばれていて、冬の定番ネイルです。通常のジェルネイルやスカルプチュアネイルはツヤツヤとした仕上がりが特徴なので、普段とは違う質感が楽しめます。

ファーのような質感なので、暖かい印象で可愛いです。ネイルの先までより女性らしさが出るネイルです。

もこもこになるパウダーを使ってベルベットネイルを作るので、ポイントとして入れたり、もこもこで形を作ったり色々なアレンジ方法があるので楽しいですね。オリジナルのアレンジで個性的にするのもおすすめです。

ベルベットネイルのやり方

とても難しそうに見えますが、やり方さえ分かれば誰でも簡単にすることができます。ベルベットネイルのやり方を詳しくご説明します。

引用:Instagram@sonoda_preko

ベルベットネイルに必要なもの

  1. ファーパウダー
  2. ベースコート
  3. ベースカラー
  4. トップコート
  5. ピンセット

ベルベットネイルのやり方

  1. 通常のジェルネイルのときのようにベースコートを塗ります。
  2. ベースカラーを2度塗りして土台を作ります。この色はファーパウダーと同じ色でも違う色でも大丈夫です。
  3. トップコートを塗り硬化させたら、もう一度トップを塗ってその上にファーパウダーをピンセットでかけます。
  4. 指でとんとんとしっかり押さえたら、余分なパウダーを落とします。
  5. その上からもう一度たっぷりパウダーをかけて硬化します。
  6. 硬化してはみ出た部分をバッファーで削ったら完成です。

ベルベットネイルに失敗しないためのポイント

ベルベットネイルのやり方は意外と簡単だったと思います。簡単だからこそ、気をつけてほしいポイントがあります。

綺麗に仕上げるコツは、ファーパウダーを触りすぎないことです。パウダーがしっかり密着するように硬化前指で押さえるのですが、このときにあまり触りすぎてしまうとファーが汚くなる原因になるので気をつけてください。

また、ベースカラーは何色でもいいとお伝えしましたが、ファーが取れてきたときにファーパウダーと同系色を塗っておくと取れた部分が目立ちにくいのでおすすめです。

ベルベットパウダーに代用できる!100均で作るベルベットネイル

ベルベットパウダーがなくても大丈夫!100均のふわもこパウダーで代用できちゃうんです。

ふわもこパウダーとは

100円均のキャンドゥで発売されているふわもこパウダーという商品が、ベルベットパウダーに仕上がりがそっくりでとても優秀なんです。

使い方ややり方は通常のベルベットパウダーやファーパウダーと同じなので手軽に始めることができます。100均なので手軽に購入できるのもいいですね。

カラー展開が豊富なのも嬉しいポイントです。1つ100円とは思えないクオリティで、初心者が始めて挑戦するのにもぴったりです。

では、キャンドゥのふわもこパウダーを使ったネイルをご紹介します。

ふわもこパウダーを使ったベルベットネイル

引用:Instagram@v6_nanapom.nail

ふわもこパウダーを2色使ったベルベットネイルです。シンプルでとても簡単なのに、凝ったネイルに見えますね。

デザイン自体はシンプルですが、ロングネイルなのでとても華やかで素敵です。優しいピンクとクールなグレーの組み合わせもとてもおしゃれです。

ベルベットネイルは秋冬のイメージですがこのネイルは色使いが爽やかで季節問わずすることができそうですね。

気になるベルベットネイルの持ち

ベルベットネイルは、見た目がふわふわでとても可愛いですよね。その可愛さを出すために、パウダーを乗せたあとトップコートを塗りません。

そのため、どうしても通常のネイルに比べると持ちが悪いです。マニキュアでした場合は早くて数日、ジェルネイルでした場合でも2週間から3週間ほどと言われています。

水に濡れても大丈夫?と思っている人が多いと思いますが、基本的には水に濡れることは問題ありません。ただ、トップコートがないので摩擦には弱いので、なるべく触れないようにするのが持ちをよくする方法です。

ベルベットネイルデザイン10選

それでは、実際にベルベットネイルのおすすめデザインをみていきたいと思います。

デザイン①:チェックベルベットネイル

引用:Instagram@kazue.818

グレーやホワイト、ブラックなどダークトーンで作るチェックベルベットネイルです。冬らしい雰囲気が色使いとデザインから伝わってきますね。

ネイル全体をベルベットネイルにしているので、ダークトーンでも柔らかい印象でとてもバランスのいいネイルです。パールもアクセントになっていていいですね。

デザイン②:肉球ベルベットネイル

引用:Instagram@nailsalon_musee

モノトーンでまとめたシックなベルベットネイルです。黒猫と肉球が個性的でとても可愛いデザインです。

肉球のツヤツヤ感とその周りのベルベットネイルのふわふわ感がリアルに猫のような雰囲気が出ていて面白いですね。ロングのオーバルネイルにすることで、個性的ながらも綺麗で上品な雰囲気は出ていて、とてもバランスがいいです。

デザイン③:キャラクターベルベットネイル

引用:Instagram@megupi6

ブラウンのベルベットパウダーを使って作るテッドのキャラクターベルベットネイルです。体やおしりまで再現されているのが可愛いですね。

動物やキャラクターのリアルな質感を再現できるのは面白くて、ベルベットネイル特有の楽しみ方だと思います。普通のジェルネイルと組み合わせることでよりベルベットネイルのふわふわ感が強調されて可愛いです。

デザイン④:ハートのベルベットネイル

引用:Instagram@nyanyanya_nyail

くり抜かれたハートがふわふわしているのが特徴的なベルベットネイルです。凝っているように見えますが、マスキングテープなどをハート型にくりぬき、そこにだけパウダーを乗せればセルフネイルでも簡単に挑戦することができます。

赤とグレーの組み合わせが冬らしくて可愛いですね。

デザイン⑤:ドットベルベットネイル

引用:Instagram@sonoda_preko

ピンクとパープルのドットの毒々しさが可愛いベルベットネイルです。ゴールドのホログラムパーツでもドットを作っていて、異素材感がとてもおしゃれで可愛いです。

普通のツヤ仕上げの指とのバランスもよく、個性的ながら周りと一歩差がつくネイルですね。上級者向けのデザインで、真似したくなります。

デザイン⑥:レオパードベルベットネイル

引用:Instagram@miichan_0325

マット仕上げとベルベットネイルのふわふわ感がおしゃれなベルベットネイルです。レオパード柄をベルベットネイルにしていて、リアルなファーのようでとても可愛いです。

ゴールドのパーツと赤が大人の女性の雰囲気を出していてセクシーな手元です。華やかなので、ここぞというときに取り入れたいデザインです。

デザイン⑦:ルブタン風ベルベットネイル

引用:Instagram@private_salon_knail

パープルやピンクの組み合わせが特徴的なベルベットネイルです。締め色のブラックはベルベットではなく普通のツヤ仕上げなのがポイントですね。

シルバーのトゲトゲで、ルブタン風のデザインがおしゃれです。他にはないデザインで、誰とも被りたくない人におすすめです。

デザイン⑧:ニットベルベットネイル

引用:Instagram@rimijun1148

こっくりした黄色とホワイトの組み合わせが女性らしいベルベットネイルです。ニットネイルになっていて冬にぴったりなデザインです。

立体感のあるニットネイルとベルベットネイルの組み合わせは派手になってしまいがちですが、他の指をシンプルにしたことと色使いが落ち着いているため、うるさくならず綺麗にまとまっていますね。

デザイン⑨:牛柄ベルベットネイル

引用:Instagram@junoquartz_opa

ベルベットももこもこで牛の柄をデザインしたネイルです。個性的でとても可愛いですね。

カーキやブラウンなどのアースカラーを使っているので肌馴染みがよく綺麗にまとまっています。ショートネイルとの相性もいいですね。

色合い的に季節問わずすることができるでしょう。

デザイン⑩:うさぎのしっぽベルベットネイル

引用:Instagram@esnail_japan

うさぎのしっぽのようなポンポンが爪の根元についたベルベットネイルです。ユニコーンカラーがとても可愛いですね。

爪に乗せて全体をもこもこさせたり、ハートなどのかたちをくり抜くデザインだけではなく、このようにポンポンを作ることもできるんですね。女の子らしい雰囲気で冬に真似したいですね。

ベルベットネイルを取り入れて優しい雰囲気になろう

ふわふわな質感が魅力的なベルベットネイルでは、アレンジ次第で色々なデザインができることが分かりました。色使いしだいでは派手すぎない落ち着いたデザインにすることもできます。

ふわふわした優しく暖かい雰囲気は女性らしさも出してくれるので、ぜひ取り入れたいですね。セルフでも簡単にすることができるので、挑戦しやすいのも魅力的です。

また、冬だけではなく色使いやデザインを工夫すれば季節問わずすることができるので、挑戦してみてください。アレンジの幅ががひろいので、デザインを考えることから楽しんでください。