【セルフネイラー必見!】ジェルネイルとマニキュアを上手に使うコツをご紹介♪

セルフネイラーさんのネイル方法は、大きく分けて2つ【ジェルネイル】と【マニュキュア】があると思います。
どちらの方法もちょっとした工夫で美しく長持ちするので、今回は『それぞれを上手に塗るコツ』と『それぞれの良いところ悪いところ』をご紹介したいと思います!

2017年1月15日

ジェルとマニュキアの特徴を知ろう!

【ジェルネイルキット】〜セルフネイル初心者におすすめのスターターキットです。 (15216)

ネイルグッズの充実でセルフネイラーさんが爆発的に増えました!
ネイルというと『ジェル』と『マニュキア』のふた通りの方法が思い浮かびますが、それぞれにプラス面とマイナス面があるのをご存知ですか?
今回はそれぞれの”良い点・悪い点”を知り、特徴を知った上で上手に塗るポイントをご紹介致します。
特徴を知って頂くと用途やデザインに合わせてネイル方法を使い分ける事ができるので、より美しい指先を簡単綺麗に手に入れる事ができちゃいますよ♪

ジェルネイルってどんなネイル?

ジェルネイルのメリット♪

ジェルネイルのメリット♪

ジェルはUVライトなどを使ってすぐにツルツルに固めることができるので、そのままの状態を2~3週間キープすることが可能です。(メンテナンスが上手な方は1か月以上奇麗な指先をキープしている様です!)
ライトで固めてしまうので、塗った後ヨレてしまわないのも嬉しいポイントです。
ジェルネイルのデメリット×

ジェルネイルのデメリット×

固めているのでオフに時間がかかります。
又、強い薬液で指先が荒れる・爪を削り過ぎるなどのトラブルも聞かれます。
最近はジェルが皮膚に付着する事で起こる【ジェルネイルアレルギー】が増えているそうなので、きちんと正しい方法で施術する事がとても重要です。

ジェルネイルを上手に塗るコツは?

ベース作りは大切に!

ベース作りは大切に!

甘皮がそのままになっているとジェルが甘皮の上に乗ってしまい、そこからジェルが浮いて剥がれやすくなります。

甘皮をきちんと処理すると見た目も美しく仕上がるので、きちんとケアしましょう。

サンディングを忘れずに!

サンディングを忘れずに!

ジェルと爪の密着度を上げるために、バッファーで爪表面をサンディングしましょう。
爪のサイドも含め丁寧にサンディングした方が良いですが、削り過ぎて自爪を傷めてしまわないように注意しましょう。
はみ出したネイルはきちんと取り除く!

はみ出したネイルはきちんと取り除く!

ジェルがはみ出すとそこからネイルがめくれてきてしまいます。
はみ出した部分はウッドスティックで丁寧に取り除きましょう。

アセトン入りリムーバーで拭き取るのも良いですが、液体を直につけてこすると皮膚を傷める可能性があるので注意しましょう。

マニュキアってどんなところが良い?悪い?

マニュキュアのメリット♪

マニュキュアのメリット♪

何といっても手軽に塗ったりチェンジしたりできるところが魅力です。
ジェルに比べるとコストが抑えられるので、より多くのマニュキュアを揃えることができます。
マニュキュアのデメリット×

マニュキュアのデメリット×

乾くまでに時間がかかるので、待っている間にヨレてしまうことがあります。
ジェルに比べると仕上がりが長持ちせず、1週間程で剥がれてきてしまう事が多い様です。

マニュキュアを上手に塗るコツは?

トップ・ベースコート

トップ・ベースコート

ベースコートやトップコートはマニュキュアのモチを格段に良くします。
ひと手間ですが、ベース・トップコートをエッジまできちんと塗ることで剥がれを軽減できます!
塗る量をうまく調整しよう!

塗る量をうまく調整しよう!

二度塗りして頂くのが良いと思います。
一度目はハケの両面をしごいてごく薄く塗り、二度目はハケの片面のみしごき、もう片面にマニュキュア液がぽてっと乗るくらいの量をとって塗ります。
塗る順番が大事!

塗る順番が大事!

塗る順番によって仕上がりに差が出ます。
液を継ぎ足さないようにするのも重要です。
パールタイプの場合は中心⇒両端の順番で塗ります
マットタイプの場合は少しずつ重ねながら端から塗っていきます。

ジェルネイルとマニュキアの特徴は掴めましたか?

『ジェルネイル』と『マニュキア』、それぞれの特徴や綺麗に塗れる方法をご紹介致しましたが、いかがでしたか?
それぞれに良い面があると同時にマイナス面もあります。
特徴を知っていれば良い面を最大限に生かして、ご自身のお好みのデザインをよりスムーズにして頂ける事と思います。
セルフネイルは奥が深いですが、今回ご紹介した内容を元に、セルフネイルライフをより充実させる手助けになれば嬉しいです♪