アボカドアレルギーの危険な症状…知っておきたい検査や対処法!

みなさんは、アボカドアレルギーという言葉を聞いたことがありますか?アレルギーは、発症すると命に関わる場合もあり、とっても怖いですよね。

今回は、アボカドアレルギーの危険な症状や、アレルギーを発症した時の対処法や、アレルギー検査などをご紹介します。

2019年7月30日

アボカドアレルギーとは

アボカドアレルギーは、口腔アレルギー症候群に分類されます。アボカドを食べたときに起こるアレルギーで、口の中に違和感があったり、蕁麻疹を起こしたりなどといった症状があります。

ゴム手袋をしたときに手が痒くなる経験のある人は、アボカドアレルギーを起こしやすいです。また、アボカドだけでなく、キウイフルーツ、バナナ、パイナップル、栗などを食べたときにも同じ症状を起こす場合があります。

アボカドアレルギーの症状

アボカドアレルギーには、主にどう行った症状があるのでしょうか?
自分でもアレルギーかも?と判断できそうなアレルギー症状をご紹介します。

  1. イガイガ感
  2. のどや腫れの腫れ
  3. 吐き気、嘔吐
  4. 蕁麻疹
  5. 目のかゆみや鼻づまり

アボカドアレルギー症状①:イガイガ感

喉がイガイガしたり、違和感があるのもアボカドアレルギーの症状の一つです。少しでも違和感がある場合は、食べるのをやめてしっかりと対処しましょう。

声が枯れてきたりする場合もありますので、変化をしっかりと覚えておくことで、病院での対処もしやすくなります。声の枯れは、風邪と間違いやすいので、十分に注意しましょう。

アボカドアレルギー症状②:のどや舌の腫れ

食べ物を食べて口が腫れたり、のどや舌が腫れるのもアレルギーの症状です。気がついたらすぐに、うがいをしましょう。

うがいは大切ですが、うがい薬を使って刺激を与えることはしてはいけません。水道水で口をうがいをしましょう。

また、アレルギー反応の強い人は、食べていなくても少し成分が口に触れただけで反応してしまう場合があります。手もしっかりと洗って対策をしましょう。

アボカドアレルギー症状③:吐き気、嘔吐

アレルギー反応で一番しんどいのが、吐き気や嘔吐です。吐き気や嘔吐は、すぐには治りにくいです。

症状が出た際には、安静にしておきましょう。また、できるだけ発症しないように、普段から、一つのものを食べ過ぎないように注意し、発症した場合は、何を食べてそうなったかも覚えておくことが大事です。

一度気分が悪くなった時は、メモをして、病院に行って医師に相談をしましょう。

アボカドアレルギー症状④:蕁麻疹

蕁麻疹は、アレルギーで一番わかりやすい症状です。蕁麻疹が出たら、病院へ行き食べたものを医師に伝えましょう

アレルギーは、アナフィラキシーショックを引き起こしかねません。とっても危険ですので、放置せずにしっかりと対処をしましょう。

また、痒くてもかいてはいけません。痒くて絶対にかかないようにしましょう。かくことでさらにかゆみに敏感になってしまう場合があります。

アボカドアレルギー症状⑤:目のかゆみや鼻づまり

アレルギーを起こすと目にもかゆみが出てきたり、鼻水や鼻づまりの症状が出ることもあります。鼻水や鼻づまりは、風邪と間違いやすいので、注意が必要です。

風邪と決めつけずに、しっかりと様子を見ることが大切です。また、アレルギーは、食べ物を摂取してから15分後に発症しやすいので、食べ物を食べた時間をしっかりと覚えておくと良いでしょう。

アボカドアレルギーとラテックスアレルギーの関係

ラテックスアレルギーとは、ゴム手袋などに使われている天然ゴムの成分が原因で起こるアレルギーです。アボカドやメロンなどの果物に含まれている成分と似ているため、アボカドアレルギーなどのフルーツアレルギーを起こすことがあります。

このアレルギーは、ラテックスフルーツ症候群ともいわれています。ゴム手袋でアレルギーを起こしたことがある人は注意が必要です。

アレルギーの可能性が考えられる場合はすぐに医師に相談して、しっかり対策を取ると良いです。

アボカドアレルギーかどうかの検査

アボカドアレルギーは、急に発症することもあります。今まで食べてもなんともなかったのに、急に蕁麻疹が出てしまったということもよくあるので、反応が出たらすぐに病院へ行きましょう。

また、なりやすい人の特徴は、同じものを毎日食べ続けている人や、甘いものをよく食べる人花粉症の人ゴムにアレルギーがある人です。特にゴムにアレルギーがある人は、病院で血液検査をすることをおすすめします。

アボカドアレルギーの症状が出たときの対処法

アボカドアレルギーが出てくるのは突然かもしれません。もし、アボカドアレルギーが出てしまった時はどのようにしたら良いのか、対処法をご紹介します。

  1. うがいをする
  2. 手をよく洗う
  3. すぐに病院へ行く

アボカドアレルギー対処法①:うがいをする

食べ物で起こしてしまったアレルギーの対処法では、最初に、口の中にまだ食べ物が残っている場合は、すぐに取り出すことが大切です。次に、うがいをしましょう。

まだ、アボカドアレルギーは、食べ過ぎると反応してしまう人がいます。少しでも摂取量を減らして、長引かないようにしっかりとうがいをしましょう。アレルギーを持っているかどうかわからない場合は、対策として、少しずつ適量食べることをおすすめします。

アボカドアレルギー対処法②:手をよく洗う

うがいをする際に、手をよく洗うのも大切です。アレルギー反応を起こした食べ物を手で触ってしまっていて、その手で目を触ってしまうと、今度は、目にまで症状が出てしまうかもしれません。

しっかりと石鹸で手を洗うようにしましょう。また、もし目に症状が出てしまった時は、水道水でしっかりと目をすすぎましょう。

アボカドアレルギー対処法③:すぐに病院へ行く

アレルギーが出た時の一番の対処法は、すぐに病院へ行くことです。アレルギーには、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

アナフィラキシーとは、生命の危険が考えられる状態になることを言います。アレルギーに気づかず食べ続けてしまうと大変危険です。

少しでも異常を感じたらすぐに病院へ行って対処してもらいましょう。

事前にアレルギー検査をして不安のない食生活を楽しもう

アレルギーは、病院の先生にお願いをすれば、アレルギーの血液検査をしてくれます。子供の頃は大丈夫でも、大人になってから発症する場合もありますので、気になる方は、アレルギーの検査をしておくことをおすすめします。

アレルギー対策をしっかりとして、自分の体を大切にし、食生活を楽しみましょう。