アイシャドウブラシはセット買いしよう♪使い方&おすすめを紹介

毎日のメイクで、雰囲気を変えるのに欠かせないアイテムといえばアイシャドウですよね。
多くのアイシャドウには元々チップが付いていますが、プロのメイクさんや、メイクが上手な人はアイシャドウブラシを使いこなしてメイクしているんです。
アイシャドウブラシといってもピンと来ない人も多いと思いますが、ポイントを押さえれば簡単に使いこなせるようになるので、普段のアイメイクがマンネリしてきた人や自分のメイク方法がしっくりきてない人にはおすすめです。使い方やおすすめの商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年8月5日

アイシャドウブラシ

アイシャドウブラシを使うメリット

付属のチップではなく、アイシャドウブラシを使ってメイクすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

  1. グラデーションが作りやすい
  2. 細かいところにも使いやすい
  3. 種類が豊富
  4. ぼかすのにも使える

メリット①:グラデーションが作りやすい

アイシャドウを何で塗るのかによって仕上がりは変わります。どのアイテムにも仕上がりの特徴はありますが、アイシャドウブラシを使うことで、ふんわりと色づくので優しいイメージの仕上がりにしたい人にはとてもおすすめです。

さらに、はっきりと色づくのではなくふんわりと色づくのでグラデーションを作るときにもとても使いやすいです。多くのアイシャドウに付属しているチップを使ってグラデーションを作ろうと思っても、なかなか難しいですよね。

全体をぼかしながら色付けていくので、グラデーションを作るときにはアイシャドウブラシがぴったりです。

メリット②:細かところにも使いやすい

細かいところにも使いやすい

アイシャドウブラシには種類やサイズがたくさんあるので、下まぶたやまつげの際など細かいところにも使いやすいです。チップや指では、細かいところには塗りにくいですよね。

チップや指で塗った場合濃く色づくので、はみ出してしまうととても目立ちます。その点、先ほどもご説明した通り、アイシャドウブラシならふんわりと色づくので少々はみ出しても気になりませんし、細いブラシを使えばはみ出すことなく塗ることができます。

ブラシのサイズなども意識すればメイクの仕上がりがぐんとよくなるでしょう。

メリット③:種類が豊富

アイシャドウブラシには、ブラシのサイズや素材にたくさんの種類があります。使いたい部分やしたい使い方によって使用するブラシを変えましょう。

上記のように下まぶたなどの細かいところには細いブラシを使ったり、ふんわりと色付けしたい場合には毛質が柔らかいブラシがおすすめです。また、はっきりと色付けしたり濃いめに色付けしたいときには硬めの毛質のブラシを使ったりと、使い分けをすることができます。

このような細かいポイントを押さえると仕上がりが変わってくるので覚えておきましょう。

メリット④:ぼかすのにも使える

ぼかすのにも使える

メリット①でグラデーションを作るのにおすすめだとご説明しましたが、その際にも使えるアイシャドウブラシでぼかす方法があります。アイシャドウを塗るときにはもちろん、何もつけていない状態のアイシャドウブラシを使ってまぶたを撫でることで、自然な仕上がりにぼかすことができます。

これはグラデーションを作るときにも使えますし、単色のアイシャドウを使うときにも使えるので、1本持っておくととても便利です。濃いめの色のアイシャドウで、そのまま塗っただけだと目立ちすぎてしまうときにぼかしてあげると肌に馴染むので試してみてください。

アイシャドウブラシ形・大きさの種類

先ほどアイシャドウブラシにはたくさんの種類があることはご説明しましたが、ここではさらに詳しくブラシの種類についてご紹介していきます。

  1. アイシャドウブラシ
  2. ブレンディングブラシ
  3. ペンシルブラシ
  4. シェーダーブラシ(平筆)

アイシャドウブラシ種類①:アイシャドウブラシ

引用:amazon

アイシャドウブラシの中でも特に名前がなく、サイズ違いでセットになっているものがあります。初心者の人にはまずサイズ違いになっているものが分かりやすくておすすめです。

ラージブラシ、ミドルブラシ、ショートブラシなどサイズで分けられていて、とても分かりやすくて使いやすいです。アイホール全体にベースカラーを塗るのは大きいサイズのラージブラシ、グラデーションを作るときの中間色を塗る部分にはミドルブラシ、まつげの際など細かいところを塗るにはショートブラシと使い分けてください。

アイシャドウブラシ種類②:ブレンディングブラシ

引用: amazon

毛先がぼさっとしていて大きく、ふわふわした太めのブラシのことをブレンディングブラシと呼びます。このブラシにもサイズがあって使い分けすることができます。

アイホール全体にベースカラーを塗るときなどに主に使用します。ふわふわした毛なので、優しく色づき塗りやすいです。

ブラシが大きめなので、ぼかしに使うときも使いやすいです。クリースと呼ばれるアイホールの縁に使うのにもおすすめです。

何本も揃えて使いこなす自信がなという人には、1種類だけおすすめするなら、このブレンディングブラシをおすすめします。

アイシャドウブラシ種類③:ペンシルブラシ

引用:M・A・C公式

名前通り、毛先が鉛筆のように細く尖っているブラシをペンシルブラシといいます。毛足が短いのも特徴です。

アイラインをぼかしたり、締め色の濃い色を塗る時などに使用します。毛足が短いブラシは、はっきりと着色するので濃く色付けたいときにぴったりのブラシです。

アイシャドウだけではなく、目頭や眉の下にハイライトを入れるのに使用したり、濃いめのアイシャドウをアイライン代わりに引いたりするのに使うことができます。細めのブラシなので使い勝手がよく、アイシャドウブラシを初めて使う人でも簡単に使いこなすことができます。

アイシャドウブラシ種類④:シェーダーブラシ(平筆)

引用:amazon

平筆とも呼ばれている、筆先が平らになったブラシのことをシェーダーブラシと言います。毛の密度が高いのでアイシャドウなどの粉をしっかり含みます。

そのため、しっかりと発色させたいときに使用するのがおすすめです。細かいところに使用するのにも適しているので、二重幅までに中間色を乗せるのにもおすすめですし、下まぶたにある三角ゾーンに濃い色を乗せるのにもぴったりです。

ぼかしに使う場合は、優しくなでるようにしてください。強く当てるとアイシャドウが消えてしまうので注意してください。

アイシャドウブラシのお手入れ方法

アイシャドウブラシはきちんとお手入れすることで、繰り返し長く使うことができます。長く使うためには適切なお手入れが必要です。

普段は使い終わったあとに、ティッシュなどで優しくパウダーオフしてください。メイクのノリが悪くなってきたり、ブラシがアイシャドウの粉を含んで膨らんできたりしたら本格的に綺麗にするタイミングです。

専用のクリーナーを使って洗うのが1番いい方法です。メイク落としで洗う人もいますが、専用のクリーナーを使った方が、ブラシには優しいです。

ぬるま湯の中にクリーナーを入れ、くるくると回すようにしてブラシに付着したパウダーなどを落としていきます。何度か繰り返して色が出なくなったらぬるま湯でしっかりすすぎ、そのあとしっかりと乾燥させます。

きちんとお手入れして大事に使いましょう。

ビギナーにおすすめ♪プチプラアイシャドウ3選

アイシャドウブラシを使ったことがないビギナー向けに、プチプラな商品をご紹介します。

①:LOUJENE ミニアイシャドウブラシ

引用:amazon

100円均一で購入できるアイシャドウブラシです。初めての人が挑戦しやすい価格ですね。

安いからといって使えない訳ではありません。ブラシの先が小さいので、初心者にも使いこなし安いと人気の商品なんです。

細かいところにも使えるので、ポイント使いとして練習してみてもいいですね。また、ひとつ100円ととても安い価格ですが、馬の毛が主に使用されているので、敏感な目元のお肌にも優しい作りになっています。

人口の毛が使われている商品にもメリットはありますが、お肌を傷つけない優しい素材で出来ているのに安く手に入るのは嬉しいですよね。サイズが小さいので、持ち運び用としてひとつ持っておくのにもおすすめです。

②:無印良品 アイカラーブラシ

引用:無印良品公式

安い価格で機能性の高い生活雑貨を取り扱う無印良品のアイシャドウブラシも、品質のよさで人気です。シンプルな見た目が無印の商品らしくていいですね。

柄が長めなので、メイクしやすいのも特徴です。サイズも数種類あるので、自分が気に入った使いやすいものを購入してみてもいいですね。

ブラシは、肌当たりのいい植物由来のポリエステル繊維が使われていて、上部なので長く使うことができます。無印の商品らしく、安いながらも品質がとてもいいと評判の商品です。

③:エチュードハウス ラージアイシャドウブラシ

引用:エチュードハウス公式

エチュードハウスのラージブラシは、柔らかい羊毛のブラシを大きめに、丸みを持たせてカットしているので肌当たりがよく、とても使いやすい商品です。ブラシが大きめなので、優しく色づき、ぼかしにも最適です。

ブラシが少し硬めになっているので、ポイントとして濃い色を乗せるときなどい使うのもおすすめです。ラージブラシだけではなく、サイズの種類も豊富なので、使用用途に合わせて使い分けてもいいでしょう。

プチプラなので、色々な種類を買い揃えられるのもいいですね。

出張や旅行が多い人に!持ち運びしやすいアイシャドウブラシ3選

メイクポーチにすっぽり入るコンパクトなアイシャドウブラシをご紹介していきます。

①:amoore 3in1ブラシ

引用:amazon

amooreのブラシは、アイシャドウブラシ、リップブラシ、コンシーラーブラシの3種類として使えるとても便利なブラシです。旅行などの荷物を減らしたいときには助かりますね。

ふたがついていて、伸縮性なので、収納しているときはとてもコンパクトでポーチの中でもかさばりません。色々な使用用途があるので、使い勝手がよく、出張や旅行の際に持っていると安心ですね。

柔らかい毛質なので肌当たりがいいのが特徴ですが、人口毛なので丈夫で長く使うことができます。旅行用のポーチに入れておく用にするのもおすすめです。

②:コスメ堂 熊野筆

引用:amazon

メイクブラシのブランドとしてとても有名な熊野筆の携帯サイズです。高い品質と安心の日本製品でとても人気の商品です。

熊野筆は職人一人一人が手作りしていて、ハイクオリティな使い心地は癖になります。そんな熊野筆にキャップがついて、持ち運びに便利にしたものがこちらの商品です。

松リス毛を使っていて、優しい肌触りが特長です。キャップが付いていることで筆先を傷めずに長く使うことができますし、持ち運びのときにポーチに入れても汚れないので安心ですね。

③:ロージーローザ アイシャドウブラシセット

引用:amazon

馬の毛100パーセントでできたアイシャドウブラシです。大小サイズの違う2本がセットになっているので、旅行や出張のときのポーチに入れておくととても便利です。

馬の毛でできているので、柔らかく肌当たりもいいです。天然毛100パーセントでできているので、こまめに手入れをして使うようにしましょう。

サイズ違いのセットです。大きい方は、ベースカラーを塗るのに使用し、小さい方は中間色を塗ったり、ぼかしたりするのに使うことができます。

旅先でもブラシをしっかり使い分けてクオリティの高いメイクをすることができますよ。

段違いの仕上がり♡プロも愛用するアイシャドウブラシ3選

最後にプロも愛用するアイシャドウブラシをご紹介します。

①:白鳳堂 アイシャドウ丸平

引用:白鳳堂公式

アイシャドウブラシだけではなく、化粧筆や絵画用、書道用なども多く取り揃える有名メーカーです。白鳳堂の化粧筆は、動物の毛や人工素材など様々な素材でできています。

ブラシの表面全体に毛があるのが特長で、ブラシを寝かせるようにして使用します。毛先に少量パウダーがつくようにして使用しますが、ブラシ全体でしっかり含んでくれるのでさっと撫でるだけで色づきます。

種類も本当にたくさんあって、プロフェッショナル向きな商品が多数あるので、細かい使い分けをしてメイクの仕上がりのレベルをあげましょう。

②:資生堂 メーキャップアイシャドウブラシ

引用:amazon

メイクのプロも多く愛用するアイシャドウブラシです。資生堂は大手化粧品メーカーなだけあって、使いやすさと品質の良さはトップレベルですね。

肌触りがよく、メイクのプロから初心者まで誰でも使いやすいのが特長です。シリーズ違いで色々な種類やサイズがあるので、たくさん揃えたくなりますね。

ご紹介したこのブラシは、柄の部分に膨らみがあるので持ちやすいです。持ちやすい形状だとしっかり力を入れて握ることができるので、とても塗りやすく仕上がりにも差が出ます。

細かいところまでこだわられたブラシなので、使用してみてください。

③:DU care メイクブラシセット

引用:amazon

アイシャドウブラシだけではなく、普段のお顔全体のメイクに使えるメイクブラシがセットになった商品です。細かく使い分けるのはプロじゃないと難しいと思うかもしれませんが、一度使ってしまえばどこにどれを使えばいいのか分かりますし、使用用途に合わせてブラシがきちんと使い分けられているとメイクの仕上がりもよくなるので、セット使いがおすすめです。

アイシャドウブラシに慣れてきたら、このようなセットの商品を購入してプロの技に挑戦してみるのもいいでしょう。

アイシャドウブラシを使いこなそう!

サイズや種類だけでなく、メーカーやブランドも様々でどれを使ったらいいのか迷ってしまいますね。それだけで、アイシャドウブラシを使うハードルが高くなってしまうかもしれませんが、うまく使いこなせればメイクのクオリティが上がるのでぜひ挑戦してみてください。

たくさんあるアイシャドウブラシ選びには、ここまでご紹介したことを参考にしてくださいね。アイシャドウブラシを使いこなして、メイクのレパートリーを増やしてくださいね。