アイライナーのおすすめ商品35選!プチプラからブランド品まで

目元をはっきりとさせ、イメージを自由に変えられるアイライナーは、アイメイクに欠かせないアイテムです。ペンシル、リキッドなどの種類のほかにも、とてもたくさんの種類があって、選ぶのに迷ってしまいがちですよね。今回は、100均などのプチプラからハイブランド、さらにはコスプレにぴったりなカラーアイライナーまで、おすすめのものをたっぷりご紹介します!

2019年10月3日

アイライナーの効果とは

アイライナーは、目のふちや、睫毛の際の部分に線を描くことで、目をはっきり見せたり、形や印象を変えることができる、目元を魅力的に見せるためには欠かせないコスメです。目尻部分を跳ね上げれば猫目に、逆に目尻部分を下げれば垂れ目に見せることができるなど、少し描き方を変えるだけでも、がらっとイメージが変わって見えます。

一般的に使われることが多いのは、ブラウンやブラックといった目元になじむ自然な色味ですが、服装や雰囲気、季節など、そのときどきのメイクにあわせてカラーアイライナーを使うことで、遊び心のあるメイクにもできちゃいます。

アイライナーの種類とそれぞれのおすすめポイント

まずは、アイライナーの種類についてみていきましょう。タイプ別におすすめもまとめてみます。

  • ペンシルタイプ
  • リキッドタイプ
  • ジェルタイプ

アイライナーの種類とおすすめポイント①:ペンシルタイプ

まずはペンシルタイプについてです。名前のとおり、鉛筆に似たペンのかたちをしていて、シャープナーを使ってペン先を削って使うタイプのものや、カートリッジに芯が入っているタイプのものなどがあります。

ペン先を扱いやすく、やわらかい印象のラインを引くことができるほか、発色も強すぎない、優しいものが多いので、ナチュラルに目元を強調させたい方に向いています。

アイライナーの種類とおすすめポイント②:リキッドタイプ

続いてはリキッドタイプについてです。インクのように液状になっていて、筆ペンのようなかたちになっているものや、ボトルに筆が付属しているものなどがあります。

製品によって筆の太さやコシがさまざまで、発色がしっかりしているので、目元をよりはっきり見せられます。また、濡れたりこすったりしても落ちにくく、にじむことも少ないので、長い時間メイクがもちます。

筆全体と筆先だけを使い分けることによって、太いラインも細いラインも引くことができるので、ラインの強弱を使い分けたい方や、目元をくっきりさせたい方に向いているアイテムです。

アイライナーの種類とおすすめポイント③:ジェルタイプ

3つ目は、ジェルタイプのアイライナーです。ボトルやケースに入った半固形のもので、筆を使ってラインを引きます。

ジェルならではのつややかさが特徴で、にじんだりしにくく、落ちにくいものが多いです。最近はペンシルタイプのアイテムも多く、手軽にチャレンジしやすくなっています。

奥二重さん向けアイライナーのおすすめポイント

目を開けるとまぶたがかぶさってしまう奥二重さん。まばたきをしたとき、引いたばかりのアイラインがまぶたについてしまったり、せっかくの二重幅が潰れてしまったりと、残念な思いをしている方も多いです。

奥二重さんは、筆先が極細になっているアイライナーを使ってみましょう。 せっかくの二重幅が埋まってしまわないよう、睫毛の隙間を塗りつぶしていくイメージで、できるかぎり細めに引くのがポイント。

また、リキッドの場合は、なるべく乾くのが早いものを選ぶと、まばたきでまぶたについてしまうことが少なくなりますよ。

一重さん向けアイライナーのおすすめポイント

せっかくアイメイクをしても、まぶたに隠れて見えなくなってしまうことが多いのが一重さん。頑張って引いても意味がないんじゃない?と思いがちですが、目元をはっきりさせるためにはやっぱり重要なんです。

一重さんは、くっきりとしたラインが描けるリキッドタイプを使ってみましょう。 目頭から目尻の方までは、睫毛の際を埋めて黒目がちにするだけで充分です。

その分、目尻部分は目を開けたときにもきちんと見えるように、目を開けた状態をしっかり確認しながら引くのが大切。目を開けていても見えるように引いたら、そのまま目の際に繋げて塗りつぶします。

まぶたに隠れてしまうので、太すぎるんじゃない?と思うくらいでぴったりです。こうすれば、横幅が強調されて、存在感がアップします。

プチプラなアイライナーのおすすめ10選

それでは、おすすめのアイライナーをご紹介します!まずは手に入れやすい、プチプラのアイテムからご紹介します。

①:キャンメイク クリーミータッチライナー

まずはキャンメイクのアイテムです。クリーミータッチライナーは、ペンシルの形状をしたジェルライナーで、ペンシルのよさとジェルのよさがひとつになった、使いやすいアイテムです。

芯を繰り出して使うタイプで、くっきりとしたラインが簡単に引けて、描き心地もとってもなめらか。1.5mmの超極細芯なので、目尻部分や、睫毛の隙間を埋めるのにも大活躍です!

②:キャンメイク ラスティングリキッドライナー

2つ目もキャンメイクから。ラスティングリキッドライナーは、はっきりとした色味が特徴のリキッドアイライナーです。

速乾性があり、水や汗、涙に強く、こすっても大丈夫。筆はコシが強めで、力加減で細めにも太めにも調節できます。

③:デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル

続いては、マスカラの塗るつけまつげが有名なデジャヴュから、次世代アイライナーをご紹介。ラスティンファインa クリームペンシルは、肌への引っ掛かりがとても少なく、滑るように描けるのが特徴的な、クリームタイプのアイライナーです。

0.65mmという細さの芯は楕円型になっていて、太くも細くも自在に引くことができちゃう優れもの。くっきりとしたラインが引けるのに、ぼかすこともできるので、ナチュラルに目力アップができちゃいます。

④:マジョリカマジョルカ ラインマニア

パッケージやネーミングが乙女心をくすぐるマジョリカマジョルカラインマニアは、大きな黒目をアピールできる、ペンシルタイプのジェルライナーです。ほんのりピンクが溶け込んでいるので、瞳をうるませて見せる効果があります。

繰り出し式なので、芯を削ったり、筆を使ったりする必要はありません。別売りの付け替え用を使えば、コスパ良く使用できるアイテムです。

⑤:セザンヌ ジェルアイライナー

驚きのプチプラなのに、使えるアイテムがたくさんあることで有名なセザンヌジェルアイライナーは、やわらかい芯で描き心地がよく、すぐにぼかすとアイシャドウの代わりにも。

発色がよく、くっきりとしたラインを引けて、汗や涙に強いウォータープルーフタイプ。しっかり密着したあとは、こすっても落ちにくいので、お値段以上の働きをしてくれますよ!

⑥:キングダム リキッドアイライナーS

キングダムリキッドアイライナーSは、水に強いウォータープルーフと、皮脂に強いスマッジプルーフのWプルーフ処方。目尻などのにじみがちなところも、くっきりとしたラインのままでいられます。

また、一度塗りでもしっかりと発色。黒目をぱっちり見せられます。

⑦:KATE スーパーシャープライナーEX2.0

続いては、KATEスーパーシャープライナーEX2.0です。文房具メーカーのぺんてるとの共同開発の紡ぎ糸テクノロジー筆を搭載していて、ハリがあるのにやわらかく、睫毛の隙間を埋めるのも、目尻の細かいラインを引くのもお手の物。

さらに、カッティングされたペンのフォルムは綺麗なだけではなく、手に馴染んで安定するかたちなんです。汗や水、涙でもにじみにくいのに、お湯でメイクオフできるのも嬉しいですね。

⑧:インテグレート スナイプジェルライナー

インテグレートスナイプジェルライナーは、肌に触れた瞬間とろけるような描き心地のジェルアイライナー。肌に引っかかることなく、細かいところも楽々な極細ペンシルです。

高密着なのでこすれに強く、皮脂や汗、水にも強いので、一日中くっきりラインをキープできますよ。

⑨:メイベリン ハイパーシャープライナーR

メイベリンハイパーシャープライナーRは、0.01mmの超極細の筆を搭載。根元は太くなっていて、筆にコシがあり、繊細な部分でも安定の描き心地です。

ウォータープルーフタイプなので、水や皮脂、汗に強く、長い時間綺麗なまま。カラーバリエーションも豊富なので、自分に合うカラーをチョイスできますよ。

⑩:ラブ・ライナー リキッド

最後は、ラブ・ライナーリキッドアイライナーです。コシのある筆と、適度な重みのあるアルミボトルで安定感があります。

ウォータープルーフタイプで、水や汗に強く、皮脂にも強くて落ちにくいのに、ぬるま湯で簡単にオフできるのがポイント。さらに美容成分が配合されていて、メイクをしながら目元ケアもできちゃうんです。

100均で買えるアイライナーのおすすめ5選

続いては、コスメも品ぞろえ豊富な100均で変えるアイライナーのおすすめをご紹介!気軽にお試しできちゃうので、是非参考にしてみてくださいね。

①:ダイソー SPINNS リキッドアイライナー

引用:Instagram @daiso_official

まずは、ダイソー関西コレクションSPINNSがコラボレーションしたリキッドアイライナーです。筆先が細くなっているので、細かい部分も描きやすいアイテムです。

②:ダイソー UR GLAM リキッドアイライナー

引用:Instagram @urglam_official

続いてもダイソーのアイテムをご紹介。UR GLAMは、口コミサイトやSNSでも大人気の話題の100均コスメです!

100均とは思えないほどのデザインのスタイリッシュさと、アイシャドウやマスカラ、フェイススティックなど、アイテムの種類が豊富なことも魅力のひとつ。リキッドアイライナーは、筆部分は細めで、こすっても落ちにくいので、メイクもちもばっちりです。

③:ダイソー エスポルール カラーアイライナー

引用:Instagram @ikao_o

3つ目はダイソーエスポルール カラーアイライナーです。少しかための筆が搭載されていて、ふにゃふにゃ曲がってしまったりすることがなく、ペン先のコントロールがしやすいリキッドアイライナーです。

④:ダイソー カンコレ リキッドアイライナー

引用:Instagram @bm.p0512

4つ目は、ダイソー関西コレクションがコラボレーションしたリキッドアイライナーです。発色がよく、完全に乾いてからはこすっても落ちにくいので、100均コスメとは思えない優秀アイテムです!

ひっかかりなく引きやすい筆先なので、初心者さんにもおすすめですよ。

⑤:セリア MP リキッドシャープライナー

引用:Instagram @dobest_official

最後にご紹介する100均アイテムは、セリアMP リキッドシャープライナーです。フェルトペンタイプのリキッドアイライナーで、肌に綺麗に馴染む色味が揃っています。

筆にはちょうどいいコシがあるので、繊細なラインも、太めのラインも簡単に描けちゃいます。速乾タイプなので、乾くまで瞬きを我慢する必要もありませんよ。

汗や皮脂で落ちないアイライナーのおすすめ5選

アイラインを引いたあとに困ってしまうのは、汗や皮脂による崩れ。せっかく綺麗に描いたのに、にじんでしまったら残念ですよね。

そんな悲劇を防止するためには、汗や皮脂に強いアイテムを選びましょう。こちらでは5点ご紹介します!

①:KATE レアフィットジェルペンシル

まずは、KATEレアフィットジェルペンシルです。やわらかいジェルがペンシルの形状になっていて、滑るようななめらかさ。

高密着タイプで、描いたあとはこすったり汗をかいたりしても落ちません。描いたままの綺麗なラインを、長くキープできますよ。

②:D-UP シルキーリキッドアイライナーWP

続いては、D-UPシルキーリキッドアイライナーWPです。筆先の細さは0.1mmと極細で、細かい部分も難なく描けちゃいます。

特殊ポリマー配合で、描いてすぐに肌にぴったりと密着してくれます。汗や皮脂に強い速乾タイプです。

③:K-パレット リアルラスティングアイライナー 24hWP

K-パレットリアルラスティングアイライナー 24hWPは、スーパーウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーです。こすっても濡れても落ちないのに、ぬるま湯で簡単に落とせるのが特徴!

発色がいいので、色むらになることもなく、ひと塗りで思い通りに描くことができますよ。

④:インテグレート スーパーキープリキッドライナー

細かいラインも、しっかりした太めのラインも自由自在な、インテグレートスーパーキープリキッドライナー。名前の通り、汗や皮脂、涙、水に強く、濡れてもこすっても落ちにくく、にじみにくいアイテムです。

細筆で細かい部分も描きやすく、くっきりした綺麗なラインが長持ちします。

⑤:ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

パッケージにインパクトがあるヒロインメイクはマスカラが有名ですが、アイライナーもとっても優秀。スムースリキッドアイライナー スーパーキープは、泣いても密着!という謳い文句の通り、涙や汗、皮脂に強いウォータープルーフタイプです。

極細な筆はコシがあり、ひと塗りでもくっきりと発色するので、重ねて描く必要もありません。さらに、にじみにくいのに、お湯で落とせるのもポイントです。

ハイブランドのアイライナーのおすすめ5選

プチプラもいいものが多く発売されていますが、やっぱりデパコスは女性としてチェックしておきたいもの。続いてはハイブランドのアイテムをご紹介します。

①:CHANEL スティロ ユー ウォータープルーフ

まずは、ハイブランドの代表格、CHANELスティロ ユー ウォータープルーフです。ペンシルタイプの繰り出し式アイライナーで、専用のシャープナーが内臓されているので、自分で削って、描きやすい細さを保つことが可能です。

ウォータープルーフ処方なのでにじみにくく、くっきりとしたラインをキープできます。

②:TOM FORD BEAUTY アイディファイニング ペン

続いては、TOM FORD BEAUTYアイディファイニング ペン。片方がブラシ型、もう片方がカリグラフィーチップ型になっています。

発色がよく、くっきりとした理想通りのアイラインが一発で完成する優れもの。まつげの隙間を塗りつぶすのにも、目尻の繊細な書き込みにも大活躍です!

③:shu uemura ラスティング ソフト ジェル ペンシル N

1.5mmと極細のペン先のshu uemuraラスティング ソフト ジェル ペンシル Nは、繰り出しタイプのジェルライナーです。なめらかな描き心地で、力を入れなくても綺麗に発色します。

ウォータープルーフタイプで、油分や水分と混ざり合わない成分が配合されている、にじみにくいアイライナーです。

④:SUQQU ジェル アイライナー ペンシル

SUQQUジェル アイライナー ペンシルは、ペンシルの反対側にチップがついていて、ラインをぼかしてナチュラルに見せることもできます。ペン先が細く、睫毛の隙間を埋めるのも簡単にできますよ。

⑤:THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル

最後のご紹介は、THREEメズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシルです。豊富なカラーバリエーションで、カラーの中にさらに複数色のパールが輝きます。

やわらかくなめらかに描けて、反対側についているブラシを使えば、目尻の跳ね上げラインを描いたり、ラインをぼかすのも簡単です。

コスプレやイベントに映えるカラフルなアイライナーのおすすめ5選

たまにはカラフルなアイライナーを使って、遊び心のあるメイクをしてみるのも素敵ですよね。ここからは、イベントやコスプレメイクでも使える、カラフルなアイテムをご紹介します!

①:UZU EYE OPENING LINER

まずは、UZUEYE OPENING LINERです。ベーシックなブラックやブラウンのほかに、ピンクやイエロー、パープル、ホワイトなど、ほかにはない豊富なカラーバリエーションが揃ったリキッドアイライナーです。

ウォータープルーフなので水や汗、皮脂に強く、筆は大和匠筆が搭載されているので、描きやすさも抜群です。

②:マジョリカマジョルカ ジュエリングペンシル

次にご紹介するのは、マジョリカマジョルカジュエリングペンシルです。ペンシルタイプで、輝くラメがぎっしり入っています!

キラキラと華やかなラインが描けるので、目元がとっても綺麗に見えますよ。

③:ヴィセ カラーインパクト リキッドライナー

ヴィセカラーインパクト リキッドライナーは、どのカラーも高発色。なのに、違和感なく肌になじみます。

ピンクやブルーの鮮やかなカラーもあり、ラインを引くだけで目元が華やかになります。にじみにくいのに、お湯で簡単にオフができるので、使いやすいアイテムです。

④:エチュードハウス プレイ101ペンシル

エチュードハウスプレイ101ペンシルは、リップやチークにも使うことができるマルチペンシルです。カラーバリエーションがとても豊富で、質感もグリッター、シマー、マットなどさまざま

ひと塗りで鮮やかに発色し、濡れてもにじみにくいのに、描いてすぐ指でのばすと綺麗にぼかすことができるので、チークでもリップでも使用感は抜群です。

⑤:DAZZSHOP SUPERB EYELINER PENCIL

最後にご紹介するのは、DAZZSHOPSUPERB EYELINER PENCILです。ジェルタイプのペンシルアイライナーで、反対側に付属しているチップでぼかせば、アイシャドウとしても使える優れもの。

なめらかに描けて、細かいラインもスムーズです。

種類別!初心者さんにもおすすめなアイライナーの引き方

おすすめのアイテムをたくさんご紹介してきましたが、そもそもどうやったらいいのか、どうしたら上手くできるのか、わからなかったりしますよね。そこで、ここからは種類別に、引き方のポイントをお伝えします!

  1. ペンシルタイプはまぶたを固定しながら描くのが上達のコツ!
  2. リキッドタイプは手を安定させること!
  3. ジェルタイプは素早く、かつ丁寧に!
  4. アイラインのぼかし方

種類別アイライナーの引き方①:ペンシルタイプはまぶたを固定しながら描くのが上達のコツ!

ペンシルタイプは、ペン先がやわらかいものでも、一気に引こうとすると、まぶたにひっかかってうまくいかないことも。予定と違う位置に間違って描いてしまったり、まぶたを引っ張って痛い思いをしたりするので、慌てず、ゆっくり、少しずつを心掛けましょう。

睫毛の生え際を埋めるときは、反対の手の指で、少しまぶたを引き上げて固定しましょう。そうすることで、生え際が見やすくなり、まぶたがひっぱられることも少なくなります。

また、すべてを一気に引こうとせず、さっさっと少しずつペンを滑らせましょう。睫毛の生え際は左右に細かく動かすようにすると、少しずつ塗りつぶすように引けますよ。

種類別アイライナーの引き方②:リキッドタイプは手を安定させること!

リキッドタイプは、慣れていないうちは線がぶれてしまいがち。まずは、アイライナーを持つ手を安定させるように気を付けることがポイントです。

手を頬にあてるようにしながら、少しずつ引いていきましょう。焦るとぶれてしまうので、ゆっくり引いていくように心がけて。

手をあてるとき、ティッシュやパフなどを肌との間に挟めば、ファンデーションやチークがよれなくて済むのでおすすめです。

種類別アイライナーの引き方③:ジェルタイプは素早く、かつ丁寧に!

ジェルタイプはとにかく慣れが必要。筆にとって描いていくタイプの場合は、すっ、すっとなぞるように引いていきましょう。

また、難しく感じるときは、ペンシルタイプになっているものを使うのがおすすめです。普通のペンのように扱いやすく、ジェルの描き心地のなめらかさなので、綺麗なラインを引くことができますよ

種類別アイライナーの引き方④:アイラインのぼかし方

アイラインは目をくっきりさせてくれますが、引きっぱなしだと少しきつく見えてしまうことがあります。特に、ナチュラルメイクが好きな方には、目元だけが浮いているように見えてしまうかも。

そこでおすすめなのが、ラインを引いてからぼかすこと。ペンシルタイプなら綿棒などを使ってなぞれば、ふんわりとナチュラルにぼかせます

リキッドタイプやジェルタイプの場合は、境目の上からアイシャドウを重ねてぼかせば、目力はそのままに、やわらかい印象にすることができます。

自分にぴったりのアイライナーを使って、もっと魅力的な目元を作ろう!

アイライナーの種類からはじまり、プチプラやハイブランド、カラーアイライナーと、さまざまなアイテムをご紹介しました。それぞれメリットがあるので、どのタイプも苦手意識を持たず、積極的に挑戦してみることをおすすめします。

引き方ひとつで目元の印象がぐっと変わるアイライン。自分に合ったアイライナーを見つけることが、魅力的な目元を作る近道です!