ピンクのアイシャドウを使いこなそう♪悩み別メイクテクを伝授!

ピンクのアイシャドウは塗り方次第でどんな印象にも仕上がる、メイク初心者さんでも使いやすいカラーですよね。そこで今回は、ピンクアイシャドウの魅力や塗り方、これだけは手に入れたいおすすめのピンクアイシャドウについてご紹介します。また、一重・奥二重でも腫れぼったくならないメイク方法についても触れていますよ。是非参考にしてくださいね。

2019年7月10日

ピンクのアイシャドウの魅力

では、ピンクのアイシャドウにはどんな魅力があるのでしょうか?
以下のピンクのアイシャドウの魅力3つをご紹介します。

  1. どんな目元にも合わせやすい
  2. 質感やラメで雰囲気が変わる
  3. ブラウンと混ぜることで奥行きのある目元に

魅力①:どんな目元にも合わせやすい

ピンクのアイシャドウは塗り方次第で一重さんにも奥二重さんにも、ばっちり合います。また、可愛らしいタレ目メイクはもちろん、クールな印象のネコ目メイクにも。

どんな目元にも合わせやすいピンクのアイシャドウは、メイクに慣れていない初心者でも使いやすい点が魅力的です。さまざまなメイクに合わせ、自分にはどんなピンクアイシャドウメイクが似合うのか研究するのも楽しいはず。

後述する「【一重・奥二重向け】腫れぼったくならないピンクアイシャドウメイク」では、一重さんや奥二重さん向けのピンクアイシャドウを使ったメイクを詳しく解説していますよ。是非参考にしてくださいね。

魅力②:質感やラメで雰囲気が変わる

大きめのラメがたくさん入ったピンクのアイシャドウや、マットなアイシャドウなど、ラメの大きさや量、質感によって可愛らしくも大人っぽくも仕上がる点も、ピンクアイシャドウの魅力です。

「ピンクのアイシャドウは腫れぼったくなるから苦手…」と敬遠していた人でも、ラメや質感など自分に合ったアイシャドウを選べば、腫れぼったくならずなりたい目元に近づけるはず。

どんなピンクアイシャドウが自分の目元に合うのか色々試してみるのもきっと楽しいですよね。

魅力③:ブラウンと混ぜると奥行きのある目元に

ピンクのアイシャドウは単色使いでももちろん魅力的な目元に仕上がりますが、ブラウンと混ぜるだけで奥行きのある大人っぽいメイクに。
また、アイホール全体にピンクのアイシャドウを塗って、目尻にブラウンをプラスするだけでキュートで可愛らしいタレ目メイクにもなります。

ピンクのアイシャドウを使うときはブラウンと合わせて使うだけでワンランク上のメイクを楽しめるのです。
ブラウンのアイシャドウはメイク初心者でも持っているはずですし、ピンク×ブラウンメイクを気軽に試せるはずですよ。

ピンクアイシャドウの色選び

自分に合ったピンクアイシャドウを選ぶ

では、ピンクアイシャドウの色はどのように選べばいいのでしょうか?
ピンクアイシャドウの色のおすすめ5つをご紹介します。

  1. コーラルピンク
  2. パープルピンク
  3. ピンクゴールド
  4. ヌーディーピンク
  5. ベビーピンク

コーラルピンク

引用:Instagram @suusan_1

メイク初心者さんでも使いやすいコーラルピンクは、ピンクが合わせにくいと言われているイエベ顔にもばっちり合う色です。

どんなシーンにも合わせやすく、カジュアルな印象にもキュートな印象にも仕上がるのが魅力。

パープルピンク

引用:Instagram @masamina416

ナチュラルで上品なパープルピンクは、マットな質感がおすすめ。
主張しすぎないおしゃれさでワンランク上のメイクを楽しめるはずです。

青みピンクであるパープルピンクは肌の色を綺麗に見せてくれるため、透明感のあるメイクに仕上がりますよ。

ピンクゴールド

引用:Instagram @runa.3517

上品でいてはっきりとした目元に仕上がるピンクゴールドは、イエベ肌向けのアイシャドウ。
ギラギラしすぎないラメが小さめのものを選ぶと派手すぎないメイクになりますよ。

目尻にブラウンをプラスすればさらに魅力的な目元に。夜のデートやディナーにおすすめです。

ヌーディーピンク

引用:Instagram @aochan_cosme

色っぽい印象に仕上がるヌーディーピンクは、マットな質感のものを選ぶといいでしょう。

ふんわりと塗れば普段遣いに、重ね塗りすれば休日メイクに。
メイク慣れしていない人でも使いやすく、塗り方次第で印象が変わる点もおすすめできるポイントです。

ベビーピンク

引用:Instagram @aochan_cosme

桜のような儚いカラーのベビーピンクは、上品で可愛らしいメイクに仕上がります。

単色使いはもちろん、ブラウンは濃い目のピンクと合わせて使えば、奥行きのある目元を演出できますよ。

肌が白いブルベさんにおすすめです。

【一重・奥二重向け】腫れぼったくならないピンクアイシャドウメイク

一重や奥二重でも映えるピンクアイシャドウの塗り方
引用:Instagram @arisaarisa1205

腫れぼったいメイクにやりやすい一重や奥二重さんは、ラメが少ないマットな質感のピンクアイシャドウを使いましょう。

まず、ヌーディーピンクをアイホール全体に薄く伸ばし、下まぶたにも塗ります。
このときブラシやチップで塗るのではなく、指を使って塗ると濃すぎず自然な仕上がりになりますよ。

アイホール全体と下まぶたを塗り終えたら、黒目の上と下の部分に濃い目のピンクまたはブラウンを点を描くように少しだけ塗ります。
こうすることで黒目の大きさを強調できるため、デカ目効果を狙えますよ。

【二重向け】大人らしいピンクアイシャドウメイク

引用:Instagram @aochan_cosme

二重向けのピンクアイシャドウを使ったアイメイクのポイントは3つです。

まず、二重幅をオーバーするように広くピンクアイシャドウを塗り、目尻に向かって濃いめのピンクを重ね塗りすること。
それからまつげの隙間を埋めるように塗って、ブラウンのアイシャドウで目元をはっきり見せます。

下まぶたのキワにブラウンをプラスすれば、大人っぽいだけでなく可愛らしい印象にもなりますよ。

二重さんの場合は一重や奥二重さんと比べて腫れぼったくなりにくいため、うるうるした質感のラメありピンクアイシャドウがおすすめです。

【50代以上向け】若見えするピンクアイシャドウメイク

引用:Instagram @romi_1006

まぶたのちりめんジワやたるみが気になる50代は、ラメが控えめなコーラルピンクアイシャドウがおすすめです。青みが強いピンクアイシャドウはシワやたるみを強調させてしまうため避けましょう。

塗り方は至ってシンプル。コーラルピンクのアイシャドウを単色でアイホール全体に塗り、指を使って薄く下まぶたにも塗るだけです。

50代はバブル世代ですから濃いメイクをしたい気持ちも分かりますが、若見えメイクの鉄板は薄塗り。濃すぎないアイメイクを目指しましょう。

1つは持っておきたいピンクのアイシャドウパレット3選

では、1つは持っておきたい王道のピンクアイシャドウパレットはどんなものでしょうか?
1つは持っておきたいピンクのアイシャドウパレットのおすすめを3つご紹介します。

ルナソル グレイスコントラスティングアイズ

引用:ルナソル

繊細で儚げな印象のラメはロココゴールドパールを使用しており、メイク初心者さんでも、上品なツヤのピンクアイシャドウメイクを楽しめます。

このパレット1つで自然なグラデーションを演出できるのもポイントです。

ディオール バックステージ アイ パレット 002 クール

引用:ディオール

デパコスのピンクアイシャドウパレットの中でも特に優秀なのがこれ。

アイシャドウプライマー・アイシャドウ・ハイライトが全て入った、これ1つでアイメイクが完了するディオールのパレットです。

ラメは繊細で色味はくすんだピンクですから、ヌーディーピンクメイクを楽しめますよ。

スック デザイニング カラー アイズ 優芍薬

引用:スック

個性的なカラーが揃ったデパコス、スックのアイシャドウパレットの中でも普段使いしやすいアイシャドウ。

腫れぼったくなりがちなピンクアイシャドウメイクも、このブラウンの締め色が入ったスックのパレットなら、自然で上品なアイメイクに仕上がりますよ。

いつものメイクにプラス!単色のピンクアイシャドウ3選

では、いつものメイクにプラスできる単色のピンクアイシャドウはどんなものがあるのでしょうか?
おすすめの単色ピンクアイシャドウを3つご紹介します。

アディクション ザ・アイシャドウ サクラストーム

引用:アディクション

単色アイシャドウで人気のアディクションの中でもおすすめのピンクアイシャドウがこれ。

大きめのラメで目元を強調するため、アイホールの中央、黒目の上に少しだけ塗ると、立体的でうるうるした目元に仕上がりますよ。

エスプリーク セレクト アイカラー PK801

引用:エスプリーク

ダイヤモンドパウダーが上品で可愛らしい目元を演出する、エスプリークの単色ピンクアイシャドウ。

ヒアルロン酸やオイルなどの保湿成分を配合しているため、まぶたの乾燥が気になる人でも安心して使えるはずですよ。

シュウウエムラ プレスド アイシャドー M 165 B

引用:シュウウエムラ

単色のピンクアイシャドウなら、デパコスのシュウウエムラもおすすめです。

ぱっと見ると濃いめで使いにくそうな色に見えるかもしれませんが、指でアイホール全体に伸ばせば薄づきでナチュラルなコーラルピンクアイメイクになりますよ。

気軽に試せるプチプラのピンクアイシャドウ3選

安くて手に入りやすいプチプラのピンクアイシャドウ

デパコスのアイシャドウもいいけど、プチプラのアイシャドウなら気軽に試せますよね。それではプチプラでおすすめのピンクアイシャドウを3つご紹介します。

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ スウィートフラミンゴ

引用:キャンメイク

プチプラアイシャドウの王道ともいえるキャンメイクのピンクアイシャドウは、普段使いしやすいコーラルピンクのカラーがおすすめです。

パレット真ん中のアイシャドウを涙袋に塗ればさらに可愛らしい印象になりますよ。

ヴィセ グロッシーリッチアイズ PK-3

引用:ヴィセ

プチプラアイシャドウの中でも人気のヴィセのアイシャドウは、艷やかで色っぽいメイクに仕上がります。

締め色のブラウンとアクセントカラーのバーガンディカラーをひと塗りすれば、奥行きのある目元を演出してくれますよ。

リンメル ショコラスウィートアイズ アイズ ソフトマット サクラショコラ

引用:リンメル

リンメルのピンクアイシャドウは、シアーでもないマットでもない、ソフトマット。

だから、ピンクアイシャドウを塗ると目元が腫れぼったくなってしまう人にもおすすめできますよ。
普段使いしやすいヌーディーカラーである点も魅力的です。

お直しに便利なスティック型ピンクアイシャドウ3選

スティック型のピンクアイシャドウなら、ポーチに入れて持ち運べるから便利ですよね。では、ササッとお直しできるスティック型のピンクアイシャドウを3つご紹介します。

ヴィセ クレヨンアイカラー BE-1

引用:ヴィセ

ひと塗りするだけではっきり色味が出るヴィセのクレヨンアイカラーは、普段使いしやすいBE-1のカラーがおすすめです。

アイシャドウだけでなくアイライナーとしても使えるため、色々な使い方ができる優秀なピンクスティックアイシャドウですよ。

エチュードハウス キラキラアイシャドウ PK003

引用:エチュードハウス

韓国コスメで人気のエチュードハウスでおすすめのスティックアイシャドウがこちら。

たっぷりのラメでうるうるとした目元に仕上がります。
なめらかな質感だからひと塗りするだけで長持ちする優秀なピンクアイシャドウです。

ナーズ ベルベッドシャドースティック ヌードピンク

引用:ナーズ

長時間ヨレにくいと評判のスティックアイシャドウがこちらです。

使いやすいヌーディーピンクで、ラメは控えめだから、普段使いとして活躍するはずですよ。
パウダー状のアイシャドウと組み合わせて使ってもいいでしょう。

ピンクのアイシャドウでなりたい顔になろう

今回は、ピンクのアイシャドウを使った腫れぼったくならないメイクや、どれを買おうか迷っている人向けにおすすめのピンクアイシャドウを多数ご紹介しました。

質感やラメ、塗り方次第でどんな印象にもなれるピンクのアイシャドウは、使いこなせばどんな顔にだってなれるはず。あなたのお気に入りを見つけて、メイクをもっと楽しみましょうね。