今すぐできるアホ毛対策と繰り返さないためのケア方法

アホ毛、浮き毛、いも毛、パヤ毛などと呼ばれる、はねてしまう数本の髪の毛。せっかくセットしても時間が経つと出てきてしまうと悩んでいる人も少なくありません。アホ毛を直すには根本的な原因を知る必要があります。アホ毛の原因を確認できればそれに合う対策が取れます。そこで今回は、アホ毛の原因と対策、ヘアアレンジなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年9月19日

アホ毛を根本から対策するなら原因を知ろう

アホ毛の原因とは?

せっかく髪をセットしたのに短い髪がはねてしまったりうねって数本だけ浮いてしまったり、こういった“アホ毛”に悩まされていませんか?

実はアホ毛が発生する原因は意外なところにあります。まずは原因をチェックして、適切な対策を取りましょう。

  1. 成長途中の毛がはねている
  2. くせ毛
  3. ダメージによる切れ毛
  4. 間違ったヘアケア

アホ毛の原因①:成長途中の毛がはねている

アホ毛の原因としてまず考えられるのが、成長途中の短い髪の毛がはねている可能性です。生えたばかりの短い髪は柔らかく、毛先に向かうにつれて細くなっているのが特徴。

髪を早く伸ばすことはできないので、最も根本の解決がしにくいのも成長途中の髪が原因のアホ毛です。ただし、このパターンの場合は健康的に髪を伸ばしていくと収まっていくので、正しいケアをしながらしばらくセットでしのげば目立たなくなるでしょう。

アホ毛の原因②:くせ毛

髪がうねる原因として、頭皮の皮脂詰まりがあげられます。毛穴が詰まっているためにまっすぐ生えることができず、くせ毛として伸びてしまうのです。

そして、うねった髪は頭に沿わないのでアホ毛となってしまうことがあります。この場合は、シャンプーをする際に髪だけ洗っていて頭皮の汚れはあまり除去できていない可能性が高いです。

洗いすぎも乾燥を引き起こしてしまうので、うねりが気になる髪質用のシャンプーを正しく使うのがおすすめです。

アホ毛の原因③:ダメージによる切れ毛

比較的分かりやすいのが、ダメージによる切れ毛が原因のアホ毛です。

カラーリングやパーマ、コテやアイロンのセットなどで髪はダメージを受けていきます。また、紫外線を浴びることによる乾燥や強いブラッシングなど、日常生活の意外なシーンでも髪は傷付いていくのです。

切れ毛が原因の場合、ダメージを補修して切れ毛を減らすことで改善できます

アホ毛の原因④:間違ったヘアケア

先ほど説明した切れ毛にも関係するのですが、間違ったヘアケアをしていてアホ毛を生み出しているケースもあります。中でも盲点なのがドライヤーです。

間違った乾かし方をしている人も多いのですが、正しくは髪の根本を重点的に乾かしてから、全体に満遍なく温風を当ててていきます。このとき、ドライヤーは髪から20cmほど離すようにしましょう。

また、シャンプーの際に爪を立てて洗っていないか、タオルでゴシゴシと拭いていないかなど、一度自身のヘアケアを見直すのもおすすめです。

忙しい朝にアホ毛がみつかったときの対策

忙しい朝に限ってアホ毛が目立って気になる…そんな経験のある方も多いでしょう。時間のない朝も簡単にできる対策を紹介します。

  1. 正しくブローする
  2. コテで整える
  3. コームとスプレーで抑える
  4. 洗い流さないトリートメントを使う

朝のアホ毛対策①:正しくブローする

引用:Instagram @ayumicc3

ブローをする際には、寝癖直しスプレーなどで髪を軽く湿らせ、根元を手で優しく抑えながら温風を当てます。そして仕上げに冷風を当てるとアホ毛がだいぶ収まります

髪は冷えるときにセットが固定されていくので、冷風を当てる工程が重要です。また、根本以外のはねる髪が気になるときにはヘアオイルを付けてからブローするとまとまりやすくなります。

朝のアホ毛対策②:コテで整える

引用:Instagram @nemoch

前髪や頭頂部のアホ毛は目立つので何としてでも直したいですよね。簡単なのは、コテを使う方法です。

温まったコテで、あえて髪を挟まずにそのまま髪の表面を撫でるように整えていきます。上から下へ、頭の形に沿って下ろしていきましょう。

ヘアアイロンだと短いアホ毛は挟みにくく火傷してしまう危険もあるので、コテがおすすめです。

朝のアホ毛対策③:コームとスプレーで抑える

コームとスプレーを使うやり方は最も簡単です。

まず、コームにケープなどのヘアスプレーをかけてそのままとかします。アホ毛がしっかりとなじむまでゆっくりと何度か繰り返しましょう。

また、特に短い毛が気になるときは、コームの背の部分(とかすところの反対側)にスプレーをかけて撫でつけるとやりやすいです。準備や片付けの時間もほぼないので、急いでいるときにぴったりです。

朝のアホ毛対策④:洗い流さないトリートメントを使う

乾燥すると、髪が広がったりパサついたりしてアホ毛が目立つ原因にもなります。そのため、洗い流さないトリートメントを髪全体になじませるのもおすすめです。

保湿することで髪がまとまりやすくなり、浮き毛が治まります。また、日中もダメージを補修することで切れ毛予防もできるので髪が傷みやすい方はぜひ試してみてください。

外出中アホ毛になってしまったときの対策

外出中にアホ毛がはねてしまうと、直し辛くて困りますよね。外出先でもサッとできる対策を紹介します。

  1. まとめ髪スティックを使う
  2. 髪の分け目を変える
  3. ハンドクリームを使う
  4. 緩く結ぶ

外出先でのアホ毛対策①:まとめ髪スティックを使う

引用:Instagram @utena_official

外出中のアホ毛対策には、「ウテナ マトメージュ」などのまとめ髪スティックがおすすめです。使い方は蓋を開けて直接髪を撫でるだけなので、30秒ほどで完了します。

また、おくれ毛や前髪の固定にも使えるため、外出先でのケアに重宝するでしょう。1日過ごすとアホ毛が目立つようになってしまうという方は、バッグに入れておくと安心ですね。

外出先でのアホ毛対策②:髪の分け目を変える

引用:Instagram @shingohari

アホ毛を直せるアイテムがないときには髪の分け目を変えてみましょう。髪の重さで自然にアホ毛が隠せます

また、いつも同じ向きに分けているとアホ毛が立つ癖が付いている可能性もあるので、定期的に分け目を変えるのもおすすめです。ワックスなどがあるときには、分け目を変えた後に根本に少しだけワックスを付けるとよりなじんでくれます。

外出先でのアホ毛対策③:ハンドクリームを使う

少し意外かもしれませんが、ハンドクリームをワックスの代わりに使うことができます。使い方はワックスと同じで、適量を手の平に伸ばしてそのまま髪になじませるだけです。

前の項で紹介したように、分け目を変えた後に髪の根元に軽く付けるとより効果的です。付けすぎるとべたついて見える場合もあるので、量には注意しましょう。

外出先でのアホ毛対策④:緩く結ぶ

どうしてもアホ毛が直らないときには緩く結ぶのも一つの手です。きっちり結ぶと返ってアホ毛が目立ってしまうので、あえてゆるふわに結びましょう

髪全体が変にうねってしまったときにはおだんご、根本がはねているときにはポニーテールや編み込みがおすすめです。ワックスなどのスタイリング剤がある場合は、先に満遍なく付けてから結ぶと綺麗に仕上がります。

原因別!アホ毛の根本対策に役立つおすすめ商品4選

アホ毛の原因の根本を解決することでお手入れも楽になります。アホ毛の原因に効くアイテムを紹介するので、参考にしてみてください。

成長途中の毛が原因のアホ毛に役立つ商品

いち髪 ヘアキープ和草スティック

引用:Kracie公式サイト

成長途中の毛が原因のアホ毛は、いかにダメージを与えずに伸ばすか、そして現状としてアホ毛を抑えるかが重要です。市販のワックスは髪にとって負担となりやすいのですが、いち髪 ヘアキープ和草スティックならダメージを最小限に抑えられます。

その秘訣は、米ぬかロウ由来のキープ成分と和草由来の補修成分です。また、UVカット効果、湿気コントロール、ベタつかない、シャンプーで落ちやすいなど、生えたばかりの髪にも優しく作られているのもポイントです。

くせ毛が原因のアホ毛に役立つ商品

インカオイル オーガニックホホバオイル

引用:中京商事/INCA JAPAN

ホホバオイルは頭皮のマッサージやクレンジングに効果的です。くせ毛は頭皮の毛穴詰まりが原因で起こるケースが多いので、ホホバオイルで健やかな頭皮を取り戻しましょう。

やり方はとても簡単で、ホホバオイルを指に付けて揉み込むようにマッサージしてシャンプーで洗い流すだけです。

インカオイル オーガニックホホバオイルは純度100%で高品質、そして何よりべたつかないので、定期的な頭皮クレンジングにぴったりです。

ダメージが原因のアホ毛に役立つ商品

ラサーナ プレミオールトリートメント

引用:ラサーナ公式通販サイト

ラサーナ プレミオールトリートメントはハイダメージ向けの商品です。ブドウ種子など4つの植物から抽出した天然オイルや海藻エキスが配合されていて、髪のダメージの奥深くまで浸透・補修します。

また、浸透力の高い特殊なコラーゲンも配合されていて、髪の内外から潤いを与えてくれるのもポイント。高濃度の美髪成分でダメージをケアしてアホ毛の対策に役立てましょう。

間違ったヘアケアが原因のアホ毛に役立つ商品

コイズミ ヘアドライヤー モンスター

引用:コイズミ公式サイト

髪を早く乾かせるのに熱によるダメージを抑えられるのが、コイズミ ヘアドライヤー モンスターです。

通常のドライヤーのファンが1つなのに対し、ヘアドライヤー モンスターはダブルファンを採用しています。そのため、毎分2.0㎥のパワフルな風で髪を乾かすことができます

また、5ヶ所からマイナスイオンが放出されるため、乾かす時間が短くなるだけでなくケアにも特化した商品です。

アホ毛対策に使えるヘアアレンジ3選

アホ毛がどうしても直せないときは、思い切ってヘアアレンジをして可愛く隠すのもアリです。アホ毛対策に使えて簡単にできるヘアアレンジを紹介します。

  1. シニヨン
  2. ポニーテール
  3. ねじりアレンジ

アホ毛対策用ヘアアレンジ①:シニヨン

引用:Instagram @yassan553

ふわふわのシニヨンならアホ毛も目立ちません。

やり方は、まず髪全体をざっくりと巻きます。そしてトップ、両サイドの3ヶ所を軽くねじりながら1つに結んで、最後は輪っかを通しきらずにお団子の状態にします。全体とお団子を適度にほぐしてバランスを整えれば完成です。

コツは束を作るように指でつまんでエアリー感を出すこと。最後に結び目のところにピンを付けても可愛いですよ。

アホ毛対策用ヘアアレンジ②:ポニーテール

引用:Instagram @str_miho

無造作なポニーテールを作るには、髪を結ぶ前にあらかじめ緩く髪を巻いておきます。そして手櫛でざっくりと髪全体を結び、シニヨンと同様に束を作るイメージで髪をつまんで引き出しましょう

画像のように、ゴムの部分に髪を巻き付けてピンで固定しても可愛いですね。髪が短い方は下の方で結ぶローポニーテールか中間で結ぶミドルポニーテールにすると髪がばらつかないのでおすすめです。

アホ毛対策用ヘアアレンジ③:ねじりアレンジ

引用:Instagram @sorahairdesign_kamatori

5分でできる簡単なねじりアレンジは忙しい朝にもおすすめです。やり方は、まず髪全体を緩く巻きます。髪が短い方は外ハネになるようにワンカールするだけでOKです。

そしてサイドの髪をざっくりブロッキングしてねじります。両側がねじれたらまとめて後頭部で結びます。あとはねじりより上の部分とねじったところをほぐせば完成です。

編み込みよりも簡単で適当にねじった方がこなれ感も出るので、アレンジが苦手な方も挑戦してみてください。

アホ毛対策をして美髪を手に入れましょう

今回はアホ毛の原因や対策などを紹介しました。雨の日や乾燥する時期など、ばっちりセットしても数本の髪がはねてきてしまうときがありますよね。

現在目立つアホ毛にはこれ以上ダメージを与えないようにしつつ補修もしていきましょう。また、アホ毛の根本の解決には日々の正しいケアが重要です。

丁寧なケアを継続して、アホ毛のない美髪を手に入れましょう。