アイメイクはナチュラルに!おすすめアイシャドウやマスカラなど

今、どんなメイクが主流かご存知ですか?流行のアイメイクのポイント、ちゃんとおさえていますか?
かつて主流だった「盛り系」「デカ目」メイクは影を潜め、今やアイメイクの主流は断然ナチュラル!今回は、ナチュラルアイメイクのポイントとメイクアイテムをご紹介します。

2019年8月1日

ナチュラルアイメイクのポイント

ナチュラルアイメイクって、簡単そうに思えて、実はメイク上級者のテクニックだったりしますよね。ここでは、ナチュラルアイメイクのポイントを5つご紹介します。

  1. カラコンは盛らずナチュラルに
  2. アイシャドウの多色使いはNG!
  3. キラキラはラメじゃなくて、パールがおすすめ
  4. アイラインは、アウトラインは引かずインラインのみ
  5. マスカラはボリュームよりロング

ナチュラルアイメイクのポイント① : カラコンは盛らずナチュラルに

簡単に瞳を大きくし、印象的な目元を作ることができるカラコン。ナチュラルアイメイクの時は、盛り系のものにしてしまうと目玉だけ浮いてしまい、違和感満載になってしまいます。

メイクに合わせて、使うカラコンもナチュラルなものへチェンジ!

色はブラウン系。縁はあまりくっきりしていない、裸眼系のふんわりタイプを選びましょう。着色直径は、瞳の大きさとほぼ同じサイズの11㎜程度のものがおすすめ。

ナチュラルアイメイクのポイント② : アイシャドウの多色使いはNG!

目に深みを出したいからといって、ついついアイシャドウを何色も重ねていませんか?重ねれば重ねるほど、ナチュラルな目元からは遠ざかってしまいます。

ナチュラルアイメイクの第一歩は、まずアイシャドウを手放すことから始めましょう。

どうしてもアイシャドウを使いたい場合は、肌なじみの良いベージュやオレンジなどの同一色で、あまり重ねずさっとグラデーションしてくださいね。1色でグラデーションできると最高です。

ナチュラルアイメイクのポイント③ : キラキラはラメじゃなくて、パールがおすすめ

うるんだような輝きのある目元は、とっても魅力的ですよね。ナチュラルアイメイクの時も、輝きはプラスしても大丈夫。

ただし、ギラギラ輝く大きめラメではなく、パール感のあるしっとりしたテクスチャーのものがおすすめです。パールは輝きはプラスしてくれるのに、派手になりすぎません。

ニュアンス感漂う、やり過ぎない大人の目元が目標です。

ナチュラルアイメイクのポイント④ : アイラインは、アウトラインは引かずインラインのみ

くっきりした目元を引き出すために、アウトラインをしっかり描いていませんか?ナチュラルアイメイクでは、アウトラインをかくのは、あまりおすすめしません。目尻の跳ね上げや、目頭の切開ラインもおあずけです。

まつ毛の隙間を埋めるようにインラインをかき、目に奥行を仕込みます。

どうしてもアウトラインを描きたい時は、使うアイラインの色に気を付けて。はっきりしたブラックではなく、二重幅を描くときに使うごく薄い色のブラウンがおすすめです。

ナチュラルアイメイクのポイント⑤ : マスカラはボリュームよりロング

一昔前までは、まつ毛にはボリュームマスカラを使うのが主流でした。しかし、 ナチュラルメイクの時は、まつ毛だけが太く長く作られていると、目元だけなんだか不自然な印象に…。

ナチュラルメイクの時は、顔全体の統一感が重要になります。
目力際立つボリュームマスカラよりも、繊細な長さを作ることができるロングマスカラがマスト!

特に、繊細で長いまつ毛が作れる、ロングのフィルムタイプがおすすめです。 色もマスカラの定番のブラックではなく、より優しくて繊細な目元になれるブラウンが○。

アイシャドウなし!ナチュラルアイメイクの方法

アイシャドウを使わないと、顔全体がぼんやりした印象にならないか心配ですよね。ちゃんとメイクのポイントをおさえれば、アイシャドウ無しでもきちんと感を演出できますよ。

  1. ポイントはチークとリップ
  2. 上向きまつ毛で手抜き感ゼロ
  3. アイラインはブラック以外で

アイシャドウなしメイク方法① : ポイントはチークとリップ

引用 : Instagram @missssc2019_no4

アイシャドウなしのメイクは、なんといってもチークとリップがポイント!ふわふわほっぺに、ちゅるんとリップが理想です。

チークの色はピンクやローズ、オレンジなど血色を良く見せてくれるカラーをチョイス。頬にふわっと広めに入れましょう。

リップはツヤ感のあるものを選んでジューシーさをプラス。血色感を出したいので、色は濃い目でもきつい印象にならないようにシアーなものを。

チークもリップも、 質感と色味にとことんこだわりましょう。 これを怠ると、単なる手抜きメイクになるから要注意。

アイシャドウなしメイク方法② : 上向きまつ毛で手抜き感ゼロ

引用 : Instagram @skclamy

アイシャドウ抜きの時こそ、まつ毛はきちんと上げましょう。まつ毛を上げることで目力が増し、シャキッとした印象になります。

上まぶたに自然な陰影ができるので、 アイシャドウなしでも目に深みを出すことができますよ。 ビューラーで根元からしっかり上げるよりも、中間~毛先をナチュラルに上げるよう意識して。

まつ毛が下がりやすい方は、ホットビューラーを使うと、簡単に上向きまつ毛を作ることができます。キープ力も高いのでおすすめ!

アイシャドウなしメイク方法③ : アイラインはブラック以外で

引用 : Instagram @_aster_283n

アイシャドウ無しの時のアイラインは、ブラックよりも断然肌なじみが良く、優しい印象になれるブラウンを使いましょう! ブラックのアイラインだと肌なじみが悪く、浮いたように見えてしまいます。

ブラウンのアイライナーは、より自然に生まれつきパッチリした目のように演出することができます。

アイラインをかくときは、アウトラインよりもインラインを意識してかきましょう。まつ毛の隙間を埋めるようにかくだけで、アイシャドウなしでも奥行のある目元になれますよ。

目尻のラインは上にはね上げるのではなく、上まぶたのラインに沿って平行~下がり気味にかくとより優しい印象になります。

アイシャドウあり!ナチュラルアイメイクのやり方【カラー別】

ナチュラルメイクでも、目元に色をプラスしたい時、ありますよね。ここでは、どんな色のアイシャドウを使えば、ナチュラルメイクができるのかをご紹介します。

  1. ナチュラルアイメイクのやり方① : ブラウンシャドウ
  2. ナチュラルアイメイクのやり方② : オレンジシャドウ
  3. ナチュラルアイメイクのやり方③ : ピンクシャドウ

ナチュラルアイメイクのやり方① : ブラウンシャドウ

引用 : Instagram @integrate_jp

ブラウンアイシャドウは、濃いものから薄いものまでカラーバリエーションが豊富。どの色がよりナチュラルさを演出できるのか、迷ってしまいますよね。

ポイントは、眉毛の色よりも薄い色を使うことです。そうすれば、ナチュラルさを残しつつ、自然な陰影を作ることができます。

例えば、アイスシャドウパレットに4色ブラウンのグラデーションカラーがあるとすると、一番濃い締め色は使わないようにします。一番薄い色~中間色だけを使ってグラデーションをしていくと、自然な陰影のあるナチュラルメイクの完成です。

ナチュラルメイクのやり方② : オレンジシャドウ

引用 : Instagram @yukos0520

肌なじみの良いオレンジシャドウは、ナチュラルメイクの強い味方!アイホールになじむように、1色でさっとグラデーションするのがおすすめです

リップはアイシャドウと同じオレンジで、統一感を持たせましょう。色をしっかり出すというよりも、艶をのせるイメージで塗るとケバくならずヘルシーさを演出できます。リップグロスや色付きリップでも素敵です。

目元と口元が華やかになるので、チーク無しでもOK。 チーク無しでハイライトだけのせると、より一層ヘルシーさが際立ちます。

ナチュラルメイクのやり方③ : ピンクシャドウ

引用 : Instagram @integrate_jp

王道のモテ色のピンクシャドウは、かわいらしさを作りたい時の、ナチュラルメイクにぴったりのアイテム!あまりラメが入っていない、パール感のあるものやシアーなタイプがいいでしょう。

より、フェミニンでふんわりとしたイメージになるように、アイライナーもマスカラもブラウンで統一。

チークは桜色のほっぺたを目指して、薄いピンクをほほの中央にふんわり広めにのせます。
リップは同じくピンクをチョイス。マットタイプよりも艶のあるシアータイプがおすすめです。

ナチュラルアイメイクにおすすめのアイテム8選

では、実際にナチュラルアイメイクをやってみましょう。ここでは、ナチュラルアイメイクにおすすめのアイテムを8個ご紹介します。

アイテム ① LUNASOL サンドナチュラルアイズ

引用 : LUNASOL

LUNASOL サンドナチュラルアイズ
全2色 ¥5000(税抜)

ワントーンで構成された色味は、まるで砂漠の砂のように、自然で絶妙なグラデーションを作ることができます。さっと重ねるだけで、ナチュラルなのに深みのある目元になれますよ。

アイテム ② FASIO リキッドアイカラー BR-8ピンクブラウン

引用 : FASIO

FASIO リキッドアイカラー BR-8ピンクブラウン
¥1200(税抜)

FASIOのリキッドアイカラーは、みずみずしく軽い付け心地なのに汗や水に強いウォータープルーフタイプ。なめらかなテクスチャーが気になる目元のくすみを飛ばしてくれるので、透明感のあるナチュラルさを簡単に作ることができます。

アイテム ③ マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ OR-481マリー

引用 : マジョリカマジョルカ

マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ OR-481マリー
¥500(税抜)

肌なじみの良い、かわいらしさ満開のオレンジアイシャドウ。これ一つで、ヘルシーでナチュラルな目元が完成します。
発色が良いので、少しずつ様子を見ながら色をのせていってくださいね。

アイテム ④ KATE ダブルラインエキスパート LB-1

引用 : kanebo

KATE ダブルラインエキスパート LB-1
¥850(税抜)

極薄ブラウンカラーのアイライナー。
ナチュラルメイクの時は、実は仕込みが大切。このアイライナーは、あからさまな切開ラインや二重ラインではなく、本当の影のようなイメージでするするとかくことができます。

アイテム ⑤ FLOWFUSHI アイオープニングライナー ピンク

引用 : FLOWFUSHI

FLOWFUSHI アイオープニングライナー ピンク
¥1500(税抜)

あまり目元に色味を足さないナチュラルメイクですが、少しだけ遊び心をプラス。目尻にほんの2~3㎜、すっと引いてみて。
肌なじみの良い柔らかいピンクなので悪目立ちせず、ナチュラルメイクなのにしっかりと個性を演出することができます。

アイテム ⑥ CANMAKE クイックラッシュカーラー 透明タイプ

引用 : CANMAKE

CANMAKE クイックラッシュカーラー 透明タイプ
全3色 ¥680(税抜)

カラーバリエーションは、透明、ブラウン、ブラックの3色。プチプラなのにビューラーで上げたまつ毛をしっかり固定してくれると、抜群の高評価で支持されているアイテム。
ナチュラルメイクの時は、透明タイプをぜひ使ってみてください。より自然な状態で上向きまつ毛をキープしてくれます。

アイテム ⑦ FLOWFUSHI モテマスカラ ニュアンス

引用 : FLOWFUSI

FLOWFUSHI モテマスカラ ニュアンス
¥1800(税抜)

ナチュラルメイクの時は、マスカラもブラックよりも断然ブラウンがおすすめです。フェミニンでナチュラルなのに、目元をしっかり引き締めて、 より自然で優しい印象になれるますよ。
もちろんまつ毛のロング効果もしっかりあります。

アイテム ⑧ imju オペラ マイラッシュアドバンスト

引用 : imju

imju オペラ マイラッシュアドバンスト
¥951(税抜)

どうしてもブラックマスカラを使いたいときは、限りなく自然な仕上がりに導いてくれるマスカラをチョイス。
オペラ マイラッシュアドバンストは、もともとまつ毛が長いかのような、自然な長さを出すことができます。

ナチュラルアイメイクに挑戦しよう!

メイク上級者にしかできないと思っていた、ナチュラルアイメイク。ちゃんとポイントをおさえたら、意外と簡単に挑戦することができそうなのではないでしょうか。
ご紹介した、テクなしをサポートしてくれるメイクアイテムもたくさんありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!