ヴァセリンがボディローション代わり!?コスパ最強の使い方を紹介

毎日忙しい私たちの肌はトラブルや悩みがつきものです。これからの季節、空気の乾燥・寒さからついついお手入れを滞りがちになっていきます。
そんな時にぜひ使って欲しいアイテムが「ヴァセリン」です。実際にヴァセリンを使用している方もいる事でしょう。そこで今回はさらに魅力的に効率よく肌を美しく保つ方法をご紹介します。

2019年8月29日

顔・体・髪に使えるヴァセリンとは

よく店頭で見るヴァセリンは腕・脚など普段乾燥の気になるところに使用するのがメジャーです。お肌の乾燥で悩み始めたら、ぜひこのアイテムをマストアイテムとして取り入れてみてください。

よくInstagramやTwiter、多くのメディアに取り上げられる保湿商品として「ニベア」があります。特に乾燥がひどく冬場は常に気になる手脚だけではなく、顔や髪の毛にも使用する事ができるのです。

日頃のスキンケアアイテムに取り入れると、乾燥による顔・背中ニキビの予防も可能です。肌に十分な水分を確保でき、ふっくらとした肌状態を作る事ができ、毛穴の目立ちを抑える事ができます。

ヘアケアアイテムとして取り入れると、髪の毛のパサつきを抑える事ができ、髪を綺麗に見せる事ができます。もちろん乾燥によるダメージからも保護する事ができるので、髪を伸ばしたいと思っている場合にもオススメです。

顔のニキビ対策に人気!ヴァセリンの効果

いくつになっても憧れの肌は赤ちゃんのようなきめの細かなツヤとハリのある肌。そんな肌を作るために抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

  1. 肌の乾燥を防ぐ
  2. 肌のコンディションが良くなる
  3. 肌トラブルが起きにくくなる
  4. ナチュラルなトーンアップが可能

効果①: 肌の乾燥を防ぐ

ヴァセリンの役割は何と言っても”保湿”です。肌の乾燥をしっかりと防いでくれます。

乾燥してくると肌表面がカサカサになり、ストッキングやニットなどの着用する衣類に引っかかるようになります。また、乾燥が加速するとひび割れを起こし、痛みを誘発するとともに、肌の水分はどんどん放出されていきます。

単に乾燥と言ってしまうと「保湿すればいい」と思われがちですが、乾燥が進んでしまうと、使用する保湿クリームがしみ痛みを感じるようになります。そんな時に使えるのが刺激が少なく赤ちゃんにも使用可能な「ベビーヴァセリン」です。

効果②:肌のコンディションが良くなる

肌は保湿をし十分な水分を持つと、肌に膨らみが保たれるようになります。年齢を重ねると共に気になっていた毛穴が次第に目立たなくなってきます。

潤う事で乾燥性ニキビが起きにくい状態にする事ができます。乾燥すると毛穴が開き皮脂を過剰に分泌するようになります。同時に皮脂性ニキビも抑える事ができるようになるのです。

肌トラブルは乾燥だけが原因ではありません。空気中の化学物質に反応していることもあります。ヴァセリンを塗布することで肌全体をコーティングする事ができ、化学物質などを含んだ空気に直接触れる事を抑える事ができます。

効果③: 肌トラブルが起きにくくなる

肌の乾燥・肌荒れを起こす物質から肌を保護すると、次第に肌トラブルが起きにくい肌環境になっていきます。肌トラブルが起きにくくなると。日々のお手入れがグッと簡単になります。

肌トラブルから解放された日には、ずっと使いたかったコスメを思いっきり楽しむのもよし、今まで肌荒れが気になって出来なかったナチュラルメイクに変更してもいいです。今までとは違った新しい自分になれる事間違いなしです。

もちろん購入するスキンケア用品も今までのように、手当たり次第試す必要もなくなってきます。肌が健康になるとヴァセリンのみで済ますことも可能になってきます。ヴァセリン自体はそんなに高価なものではないので、お財布に優しいアイテムでもあります。

効果④: ナチュラルなトーンアップが可能

肌が健康的になると肌本来の働きをしてくれるようになり、新陳代謝が高まります。血流が良くなる事で、血色が良くなりターンオーバーも規則正しく行われるようになります。

肌を綺麗に見せるのには健康的で自然な血色が必要不可欠です。ヴァセリン1つで肌の働きを取り戻せるのはとても簡単で、毎日のメイクにかける時間の短縮にも繋がります。

腕や脚においても、肌を整えてくれる事で綺麗に見せれるようになり、ムダ毛の処理の頻度を抑えることも可能です。もちろん永久脱毛済みの方は肌に潤いが持てさらに、自身の身体に自信が持てます。

ヴァセリンの顔以外への使い方 

顔への使用方法はご紹介した通りですが、身体や髪への使い方についてもご紹介していきます。

  1. よく見られている腕への使い方
  2. 意外と乾燥しがちな脚への使い方
  3. さらさらで綺麗な髪に変える方法
  4. 保湿だけじゃない万能すぎる使い方

使い方①: よく見られている腕への使い方

仕事柄一年中腕を露出している人もいることでしょう。意外と他人の腕って見ていることありませんか?

冬場は乾燥してかゆみが出るから保湿ケアをしっかりしている人も気をつけておいて損はありません。腕の保湿をしっかりとすることで日焼けによるダメージの一つ”乾燥”を防ぐ事ができます。

また、肌環境を整える事でムダ毛の育成スピードを抑える事が可能です。毎回自己処理している方にとっては、肌への負担も軽減される朗報です。処理後はヴァセリンを使用してしっかり保湿すると肌の乾燥を防ぐ事が可能です。

使用するのは、お風呂上がりの肌がクリーンな状態の時がベストです。夜しっかり保湿する事で、夜中のゴールデンタイム時に肌のターンオーバーがきちんと行われるようになります。

使い方②: 意外と乾燥しがちな脚への使い方

膝やかかとの乾燥ははっきりと分かるけれど脚の他の部分はカサカサになってからなんてことはありませんか?履き物の繊維との摩擦で皮膚は少なからず、傷ついているかもしれません。

ヴァセリンを塗ることで生地との摩擦を直接受けることなく。冬場の嫌な静電気の発生も抑えてくれます。静電気が抑えられると、スカートが張り付き不快に思うことはありません。

腕と同様にお風呂上がりに脚全体にムラなく塗布するだけで十分な効果が得られます。特に乾燥がひどいような時は、たっぷりとヴァセリンを塗りしばらくの間ラップなどで包むとしっとりとなります。

また、ストッキングやタイツを履いた上から薄く塗ると静電気防止にもなります。

使い方③: さらさらで綺麗な髪に変える使い方

きっと誰だって一度はさっらさらでツヤのある綺麗なロングヘアーに憧れて事があるはずです。しかし、ロングヘアーを作るには時間とお手入れする根気が必要です。

髪を伸ばす上で、乾燥によるダメージは極めて避けたいものです。そんな時にも使える便利なアイテムが「ヴァセリン」です。

髪に使用する時は大きく2パターンの使用方法があります。まず1つ目はシャンプーと同時に使用する方法です。髪全体がしっとりとまとまり扱いやすくなります。

2つ目はドライしたあとに洗い流いトリートメントとして使用する方法です。髪のまとまり方を調節しながら使用する事ができるのでヘアワックスの代用も可能です。仕上がりとしてはしっとり束感を出すことから程よいまとまりのある髪になります。

使い方④: 保湿だけじゃない万能すぎる使い方

マニキュアをしていてオフしたいなと思った時、ネイルの上にヴァセリンを多目に塗りしばらく放置したのちコットン等でふきあげると、するりと除去する事が可能です。

ポイントメイクを落とすことも可能です。保湿する箇所としてリップクリームを必要とする人には、ヴァセリン を使用することも可能です。

また、精度の高い油脂成分なので怪我を治す際に用いることも可能です。香水を使用する人であれば練り香水を制作することも可能です。幅広い用途があるので、使い切れないなんてことはないでしょう。

ヴァセリンで顔のケアをした人の口コミ

実際にヴァセリン使用して顔のケアをした人の口コミを見てみましょう。検索してみて改めてヴァセリンの万能さと商品として様々なタイプで販売してある事が判明しました。

ヴァセリンパック!さいっっこうです! 最初は油分あるからニキビとか逆にできたらいやだなっておもってたんですが、、全然そんなことないです!! お風呂に浸かりながら15分後に洗い流して洗顔!油分残りますがそのまま放置したらしっとり、毛穴の黒ずみがない!!やばい! あとはまつげに塗ってたら張りがでて増えました!私にはあってるみたいです!

混合肌、敏感肌の方におススメです。 鼻はオイリーだけど頬や目元の乾燥に基礎化粧品の後に塗るだけです。朝はメイクがよれるので夜だけどの使用をお勧めします。ヴァセリンより安いし大容量なのでコスパもし良しです。 #コスプレイヤーおすすめ

化粧水などを付けた後にワセリン等の油分が多いもので顔中ベタベタにして寝ると次の日の肌の調子がとてもいいのでおすすめです!

ヴァセリンを顔に塗る際の注意点 

ヴァセリンで顔のケアをしている人がかなり多くいました。しかしいくら万能なヴァセリンでも注意しないといけない事があります。

  1. 直射日光に気をつける
  2. 過剰に使用しない
  3. 使用する際は清潔な道具を使って容器から出す

注意点①: 直射日光に気をつける

ヴァセリンは何度も申し上げているように”油分”でできています。そのため直接日光に当たってしまうと、油焼けを起こしかねません。

日中の使用はできるだけ避けたほうが、お肌を綺麗に保つ事ができます。使用しており紫外線によって肌が黒くなった場合は、油焼けです。皮膚科などの病院でも注意がなされています。

注意点②: 過剰に使用しない

元々の肌質が皮脂性の人は使用時に毛穴の油つまりが起こってしまう事があります。毛穴に負担をかけてしまうと、肌荒れ・ニキビを引き起こしかねません。

乾燥が気になっていても、適量を守りましょう。また使用前には、必ず化粧水や美容液で水分を肌に含ませるようにしましょう。

注意点③: 使用する際は清潔な道具を使って容器から出す

酸化しない事が最も重要な取り扱いとなってきます。使用する時は指を容器にそのまま突っ込むのではなく、綿棒やスパチュラを使用するようにしましょう。

それらの道具を使う事で、過剰に使用することも同時に防ぐ事が可能です。また、使用後は、キャップをしっかり閉めるようにしましょう。

コスパ最強の使い方

今回ヴァセリンに着目した事で、使用範囲がグッと広がったのではないのでしょうか。これからの季節に大活躍間違いなしの、コスパ最強アイテムの名にふさわしい機能に優れています。

まだ、手に入れていないあなた、ご近所の薬局などで400円程度で手に入れる事ができます。ぜひ、今年の冬は乾燥対策バッチリで美肌づくりをしてみませんか?