orzの意味とは?意外と知らない読み方&使い方を解説!

「orz」という文字の並びをみて、何を表しているのかご存知でしょうか?メールやSNSなどで、何気なく使っていた人もいるかもしれません。でも、意外と知らないorzの意味や読み方、使い方。海外の人にも通じるのか…。一時は頻繁にみかけた「orz」ですが、今ではもう古い…?そんな疑問を分析、わかりやすく解説します。

2019年8月5日

orzの読み方と意味

“orzは人気のアスキーアート”

「orz」とは、アスキーアート(AA)と呼ばれる記号を使用して心情を表現する手法の一つです。

「o」が人の頭「r」が上半身「z」が下半身

を表しています。文字として意味を持たせるのではなく、「orz」を一つの絵文字のように捉えると、人が四つん這いになってうなだれている様子がみてとれます。

もともとの由来は、個人サイトでケーブルカバーの説明をする際に使用された「_| ̄|○」という記号の並びです。これが人がうなだれてがっかりしているようにみえることから、アスキーアートとして使用され、その後「orz」へと進化していきました。

読み方は「オーアールゼット」が一般的ですが、「オーズ」「がっくり」「がっくし」などと呼ばれることもあります。

orzの使い方

「orz」の使い方は、主に2パターンに分かれます。一つは『絵文字のように使用する方法』。例えば…

  • 今日は1日中クレーム処理で疲労困憊 orz
  • 密かに好きだった人に恋人がいるらしいという噂…orz

このように、文章の語尾に絵文字がわりとして使用します。地面に手と膝をついてうなだれるような、疲れ具合やショックな心情を強調します。

もう一方のパターンは、「orz」を『単語のように使用する方法』です。例えば…

  • あの頃は上司に怒られてばかりで、毎日家に帰ってorzだった
  • 勇気を振り絞ってのお誘いメール、断られたらきっとorzになる

文章の途中に登場させることで、「orz」を単語がわりとして使用します。不思議と意味が把握できてしまうので面白いですよね。

orzに対する海外の反応

“orzは海外でも通じるか”

では、海外で「orz」はどのように捉えられているのいるのでしょうか?「orz」が周知されているのは基本的には日本国内です。

ただし、中国などアジアの一部や、アメリカなどでも日本フリークの間では認識されている場合も多々あります。「orz」の意味や使われ方を知った海外の人からは、なんて便利な心情の表し方なんだと称賛されることも。

日本はアスキーアートが盛んで様々な種類があり、またそれがどんどん進化していく特性があるので、海外の人にとっては驚きなのかもしれませんね。

バリエーション豊かなorzの種類

実は、「orz」には様々なバリエーションがあるんです。「orz」と同じように絶望感を表すアスキーアート、その種類をみていきましょう。

①:「 ots 」

まずは、「orz」の下半身の部分「z」を「s」にしたアスキーアート。頭の向きは同じで、表す心情も“疲れた”“がっくり”“絶望感”などです。

「z」を使うか「s」を使うかは好みで分かれますが、どちらも同じ使い方をして問題ありません。ただし一般的に周知されているかどうかでいうと、「orz」の方が通じやすいでしょう。

②:「 sto 」

①の「ots」を、頭の向きを変えて右側へとうなだれているように表現したのが「sto」です。「otz」や「ots」をアレンジして使われるアスキーアート。

例えばブログやSNSでの挿しこみ方で、どうしても右向きで使いた場合に便利です。ただ、うなだれのアスキーアートに不慣れな方には、パッとみて意味を理解するのは難しいでしょう。

③:「  _| ̄|○ 」

「orz」の由来ともなった「_| ̄|○」。もともとはケーブルカバーの説明をする意図で使われたアスキーアートですが、その後、絶望感を表すアスキーアートとして広く認識されることになりました。

「orz」よりもこちらに馴染みがある人もたくさんいます。右側に頭、両手を床についてうなだれているポーズを表しています。

文章の語尾に使用するだけでなく、このアスキーアートのみをTwitterなどで呟く場面も多々。

④:「 prz 」

「orz」の「o」を「p」にしたアスキーアート。絶望感や疲れた様子、がっかりした心情を表している意味では「orz」と同じです。

「orz」を基本に考えた場合、こちらはそのアレンジバージョン。なんと「p」はリーゼントの頭を表しているんです。

遊び心をプラスして進化させる、日本のアスキーアートのすごいところかもしれませんね。

⑤:「 on 」

「orz」をより簡潔に、二文字で表したのがこの「on」または逆向きの「no」です。意味や使い方は、基本的に「orz」と同じ。

ただし、かなりアスキーアートに慣れた人向けです。「on」や「no」とみて英語読みする人が圧倒的。

うなだれた様子を思い浮かべるのはよっぽどアスキーアートを熟知している人でしょう。

orzはもう古いのか

“orzの使用は古い?”

一時は盛んに使用され、認知度の高いアスキーアートだった「orz」。現在はどうなのでしょうか?

「orz」がネット上でみられるようになったのが2000年代前半、積極的に使用する人が増えたピークが2005年頃です。その後、流行が移り変わるようにだんだんと人気が衰え、2010年代には使用する人が圧倒的に少なくなりました。

よって、現在の若者には「orz」といっても通じないことの方が多いでしょう。トレンドが更新されていく中、「orz」というアスキーアートの人気が終息していったのは仕方のないことかもしれませんね。

実は便利なorz

今では見かけることがグッと減りましたが、「orz」は2000年代前半に流行した大人気のアスキーアートでした。でも意外と、読み方や使い方をよくわかっていないという人も多かったのではないでしょうか。

使ってみると実は便利な「orz」。がっかりした心情をうまく言葉にできない時、うなだれる様子がすぐにわかるなんて面白いですよね。

流行は繰り返すといいますし、もしかしたらまた使用頻度が増える日もくるかもしれません…。