いい人止まりの特徴や都合のいい人をやめる方法を伝授!

いい人と言われて嬉しいはずのに、なんだか複雑な気分になることがありませんか。いい人は褒め言葉ですが、都合がいい人だと思われているような気もします。特に恋愛でのいい人は恋愛対象から外されてしまい毎回いい人止まりなんてことも。いい人をやめる方法は?また、いい人ぶる人の心理と英語でいい人をどう表現するかも説明します。

2019年10月18日

いい人の特徴

いい人ってどんな人?

まず、いい人とはどんな人なのでしょうか?
いい人の特徴をご紹介します。

  1. 誰に対しても優しい
  2. どんな時でも相手に対して敬意がある
  3. 見返りを求めない
  4. 怒ったり愚痴ったりしない
  5. 自分よりも他人を優先する


それではひとつずつみていきましょう。

いい人の特徴①:誰に対しても優しい

いいひとは、誰に対しても優しいです。子供はもちろん後輩や先輩、もちろん同学年にも、先生や母親、お年寄りにも分け隔てなく平等に優しいのが特徴。

例えば自分よりも年下であれば面倒を見たり、同学年には相談に乗ったり、先輩や先生のことをねぎらうなどが自然と出来ます。誰に対しても平等で、見た目が派手だったり不良っぽいからと言って、避けたり冷たくなったりしません。

異性だからと特別視している風でもなく、同性にも優しく親切です。

いい人の特徴②:どんな時でも相手に対して敬意がある

いい人は、どんな時でも相手に対して敬意があるのも特徴です。分け隔てなく誰に対しても優しいのは、相手のことを尊重しているから。

自分の事で一杯一杯だったり、忙しいときでも、その態度は変わりません。相手が年下であろうと不良っぽい人であろうと、例え仕事をしてない人であろうと、相手を大切にする気持ちがあります。

どんな人に対しても尊敬の念を抱いているので、自分の都合で人をないがしろにするような事はありません。

いい人の特徴③:見返りを求めない

また、いい人は見返りを求めないのも特徴。優しくしたからと言ってお返しを要求するような事はありません。

モノを求めてないとなると、では何か他のことで見返りを期待しているのかと思ってしまいますが、それもありません。ときどき感謝や謝罪の言葉すら貰えませんが、それでも気にならないのがいい人です。

いい人は誰かのために何かをしても、わざわざ人からお返しを貰おうとはしないのです。お返しが欲しくて優しくしているわけではないのでしょう。

いい人の特徴④:怒ったり愚痴ったりしない

いい人は怒ったり愚痴ったりしないのも特徴です。温厚で物腰が柔らかく、怒るような事はありません。

穏やかな性格なので、突然逆上するようなこともありません。意見の食い違いなどが起きた時でも、人の意見や性格を落ち着いて受け止められるのです。

例え誰かに良いように使われていたとしても、影で愚痴るようなこともありません。むしろ相手の性格や状況についての話を聞いてくれて、理解しようと努力してくれるのがいい人です。

いい人の特徴⑤:自分よりも他人を優先する

いい人は自分よりも他人を優先するのも特徴。本人に何か用事がある時でも、誰かから誘われたり頼まれごとをすると受けてくれます。

例え自分の用事をキャンセルするような事になっても、人の事を優先して自分の事は後回し。それによって本来の予定が崩れても、怒るようなことはありません。

誰かが意見を出すとすぐにソレを受け入れてくれます。どこかに出掛けたいと言えば一緒にそこへ行き、何かが食べたいと言えば買ってきてくれる、優しい人だと言えます。

いい人を演じている人の特徴

もしかしていい人ぶってる人かも

では、いい人を演じている人はどのような人でしょうか?
いい人を演じている人の特徴をご紹介します。

  1. 自らいい人アピールをする
  2. コダワリが強い
  3. お節介
  4. 上から目線
  5. 見栄っ張り


それではひとつずつみていきましょう。

特徴①:自らいい人アピールをする

いい人を演じている人は、自らいい人アピールをする場合が多いです。誰が見ても良いことをしているのに、わざわざ自分でそれを口に出す回数が多いなど、なんとなくワザとらしくなりがち

人から聞かれてなくても自分のやった事を話したり、誰かの悩みを解決したなど饒舌になる場合はいい人を演じている可能性大!本当はいい人な訳ではなく、やりたい訳でもないのに良いことをしているので、ストレスが溜まって言いふらしたくなるのかも?

特徴②:コダワリが強い

いい人を演じている人は、コダワリが強いのも特徴です。ネガティブな意見や愚痴を言わない人でも、強いこだわりがある場合はいい人を演じているだけなのかもしれません。

人の事は否定しないながらも、自分の意見がしっかりあって強いこだわりがある場合、内心では他人の事をどうでも良いと思っている場合が。見分けるポイントとしては、相手に意見や行動を強要してくるかどうかです。

相手のことを理解する姿勢がある場合は、本当にいい人の場合が多いですよ。

特徴③:お節介

いい人を演じている人は、お節介な場合も多いです。誰かの悩み事などを察知して、相談してもないのに勝手にアドバイスしてくるような人は、いい人を演じているだけかも。

人には話しにくいような内容でもズケズケと聞いてきたり、状況を逐一聞きたがるような場合は、噂好きな可能性もあります。自分の事は話さずに人の気持ちも考えずに質問するのは、いい人とは言えませんよね。

相談ごとを勝手に広めたり、言いふらすような人も危険信号です。

特徴④:上から目線

いい人を演じている人は、上から目線という特徴もあります。喋っている内容はポジティブなのに、なぜか上の立場から喋っているような人は、いい人を演じている可能性があります。

アドバイスと言いながらダメ出しが酷かったり、ライバル意識を燃やしてくる場合、日頃の鬱憤が溜まっているのかもしれません。毎回のように自慢話や武勇伝が混じってくるのは、自分の存在をアピールしたいだけかも。

本当にいい人は親身になって話を聞いてくれます。

特徴⑤:見栄っ張り

いい人を演じている人は、見栄っ張りなのも特徴です。人がいる場では自分を良く見せようとするのがこのパターン。

お金がないのに後輩には毎回必ず奢ったり、ブランド品や高級時計をつけているなど、行動が派手になりやすい傾向にあります。また、見栄を張りたいがために、相手によって態度を変えている場合も。

嘘が多くなりやすいので、言ってることがちぐはぐだったり意見に一貫性がない場合は、いい人を演じている人かもしれません。

いい人止まりで恋愛対象にならない人の特徴

いい人だけでは恋愛対象にならない…

では、いい人止まりで恋愛対象にならない人はどんな人でしょうか?
いい人止まりで恋愛対象にならない人の特徴を解説します。

  1. 決断力がない
  2. 駆け引きを全くしない
  3. 色気がない
  4. 誰に対しても平等
  5. 社交的すぎる


それではひとつずつみていきましょう。

特徴①:決断力がない

いい人止まりで恋愛対象にならない人は、決断力がない人。いい人は優しい人が多いですが、優しすぎるゆえに優柔不断に見えます。

時にはハッキリ自分の意志を伝えないと相手には伝わりません。自ら決断して行動を起こさないと、関係が進まない場合も。

特に男性のいい人の場合、決断力がないと男らしくない・頼りないと思われがち。女性からすると、いざと言うときや危険なときに守って貰えなさそうで不安に。

二人きりで会う関係でも、弟のように思ってしまいます。

特徴②:駆け引きを全くしない

いい人止まりで恋愛対象にならない人は、駆け引きを全くしません。恋愛にはドキドキ感が必要ですが、異性だと意識するような出来事がまったくないと恋愛に発展しにくいです。

例えば他に異性の友人がまったくいなかったり、恋愛には無縁そうに思えるといい人止まりになりがちです。誰かに取られてしまう心配がないのは恋人同士になってからは大切ですが、交際前から嫉妬をする必要がまったくないと、安心感が強くなってしまい、恋人と言うよりもお父さんのように思ってしまうかも。

特徴③:色気がない

いい人止まりで恋愛対象にならない人は、色気がないパターンもあります。性格・外見どちらかに色気があれば良いのですが、どちらもないと異性として意識するキッカケがありません

親が買ってきた洋服だけを着ていたり、クセの強い仕草があったり声が大きい、リアクションが大きい場合は、異性と言うよりも子供っぽいと見られてしまいます。いくら優しくていい人でも、色気を感じないと交際するイメージが湧きません。

付き合った時の想像が出来ないので、恋愛対象から外れてしまいます。

特徴④:誰に対しても平等

いい人止まりで恋愛対象にならない人は、誰に対しても平等という特徴も有ります。優しいのは良いのですが、あまりにも皆に平等すぎると関係性が発展しません。

恋愛は特別な関係なので、友人以上の空気感がない場合は相手を意識しにくいです。特別視されていないと言う事は恋愛感情も持っていないのだろうと判断されて、友達止まりになりがち。

また、もし本当は相手のことを好きでも、友人として優しくされているのを勘違いしたくないと感情を隠してしまいます。

特徴⑤:社交的すぎる

いい人止まりで恋愛対象にならない人は、社交的すぎるのが原因かもしれません。恋愛は二人でするものなのでライバルは少ない方がいいですよね。

しかしあまりにも社交的すぎる相手だと、ライバルが多そうだと感じて恋愛対象から外してしまう場合が。社交的で交友関係が広い人を自分だけのものにするのは大変そうですよね。

交際後も嫉妬することが容易に想像できるので、わざわざ傷つきそうな人は選びません。恋人になるにはドキドキ感が大事ですが、交際後も想像できる程度には安心感も必要です。

いい人になる方法とは

いい人になるのは大変!

では、いい人になるにはどうしたらいいのでしょうか?
いい人になる方法をご紹介します。

  1. 噂話をしない
  2. よく考えてから発言する
  3. プラス思考を癖づける
  4. 見返りを期待しない
  5. 人の考えを理解しようと努力する


それではひとつずつみていきましょう。

いい人になる方法①:噂話をしない

いい人になるには、まず噂話をしないこと。噂話をしている人には、噂話好きな人が寄ってきます。

噂好きな人にとって事実かどうかはさほど重要ではありません。ほとんどの場合は楽しみとして他人の話をしています。

事実でもないことを話していると、そのうち誰かに聞かれてどんどん話が広がっていくものです。そうなると噂を流す人として警戒されたり、信頼を失うことになります。

他人の話を面白がっているような人は厄介なので、嫌な人だと思われてしまうでしょう。

いい人になる方法②:よく考えてから発言する

いい人になるには、よく考えてから発言することです。噂話にも通じますが、軽口を叩くのはあまり良くありません。

例えば誰かの気持ちを考えたり配慮に欠ける発言が多いと、ガッカリされたり信用出来ないと思われてしまいます。人の気持ちを考えられない思慮の浅い人だと判断されると、徐々に人は離れていってしまいます。

楽しいからといって誰かの意見に賛同したり、行きすぎた悪ノリにならないよう、物事を客観的に眺める事が重要です。

いい人になる方法③:プラス思考を癖づける

いい人になるには、プラス思考を癖づけることもポイントです。明るい話が嫌いな人はいませんが、暗い話は誰しもあまり聞きたくはないでしょう。

ちょっとした会話をしたいだけなのに、毎回ネガティブになるようでは会話が楽しめませんよね。またネガティブ思考だと、誰かの好意からの行動を卑屈に悪く考えてしまう場合もあります。

フラットな気持ちで物事を受け止めて、ポジティブに考えられると、明るい雰囲気が性格からもにじみ出てきます。

いい人になる方法④:見返りを期待しない

いい人になるには、見返りを期待しないことも重要です。本当のいい人は、見返りを求めて誰かに手を貸している訳ではありません。

自分の手助けが報われるかどうかは重視せず、本当の意味で相手の為になれば良いと考えています。例え自分が手伝ったことが無駄になっても怒りません。

自分と相手という狭い範囲で物事を考えている訳ではなく、誰かからの好意は、他の誰かへお返し出来れば良いと考えているのです。誰しも平等だと考える博愛主義だと言えます。

いい人になる方法⑤:人の考えを理解しようと努力する

いい人になるには、人の考えを理解しようと努力することも大事です。本当のいい人は、まず他人の考えを否定するようなことがありません。

相手を否定しないからと言って、内心で卑屈に思っていたり、見下しているわけでもないのがいい人の特徴です。自分の考えを押しつけず、相手には相手なりの考えがあるのだと理解し、相手が望む結果を出せるように寄り添おうとします。

相手がどんな人でも大切に思っていて、尊重しようと考えているのです。

都合のいい人をやめる方法

では都合のいい人をやめるにはどうしたらいいのでしょうか?
都合のいい人をやめる方法をご紹介します。

  1. 自分の意見を持つ
  2. 交友関係を広げる
  3. 好きなことを極める
  4. 物事を損得で考えない
  5. 自分の感情を大切にする


それではひとつずつみていきましょう。

都合のいい人をやめる方法①:自分の意見を持つ

都合のいい人をやめるには、自分の意見を持つことが大事です。そもそも都合のいいと言うのは、自分の中に芯がなく、人に流されやすい傾向があります。

誰かが良いと言ったものを取り入れてみたり、人が気に入っているお店に通い詰めたりと、他人のものさしで計られたものを良いと思いやすいです。もちろん試してみるのは良いことなのですが、本当のところ善し悪しがよく解らないという場合が。

自分の意見を持てば、人に流されることはありません。

都合のいい人をやめる方法②:交友関係を広げる

都合のいい人をやめるには、交友関係を広げることも大事です。自分の意見というのは、多くの人と関わることによって研ぎ澄まされていくもの。

沢山の人と関わるうちに、真逆のことを言ってる人がいたり、楽しそうな人がいたり、やりがいを重視していたりと色んな意見を知る事が出来ます。色んな意見を知る事で交友関係が広がると、自分の考えも広がっていくでしょう。

ポイントは、誰か一人と極端に仲良くなるのを辞めること。依存すると他に逃げ場がないので都合のいい人になりやすいます。

都合のいい人をやめる方法③:好きなことを極める

都合のいい人をやめるには、好きなことを極めるのも良いでしょう。例えば音楽が好きなら楽器を始めたり、映画が好きなら面白かったポイントをまとめるなど、とにかく極めることを重視しましょう。

極めるには時間を確保しなくてはいけません。自分の好きなことをするために、人からの誘いは断りましょう。

特にオススメなのは創作です。自分で何かを生み出すのは時間が掛かり大変ですが、人の意見に囚われる必要がありません。

小さな事でもいいので、まず自分が好きなことを重視することから始めるといいですよ。

都合のいい人をやめる方法④:物事を損得で考えない

都合のいい人をやめるには、物事を損得で考えないことも大事です。わざわざ合わない人と関係を続けているのは、損得を考えている可能性があります。

すごい人だから一緒にいよう、この人に気に入られていれば大丈夫、断ったらノリが悪いと思われるなど、無意識のうちに損得勘定で人間関係を続けている場合があります。他人からの判断や評価を気にするあまり、自分の感情をおざなりにしてしまっているのかも。

感情が一番素直な反応なので、嬉しい、楽しい、つまらないなど、自分の感情を大切にしましょう。

都合のいい人をやめる方法⑤:自分の感情を大切にする

都合のいい人をやめるには、自分の感情を大切にすることも必要かもしれません。いつも誰かの言いなりになっていたり都合の良い人を演じていて、自分の感情が解らなくなっていませんか?

無意識のうちに人間関係を損得で考えてしまうのがクセになると、だんだん自分の感情に気付きにくくなってしまいます。ネガティブな感情よりかは、どんな時に楽しいのか、嬉しいと思ったのか、ポジティブな感情をたくさん感じ取るといいでしょう。

【番外編】いい人を英語で言う

いい人を英語で言うと「Good person」(良い人)や「Great character」(良い性格の人)「Nice guy」(いいやつ)などがあります。「Nice guy」は直訳で「素敵な男性」なので「イケメン」のような意味に思えますが、見た目ではなく性格的な表現となるので、男性であれば誰にでも使える表現です。

また、気さくな表現として「likeable person」という表現もあります。こちらは「好ましい人」という表現です。

いい人よりも自分を大切に出来る人になろう!

自分を大切にすればいい人に近づく!

いい人は多くの人に好かれる場合がありますが、実際のところは都合がいい人という可能性もあります。いい人というのは実は他人目線での言葉

他人から見ていい人と表現する場合、優しい人、便利な人という意味合いが強いです。多くの人に好かれるよりも、自分らしい人を極めましょう。

良いか悪いかを決めるのは他人ではなく自分。自分を大切に出来て初めて、他人を大切に出来るようになりますよ。