きつい顔の特徴10選!優しく見せるメイク法や髪型ご紹介!

生まれつききつい顔立ちのせいで、学生時代から友達がなかなかできなかったり、職場でなぜか恐れられていたり、「見た目のせいで損しているな」と感じることはありませんか?でも、そんなコンプレックスも上手くカバーできる方法がたくさんあるんです。

今回は、きつい顔の特徴から、優しく見せるメイクや髪型についてご紹介していきます!

2019年11月17日

きつい顔の特徴

きつい顔の特徴とはどんなものでしょうか。順番にご紹介していきます!

  1. つり目
  2. 三白眼
  3. 角度のついた眉
  4. シャープなフェイスライン
  5. 筋の通った鼻
  6. 血色感のない肌
  7. 下がった口角
  8. 真っ黒or明るすぎる髪色

きつい顔の特徴①:つり目

「目は口ほどに物を言う」といわれるくらい、目は顔の中で印象を大きく左右するパーツ。つり目はクールでかっこいい印象を与えたり、聡明な雰囲気が魅力的。

でもその反面、無表情だと「睨んでるの?」とか、「怒ってる?」と周囲に聞かれたりなんかして、誤解されやすい一面もあるんですよね。その分、笑顔を多くしたり、優しい話し方を心がけたり、コニュニケーション力でカバーしていけば大丈夫。柔らかな雰囲気を作っていくことで好感度アップを狙いましょう。

きつい顔の特徴⑥:三白眼

三白眼とは、一般に左右と下部の白目が目立つ特徴の目のこと。このような目は、黒目の小ささが強調され、目つきが悪い、強い、怖いなどといった印象に映ってしまうことも。

気になる方は、サークルレンズを使用することがおすすめ。また、黒目下まぶたの粘膜にインラインを引くいたり、パールベージュのアイシャドウで涙袋を強調したメイクを取り入れると柔らかい目元に様変わりします。

学校や職場でメイクができない方は、目を細めるようときの要領で、下まぶたにごく軽い力を入れ、涙袋を少し目立たせる、といった方法も効果的ですよ。

きつい顔の特徴②:角度のついた眉

ハリウッド俳優のような角度のついた眉は、キリッと迫力のある美女・イケメン度をアップさせてくれますが、つり目だったり、一重まぶたできつい印象の目元で悩んでいる方には適さない形です。また、眉毛の濃さにも注意が必要。濃すぎる眉は野暮ったく、薄すぎると昔のヤンキーのような怖い印象に。

地眉が太く、濃い場合はカットして毛量を減らしたり、薄すぎる場合はアイブロウペンシルやパウダーでふんわりと書き足していきましょう。

きつい顔の特徴③:シャープなフェイスライン

シュッと細いフェイスラインは、美人やイケメンの証拠ともいえます。シャープな印象でとても魅力的なのですが、あまりに痩せすぎるときつい印象を与えかねません。

メイクでツヤ感のあるファンデーションを取り入れる、チークをふわっと入れるといった工夫をすることも効果的です。また、過激なダイエットで体型キープしている方は食事を見直す、髪型でボリュームをだして輪郭をカバーするなどして、コケて強調された頬骨をカバーしていきましょう。

きつい顔の特徴④:筋の通った鼻

横から見ると弓なりのように膨らみのある鷲鼻や、細くツンと通った鼻先は、冷たい印象に見られてしまう可能性が。一方で、鼻は顔の中心のパーツのため、まっすぐスッと通った鼻筋は美人・イケメンの証拠でもあります!

そんな鼻の方は、濃いメイクや厚塗り感のあるファンデーションは余計強い印象を与えてしまうためNG。ベースメイクは薄付きにする、ポイントメイクはほんのり控えめにするなどといったいわゆる「引き算メイク」がおすすめです。

きつい顔の特徴⑤:血色感のない肌

色白で血色感のない肌は、不健康な印象に映ってしまうでしょう。食事や睡眠を見直し、生活習慣を根本から改善していきましょう。

また、メイクではチークやリップは欠かさずに取り入れることがおすすめ。男性でも、リップクリームを塗って唇に潤いを与えるだけでだいぶ生き生きとした印象になります。

抵抗がなければ、ほんのり色がついた物を選ぶと、さらに血色感をプラスすることができるのでおすすめです。

きつい顔の特徴⑦:下がった口角

いつも無表情で、笑うのはちょっと苦手。そんな方はもしかしたら、周囲にきつく、近寄りがたい印象を与えている可能性があります。

下がった口角は印象ダウンなだけでなく、老けて見られやすいので損することになりかねません。仕事中やオフモードでも口の端に軽く力を入れて口角をあげることを意識しましょう。

女性の場合は、明るめのコンシーラーで、下唇の口角を引き上げるように引くこともおすすめ。キュッと口角が上がったように見え、垢抜けた印象の口元になりますよ。

きつい顔の特徴⑧:真っ黒or明るすぎる髪色

きつい顔立ちの方はヘアカラーにも注意が必要。真っ黒な髪色でいることで顔のパーツよりも髪へ目線が持っていかれてしまい、重たくきつい印象に見られやすいです。

学生さんや、仕事の関係でヘアカラーができないという方は、前髪や毛先を軽くカットしてもらいましょう。一方、金髪などの明るすぎる髪色もヤンキーのようになり、きつく見られる顔立ちとは相性が悪いです。

ひとりひとりの顔立ちや印象にもより、例外もありますが、一般的には避けることをおすすめしたいです。

きつい顔を優しく見せるメイク法

ここでは、きつい顔を優しく見せるメイク法をご紹介。要点を抑えて、愛され顔になりましょう!

  1. 眉は平行気味のアーチ型
  2. サークルレンズでちゅるんとした透明感ある目元に
  3. アイライナーはジェルかペンシルタイプで
  4. 暖色系のアイシャドウで優しさをプラス
  5. リップ・チークは淡いカラーをチョイス

メイク法①:眉は平行気味のアーチ型

引用:Instagram @medicha

「眉毛は顔のフレーム」といわれているくらい、形・色・太さ・角度で整形級の変化をもたらすパーツ。きつめに見られているのは、もしかしたら眉毛が原因かも。

眉毛は眉山を強調させない、平行のなだらかアーチ眉を目指しましょう。整え方が不安な方はアイブロウの専門サロンを利用してみるのもひとつの手です。

アイブロウをお直しして、優しげ美人にイメチェンしましょう。

メイク法②:サークルレンズでちゅるんとした透明感ある目元に

引用:Instagram @karakonba

今やサークルレンズやカラコンも、重要なメイク道具のひとつ。「三白眼で悩んでいる」、「黒目が小さくて目つきが悪く見える」、そんなお悩みを抱えている方は、サークルレンズを取り入れてみては。

画像のような自然なブラウンカラーのレンズにすれば、自然とバレにくくちゅるんとした優しげな目になることができます。より、ナチュラルさを出すために着色直径は13mm以下を選ぶことがポイントです。

メイク法③:アイライナーはジェルかペンシルタイプで

引用:Instagram @canmaketokyo

アイラインはリキッドタイプよりも、ジェルかペンシルタイプが◎。目の際に太くがっつりというよりも、目尻を延長するようにちょっと引いたり、まつげの隙間をちょんちょんと埋めるようにインラインを引く方が、ナチュラルかつはっきりした目元になります。

また、ダークカラーのアイシャドウを細い筆に取り、アイライン代りに引いても。ほどよい抜け感があるふんわりアイを作れますよ。

メイク法④:暖色系のアイシャドウで優しさをプラス

引用:Instagram @seanii__

優しげな目元作りには、ピンクやオレンジ・テラコッタなど、赤みのあるアイシャドウがおすすめ。塗り方は指で塗るか、アイシャドウブラシでふんわりのせると薄付きで綺麗な仕上がりになります。

また、質感にも注目してチョイスしてみましょう。ぱっちりインパクトのある二重はパールやラメが綺麗なものを、奥二重・一重ならマットで発色のいいものを選ぶと瞼によく馴染んでくれます。

メイク法⑤:リップ・チークは淡いカラーをチョイス

引用:Instagram @etvos.jp

リップとチークの色選びは、馴染みのいいベージュやコーラルピンク・サーモンピンクなどがおすすめ。また、チークを塗るときも注意が必要です。

角度のついた大きめのチークブラシにさっと取り、手の甲でぽんぽんと余分な粉を払ってから塗るようにして。こうすることで濃くつきずぎることなく、失敗が少なくなります。

また、トレンドの濃いめカラーを使うときは、アイ・チーク・リップのいづれが1点に留めると、バランスが取りやすくなりますよ。

きつい顔を和らげる髪型

ふんわりパーマで印象をガラッと変えてみましょう!

髪型も雰囲気を左右する重要ポイント。きつい顔を和らげる髪型の特徴をご紹介していきます!

  1. ふんわりパーマ
  2. シースルーバンク
  3. 肌色にあった暗髪
  4. ツヤ感のある髪質
  5. ゆるふわポニーテール

きつい顔を和らげる髪型①:ふんわりパーマ

引用:Instagram @kyokofukada_official

ふんわりゆるめパーマで柔らかな大人ヘアにシフトチェンジしましょう。パーマが厳しい人は、ヘアアイロンでゆるっとしたウェーブを作って。

ポイントは、あくまで「ゆるゆる感」を出すこと。ぐりんぐりんのがっつり巻き髪ウェーブは、流行遅れで垢抜けない印象になるの要注意ですよ。

また、ショート〜ミディアムの髪型はウェットなワックスを馴染ませて、濡れ感ヘアを作るとグッと今っぽい印象に。

きつい顔を和らげる髪型②:シースルーバンク

引用:Instagram @mikipon1111

きつい印象を抜け出したいなら、前髪を作って、可愛らしく優しい雰囲気を演出しましょう。特に、ほどよく薄さを出したシースルーバンクで抜け感のある前髪にするのがいいでしょう。

透けている前髪にすることで、軽さと小顔効果の両方が叶います。長さは目の上〜眉毛に軽くかかるくらいがおすすめ。

ヘアアイロンを使う際は、さっと通すだけにして、最後にワックスやスプレーで束感を出すと、持ちがよくなりますよ。

きつい顔を和らげる髪型③:肌色にあった暗髪

引用:Instagram @akiico

柔らかい雰囲気を出すには、髪色はダークトーンのブラウンカラー、いわゆる「暗髪」がおすすめ。黒髪だと重くて硬い印象を持たれてしまいがち。

でも暗髪ヘアカラーは、肌の色を綺麗にみせつつ顔のパーツを強調する効果があり、ナチュラル感を出しながらも印象のある雰囲気を作れます。ブラウンといっても、アッシュブラウンやベージュブラウンなどカラーは様々。

自分の肌色にあった髪色を美容院で相談してみるといいでしょう。

きつい顔を和らげる髪型④:ツヤ感のある髪質

引用:Instagram @yukos0520

髪がパサついていると、老けてギスギスした印象にみられることも。きつくみられないためには、キューティクルが綺麗なトゥルンとした質感を目指しましょう。

美しい髪作りには、髪内部までダメージ補修してくれるトリートメントが必須です。ひと束ずつとって、毛先から生え際へと丁寧に馴染ませて。

また、お風呂後の濡れたままの髪を放置していると、髪にとって大きなダメージになります。なるべく早めにドライヤーをかけてしまいましょう。

きつい顔を和らげる髪型⑤:ゆるふわポニーテール

引用:Instagram @yukos0520

職場やバイト先が厳しく、まとめ髪必須という方は、ふんわりまとめた「ゆるふわポニーテール」がおすすめ。柔らかめのワックスを手にとり、手ぐしでざっくりと髪に馴染ませていきます。

いつも通りのポニーテールを作り、最後にトップ・サイド・ヘアゴムの付け根付近の髪を細めに引き出して立体感をプラス。毛先を軽く巻いておくとさらに柔らかさが出ておすすめですよ。

きつい顔の女性芸能人

きつい顔の女性芸能人は美人揃い!そんな彼女たちから、雰囲気を柔らかくする方法を学びましょう。

  1. 柴咲コウ
  2. 菜々緒
  3. 天海祐希
  4. 北川景子

①:柴咲コウ

ぱっちり大きな瞳、すっと細く通った鼻筋。これぞ美人といったお顔立ちの女優・柴咲コウさん。

キリッとした外見だからか、ドラマや映画でも気が強く、芯のある役柄が多いような印象です。初期の柴咲さんは黒髪ストレート・ぱっつん前髪といった個性的な見た目でしたが、現在は平行気味の眉とナチュラルメイクで柔らかさのあるふんわり美人さんになっていますね。

画像引用元:柴咲コウ Official Site

②:菜々緒

悪女を演じさせたら右に出るものはいないんじゃないかというほど、インパクトのある眼差しや美しいスタイルが魅力の女優・菜々緒さん。放送中のドラマ「4分間のマリーゴールド」では初の清純派ヒロインに挑戦していることもあり、前髪を作って優しさのある女性へイメチェンしています。

可愛さを演出できる前髪は効果絶大ですね!

画像引用元:TBS公式

③:天海祐希

「上司になってほしい芸能人」ランキングでトップにランクインしている女優・天海祐希さん。元タカラジェンヌということもあり、凛とした佇まいとサバサバしたキャラクターで多くの方から支持されています。

ドラマでもバラエティ番組でもその飾らない性格で、大活躍の天海さん。彼女のように一見クールな見た目でも、内面でカバーしていけば愛されキャラになれること間違いなしです。

画像引用元:天海祐希オフィシャルサイト

④:北川景子

最近では、「家売るオンナ」シリーズで、冷徹なスーパー営業マン「サンチー」の役柄で大ブレイクしていた女優・北川景子さん。涼しげな眼差しとさっぱりした性格は、多くの女性が憧れる存在そのものですよね。

北川景子さんはブラウン系のアイシャドウや、コーラルピンク・オレンジベージュ系のリップなどを用いるなど、メイクで柔らかさを出す工夫をしているようです。

画像引用元:北川景子オフィシャルサイト

きつい顔の男性芸能人

きつい顔といわれている男性芸能人とは?クールでかっこよさが際立つ4名をご紹介していきます。

  1. 本郷奏多
  2. 及川光博
  3. 佐藤健
  4. 松田翔太

①:本郷奏多

透き通るような白い肌や切れ長一重の涼しげな目元がチャームポイントの俳優・本郷奏多さん。最近では、映画「KINGDOM 」で冷酷非道な王子役を熱演していました。

プライベートでは、「外出や食事がキライ」というちょっと変わった一面もあるようです。彼のようにクールな外見や性格で、ちょっと近寄り難いように見られていたとしても、それを気にせず、マイペースに生きることも大切なのではないでしょうか。

画像引用元:本郷奏多オフィシャルウェブサイト

②:及川光博

王子様キャラで有名な俳優「ミッチー」こと及川光博さん。最近では「相棒」シリーズにて、水谷豊さん演じる「杉下右京」のクールなパートナーを熱演。

プライベートでは、紳士的な振る舞いやあっけらかんとした性格で、多くのファンを魅了し続けています。ミッチーのようにきつそうな見た目だとしても、飄々とした性格やコミュニケーション力でカバーしていければ、好感度アップなこと間違いなしです。

画像引用元:及川光博オフィシャルサイト

③:佐藤健

最近では映画を中心に活躍の場を広げている俳優・佐藤健さん。「るろうに剣心」の実写映画版にて主人公・緋村剣心を演じきっていた姿が印象的でした。

体系もスレンダーな細身で、輪郭もシャープな佐藤さんですが、普段は髪をダークブラウンに染めていたり、長めの髪をワックスでふんわりさせることによって柔らかいイメージを出していますね。

画像引用元:佐藤健オフィシャルウェブサイト

④:松田翔太

最後にご紹介するのは人気俳優の松田翔太さん。「ライアーゲーム」や「家売るオンナの逆襲」など数々の作品で、落ち着いてクールな役柄が多い印象です。

太めなつり上がった眉や、シャープな目元が魅力の松田さん。彼のようにクールな見た目を活かして、かっこいい系を目指すのも有効な作戦かもしれません。

画像引用元:office saku

もうきつい顔とは言わせない!優しげ印象作りで雰囲気美人・イケメンに

本日ご紹介したポイントを抑えれば、もう「きつい印象」とは卒業!髪型やメイク方法を一部変えるだけでも、だいぶ印象が変わってくるはずです。

自信をつけて、雰囲気美人・イケメンにシフトチェンジしていきましょう。また、見た目も重要ですが、もっと大事なのはもちろん中身です。

この機会に自分の話し方や周囲への接し方などを見直してみて。外見・内面両方を美しく磨いて、魅力UPさせていってくださいね。