アルフレッドティールーム(ALFRED TEA ROOM)メニュー紹介!青山・大阪など店舗情報まとめ

見渡す限りピンク!そんなキュートなティースタンド・サロン、アルフレッドティールーム。いるだけでときめいてしまうような店内にはSNS映えするフォトスポットがたくさんあり、女性に大人気となっています。もちろん人気の理由は味のクオリティーの高さにもあります。スイーツにタピオカドリンク、オリジナルグッズまで、人気の商品を一緒に見ていきましょう。

2019年8月22日

アルフレッドティールーム(ALFRED TEA ROOM)とは

アルフレッドティールームの魅力

2016年にアメリカ・ロサンゼルスで誕生したティーブランド「アルフレッドティールーム(ALFRED TEA ROOM)」。紅茶に日本茶、そして台湾茶など、世界中から厳選した茶葉を使用しているのが特徴です。

現在日本では5店舗が展開されていて、ピンクを基調とした可愛い店内はいつも若い女性客で賑わっています。そして来店した人が最も注文しているのが「ボバ(タピオカ)ドリンク」です。

可愛いパッケージなので持っているだけで映えると話題になっています。もちろんティーブランドなので味の美味しさは折り紙付きです。

そして、アルフレッドティールームでは他のタピオカブランドと異なり、スイーツやグッズなど他の商品も充実しているのも特徴。思わず色々と買ってしまいたくなってしまう可愛さです。

アルフレッドティールーム人気メニュー【スイーツ】

アルフレッドティールームには、美味しくて見た目もおしゃれなスイーツがたくさんあります。人気のスイーツ5選を紹介します。

①:抹茶クロワッサン(480円)

引用:Instagram @alfredjapan

焼き立ての抹茶クロワッサンは原宿にある「The Little BAKERY Tokyo」のもので、毎日数量限定で販売されています。ベーカリーとのコラボ商品というだけあって、カフェのパンとは一味違う本格的な味わいが人気です。

サクサクのクロワッサンに抹茶チョコがかかっていて紅茶との相性もばっちり。また、同シリーズのストロベリー味も濃厚だけど甘すぎなくて美味しいです。

②:ビーガンスコーン(280円)

引用:Instagram @alfredjapan

4種類のビーガンスコーンは卵や乳製品、小麦不使用のグルテンフリーです。味はチョコ、ストロベリー、紅茶、抹茶があります。

ホロホロした食感にサクっとしたアイシングがアクセントになっていて、紅茶はもちろんコーヒーにもマッチします。甘さもひかえめなので、おやつとしていくらでも食べられてしまいそうですね。

③:グラバー(グラノーラバー)(380円)

引用:Instagram @alfredjapan

グラバー(グラノーラバー)はミックスナッツ、ストロベリー、ピンクの3種のフレーバーが楽しめます。ザクザクした食感と素材の良さを活かした優しい甘さがポイントです。

アイスキャンディのような見た目も可愛いので、ちょっとしたプレゼントにもいかがでしょうか。

④: 苺のソイティラミス(480円)

引用:Instagram @alfredjapan

アルフレッドティールームの人気フレーバーティー「アールグレイ カカオ」をスポンジに使用した苺のソイティラミス。現在苺のソイティラミスは青山本店と梅田蔦屋書店の限定販売となっています。

マスカルポーネチーズの代わりに豆乳クリームが使われていますが、しっかりとコクのある味わいで満足度も高いと評判です。

⑤:アボカドトースト(500円)

引用:Instagram @alfredjapan

LAでも大人気のアボカドトーストは、香ばしいフランスパンにたっぷりのアボカドと爽やかなカイワレ大根がトッピングされています。程よく小腹が満たされるサイズ感で、紅茶との相性もぴったりなビーガンオープンサンドです。

アルフレッドティールーム|タピオカドリンクメニュー

アルフレッドティールームでは紅茶や抹茶などにタピオカをトッピングした「ボバ(タピオカ)ドリンク」があります。人気のボバドリンクを紹介します。

また、金額は全てレギュラーサイズのものとなっています。

①:ボバ アルフレッドミルクティー(520円)

引用:Instagram @alfredjapan

ボバアルフレッドミルクティーは1番人気のメニューです。高級アッサムを使用したロイヤルミルクティーは香り豊かで、台湾系のタピオカ店とはまた違った、紅茶そのものの美味しさが実感できるでしょう。

アルフレッドティールームのタピオカは、若干小粒で硬すぎず柔らかすぎず適度な弾力があります。また、優しい甘さもあるので、紅茶を無糖にしてもバランスが良いです。

ミルクティー甘ったるくなくて、めちゃゴクゴク飲めるし、タピオカも超いい量やし、5分ぐらいですぐ飲みきってもーた

Instagram

②:ピンクドリンク(680円)

引用:Instagram @alfredjapan

ピンクドリンクはアッサムティーをベースに使ったドリンクです。ピンクの正体はビーツとストロベリーで、加糖のみの販売ですが、見た目よりもさっぱりした味がします。

また、シナモンが入っているのでアーモンドミルクに変更すると相性も良く、より美味しくなっておすすめです。

見た目甘いのかな⁇と思ってたら、そんな感じもなく美味しくいただきましたー

Instagram

③:ボバ 抹茶ラテ(590円)

引用:Instagram @alfredjapan

ボバ抹茶ラテは抹茶の濃厚な味わいと香りが好評です。タピオカ自体がきび糖シロップにつけてあるので、無糖にすると抹茶を存分に味わえてほんのりと甘みも感じられます。

アルフレッドティールームの抹茶ラテは高級感ある味なので、他のお店のものとは一線を画しています。

抹茶濃厚で美味しかった◎

Instagram

④:ピンク抹茶ティー(680円)

引用:Instagram @alfredjapan

上で紹介したピンクドリンクと抹茶ラテが一つになったのがピンク抹茶ティーです。あっさりしたアーモンドミルクピンクドリンクと濃厚な抹茶は最高の組み合わせです。

また、そのまま飲むとそれぞれの味が楽しめますが、よく混ぜるとなんと桜餅のような味に変化します。アルフレッドティールームならではの1杯で2度美味しいドリンクです。

グリーン部分は甘ったるくない、ほろ苦い抹茶
ピンク部分はさくら風味
モチっとした大きいタピオカがごろんごろん入っている
→飲むと桜餅みたいな味、美味しい

Instagram

⑤:ボバ ローズミルクティー(600円)

引用:Instagram @alfredjapan

ローズの香りがふんわりと香るボバ ローズミルクティー。華やかなローズをミルクティーが優しく包み込んでくれているので、フレーバーティーやハーブティーが苦手な方でも飲みやすいでしょう。

店頭で販売されているスコーンやカップケーキにも良く合うので、素敵なティータイムのひと時にいかがでしょうか。

華やかなバラの香りと、優しい甘さのミルクティーで、優雅な気持ちのティータイム

Instagram

アルフレッドティールーム店舗情報一覧

アルフレッドティールームは現在日本では5店舗が展開されています。内装や運営スタイル、メニューなどそれぞれ特色があるので、色々な店舗に行ってみると新たな発見があるかもしれません。

①:ALFRED TEA ROOM 青山本店

引用:食べログ

アルフレッドティールームの日本旗艦店となる青山本店。1階はテイクアウト、2階はティーサロンのようなゆったりした空間になっています。

青山本店ではフルーツサンドなどの店舗限定メニューが多数販売されているので、アルフレッドティールームの世界観をより楽しみたい方は青山本店がおすすめです。

住所東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山1、2F
営業時間 9:00~21:00
電話番号03-6427-3031
アクセス東京メトロ「表参道駅」B2出口から徒歩3分
店舗URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13214568/

②:ALFRED TEA ROOM ルミネエスト新宿

引用:食べログ

ルミネエスト新宿店はルミネエストに直結していて、外からもルミネエスト内部からも入店することができます。アクセス良好で目立つ場所にある分混雑していることが多いですが、青山本店より男性も入りやすいカジュアルな雰囲気なので新宿デートの休憩にも最適です。

住所東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿1F
営業時間10:00~22:00
電話番号03-6380-6721
アクセスJR「新宿駅」中央東口改札または東口改札から徒歩2分
店舗URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13214569/

③:ALFRED TEA ROOM 原宿店

引用:アルフレッドティールーム公式サイト

原宿店はキャットストリート沿いにあるビル・JUNK YARDの2階にあります。特徴的なのは他のどの店舗よりもカジュアルで開放的という点です。

アルフレッドティールームらしくピンクが散りばめられていて可愛いのですが、コンクリートが打ちっぱなしだったり、天井も配管があえてそのままだったりとストリートっぽさがあります。

住所東京都渋谷区神宮前4-26-28 JUNK YARD2F
営業時間10:30〜20:00
電話番号03-5843-0364
アクセス東京メトロ「明治神宮前駅」5番出口から徒歩4分
店舗URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13236062/

④:ALFRED TEA ROOM 梅田 蔦屋書店

引用:食べログ

梅田 蔦屋書店は全店舗の中で最も席数が多く、118席もある広々空間になっています。店舗が広いので、東京より比較的空いていることが多いです。

また、梅田 蔦屋書店では青山本店と同様に、フルーツサンドなどの限定フードメニューを取り扱っています。モダンな店内で美味しい紅茶とスイーツを楽しみながら、ゆっくりとブレイクタイムをすごすことができるでしょう。

住所大阪府大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 9F
営業時間7:00 – 23:00
電話番号06-4799-1417
アクセス「大阪駅」直結 LUCUA 1100 蔦屋書店内
店舗URLhttps://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27109344/

⑤:ALFRED TEA ROOM 名古屋セントラルタワーズ店

引用:食べログ

名古屋セントラルタワーズ店は、2019年8月9日にJRセントラルタワーズプラザ」12F、レストランフロアにオープンしました。スタンド型の店舗で、イートインもテイクアウトもできるようになっています。

小さめの店舗ですが、他の店舗と同様にピンクを基調とした可愛いフォトスポットがたくさんあります。オープンしたてということもあり30分ほど並ぶときもあるようですが、東海地方初出店なのでお近くの方はぜひ行ってみてください。

住所愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 12F
営業時間11:00〜23:00
電話番号052-571-5551
アクセス「名鉄名古屋駅」直結 JRセントラルタワーズ内
店舗URLhttps://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23071426/

グッズも可愛い!アルフレッドティールーム一押し商品!

アルフレッドティールームで人気なのはフードやタピオカだけではありません。キュートでおしゃれな世界観満載の可愛いグッズを紹介します。

①:マグカップ(1,200円)

引用:Instagram @alfredjapan

アルフレッドティールーム店内のネオンと同じ「tea, yes. you maybe.」のロゴが入ったマグカップは、ピンク、白、ブルーがあります。シンプルながら柔らかなラインの可愛いデザインなので、家でもオフィスでも使えます。

ピンクの方はもちろんアルフレッドティールームのイメージカラー・ミレニアルピンクです。

②:ティーバッグ(480円)

引用:Instagram @alfredjapan

ティーバッグはハウスブレンド、キャラメルティー、ストロベリーティーの3種類があります。 それぞれ異なるパッケージで思わず集めたくなってしまう可愛さです。

また、自分へのご褒美や友人へのお土産にもおすすめです。バレンタイン期間には限定フレーバーのアールグレイチョコティーが登場していたので、今後も新しい種類が出ないか楽しみですね。

③:オリジナルキャンティーン(3,800円)

引用:Instagram @alfredjapan

オリジナルキャンティーンは、アルフレッドティールームらしいピンクが可愛いタンブラーです。ホットもアイスも対応しているので、いつでも美味しい紅茶やラテを飲むことができます。

また、普段使いしやすいサイズ感とデザインなところもポイントです。持っているだけで気分が上がってしまいそうなオリジナルキャンティーンは要チェックです。

アルフレッドティールームでときめきのひと時を

今回はアルフレッドティールームのスイーツやタピオカドリンク、オリジナルグッズについて紹介しました。アルフレッドティールームの人気の理由は店内やパッケージが可愛いところにあります。

しかし、それを上回るほど多いのが「紅茶などのドリンクが美味しい」という声です。可愛いピンクを基調とした空間で、おしゃれでハッピーなひと時をすごしてみてはいかがでしょうか。