【簡単】ポイントは〇〇♪セルフでできるジェルネイルの長さ出しのコツ

セルフでジェルネイルをする方でも長さだしは難しそうでできない…そんな方必見です!

長さ出し

 (15060)

爪が長いほうが手が綺麗に見えるし、ネイルも盛れるけどセルフで長さだしって難しそう…。そこで今回はジェルネイルの長さ出しの方法を紹介いたします!

フォームを使う

必要なグッズ

 (15061)

①ファイル(150~180G)人工爪の表面や長さの形成に使う
②エメリーボード 自爪の長さの調整や、人工爪の細部の形成に使う
③ジェルクリーナーかエタノール 未硬化ジェルをふき取るのに使う
④ソフトジェルかハードジェル
⑤ハサミ フォームをカットするのに使うので小さめがよい
⑥ダストブラシ 削った粉を掃うのに使う
⑦ジェルネイル用ブラシ 長さ出しにはスクエア型がよい
⑧ワイプ ジェルクリーナーを含ませるのに使う
⑨フォーム 長さ出しをするのに使う土台

フォームをカットする

 (15062)

フォームの中心のアナシールをはずして裏面に貼り補強してから、爪のカーブに合うか確認して、イエローラインに合わせてカットする

カーブをつける

 (15063)

長さ出しする部分が綺麗なカーブになるように棒状のものを使って調整します。ジェルの場合先端が広がりやすいので、フォーム自体の先が細くなるようにカーブをつけましょう。

チップを使う

必要なグッズ

 (15064)

①ファイル(150~180G)人工爪の表面や長さの形成に使う
②エメリーボード 自爪の長さの調整や、人工爪の細部の形成に使う
③ジェルクリーナーかエタノール 未硬化ジェルをふき取るのに使う
④ソフトジェルかハードジェル
⑤ジェルネイル用ブラシ 長さ出しにはスクエア型がよい
⑥ダストブラシ 削った粉を掃うのに使う
⑦ワイプ ジェルクリーナーを含ませるのに使う
⑧ネイルグルー(接着剤) チップやネイルパーツ、自爪の亀裂などを接着させる溶剤
⑨チップカッターか爪切り ハーフチップをカットするのに使う
⑩ハーフチップ ネイルグルーを使って長さ出しをするのに使う

チップを削る

 (15065)

チップは爪のカーブにぴったり合うものを選んでくださいね!サイズが合っていないと外れやすく、持ちがわるくなってしまいます。爪の上にのせる部分を薄くし装着しやすくするため、チップの根元部分をファイルで削ります。

チップを爪先につける

 (15067)

チップの裏面の爪にのせる部分(2mm程度)にグルーをつけます。中心から端に伸ばすように塗ると薄付きに。それから、チップをゆっくりと先端から空位を抜くようなイメージで倒していき、ぴったりのところで5秒待ちます。チップの両端は浮きやすいので固まるまで爪で押さえておきます。それでも浮いてくる場合はウッドスティックなどの細い棒の先端にグルーを少しつけて隙間に流し込み、再度おさえてください!

チップの長さをカットする

 (15066)

チップカッターか爪切りで自分の作りたい長さにカットしましょう。先端を好きな形に整え、爪とチップの段差がなくなるようにチップの表面を削ります。削りすぎはチップが取れる原因になるので確認しながら削ってください!

長さ出しをしていく

自爪の下準備

 (15068)

自爪の下準備をします。甘皮処理、サンディング、ファイル、ダストオフ、消毒をして、フォームまたはチップをつけましょう。

先端を作る

 (15069)

①自爪の上にベースジェルを塗っていきます。(チップを使う場合はチップの先端まで塗ってください。)
②硬化します。
③フォームの上に作りたい長さ、形で先端を作ります。(固めのジェルがおすすめ!)
④硬化します。

自爪と先端の段差をうめる

 (15070)

①根元から先端まで一度全体的にジェルを塗り、先端との段差がある部分にさらにジェルを盛る。
②ジェルがなじむのを待ってから硬化する。
③ジェルが完全硬化したらフォームを外し、未硬化ジェルをふき取る。(先端部分の裏もふき取るのを忘れずに!)

ファイルで形を整える

 (15072)

最後に…

 (15071)

いかがですか?手順さえ覚えれば意外と簡単ですよね。このやり方を覚えれば、もし爪が一本折れてしまったときもその爪を長くすることができます!ぜひ参考にしてみてください♡