オールバックが似合う顔だちとは?男女ともに言える特徴・似合わせ方法

オールバックスタイルは2019年も流行のヘアスタイル。大人の魅力溢れるオールバックは男女問わず憧れる髪型ですよね。

でも、「自分はオールバックが似合うタイプじゃないかも」と諦めている方は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、「オールバックに似合う顔や髪質ってあるの?」、「オールバックスタイルを似合わせる方法って?」、そんな疑問について解説していきます!

2019年10月7日

オールバックの似合う顔の特徴

具体的にオールバックが似合う顔の特徴とは何なのでしょうか。順番に解説していきます!

  1. 形がキレイなおでこ
  2. インパクトのある顔立ち
  3. 頭の形がキレイ

特徴①:形がキレイなおでこ

額が狭すぎても、広すぎても似合いづらい印象になってしまうのがオールバックの難しいところ。ほどよい広さがあり、横から見ても丸い形のおでこがオールバックに適しているといえます。

オールバックが似合う額の広さの目安としては、額に人差し指・中指・薬指・小指の4本が眉より上に収まるかどうか。4本以下だと狭いおでこ、それ以上は広めのおでこということになりますね。

もちろん、この基準にあてはまらないからといって、キレイじゃないわけではありません。あくまで目安として参考にしてくださいね。

特徴②:インパクトのある顔立ち

オールバックは前髪をスッキリあげたヘアスタイルなので、顔のパーツが目立ちやすいです。形のいい凛々しい眉、スッと通った鼻筋、大きめの目力のある瞳。

このような濃いめの顔立ちだと似合いやすいといえます。よく外国人モデルや俳優がオールバックにしていますが、ビシッとキマッていてかっこいいですよね。

また、日本や韓国俳優のように、切れ長の目でスッキリした顔立ちの「塩顔男子」にもオールバックはおすすめです。がっつり額を出すことで、清潔感もありながらスタイリッシュな印象になりますよ。

特徴③:頭の形がキレイ

ピシッとセットされたオールバックは他の髪型と違って、頭の形が強調され、ごまかしが効きません。そのため、前後左右どの方向からみても頭の形がキレイだとより適しているといえます。

特に、後頭部が丸く美しいラインの方はスタイリングもキマりやすいですね。とはいえ、完璧な形でなくともカットやアレンジのコツを掴めば、カバーすることも可能です。

カットが評判の美容師さんに相談して、似合わせカットをお願いしてみるのもいいでしょう。

オールバックが似合わない理由はこれ

「オールバックにしてみたけど、なんかしっくりこないな」、そう感じるのは次のようなことが原因かもしれません。順番に解説していきますね。

  1. おでこが狭
  2. 顔のパーツにコンプレックスがある
  3. ハチが張っている

オールバックが似合わない原因①:おでこが狭

極端におでこが狭くてコンプレックスに思っている方は多いのではないでしょうか。そんなお悩みがある方は、トップにボリュームを持たせる七三分けオールバックがおすすめ。

七三分けにすることで立体感が生まれ、額の狭さをカバーできるんです。さらに、前髪を立ち上げるようにすれば、より自然で今風の垢抜けた印象に。

ポイントをしっかり抑えればおでこが狭い方でも似合うオールバックスタイルが実現できますよ。

オールバックが似合わない原因②:顔のパーツにコンプレックスがある

眉毛が変な形をしている、目力がない、赤く大きなニキビがたくさんあるなど、誰しも顔の悩みやコンプレックスって尽きないものです。そのように強いコンプレックスを抱えている方は、オールバックよりも前髪を作ったヘアスタイルにすると悩みが解消されることがあります。

また、男性に特有の悩みである「額の後退」も、額をカバーすることで一気にフレッシュな印象に。「オールバックに抵抗があるな」という方は、前髪を作って動きを出したヘアスタイルがおすすめです。

オールバックが似合わない原因③:ハチが張っている

頭のハチが張っていて顔の横幅がある人も、「なんかしっくりこない」原因といえます。こういった方はトップにボリュームをもたせた「2ブロックオールバック」がおすすめ。

サイドを短く刈り上げることで、ハチ張りでお悩みの方もスッキリしたオールバックに仕上げることができます。セットする際には、ツヤ感のあるグリース、あるいはキープ力の強いワックスを使いましょう。

さらに、トップをヘアアイロンで軽く巻いたり、パーマをかけるとより動きが出てバランスがよく見えますよ。

オールバック似合わせで好印象に

オールバックはビジネスシーンでも好印象

オールバックにすると、メリットがたくさん。まず、前髪を潔くあげると清潔感を得ることができます。

前髪を作ってしまうと、毎日のセットが大変ですよね。天気が悪い雨や強風だと尚更厄介です。

せっかく時間をかけて仕上げた前髪が湿気でベトベト、風に吹かれてボサボサ…ということもしばしば。不潔でだらしない印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

オールバックにしてしまえば、セットやお直しも簡単です。また、普段幼い印象で悩んでいて、「もう少しキリッと感を出したい」、「堂々としてしっかりした印象を与えたい」という人にもおすすめ。

男性でも女性でも、ビジネスの場でいい印象を与えられますよ。

顔の特徴別、似合うオールバックスタイル【メンズ】

髪型は頭やおでこの形によって、その人に合ったオールバックがあります。そこで、顔の特徴別に似合うオールバックスタイルをご紹介していきましょう!

ハチ張りさんにおすすめ!2ブロックオールバック

引用:Instagram @youkey_aka_duds
引用:Instagram @_birth_hair_design
引用:Instagram @shinji.koike
引用:Instagram @hairstudio_rainbow
引用:Instagram @granmercury.hiji

ハチ張りさんにイチオシの2ブロックオールバックは、シンプルながらも爽やかな印象を与えます。また、サイドを刈り上げることで、正面と横顔とで違った雰囲気を楽しむことも。

「職場が厳しくて刈り上げは無理だな」なんて方は、サイドを長めに残してもらうといいでしょう。トップとの境目を控えめにすることで、より柔らかめの印象になります。

会社規則が厳しいサラリーマンでもおしゃれヘアを楽しめる、男性人気の高い髪型です!

狭いおでこさんにおすすめ!七三分けオールバック

引用:Instagram @kazuhiko_menshair
引用:Instagram @d_p_d_koba_hks
引用:Instagram @hot_marleys_club
引用:Instagram @kentoshingaya
引用:Instagram @etahairdesign

清潔感もありながら一気に男前な雰囲気になれる七三分けオールバック。華やかな印象も得られるので、スーツでビシッとキメても、シンプルにTシャツとデニムでもワンランク上のお洒落男子に様変わりします!

また、七三分けオールバックはツヤ系のワックスやグリースと相性抜群。今流行の濡れ髪風にすると、セクシーな雰囲気も楽しむことができますよ。

オールバックに合う髪質・合わない髪質

キレイなオールバックにはスタイリング剤が必須!

オールバックに合う髪質、合わない髪質はどんなものでしょうか。バリエーションは様々ありますが、シンプルなオールバックには適度にコシ・ツヤ感がある髪質が合っているといえます。生き生きとしたキレイな髪はスタイリングがしやすく、また清潔感もあるのでオールバックとも相性バッチリです。

逆に合わないタイプは、剛毛で髪がまとまらないという髪質の方。このような悩みがある方は、パーマを当てるとセットしやすくなりますよ。

逆に柔らかすぎる毛質や、猫っ毛の方もセットし辛い髪質です。そんな方は水分量が少なめのワックスを活用しましょう。

髪質で悩みがあっても、工夫次第でスタイリングしやすくすればキレイなオールバックに仕上がります。オールバックは工夫次第で誰でも楽しめる!

オールバックで洗練された大人男子を目指そう

オールバックといえば、以前は「古臭い」、「オジさんっぽい」というマイナスなイメージが付きまとっていました。しかし、今ではパーマで動きを出す、サイドを刈り上げるなどして様々なオールバックスタイルを楽しむことができるように。

また、髪質に悩みがある、そもそも似合わないかも、という方でもアレンジ次第であなたに合ったオールバックスタイルにすることも可能です!工夫次第で誰でもオールバックは似合うようになります。

思い切って印象を変えてみたい方、垢抜けた大人男性を目指したい方はオールバックスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。