アボカドオイルでケア♡効果・効能や使い方をチェック

アボカドオイルは、サプリメントとして食したり、スキンケアやヘアケアなど、様々な使い方があります。かかとのガサガサや髪のパサパサが気になりませんか?女子力がアップするスキンケアの方法や使い方、気を付けたいことなどをまとめてご紹介しますので、日々のケアアイテムとして、活用してみてくださいね!

2019年7月24日

オイルケアでキレイになろう!

アボカドオイルの効果・効能

アボカドオイルは一体どのようなオイルでしょうか。
効果や効能を調査しましたので、ご紹介いたします!

  1. ビタミン類が豊富
  2. トラブル肌の回復
  3. エイジングケアが期待できる
  4. デトックス効果がある
栄養価の高いアボカド

アボカドオイル効果・効能① : ビタミン類が豊富

皮やタネを取り除いたアボカドの果実から抽出したアボカドオイルは、ほのかにアボカドの香りがする濃い緑色をしたオイルです。
バージンアボカドオイルとは、生成工程を少なくして製造しているオイルのことを言い、不飽和脂肪酸のオレイン酸や抗酸化作用をもつビタミンE、ビタミンAも含み、その他ビタミンBの各種ビタミンやペクチン、ミネラルなど多くの栄養分が含まれています。

アボカドオイルには、美容成分がたっぷり含まれているので、使い方次第でたくさんの栄養分を摂取できそうですね!

アボカドオイル効果・効能②:トラブル肌の回復

オレイン酸やリノレン酸などの成分は、紫外線や乾燥からバリアのように守ってくれるので、バランスのとれた状態の肌にしてくれると言われています。
お肌のバランスが崩れると乾燥肌になったり、ニキビの原因になってしまいます。

飲んでも塗っても効果があるのは、嬉しいですよね!
保湿効果も高く、肌馴染みが良いオレイン酸など、不飽和脂肪酸を90%近く含んだアボカドオイルを使って、お肌のダメージを回復し健康な肌を目指しましょう!

アボカドオイル効果・効能③:エイジングケアが期待できる

アボカドオイルに多く含まれるビタミンEには細胞の酸化を防ぐ働きがあるため、老化防止に効果があると言われており、また、コラーゲンを促進する働きやシミやシワを予防する働きがあるビタミンAも入っているのでエイジングケアに向いています。

髪には薄毛予防や育毛促進などの効果がありますし、お肌のくすみや乾燥肌にも適しています。
たくさんの部分にエイジングケアができそうですよね!

アボカドオイル効果・効能④:デトックス効果

アボカドには、便秘の解消やむくみの解消、ダイエット効果などデトックスフードとして健康面でも注目され話題となっています。
抽出されたオイルはスキンケアだけではなく、内側からも栄養分を吸収できるので、スプーンで飲んで直接体に取り入れたりと摂取の仕方は様々あります。

体に入れても栄養分を摂取できるアボカドオイルだからこそ、安心して肌にも使えそうですし、内側と外側、両方に効果があるので、全身の美容に期待が高まります!

アボカドオイルの使用法

  1. スキンケアとして使う
  2. 髪と頭皮のケアに使う
  3. 体の中に取り入れる
  4. 石鹸の材料として使う

アボカドオイル使用法①:スキンケアとして使う

保湿効果も期待できる

オレイン酸をたっぷり含んだオイルは、角質層まで栄養分が浸透するので肌を柔らかくし、保湿効果を高めるスキンケアにも使う事ができます。
特に、かかとや肘のガサガサ、爪周りなど乾燥した部分に効果があり、さらにマッサージなどで使用すると高い効果が得られます。

また、紫外線から肌を守ってくれる効果ももあるので、日頃のお手入れに取り入れて肌の調子を整える事もできます。
オイルはベタベタするからいや!という方は、好きなマッサージローションなどに混ぜて使ってみてくださいね!

アボカドオイル使用法②:髪と頭皮のケアに使う

トリートメント効果が抜群!

最近ではシャンプーやトリートメントにアボオイルとして配合されている商品が増えてきました。
目にした事がある方も多いのではないでしょうか。

商品に含まれているアボカドオイルも効果はありますが、そのままのオイルを頭皮に付けてマッサージをした後シャンプーをすると、オレイン酸やビタミン類が汚れたた毛穴をクレンジングし、パサついた髪にも潤いを与えてくれます。

また、白髪予防や薄毛予防にも効果が期待できるので、ヘアケアにも取り入れられるアイテムとなっています。

アボカドオイル使用法③:調味料として使う

飲んでも美味しい

オリーブオイルと同様にエキストラバージンオイルのアボカドオイルは、安心して全身に使うことができ、内側に取り入れることもできます。
美容のために毎日スプーンで飲んでいる方もいる程人気があるんです。

熱に強いと言われているので、炒め物などに使用することもできますし、サラダやスープに入れて風味を楽しむこともできます。
ココナッツオイルのように強い香りがなく、使い方も簡単なので、早速お料理に取り入れてみましょう!

アボカドオイル使用法④:石鹸の材料として使う

手作り石鹸はオイルがたっぷり

美容成分が豊富のオーガニックオイル商品は、手作り石鹸などハンドメイドコスメにも使用していることが多いです。
その中でも、アボカドオイル入りの石鹸を使っている方も多いのではないでしょうか。

ですが手作りするには、ハードルが高過ぎますよね。
そこで、オススメなのが泡立てた石鹸にオイルを垂らすという方法です。

ボディソープや固形石鹸、洗顔フォームに数滴垂らしてつかうと楽に取りれることができますよ!

アボカドオイルを選ぶポイント

購入する際には、どのようなことをチェックして選べばいいのか見ていきましょう。

  1. オーガニック
  2. 産地
  3. 製造方法
  4. 保管
新鮮なアボカドを選ぼう!

アボカドオイル選びのポイント① : オーガニック 

農薬が少ないと言われているアボカドは、比較的安全な食べ物と言われていますが、肌に塗ったり食したりするので酸化を抑えるための添加物や化学薬品などが入っていないものをオススメします。

購入する際、ボトルなどのパッケージに、オーガニック商品に貼られていることが多い、JASやUSDAなどのオーガニックマークの表示を探してみましょう。
ただし、全てのオーガニック商品に表示されているわけではないので、分からないときには、店員に確認してみてくださいね。

アボカドオイル選びのポイント②:産地     

アボカドオイルは、産地によって香りが違かったり、粘度が違います。
国によって製法が違ったり、香りが違ったりするので、お気に入りを見つけたら産地を覚えておくと購入するときに迷いません。

例えば、たくさんの量を使いたいときには、メキシコ産が惜しみなく使いたい時に安くて便利で、より安心して使いたいなら、日本製のエキストラバージンオイルというように、産地で使い分けることもできます。

アボカドオイル選びのポイント③:製造方法    

一般のオイルと同様に、搾取方法には熱をかけて一気に搾取する高温圧搾取と時間をかけてゆっくり搾取する低温圧搾取があります。
高温圧搾取は、油の栄養素を失ってしまい風味も悪くなる恐れもあるので、ゆっくりと時間をかけて搾取する方法の、低音圧搾取のものをチェックしましょう。

値段は高くなってしまいますが、低音圧搾取されたオイルは、ビタミン類を壊さず搾ることができ、栄養価も高いので様々な効果が期待できます。

アボカドオイル選びのポイント④:保管 

太陽などの紫外線が当たらない場所で保管すると、風味が損なわれず酸化もしにくいと言われています。
なので、遮光性のあるボトルに入ったオイルを購入したり、開封後早めに使い切れる小さいサイズのものを購入すると品質が保たれ、最後まで使い切ることができるのでおすすめです。

また、プラスチックは化学物質が溶け出してしまうことがあるので、瓶のタイプの購入をおすすめします。
保管や瓶もきちんとチェックしましょう!

おすすめのアボカドオイルランキング

5位:Grove社 エクストラバージン アボカドオイル

グローブ社のオイル商品はニュージーランドで作られています。
ニュージーランド産のみを使ったこだわりのあるアボカドを使用し、酸化を防ぐボトルに入っているので、作りたてのオイルの風味を楽しむことができます。

フルーティーな風味がするので、サラダや飲み物などに入れて食することに向いていています。

“引用 : amazon”

4位:低温圧搾一番搾り エキストラ バージン カリフォルニア アボカドオイル 

日本ではカリフォルニア産のアボカドを目にすることが多いですよね。
遮光瓶を使用しているので、紫外線による酸化を防いでくれますし、鮮度が保たれたまま販売されています。

カリフォルニア産の一番搾りエキストラバージンオイルは、香りが強いため、肌につけるのが苦手な方もいるようです。
香りが好きな方は、炒め物やスープの調味料として購入する方が多く、風味を楽しむために食用として楽しむために人気があります。

“引用 : amazon”

3位:CHOSEN 100%ピュア アボカドオイル

メキシコ産のピュアアボカドオイルは、青臭さがなく癖がないので、お料理にも使いやすく、揚げ物やドレッシングなどアイデア次第で楽しむことができます。

また、このCHOSEN100%オイルはコストコで買えるので、ブランドのKIRKLAND好きの方にも人気があります。
1Lと容量も多いものも販売しているので、石鹸や化粧品などを手作りしている方は惜しみなくたっぷり使えるので、おすすめです。

”引用 : amazon”

2位:エミール ノエル オーガニック ヴァージン アボカドオイル 

エミールノエルは、オリーブの産地で有名なフランス産で作られ、低音圧搾取の製法を得意としています。

老舗の企業で、様々なオイルを販売しているからこその信頼があるので、毎日摂取しても安心ですよね。
サプリメントの代わりとして購入している方が多く、また高品質でスキンケアとして使用しても安心なので人気となっています。

“引用 : amazon”

1位:Olivado(オリバード) アボカドオイル エキストラバージン 250ml

ニュージーランド産のOlivadoは、様々な賞を受賞しているほど高品質なオイルとなっています。
このエキストラバージンオイルは低音圧搾取され、100%ナチュラルなオーガニック商品なので栄養分が高く、アボカドオイルの特徴であるオレイン酸が70%も入っています。
なので、安心して全身に使えるオイルケアとして人気があります。

引用: amazon

アボカドオイルを使用する際の注意点

お肌に直接つけたり、体に取り入れたりするので、安全に使うためには注意が必要です!
それでは注意点を見ていきましょう。

アボカドオイル使用の注意点①:アレルギー    

安全に使用できる食品と言われていますが、アレルギーを持っている方には注意が必要です。
特にゴム手袋などのゴムに反応してしまうラテックスアレルギーの方は、アボカドの成分で症状が出てしまう可能性があるので、口から摂取したり、スキンケアとして使用するのはやめましょう。

心配な方は、パッチテスなどをしてから使用することをおすすめします。

アボカドオイル使用の注意点②:飲み過ぎは逆効果 

カロリーや脂質が高いアボカドは、注意が必要で、抽出したオイルにも注意が必要となります。

効果を早めたいからと、過剰に取り入れてしまうと、下痢になってしまったり、カロリーオーバーになってしまい、ダイエット効果もなくなってしまいます。
アボカドそのものは、1日1個は食べ過ぎとされています。

なので、摂取しすぎは逆効果なので、摂りすぎに注意しましょう。

アボカドオイル使用の注意点③:劣化に注意 

色が濃くなっていたり、不快な匂いがしたり、ドロドロに劣化したオイルを使用するのはやめましょう。
なぜなら酸化し劣化しているものを使用したら、トラブルの原因となってしまうからです。

賞味期限が大丈夫でも、劣化したものを使用してしまうと体調不良を起こしたり、肌にトラブルが出てしまう可能性があります。
使用する前には、香りや色を必ずチェックしてから、使用するようにしましょう。

アボカドオイル使用の注意点④:冷蔵庫には入れない 

紫外線の当たらない場所に保管しておくと、比較的長持ちしますが、開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。
なので、空気に触れると酸化が始まるので、小さいボトルのもの購入し、早めに使用してしまうなどの工夫が必要です。

他のオイルと同様、アボカドオイルも冷蔵庫などの涼しすぎる場所に保管してしまうと、白く固まってしまいます。
常温に戻すと元に戻りますが、品質が悪くなるので、冷蔵庫の保管はおすすめできません。

オーガニックオイルは繊細

アボカドオイルで全身キレイになろう

ダイエット効果や便秘解消効果、スキンケアにヘアケアなど、たくさんの効果や効能があり、美容好きには欠かせないオイルとなっています。
たくさんのオイルの中でもオレイン酸が多く含まれているので、アボカドオイルは、美容の万能オイルとして活躍しそうですよね。

何にでも使えるアボカドオイルですが、使う時にはアレルギーや過剰摂取に気をつけて、肌や髪、内側からもツヤツヤキレイに若返ってくださいね!