おおらかな人の特徴とは?おおらかな人なるための方法もご紹介

おおらかとは おおらかとは、物腰が柔らかくて、おっとりとした雰囲気を指す言葉です。また、ゆったりとしていて、細かいことにとらわれない性格を指すこともあります。 おおらかな人たちは、男女問わず明るく前向きで、人とのつながり […]

2019年9月4日

おおらかとは

おおらかとは、物腰が柔らかくて、おっとりとした雰囲気を指す言葉です。また、ゆったりとしていて、細かいことにとらわれない性格を指すこともあります。

おおらかな人たちは、男女問わず明るく前向きで、人とのつながりも円満。心にゆとりがあって、せせこましくなく、穏やかで温厚な人が多いです。 必然的に好印象、好感度の高い人が多くなります。

おおらかな人の性格

おおらかな人は、誰からも好かれる、穏やかで優しい雰囲気。では、おおらかな人の性格は、具体的にどのようなタイプが多いのかを詳しくご説明します。

  1. 相手の意見を尊重する
  2. 嫌な事、苦しい事は笑いに変える
  3. 心にゆとりがある
  4. 誰にでも優しい
  5. 感情に左右されない
  6. 言動が落ち着いている

おおらかな性格① : 相手の意見を尊重する

おおらかな性格の人は、自分とは違う意見を尊重します。

この世界は、さまざまな考え方や異なる意見を持った人たちで成り立っています。時には激しく議論し、情熱をぶつけ合うこともありますが、決して相手を否定したり、批判したりはしません。

おおらかな性格の人はよく「器の大きな人」と評価されます。 それぞれ異なる考えや意見を尊重し、取り入れることで、お互いに成長し視野を広げることができることを知っているのです。

おおらかな性格② : 嫌な事、苦しい事は笑いに変える

おおらかな性格の人は、嫌な事や苦しい出来事を、いつまでも引きずりません。むしろ、ネガティブな出来事は自分の持ちネタとして笑いに変えて、素早く思考を切り替え、前に進む傾向にあります。

ネガティブな出来事を、ポジティブな笑いへ変化させることで、辛い状況を上手に処理することができます。おおらかな人は、いつまでもメソメソしているよりも、笑うことで気持ちを切り替えることができることを、良く知っているのです。

おおらかな性格③ : 心にゆとりがある

おおらかな性格の人は、常に心にゆとりを持っています。

時間に余裕をもって行動することの大切さや、ストレスとの向き合い方など、どうすれば自分の心のゆとりを保つことができるのかを、良く知っています。

自分の心は、自分でしかコントロールすることができません。自分の心のコントロール方法を知ることで心にゆとりができ、周りにも優しくなることができます。

おおらかな性格④ : 誰にでも優しい

おおらかな人は、自分の知り合いや、大切な人たちに優しいのはもちろん、たとえ見知らぬ人にも優しく接することができます。分け隔てなく、誰にでも優しく接することは、実はとても難しい事です。

自分が置かれている状況を素早く判断して、どのように行動すれば相手がより心地よく過ごすことができるのかを常に考えています。

また、場を和ませるのも上手なので、「太陽みたいな人」と評価されることもしばしば。

おおらかな性格⑤ : 感情に左右されない

おおらかな性格の人は、感情コントロール能力に長けています。挑発的な態度をとられたり、失礼な言動を浴びせられることがあっても、感情に流されることなく心の安定を保っています。

自分の機嫌の悪さを周囲にさらけ出すことで、結果的に自分の評価を下げることになることを、よく理解しているのです。感情に左右されず、安定したメンタルを保つことは、周りからの信頼感へとつながります。

おおらかな性格⑥ : 言動が落ち着いている

おおらかな性格の人は、突然怒鳴り声をあげたり、不穏な空気を漂わせたりすることがほとんどありません。例え相手に非があり、自分が迷惑をこうむった側であろうと、批判したり、ダラダラと文句を言ったりはしません。

おおらかな性格の人は、何かトラブルが起きた時こそ、常に落ち着いた言動で対応し、周りを安心させることを第一に考えます。 それが信頼感となり、高評価につながるのです。

おおらかな人の行動

おおらかな人は、安定したメンタルを保つために、日々の行動にも気を付けています。ここでは、どんな行動に気を付けているのかを4つご紹介します。

  1. 時間にゆとりを持って行動する
  2. 事前準備が上手
  3. 不測の事態に陥っても落ち着いている
  4. 周囲に安心感を与えている

おおらかな人の行動① : 時間にゆとりを持って行動する

時間のゆとりは、心のゆとりに直結します。おおらかな人は、心のゆとりを大切にしています。

時間にゆとりを持って行動することで、誰にも迷惑をかけることなく予定を進めることができます。何より、自分自身を穏やかに保つことができます。

常に安定した時間と心の余裕を保つことで、「あの人はいつも余裕があっておおらかだな」という印象を与えることができるのです。

おおらかな人の行動② : 事前準備が上手

時間に余裕を持たせるためには、事前準備が何より重要。事前準備がしっかり整っていれば、焦ったり、せかせかしたりすることがなくなります。

おおらかな人は、準備にしっかり時間をかけることで、常に一定の時間と心の余裕を保っています。おおらかであり続ける為にはどうしたらいいのかを、きちんと考えて行動に結びつけているのです。

おおらかな人の行動③ : 不測の事態に陥っても落ち着いている

いつも、いっぱいいっぱいで行動していると、それ以上何かを抱えることは難しいですよね。おおらかな人は、常に時間と心の余裕を保っているので、不測の事態に陥った時でも落ち着いて対処することができます。

何かトラブルに見舞われた時こそ、日頃の心掛けの本領が発揮されます。おおらかな人は、どんな時でも一定のテンションを保っているからこそ、「あの人はいつも落ち着いている」「安心して任せられる」と評価されるのです。

おおらかな人の行動④ : 周囲に安心感を与えている

おおらかな人は、いついかなる時でも安定したメンタルを保っています感情のコントロールが上手なので、急に顔色を変えたり、怒鳴り散らしたりすることがありません。

安定したメンタルは、周囲にも安らぎと安心感を与えます。おおらかな人と接する人の多くが「この人とは仕事がしやすい」「自分もこんな人になりたい」そんな尊敬の念を抱きます。

尊敬の念は、いつしか人望となって返ってくるのです。

おおらかな人の短所

一見長所ばかりのように見えるおおらかな人にも、実は短所が隠れています。ここでは、おおらかな人の短所を3つご紹介します。

  1. いい加減な性格に思われてしまう
  2. 自分自身でストレスを抱え込んでしまう
  3. お人好しが仇となり、利用されやすい

おおらかな人の短所① :いい加減な性格に思われてしまう

おおらかな人は、細かいことにとらわれません。そんな行動が仇となって、「いい加減な性格の人だ」と思われてしまうことがあります。

確かに、おおらかさといい加減さは共通点が多いのですが、実際は全く違います。

いい加減な性格とは、計画性がなく、言動が一致しないことが多々あります。おおらかな性格とは、きちんとした計画性があり、言動に一貫性があるので、何でもかんでも許しているわけではありません。

自分や他人に対してきちんとしたルールがあり、自己規制ができる人こそ、本当のおおらかな性格の持ち主なのです。

おおらかな人の短所② : 自分自身でストレスを抱え込んでしまう

おおらかな人は、周囲への気遣いに非常に長けています。自分がどのように行動し、接したら周りが心地よくなるのかを常に考えています。

その結果、気疲れを起こし、自分自身でストレスを抱え込みやすくなります。たまには自己中心的になって、ワガママを言ってみたり、不満を吐き出したりすることで、ストレスと上手に付き合うことができますよ。

おおらかな人の短所③ : お人好しが仇となり、利用されやすい

おおらかな人は、優しくてお人好しな性格の人が多い印象です。その結果、仕事やプライベートでいいように利用されてしまう傾向があります。

人のやさしさに甘えてばかりの迷惑な人には、ハッキリ断る勇気を持つことで、自分を守ることができます。自分が苦手とする人からは、好かれる必要はないという強い意志を示すことも、時には重要になります。

おおらかな人になる方法

短所もあるけれど、やっぱり長所のほうが多いおおらかな性格。おおらかな人になるには、どうしたらよいのでしょうか。

  1. 心にゆとりを持つ
  2. 時間にゆとりを持つ
  3. 一つの事にとらわれない
  4. 相手の意見に耳を傾ける
  5. 考え方に柔軟性を持つ

おおらかな人になる方法① : 心にゆとりを持つ

心にゆとりを持つ方法を、知っていますか?どうすれば心にゆとりを持つことができるのかを把握することが、おおらかな性格になる第一歩です。

自分の心の状態は、自分にしかわかりません。どんな時でも、心にゆとりがないとおおらかさとはかけ離れてしまいます。

心にゆとりを持つことで、自分にも周りにも優しくなることができますよ。

おおらかな人になる方法② : 時間にゆとりを持つ

すべての人に平等に与えられている唯一のものが、時間です。

心やお金にゆとりを持つことは、一朝一夕には難しいですよね。しかし、時間だけは心掛けしだいですぐに管理、コントロールすることができるものです。

いつもより5分だけ早く行動する、決められた時間内に終わらせるなど、いつもより少しだけ頑張ってみましょう。時間にゆとりを持つことは、心にゆとりを持つことにも繋がりますよ。

おおらかな人になる方法③ : 一つの事にとらわれない

一つの出来事にとらわれ始めると、どんどん視野が狭くなり、ネガティブ思考に陥りやすくなります。そうなると、今度は心まで閉ざしてしまいやすくなります。

おおらかな人になるためには、心に余裕があることが不可欠。一つの事にとらわれることなく、前向きに、多角的に、広い視野を持つことを大切にしましょう

おおらかな人になる方法④ : 相手の意見に耳を傾ける

おおらかな人は、むやみに他人を責めたり、批判したりしません。頭に血が上って話を聞く事もなく自分の感情をぶつけても、何の解決にもならないことをよく理解しているのです。

おおらかな人になるためには、どんな時でもまずは相手の意見に耳を傾けるようにしましょう。

考え方に柔軟性をもち、相手の意見を広く受け止めることができる広い視野を持つことで、常に客観的に物事を判断することができるようになりますよ。

おおらかな人になる方法⑤ : 考え方に柔軟性を持つ

おおらかな人は、考え方に非常に柔軟性があります。考え方に柔軟性があるということは、広い視野を持っているということ。

主観的にならず、客観的になることで、常に冷静さを保つことができます。その結果、自分の考えが全てではないと判断することができ、相手の意見を広く受け止めることができます。

おおらかな人がモテる理由

おおらかな人は、男女問わず人気者でモテます。一見、過当競争には興味がないように見えますが、モテるのにはちゃんとした理由があるんですよ。

  1. 度量がある
  2. 一緒にいると落ち着く
  3. 人望がある

おおらかな人がモテる理由① : 度量がある

おおらかな人は、どんな人、どんな出来事にも動じず、受け止めることができる度量の深さがあります。仕事で失敗した時、恋愛や結婚でうまくいかない時、おおらかな人たちは、相手を決して責め立てたりはしません

そんな度量の深さに、救われる人は多いもの。 細かいとこは気にせず、丸ごと受け止めてくれる大きな存在は、多くの人を魅了し、引き付けます。

その結果、モテに繋がるのです。

おおらかな人がモテる理由② : 一緒にいると落ち着く

「どんな自分でも、受け止めてくれる」おおらかな人は、そんな安心感を人に与えます。少しの失敗が元で、簡単に崩れてしまう関係が多い中で、「失敗してもいいんだよ」と受け止めてくれる存在は救いですよね。

おおらかな人の側にいるときは、ダメな自分でも丸ごと受け止めてくれる安心感から、素の自分に戻ることができます。「この人といると落ち着くな」と、多くの人を安らぎと安心感で満たします。

一緒にいて落ち着ける人とは、本当の自分の心を開くことができる、信頼できる人です。 信頼できる人の周りには、自然と人が集まってくるのです。

おおらかな人がモテる理由③ : 人望がある

おおらかな人は、人生の中で多くの人を許し、受け止めていきます。その結果、多くの人から感謝の気持ちを持たれます

沢山の感謝の気持ちが、いつしか「人望」となって表れるのです。過去に助けてもらった経験から、「今度は自分が」と引き立ててもらう機会が自然と増えていき、周囲の協力を得て社会的な地位を築き上げる人も少なくありません。

おおらかさを身に付けて、余裕のある自分になろう

おおらかな性格には、短所ももちろんありますが、心に余裕があり、人望が厚く、自分にも他人にも優しいという長所がたくさんあります。
時間に余裕をもって行動したり、事前準備を怠らないことで、おおらかな性格に一歩近づくことができます。

日々のちょっとした心がけを積み重ねていくことで、おおらかで心に余裕のある憧れの自分に、少しずつ近づけるのではないでしょうか。