うざい人と思われてない?うざい人の特徴や診断方法ご紹介!

うざい人はどうやったら黙らせる事が出来るのか?うざい友達はLINEや会話などでもうざい事が多いです。うざい奴を黙らせるために無視するなど、対策に困っている人は多いよう。でも、もし自分がうざいと思われていたら?うざいと思われてしまうのはどんな人なのか?うざい人診断やうざい人を黙らせる方法を紹介します!

2019年9月24日

うざい人の特徴【性格】

うざい性格とは

では、性格的にうざい人はどんな特徴があるのでしょうか?
性格がうざい人の特徴をご紹介します。

  1. 自信過剰
  2. ネガティブ
  3. 寂しがり屋
  4. 神経質
  5. 粘着質
  6. 強がり


それではひとつずつみていきましょう。

うざい人の特徴【性格】①:自信過剰

うざい人は自信過剰な性格である場合が多いです。自信が実力に伴っていれば問題ないのですが、実際よりも過大評価しているのが自信過剰な人。

自分の意見に自信があるので世間話をしていてもすぐに自分の意見を言ってきます。誰かの悩みともなると一層勢いを増し、求めてないのに勝手に助言を始める場合も。

実力が伴ってないと思われている場合、周囲はうんざりしてしまうでしょう。共感出来ない場合が多かったり納得も出来ないので、引いてしまいウザいと感じやすいです。

うざい人の特徴【性格】②:ネガティブ

うざい人はネガティブな性格である場合もあります。自信過剰な人はウザいですが、かと言って否定的すぎるのもウザいと思われてしまいます。

ちょっとした事なのに大きな出来事だと思い込んで落ち込んだり、誰かの発言を否定的に捉えて傷ついてしまうようだと周囲は困ってしまいます。ネガティブな人が落ち込んでいるのを見た優しい人は、助けてくれたり慰めようとしてくれますが、消極的なのでせっかくの励ましも届きません。

ネガティブな人を励ますのはとても時間が掛かり大変なので、面倒だと感じてウザいと思われてしまいます。

うざい人の特徴【性格】③:寂しがり屋

うざい人は寂しがり屋な性格である場合が多いです。とにかく誰かと一緒にいないとダメなのが寂しがりタイプ。

寂しがりな人は一人になるとネガティブになる場合が多いです。根はネガティブなのかもしれません。

誰かと一緒に居ることで気を紛らわしています。寂しがりな人は自分さえ一人にならなければ良いと思ってる場合が多く、基本的に自分の都合で人を呼び出します。他人の呼び出しには応じない場合があるため、ウザいと思われやすいです。

うざい人の特徴【性格】④:神経質

うざい人は神経質な性格である場合が多いです。神経質な人は小さな事や細かな出来事にもとても敏感です。

たとえば誰かの言い間違いや小さなミスも気になるタイプで、許せないと思うとその都度注意してきたり文句を言ってきたりします。繊細でよく気がつくとも言えますが、他人からするとどうでも良いような事にまで口出ししてくる場合も。

世間の常識や自分ルールを相手にも押しつけてくる事も多いので、いちいち鬱陶しい、ウザいと思われてしまいます。

うざい人の特徴【性格】⑤:粘着質

うざい人は粘着質な性格である場合も。神経質なだけなら良いのですが、さらに粘着質である場合があります。

一度怒るとしつこくいつまでも引きずっているタイプで、ことあるごとに過去のミスを掘り起こしたり、ネチネチと執拗に時間を掛けて怒っていたりします。長時間あるいは長期間、同じ事を何度も言われると嫌になるのは当然です。

性格というよりも性質的に粘着質な場合が多いので、ネチっこいと一度でも思われると、ウザい人だと思われ避けられてしまうかも。

うざい人の特徴【性格】⑥:強がり

うざい人は強がりな性格である場合もあります。強がりというのは、素直じゃない・アマノジャクなど。

例えば寂しいなど素直に言える人ならまだ良いのですが、本当は大丈夫じゃないのに強がってウソを付くと、周囲は呆れてしまいます。強がりな人は本人のプライドが許さないから強がってる可能性が高いので、実際は弱いと思われていたり嘘つきだと思われてしまう場合も。

強がりな人と会話をしているとなかなか本質的な話に辿り着かないので、ウザいと思われやすいです。

うざい人の特徴【行動】

では、行動的にうざい人はどんな特徴があるのでしょうか?
行動がうざい人の特徴をご紹介します。

  1. 声が大きい
  2. 声が高い
  3. 触ってくる
  4. ドヤ顔が多い
  5. リアクションが大袈裟
  6. 行動するまでに時間が掛かる


それではひとつずつみていきましょう。

うざい人の特徴【行動】①:声が大きい

うざい人は声が大きい場合があります。声が大きいので、近くにいるとうるさいと思われてしまうでしょう。

声が大きいと会話が周囲に聞こえてしまうので、ヘタな話が出来ません。良い発言なら良いのですが、悪い発言も声が大きいぶん周囲に広がりやすく、時には敵を多く作ってしまう場合もあります。

本人だけでなく会話している友人や知人も恥をかいてしまう場合が多いので関わりたくないと思われてしまう場合も。ウザいと思われやすいです。

うざい人の特徴【行動】②:声が高い

うざい人は声が高い場合があります。声が高いと会話を聞き取りにくかったり、聞きづらい場合があります。

高い声はテンションが高い時に出やすく、興奮している瞬間が多いです。興奮していると早口になったり捲し立てるように会話するので、耳障りに感じられます

常に興奮していたりずっとテンションが高い人はそんなに多くないので、キャラを作っている、演技しているなど疑われてしまう場合もあるようです。ニセモノっぽく感じると相手は寂しさを感じる場合があり、白けてしまうのでウザいと思われてしまう事があります。

うざい人の特徴【行動】③:触ってくる

うざいと思われやすい原因のひとつに、触ってくる行動もあります。やけに人の腕に絡みついてきたり、頻繁に人の身体に触れてくる人はウザいと思われやすいです。

そもそも人にはパーソナルスペースがあるので、距離が近すぎると不愉快だったり嫌悪感を覚えてしまいます。恋人ならばまだ良いのですが、ただの友人や知人なのに人の肌に触ってくる人は、軽いと思われたり鬱陶しいと思われます。

誰にでも触る人なのか?見極める必要があったり信頼出来ない場合があるので、ウザいと思われやすいです。

うざい人の特徴【行動】④:ドヤ顔が多い

うざい人の行動的な特徴に、ドヤ顔が多い場合もあります。ドヤ顔をするのは自信の現れで、相手に褒めて欲しいという気持ちが見え隠れ。

ドヤ顔するにはその前の行動も重要なので、目立ちたがり・構ってちゃんになる事も多いです。またドヤ顔するとき、本人は無言で周囲の反応が必要です。

本当にスゴイ場合は良いのですが、頻繁に繰り返されると慣れてしまい、飽きてしまったり呆れてしまうことも。毎回ドヤ顔に付き合わされるのは面倒なので、ウザいと思われやすいです。

うざい人の特徴【行動】⑤:リアクションが大袈裟

うざい人の行動的な特徴に、リアクションが大袈裟な場合もあります。誰かが言った言葉に大袈裟に反応して驚いたり、笑う時に毎回のように大爆笑する場合などウザいと思われやすいです。

たいした事ないのにあまりにもリアクションが大きいと、周囲が引いてしまったり白けてしまう場合があります。本人は性格的に繊細で感情豊かなのかもしれませんが、毎回リアクションが大きいと会話がなかなか進まず、面倒だと思われてしまいます。

うざい人の特徴【行動】⑥:行動するまでに時間が掛かる

うざい人の特徴には、行動するまでに時間が掛かる場合もあります。こちらはマイペースなタイプで、行動を起こすまでにいちいち時間が掛かるパターン。

例えば何か迷ってる事があって誰かに相談した時、アドバイスを貰ったのに行動に起こさない人はこのタイプ。ずっと同じ事を言っているのに全然行動が伴ってない場合などは、周囲の人がウンザリしてしまって面倒だと感じるでしょう。

励ましてもどうせまた行動を起こさないと思われてしまうので、ウザいと思われてしまいます。

うざい人を黙らせる方法

では、うざい人を黙らせるにはどうしたらいいのでしょうか?
うざい人を黙らせる方法をご紹介します。

  1. 全てスルーする
  2. 忙しいふりをする
  3. 興味がないと伝える
  4. 迷惑しているとハッキリ伝える


それではひとつずつみていきましょう。

うざい人を黙らせる方法①:全てスルーする

うざい人を黙らせるには、全てスルーする方法が有効です。うざい人はそもそも寂しがり屋な人が多く、構ってほしさにうざい可能性が高いです。

いちいち反応していると相手をしてもらったと勘違いして喜ぶので、全てスルーして反応しないのが一番。最初は「なんでスルーするの?」など言ってくるかもしれませんが、何回か繰り返すと相手は諦めて黙るでしょう。

時々相手をすると、あた相手は喜んで元に戻るので、出来るだけ辛抱強くスルーするのがオススメです。

うざい人を黙らせる方法②:忙しいふりをする

うざい人を黙らせるには、忙しいふりをする方法もオススメです。うざい人は心の中で相手のことをヒマな人だと思っている可能性が有ります。

「どうせヒマでしょ?」が口癖なので「忙しい」と発言したり、実際に忙しい素振りを見せましょう。仕事や趣味、部活動や親など相手は何でも良いのですが、常に忙しくするのが良いです。

出来るだけ相手がつけいる隙がないように、相手が知らない場所や名前などを出して関われないようにすると良いですよ。

うざい人を黙らせる方法③:興味がないと伝える

うざい人を黙らせるには、興味がないと伝えましょう。こちらは直接的な方法なので、少し勇気が必要かもしれません。

何か言われても「面白くない」「興味が無い」と伝えましょう。ウザい人がウザい場合、相手にも原因がありますが、もしかするとこちらの意志が伝わってないことが原因かも知れません。

もし愛想笑いをしていたり、興味がないのに相づちを打っているならハッキリ相手に伝えましょう。もしかすると相手は、良かれと思ってやってる場合もありますよ。

うざい人を黙らせる方法④:迷惑しているとハッキリ伝える

うざい人を黙らせるには、迷惑しているとハッキリ伝える方法もあります。こちらはかなり直接的なので、相手は面食らうかも知れません。

迷惑してるとハッキリ言われなければ気がつかない人も中にはいます。どんな時に迷惑なのか、どうして迷惑なのかなど、出来るだけ包み隠さず本音を伝えた方がいいでしょう。

もしかすると相手は解らないだけで、言われたら直そうとするかもしれません。もし直せない場合は、その都度ハッキリ「今は辞めて」「そうゆうのは迷惑」など伝えましょう。

嫌われる前に自覚しておきたい「うざい人」診断

無自覚なうざい人っているよね

では、「うざい人」と嫌われる前に自覚する方法はあるのでしょうか?
嫌われる前に自覚しておきたい「うざい人」診断をご紹介します。

  1. 自分勝手な行動をしている
  2. 言い訳が多い
  3. 何か喋らないと気が済まない
  4. 会う頻度が多すぎる
  5. 人のタメだと思っている


それではひとつずつみていきましょう。

「うざい人」診断①:自分勝手な行動をしている

まず自分勝手な行動をする人はうざいです。人と行動する場合、ある程度みんなでタイミングを合わせたり行動を合わせないといけません。

協調性がない人と一緒に行動するのはとても大変です。お互いに自分勝手なタイプなら良いですが、頻繁に自分の用事に付き合わせている場合は要注意!

文句を言ってこないから大丈夫だろうと思っていると、後で痛い目に合う場合もありますよ。相手の性格が優しい場合でも、末永く仲良くしたいのであれば相手を尊重し、自分に付き合わせ過ぎないようにしましょう。

「うざい人」診断②:言い訳が多い

また、言い訳が多い人はうざいです。誰かに何かを言われた時、すぐ言い訳してしまう場合は要注意。

「だって」「でも」などの口癖が多いと言い訳している可能性が高いです。コミュニケーションとしてのただの会話なのに、毎回のように言い訳が始まるのは、自分に自信がないことの現れ。

また、言い訳するのは「努力する気はない」「だから受け入れて欲しい」と言ってるようなものですよ。恋人ならまだしも、友人に対して甘えるのはほどほどにしておきましょう。

「うざい人」診断③:何か喋らないと気が済まない

また、会話をしていて「何か喋らないと気が済まない」ような人はウザいと思われている可能性があります。例えば毎回オチを付けようとしたり、毎回感想を言おうと思ってる人は要注意。

毎回のようにちゃんとした返事をすると結果的に会話泥棒になっている場合が多く、自慢話などに繋がることも多いです。サービス精神旺盛な人に多いパターンですが、芸人ではないのですから、時には何にも繋がらない話があっても良いでしょう。

自覚するのは難しいですが、相手に言われるより先に自分で気がつくと良いですよ。

「うざい人」診断④:会う頻度が多すぎる

また、会う頻度が多すぎる場合うざいと思われやすいです。例えば毎日会う約束をしたり、行きたい場所に連れて行ったりなど、会う頻度が多ければ多いほどウザいと感じやすいです。

これは仲が良い友人同士やカップルでもよくある事なので、あまり毎日のように一緒にいるなど、会う頻度が多い場合は要注意。とくに学校や職場が一緒だと、意図せず一緒にいる時間も長くなってしまいます。

一緒にいる時間が長ければ長いほど不満は出て来やすいので、毎日のように会ってるような場合は気をつけましょう。

「うざい人」診断⑤:人のタメだと思っている

人のタメだと思っている人もうざいです。これは本人が自覚しづらく、相手も気がつきにくいので注意したいポイント。

誰かのためだったり「あなたのためを思って」などが口癖になっている場合は要注意。また、自己犠牲的な性格の人も気をつけましょう。

誰かのために、自分が我慢すれば、など考えて行動している人は、実は相手からすると余計なお世話を焼いている可能性があります。相手からすると「口だけの人」と思われている場合も。

【番外編】うざい人がするLINE

うざいLINEとは?

では、そのほかにうざい人がするLINEにはどのような内容があるのでしょうか?
番外編として、うざい人がするLINEをご紹介します。

  1. スタンプを連打してくる
  2. 自慢や惚気ばかり送ってくる
  3. 関係性に合わない内容を送ってくる
  4. 話が進まない
  5. しつこい


それではひとつずつみていきましょう。

うざい人がするLINE①:スタンプを連打してくる

うざい人はスタンプを連打するLINEを送って来ます。文字を打っている途中で遮るように何個も連続でスタンプが入ってくると最高にうざい!

こっちがスタンプで対応しようと思っても、更に上を行くスタンプの連打が続くと、何がしたいのか解らないのでLINEをすること自体がウザくなります。見下してる・馬鹿にしてるように見えるので、LINEの返信をする気が削がれます。

うざい人がするLINE②:自慢や惚気ばかり送ってくる

また、自慢や惚気ばかり送ってくるLINEはうざいです。嬉しかったことや惚気の報告など勝手にLINEで送って来て勝手に「じゃあね!」と去って行くと最悪。

しかもたいていLINEは毎回そんな感じで、コミュニケーションを取っているというより相手の自己満足に付き合わされてるような気持ちに。わざわざ人の惚気なんて聞きたくないので、返信しなくなる人が多いです。

うざい人がするLINE③:関係性に合わない内容を送ってくる

関係性に合わない内容を送ってくるLINEはうざい!恋人でもないのに毎日のように愛を伝えてきたり、それほど仲良くないのに、まるで仲が良い雰囲気を出される事も。

「大好きだよ」「いま何してる?」「今日は仕事が」など、その日の報告系はまるで恋人のようでウザいです。「本物の恋人でもないのに恋人気取り?」など面倒に感じます。

うざい人がするLINE④:話が進まない

話が進まないLINEはうざいです。例えば何か重要な話をする必要があってLINEをしたのに、茶化してまともに話を聞かない人。

また、相手から何か言いたげなLINEが来たのに、焦らしてなかなか伝えずひっぱる人などはかなりウザいです!少しでも話を引き延ばそうとしてるのか?結局LINEしたいだけ?などイライラしやすくウザさは最高潮に。

うざい人がするLINE⑤:しつこい

しつこいLINEはうざいです。例えば答えたくない質問をされてはぐらかしたのに、「教えてよ」「なんで教えてくれないの?」など質問をしつこくしてくるLINEはウザいですね!

ちなみにお誘い系のLINEもウザいです。「いつなら行ける?」「また遊ぼうよ」など、何度も断ってるのに誘ってくると、不愉快になるので嫌いになる事もあるでしょう。

自分がうざいと思われてないか?気を使える人になろう

ときどき自分を見つめ直して!

自分がうざいかどうかに気付くのは難しいです。他人の事なら、ウザいかどうか客観的に考えられるのに、自分の事を俯瞰から見つめ直すのは難しいですよね。

とは言え、誰しも多少はウザい部分はあるものです。何事も度が過ぎるとうざいと思いやすいので、何かに偏リ過ぎないようにバランス良くコミュニケーションを取ることがポイントかも。

自分がうざいと思われてないか?気を使えるだけでも全然違います。時々自分の行動を振り返って、うざい人にならないようにしましょう。