イライラが止まらない!!シチュエーション別対処法

理由もなくイライラしたり、些細な他人の行動にイラッとしたりしたことはありませんか。原因がわかっていれば、少し楽かもしれませんが、理由もなくイラつくのは疲れてしまいますよね。イライラはエネルギーを消費してしまいますし、他人を傷つけてしまうかもしれません。自分に合った対処法を見つけて、早めに解消しましょう!

2019年9月9日

イライラが止まらないのはどんな時?

気分が大きく関わってくるストレス。
どんな時にイラつくのか詳しく見ていきましょう。

  1. 自分
  2. 人間関係
  3. 仕事
  4. なんとなく

イライラが止まらない時①:自分

人は自分に余裕がない時や気分が乗らない時、テンションが下がっている時などの気分で、イライラが止まらなくなってしまいます。
なぜなら人は「気分」に左右されてしまうからです。

心理学で【気分一致効果】という理論があります。
それは、いい気分の時は何も感じない、もしくはハッピーに思えてしまう物事でも、気分が悪い時は最悪、ムカつくとなってしう効果のことを言います。

なので、イライラしている原因は「自分の気分」によるものだと考えることができます。

イライラが止まらない時②:人間関係

旦那、子供、同僚、友人。
相手の些細な行動で、ムカムカしてしまうことはありませんか。

もしくは、人のSNSを見てイライラしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。
相手に興味があったり、期待していたりするほど、自分の「理想の相手」じゃなかった時にイラッとしてしまいます。

また、自分に危害を加えてきた人や自分のモラルと違う人に対しても怒りが出てきてしまいます。
自分のルールは絶対だと心のどこかで思っている人は、他人に対してイライラすることが多いはずです。

他人に対する「期待」はイライラが止まらない原因だと言えるでしょう。

イライラが止まらない時③:仕事

仕事とプライベートを比べたら、仕事でイライラすると答える方が多いようです。
無理な仕事を押し付けられた、責任を押し付けられた、自分ばかり雑用をしているなど、職場での仕事に対するムカつきは止まりませんよね。

ちょっとしたことでもイライラするようになると、それがストレスになり心が病んでしまうかもしれません。
プライベートを充実させるため仕事をしているのに、病んでしまったら意味がありません。

ですが、毎日いる職場でのイライラは止められないのも事実です。
イライラをコントロールできる対処法を見つけていきたいものですね。

イライラが止まらない時④:なんとなく

なんとなく他人にイライラしてしまう、なんとなくテレビにイライラしてしまう、ひどい時には泣けてくるなんて経験をした事がある方もいるのではないでしょうか。
特に女性はホルモンのバランスでモヤモヤしがちですよね。

意味もなくイライラしてしまうときには、心身のバランスが崩れているのかもしれません。
自分の意思とは逆にイライラしてしまう時は、そんな自分に怒りがこみ上げてきてしまい、どうしようもなくなる時があります。

心身のバランスの崩れが原因かもしれないということを覚えておきましょう。

子育てへのイライラが止まらない!!対処法4選

無感覚なことでも、実は大きなストレスになっているかもしれません。
子育てに対する対処法を見ていきましょう。

  1. 思いを吐き出す
  2. 一人の時間を作る
  3. 仕事をする
  4. 助けてもらう

イライラが止まらない時の対処法【子育て編】①:思いを吐き出す

子育て中は、子供のことで悩んだり、心配したりとストレスが多くなりますよね。
ストレスが溜まってくると、子供や旦那にイライラしてしまう事もあるのではないでしょか。

そんな時は、イライラしている原因を思い切って吐き出してしまいましょう。
他人に吐き出すことで、スッキリする場合があります。

他人に愚痴を言うのが苦手な方は、ノートに書き出してみるという方法があります。
書き出すことで、自分と向き合うことができ、イライラの原因を自分で解決するメリットもあるので、おすすめですよ。

イライラが止まらない時の対処法【子育て編】②:ひとりの時間を作る

24時間365日、子供と対等に過ごしていたら、誰でもストレスが溜まってしまいます。
自分は大丈夫だと思っていてもちょっとしたストレスが溜まり、イライラしてしまう原因になってしまう場合があります。

そんな時は、ひとりの時間を作って、好きな事をしたり、カフェでゆっくりしたり、読書をしたりと子育てから10分でもいいので離れてみましょう。

自分と向き合う時間も大切です。
一息つく事でリセットされ、イライラを止める事ができるので、気持ちに余裕ができ、穏やかになる事ができますよ。

イライラが止まらない時の対処法【子育て編】③:仕事をする

共働きが多い現代では、子育てのイライラは仕事で発散し、仕事のイライラは子供に癒してもらうという方法を無意識に行っている女性が多く見られます。
子育てにイラついている方は、思い切って短時間でも仕事をしてみる事をおすすめします。

時間を作るのは難しいかもしれませんが、外に出て、人と話したり、コミュニケーションを取るのも重要です。
また、自由に使えるお金があると少し心に余裕が出てきます。

仕事を頑張ったご褒美に、お休みの日は子供と美味しいランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。
きっと子育てに対するイライラが軽減されますよ。

イライラが止まらない時の対処法【子育て編】④:助けてもらう

子育てに夢中になりすぎて、周りを見る余裕がなく、イライラしてしまう場合があります。
そうなると、子供に八つ当たりをしてしまうかもしれません。

そうなる前に、他人にヘルプサインを出しましょう。
愚痴を聞いてもらったり、少し子供を預かって一息ついたり、カウンセラーに子育ての悩みを相談したりと他人に助けてもらうことで、イライラが解決する場合があります。

イライラは子供を傷つけてしまう恐れがあります。
子供と向き合う前に自分と向き合い、他人に助けてもらうことで、余裕ができてくるでしょう。

仕事でイライラが止まらないときの対処法

仕事のストレスは辛いですよね。
イラっとした時の対処法をご紹介します。

  1. 深呼吸する
  2. 無になる
  3. 考え方を変える
  4. 気分を上げる

イライラが止まらない時の対処法【仕事編】①:深呼吸する

仕事中にイライラした時は、深くゆっくり深呼吸してみましょう。
特に、他人と話している時にイライラした時の深呼吸は、意外と効果があります。

ポイントは息を吐き出す時にゆっくり吐くと同時に、イライラもお腹から吐き出す感覚で行うことです。
深呼吸は血圧と脈拍の低下を促す効果があるので、リラックスできると言われています。

そして、深呼吸に集中することで冷静になり、イライラを止めることができます。
仕事量が多い時、上司にイライラした時など、まずは深呼吸をすることから試してみてください。

イライラが止まらない時の対処法【仕事編】②:無になる

仕事とプライベートのスイッチを切り替えるのは、意外と難しいですよね。ですが、仕事のイライラをプライベートに持ち込んでは、ストレスが溜まる一方でイライラが解消するどころか、増してしまいます。

帰りの電車でゲームをしたり、ドラマを見たり、途中下車して飲みに行ったりと「無」になる行動をとることで、仕事のイライラをなくす事ができます。
無意識に「無」になる事をしているという方も多いのではないでしょうか。他の事に集中すると一瞬でもイライラを忘れる事ができます。

その「無」のスイッチを入れたままにしてゆっくりお風呂に入ったり、睡眠をとる事で落ち着く事ができますよ。

イライラが止まらない時の対処法【仕事編】③:考え方を変える

あの同僚はなんで仕事しないんだろう、あの人と意見が合わなくてイラつくなど、嫌いな人が目についてイライラしてしまう事はありませんか?
嫌いな人なのに気になってしまったりしますよね。

そんな時は、上から目線よりはるか上の「宇宙目線」で哀れみ持つとイライラしなくなります。
例えば、あの人は仕事が出来る能力を与えられてなくて気の毒。
あの人、経験が浅いから仕事するの大変そうだな。

など、悪口のようですが、考え方を変え、哀れみを持つと自分にも余裕が出てきますし、相手にも優しくなり、イライラが解消しますよ。

イライラが止まらない時の対処法【仕事編】④:気分をあげる

イライラの原因のほとんどが、自分の「気分」によるものです。
気分がいい時は気にならないことでも、気分が悪い時には些細な事でもイライラしてしまいます。

昨日は平気だったのに、今日はやけにイライラするという経験はありませんか。
イライラを抑えるためには「動機付け」が効果あります。
「イライラしているのは、さっき不味いコーヒーを飲んだからだ」「エレベーターが混んでたからイライラしたんだわ」など一点に集中して動機付けすると、意外と解消される事があります。

また、「おやつにはご褒美に美味しいチョコを食べよう」など、ご褒美の動機付けも気分が上がる効果があるので試してみてください。

恋愛や結婚相手(パートナー)へのイライラ解消法

一緒にいればいるほどイラっとする!
そんな時の解消法を見ていきましょう。

  1. 泣く
  2. 離れてみる
  3. 趣味に集中する
  4. 相手に伝える

パートナーへのイライラが止まらない!解消法①:泣く

パートナーに自分の事を理解してもらえない、希望が通らない、私はこんなに思っているのに、彼はなんで私をほったらかしにするの?
など、彼の性格を分かっているつもりだけど、自分の理想と違う時に、悲しさよりイライラしてしまうことがありますよね。

そんな時は涙を出して、ストレスを発散してスッキリしましょう。
泣いたあとは、なんで彼のために泣いたのか、イライラしていた原因がくだらなく思えてきます。

イライラしている状態で泣けないという方は、ドラマや映画を見たりして泣くのもスッキリ効果があるので試してみて下さい。
物語の内容によっては、逆に彼が愛おしくなるかも。

パートナーへのイライラが止まらない!解消法②:離れてみる

ケンカ中にイライラが止まらない場合は、1分でいいので彼の前から離れてみましょう。
彼が見えないところに移動するのがポイントです。

離れることによって、冷静になり言葉や思いを整理する事ができます。
また、ケンカしてない状態でもイライラしてしまう場合は、会う期間をあけてみるのもおすすめです。

イライラはパートナーを傷つけてしまいますし、お互いにとってメリットはないので、時間をおくと解決する場合があります。
ただし、パートナーとはきちんと話し合い、自分の状態を分かってもらう事が前提です。

ただイライラして勝手に期間をあけると、戻れなくなってしまいます。

パートナーへのイライラが止まらない!解消法③:趣味に集中する

パートナーにイライラする時は、彼の嫌なところに注意が向き、自然と意識してしまってるからです。
嫌なところに気がついてしまうと、どんどん嫌なところが増えてきますよね。

また、一緒にいるのにゲームを始めたりしたらイラッとしてしまいませんか。
そんな時は、全く違うことに没頭してみましょう。
趣味に集中してもいいですし、本を読んだり、掃除をしてみたりと注意を向ける先を変えると、イライラが軽減しますし、原因も忘れてしまいます。

パートナーといる時に出来る趣味を見つけておくと、楽になりますよ。

パートナーへのイライラが止まらない!解消法④:相手に伝える

なんかイライラする、彼に対してのイライラが収まらないなど、自分の気分で彼を傷つけてしまいそうなら、前もって伝えておくのも解消法の一つです。
あなたのことを分かってくれているパートナーなら、イライラを打ち明けることで、嫌なことを直してくれるかもしれませんし、イライラしてるんだなと時間をあけてくれるかもしれません。

何もいわず、八つ当たりをしてしまうとお互い気分が悪くなってしまいますよね。
意味なくイライラしているあなたと一緒にいるより、イライラしている原因をきっと彼も知りたいはず。

ですが、彼のことが大好きなのは変わらないこも、きちんと伝えましょうね。

体調不良でイライラが止まらないこともある

わけもなくイラつくときは体調に原因があるかもしれません。
早速、原因を見ていきましょう。

  1. 疲れ
  2. 自律神経の乱れ
  3. ホルモンバランス

イライラが止まらない原因①:疲れ

ストレス社会の現代では、人間関係や仕事内容で、かなり疲れている方も多いのではないでしょうか。
睡眠不足だったり、食事ができなかったりと疲れによって生活のバランスが崩れてくると、イライラの原因になってしまいます。

また、疲労を回復できなかった場合は、イライラを通り越してプチ鬱状態になってしまう方も少なくありません。
イライラは自分の思い通りにならなかった時に起こりやすいですが、疲れていると全てを他人のせいにしてしまいがちです。

その人にイライラをぶつけてしまうと、お互いが嫌な気分になってしまいます。
睡眠や半身浴などで、その日のうちに疲れをとるようにしたいものですね。

イライラが止まらない原因②:自律神経

私達の体の機能を無意識に調整してくれている自律神経は、ホルモンバランスや代謝機能、感情などもコントロールしてくれていると言われています。睡眠不足や疲れなどの不規則な生活により、この自律神経が崩れてイライラしてしまうことことがあるようです。

自律神経はストレスにより大きく影響されます。
ストレスを全て無くすのは難しいですが、日々の生活習慣で改善される場合があります。

それは、睡眠を6.7時間とり、バランスの良い食事、適度な運動をするという生活です。
簡単なようですが、忙しい社会にとっては慣れるまで大変かもしれません。

まずは、睡眠の時間から確保してみてはいかがでしょうか。

イライラが止まらない原因③:ホルモンバランス

女性には、いつもは気にならない事でもイラッとしてしまう月経前緊張症や、閉経後におこる更年期障害などが原因でイライラすることがあります。また、ダイエットや不規則な生活、妊娠中でも更年期障害と似たような症状がでると言われています。

このようにホルモンのバランスが原因のイライラは、自分の意思とは違ったイラつき方なので、抑えるのが難しいといえるでしょう。
ですが、睡眠をしっかりとり、体に思いやりのある食事、適度な運動でイライラを軽くする事が出来るので、普段から体と向き合って生活する事をおすすめします。

理由がわからずイライラが止まらないときは心療内科へ

前途したとおり、抑えられないイライラや、原因が分からないイライラは自律神経の乱れだったり、ホルモンバランスの崩れなども考えられます。
睡眠や食生活で改善される場合もありますが、イライラが増すようなら心療内科を受診することをおすすめします。

イライラを放っておくと、鬱になってしまったり、通常の日常生活を送れなかったりしてしまう可能性があります。
心療内科に行くのは勇気がいるかもしれません。

ですが、助けてもらうことも必要です。また、最近では気軽にカウンセリングを受けれるようになりました。
区や市の無料カウンセリングから受けてみるのも、おすすめです。

イライラは気分次第!

仕事や育児、結婚相手や全く知らない他人など、生活している中で環境が違うと、イライラの原因も人それぞれ違ってきます。
ですが、共通して言えることは「気分」によってイライラの度合いが変わってくるというところです。

イライラは自分の「気分」や「機嫌」などに左右されます。
昨日は平気でも疲れている今日はイラつくなんて経験はよくありますよね。

イライラにエネルギーを使うのはもったいない!
ハッピーに生活するために、自分に合った解消法を試してみてくださいね!