アンダーヘアの形は整えるのがエチケット!おすすめ脱毛方法まとめ

アンダーヘア にも流行や人気のデザインがあることをご存知ですか。最近では、美容室に行く感覚でVIOラインを処理する女性が増えてきているんですよ!また、女性だけでなく男性にも注目されているアンダーヘア のお手入れはパートナーのためのエチケットとして人気が出てきています。整え方や人気デザインまでご紹介しますので、参考にして自分にぴったりのお手入れ方法を見つけて、チャレンジしてみてくださいね!

2019年8月26日

綺麗な女性は始めている

アンダーヘア(VIO)の形はデザインすべし

今時女子のアンダーヘアがどういう形をしてるのか、デリケートゾーンはどれくらいの量が生えているのか、恥ずかしくてなかなか聞かないですよね。最近ではキレイになりたいという女性に需要があるので、 【VIO脱毛】の広告を電車や雑誌などでよく見かけるようになりました。

アンダーヘアの形には、ヘアを残してデザインする方もいれば、全部無くしてしまう【ハイジニーナ】というものも人気があり話題となっています。
ヘアの形は好みもありますが、髪と同様しっかりデザインしないと変になってしまうので、どんな形があるのか覚えておくのも良いでしょう!

アンダーヘアの形を整えるメリット

なぜヘアケアをする女性が増えてきているのでしょうか。
メリットを見ていきましょう!

  1. 清潔感
  2. かぶれ防止
  3. エチケット
パートナーのことを思って始めよう

アンダーヘアケアのメリット①:清潔感

以外と不衛生なデリケートゾーン。
排出物やトイレットペーパー、経血や汗などがヘアに付いていることを意識したことはありますか。

時にはそれらがムレて匂いがしてしまうことも。
アンダーヘアのお手入れをすることによって、これらの不衛生なものを軽減することができるので、ヘアケアは大きなメリットと言えます。

また、海外ではヘアがあること自体【不潔】と捉えられるようです。

アンダーヘアケアのメリット②:かぶれ防止

生理中のナプキンで、かぶれた経験はありませんか。
夏の暑い時期などはかなり蒸れますよね。

アンダーヘアのお手入れをすることで、この「蒸れ」が解消される場合があります。
蒸れなくなると、ナプキンにかぶれなくなるので、ブルーな時期も快適に過ごすことができます。

また、生理中の嫌な匂いも軽減させることができるんですよ!
ヘアがお手入れされていることで、経血が付きにくく、洗浄も楽になります。

アンダーヘアケアのメリット③:エチケット

パートナーがいる方は、「エチケット」としてヘアケアをしているようです。
下着や水着からはみ出していたり、匂いがキツイと彼に言われたら、女性として悲しいですよね。

最近では、髪やネイルのように定期的にお手入れする女性が増えてきています。
「女性はヘアを整えているもの」と思っている男性も少なくありません。

特に海外の方は、アンダーヘアを嫌う傾向にあります。細部まで気を使ってると思われるのは、女性にとって大きなメリットですよね。

アンダーヘアの形(VIOデザイン)一覧!

では、どんなデザインがあるのか早速見ていきましょう!

  1. スクエア
  2. 逆三角形
  3. I
  4. オーバル
  5. ハイジニーナ
デザインで雰囲気が変わる

① : スクエア

”引用 : 脱毛口コミサイト エピカワ”

自然な形に整えたナチュラルな「スクエア」はセルフでも整えやすく、人気があります。
下着からはみ出ない程度を処理する形なので、温泉で恥ずかしいという方にもおすすです!

毛の長さはカットした後に、シェバーなどで整えましょう。
気をつけないと、処理しすぎてしまうので、少しづつカットしていくのがポイントです!

② : 逆三角形

”引用 : 脱毛口コミサイト エピカワ”

もともとの生え方が三角気味の方は自然な仕上がりになります。
毛量が多かったりスクエア型の方だと、結構多い部分を処理しなければなりません。

ですが、デザインとしては日本でも海外でも人気があります。
鏡を見ながら、三角になるように処理し、下着からはみ出ないようにするのがポイントです。

また、毛足が長いと形が崩れるので、毛足も短くしましょう。

③ : I

”引用 : 脱毛口コミサイト エピカワ”

Iの形は指二本分くらいの幅が人気があります。
自然な仕上がりではないですが、ハイジニーナに近いため、人気があります。

全部なくすのはちょっと…という方は、この形からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
だいぶスッキリするので、蒸れにくく、生理中でも快適に過ごせるはずです。

ですが、特徴がある形なので、自然な形を好む方にはおすすめできません。

④ : オーバル

”引用 : 脱毛口コミサイト エピカワ”

スクエアや逆三角形に比べると、手入れされている感じが出て、柔らかな印象を与えます。
丸く整えるのは難しいですが、一度コツを覚えてしまうとナチュラルに仕上げることができるので、シェーバーなどをつかって少しずつ形を作っていきましょう。

最近人気が出てきている形なので、自分に合うかチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

⑤ : ハイジニーナ

”引用 : 脱毛口コミサイト エピカワ”

最近、大人気の「ハイジニーナ」は全ての毛を処理する形です。
海外の女性のほとんどが、このハイジニーナで、衛生面でも快適さでも人気があります。

日本人には、勇気がいる形ですよね。
ハイジニーナはハイジーン(衛生的または清潔感)という語源からきています。

衛生的で、さらにナプキンかぶれがなくなったり、いろいろなデザインの下着や水着が楽しめるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

アンダーヘアの形を整える【ホームケアアイテム】

① : HATTEKER 脱毛器 シェーバー

”引用 : amazon”

柔らかい毛から硬い毛まで、キレイに処理できるシェーバーです。
コンパクトで使いやすく、防水加工が施されているので、掃除も簡単で、浴室でも使用することができます。

また、デリケートゾーン用のシェーバーもセットになっているので、VIOラインを優しくケアすることができ、安心して使えるので、初心者やレーザー脱毛中の方におすすめです!

② : Vラインヒートカッター 

“引用 : amazon”

アンダーヘアはハサミでカットすると鋭利な切り口になってしまい下着から突き出してしまいます。
また、肌に当たってかゆみの原因になってしまうので、このようなヒートカッターで処理することをおすすめします。

コームが付いているので、少量づつ確認しながらカットできますし、肌に触れて火傷をしてしまう心配もありません。

③ : ラブ・ジョリー ふわふわアンダーヘアケア

“引用 : amazon”

髪をとかすような感じで使用するだけで、簡単に毛量調整ができる優れもの!
毛先をふわふわに研ぎ、毛量も整えてくれますし、ガードも付いているのでぶきっちょな方にもおすすめできるアイテムです。

oラインは難しいですが、アンダーヘアのチクチク防止で使用すると良いでしょう!

④ : ヴィート Veet ナチュラルズ バスタイム専用 脱毛クリーム 

”引用 : amazon”

カミソリで肌が傷んでしまう方には、除毛クリームがおすすめ!
クリームを塗布するだけで除毛できますし、バスタイムなどで簡単にできてしまいます。

肌が弱い方は、低刺激のものを購入するりと安心して使用することができるのですが、アンダーヘアのように太い毛だと処理しきれない部分が出てきてしまうのがデメリットになってしまうので注意しましょう。

アンダーヘアの形の整え方【セルフ編】

どのように処理すればいいのでしょうか。
ポイントをご紹介します!

  1. 形を決める
  2. 処理しすぎない
  3. 毛足も整える
  4. アフターケアをする
水着を着るときは必ずお手入れを!

アンダーヘア整え方のコツ①:形を決める

まずは、明確な形を決めましょう。
ただ処理してるだけのアンダーヘアは見た目が汚くなってしまいます。

ナチュラルな形がいいのか、ハイジニーナにするのかでイメージがだいぶ変わってきます。
迷いがある方は、パートナーに相談してみることをおすすめします!

また、下着や水着を着てみてはみ出している部分をチェックしてみるのも参考になりますよ。

アンダーヘア整え方のコツ②:処理しすぎない

形は決まっているものの、いざセルフで処理し始めると、形が分からず、処理しすぎてしまう場合があります。
そうなると、どこまで処理していいか分からなくなり、全部なくなってしまった…なんてことも。

カットするときは、確認しながら、ちょっとづつ処理していくのがポイントです。
正面から見たアンダーヘアの確認もこまめにしながら行いましょう。

アンダーヘア整え方のコツ③:毛足も整える

長いままのヘアを残しておくと、下着からはみ出す原因になったり、形がキレイに整ってないように見えるので、ヒートカッターなどで、毛足も整えましょう。
気をつけなければならないのは、カットし過ぎないことてです。

なぜなら、短くなり過ぎると、下着から突き抜けてしまったり、かゆみの原因になってしまうからです。

アンダーヘア整え方のコツ④:アフターケアをする

アンダーヘアを整えた後、必ず行って欲しいのが、保湿などの「アフターケア」です。
特に、カミソリを使用した場合、皮膚の表面に細かい傷ごついてしまう場合もあるので、化粧水やクリーム、または専用のケアクリームなどで、お手入れをしてあげることが重要となります。

怠ってしまうと、黒ずみなどの色素沈着の原因になりかねません。
また、痒みを引き起こしてしまう場合も。

ヘアケアの後は必ずアフターケアを忘れずにしましょう。

アンダーヘアの形はプロにお任せ!VIO脱毛サロンの種類

セルフが面倒な方はプロにお任せするのが確実!
脱毛の種類をご紹介します。

プロに任せれば安心

美容脱毛サロン(光脱毛)

エステなどで簡単に半永久に脱毛できる「光脱毛」はフラッシュ脱毛と呼ばれ、人気があります。
永久に脱毛できる保証はありませんが、値段も手頃に施術できるため、定番の脱毛方法となっています。

期間は個人差がありますが、2,3ヶ月に一回を照射し1年から2年かかります。
また、レーザー脱毛と違うのは、出力の強さが違うという点になります。

黒い毛に反応するのは一緒ですが、出力が違うため、痛みが少なく、広範囲を脱毛できるのがメリットとなります。
デリケートゾーンの毛は太いため、VIOの脱毛は痛いとされていますが、毛が少なくなると痛みもなくなり、肌にも優しく処理することが可能です。

医療脱毛(レーザー脱毛)

光脱毛(フラッシュ脱毛)と違い、出力が高いレーザー照射機で脱毛するので、国家資格が必要となり、皮膚科などで施術することができます。
病院ということもあり、安全で確実に永久脱毛することが可能ですが、相性がありますので、火傷の心配がある方は1回目は必ず試し打ちをしてもらいましょう。

期間はやはり個人差がありますが、約3ヶ月に一回を1年から2年かかると言われています。痛みが強いというデメリットはありますが、病院なので対処はしてくれますし、確実に脱毛できるので、生えてきてほしくないVIOラインの脱毛に向いていると言えるでしょう。

ワックスサロン

「ブラジリアンワックス」などのワックスサロンは、ハイジニーナにする方におすすめです。
ワックスと呼ばれるものを塗布し、固まったら一気に剥がし毛根から脱毛するので、一瞬の痛みが伴います。

VIO全ての箇所が脱毛可能で、海外で人気があり定番の脱毛方法となっています。
毛が生えていないとワックス脱毛はできないので、再度脱毛するときは伸ばさないといけないというところがデメリットとなり、やく1ヶ月に一回のお手入れをしている方が多いようです。

回数を重ねていくと毛も柔らかくなり、本数も減っていきます。

VIOのケアは女性の身だしなみ

最近では、美容室やネイルサロンにいく感覚と同じように、脱毛サロンに行ったりセルフで処理したり、VIOラインをケアする女性が増えてきています。
ケアをしていると、アンダーヘアがあることが不衛生に思えたり、見た目が良くなかったりするのが気持ち悪くなってきます。

また、将来の介護のことを考えて脱毛しにくる40代50代の方も増えてきているんですよ。

あなたも是非身だしなみの一つだと思ってアンダーヘアのケアを始めてみてくださいね!