【保存版】セルフネイラー必見!マニキュアのきれいな塗り方をご紹介

セルフネイルするするとガタガタになってしまう。なんだかうまく塗れない。そんな方必見です!

2016年11月20日

マニキュアうまく塗れますか?

 (11028)

自分でネイルすると、爪がガタガタになってしまったり厚塗りしすぎてしまったり…なんてことありますよね?ちょっとコツをつかめば解決する問題もあるかも!?
ポイントを紹介していきます♪

爪を整える

まず問題の爪自体のコンディションが悪ければ元も子もありません!そこでまずは爪を整えていきます。

爪切りで形を整える

 (11022)

まずは爪の長さや形を爪切りで整えます。
ネイルするときの爪の形も種類があるため、自分の好みの形に整えましょう!

爪やすりを使う

 (11023)

つぎに爪やすりで表面をこすりましょう!
ガタガタした表面を放置していては、ネイルもガタガタになってしまいます。

甘皮の処理

 (11024)

甘皮とは爪の根元にある薄い皮の部分です。ネイルするには邪魔なので処理しましょう!
①お風呂に入って五分ほど手をふやかす
②自分の爪で上にこするように優しく押す
たったこれだけです♪
サロンにあるような道具を使わなくても大丈夫。

ふく

 (11026)

爪に油分や汚れが残っているとネイルががたがたしてしまい、はがれやすくなってしまいます。
コットンや綿棒にリムーバーをつけて、爪の表面をふきましょう!

ベースコート

 (11027)

仕上げにベースコートを塗ったらマニキュアを塗る前の下準備は完了です!!
根元から1ミリほどあけて塗ってください♪

マニキュアを塗る

まず、量に注意してください。ハケの先半分くらいにマニキュアをつけましょう。
塗る順番は利き手の爪から。利き手でない爪を先に塗ってしまうと、ただでさえ不自由な手がますます不自由になり、次に利き手の爪を塗るときに上手く塗れなかったり、せっかく塗った爪を傷つけてしまう可能性があるからです。
また利き手の爪を上手に塗るためには、テーブルの上でしっかりと手を固定させましょう!
手のひらをテーブルにつけて、爪をハケを持っている手のほうにむけるとスムーズに塗れます。
 (11029)

肘をテーブルについて手首同士をくっつける方法もあります!
 (10992)

はじめに爪先を塗ったら、マニキュアは根元から爪先に向かって塗るのがオススメ。
乾いたらこの手順でもう一度塗ると発色がよくなります♡

トップコート

 (11030)

マニキュアが乾いたら仕上げにトップコートを塗りましょう!

濃いネイル

 (11031)

濃い色のマニキュアをきれいに塗るには、二度塗りがおすすめです!
最初は薄めに塗ってください。
爪の中央部分から塗り、ハケを爪の甘皮の形に合わせてから、一気に爪先まで塗ります。
最後に両サイドを整えるときれいに仕上がります。

薄いネイル

 (11032)

最初に多めにハケに取り、素早く塗ることがポイントです!三度塗りをして、最後にトップコートで仕上げれば、きれいに色が出ます。

まとめ

 (11033)

いかがでしたか?セルフネイルがなんだかうまくいかないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね♡