AB型は性格が悪い?男女別特徴や恋愛傾向を含めたトリセツ

AB型は性格が悪いと言われる事が多いですが、一度仲良くなると心を許して情に厚く、ツンデレになる場合がありそう!恋愛傾向には独自の美的センスがあり、独特の世界観で生きているAB型は魅力的ですよね。AB型はセンスが良く、美人が多いのも特徴。 男女別の特徴や、AB型と良好な関係を築くための取扱説明書なども紹介します。

2019年9月19日

AB型の基本性格【男女共通】

AB型は変人?

では、男女共通のAB型の基本性格にはどのような特徴があるのでしょうか?
AB型の基本性格【男女共通】をご紹介します。

  1. 変人・不思議ちゃん
  2. 天才気質
  3. 独自の人生観がある
  4. 達観している
  5. 気分屋
  6. 美的センスがある
  7. 照れ屋で口下手
  8. 器用で何でもこなせる


それではひとつずつみていきましょう。

AB型の性格①:変人・不思議ちゃん

AB型の性格1つめは、変人・不思議ちゃんです。AB型の人が良く言われるのが変人や不思議ちゃん。

ミステリアスで秘密主義な所があるので、他人からすると理解しにくい場合があります。そのため変人と思われたり不思議ちゃんと思われてしまうよう。

AB型の人は、独自の考え方や感じ方があり、内面はとても繊細。人には理解できないほどの繊細さがある場合があるので、不思議な人、ミステリアスな人だと思われることもありそう。

AB型の性格②:天才気質

AB型の性格2つめは、天才気質です。AB型は独自の感性や考え方を持っていて、なかでも発想力や妄想力がすごいです。

たくさんの情報を処理したりまとめることにも長けていて、良い方向に結び付けることが出来るので天才的なアイディアが浮かぶ場合があります。中には常識を無視したりルールを破ったりするブラックユーモアが混じるアイディアな場合もありますが、理にかなっているので天才的に思えます。

好奇心旺盛で情報好きなので、天才的な発想が思い浮かぶのかも!

AB型の性格③:独自の人生観がある

AB型の人生観は独特

AB型の性格3つめは、独自の人生観があるです。AB型の人には本人にしかない独自の世界観や人生観があります。

たいていの場合は核となるハッキリとした意志があり、自分のポリシーに反することをするのはナンセンスでかっこわるいと思っています。例えば、嫌な事をされたり失敗すると、忘れることはありません。

同じ失敗を繰り返すことは恥だと思っている場合もあり、二度と同じ失敗を繰り返さないように努力する向上心を持っています。

AB型の性格④:達観している

AB型の性格4つめは、達観しているです。AB型の人が心の中で決めているルールは実は少ないです。

というのも、重要だと思っているいくつかの考えがあり、その他の事はどうでもいいと考えている場合があります。物事を俯瞰で見ることが得意で、客観的に状況を判断することが出来るので、人からすると驚くような決断をする場合も。

自分にとって何が一番幸せなのかを理解している場合が多いので、立場や役職などはあっさり捨ててしまうようなこともあります。

AB型の性格⑤:気分屋

子供のような瞬間もある

AB型の性格5つめは、気分屋です。物事を俯瞰して見られるAB型ではありますが、感情で動くようなことも多いです。

人生は一度しかないと思っている場合が多いので、今しかできない事があったり、今が一番楽しいタイミングだと判断すると、急に感情を優先させて無邪気に楽しむような場合も。ときどき気分を優先させ過ぎて失敗することもありますが、それよりも自分の楽しみを守ることを優先するので後悔はあまりしません。

楽しい人と笑うこと、嫌な人とは一緒にいないことなど、自分の感情に素直と言えそう。

AB型の性格⑥:美的センスがある

AB型の性格6つめは、美的センスがあるです。AB型には独自の美しさの基準があり、かっこわるいことやダサいことには敏感です。

伝統的な作法にも興味があり、細かな所作にも気を使っていて、自分なりの美しさを追及している場合が多いです。また、姿勢が良かったり規則正しいことも美しいと考えています。

基本的には世間一般に分かりやすい美しさを追究します。また視野が広くワールドワイドなので、世界に通じるような美しさも大好き!

行き届いた美的センスは一貫しているので、美しい人が多いでしょう。

AB型の性格⑦:照れ屋で口下手

AB型の性格7つめは、照れ屋で口下手です。AB型は情報を収集したり処理したりすることは得意ですが、それを誰かに伝えたりするのは苦手な傾向にあります。

と言うのも、AB型はかなり細かく人の事を分析しているため、自分が詮索されるのは苦手で恥ずかしいと感じることも。情報を情報として正しく伝えることは得意ですが、そこに自分の感情や想いが入ると一気に口下手になってしまいます。

理系っぽく冷静に見られがちなAB型ですが、内面は案外情熱的で、それが周囲にバレるのが恥ずかしいと感じているよう。

AB型の性格⑧:器用で何でもこなせる

AB型は応用力もある!

AB型の性格8つめは、器用で何でもこなせるです。AB型はA型とB型両方の気質を持っていて、状況によって切り替えることが出来るのでたいていのことは何でもこなせてしまいます。

好奇心旺盛で多趣味なので沢山情報を知っているなど、脳内のデータベースが多いのです。記憶力も良いので、ふとした時に思い出したり、独自の発想力を使って応用させることも得意。

特に数学や情報処理などの理系パターンが得意な事が多いです。逆に運動や手先の細かさが必要な場合は、苦手な人もいるかも?

AB型男性の恋愛における性格(恋愛傾向)

AB型はロマンチスト?

では、AB型男性の恋愛における傾向にはどのような特徴があるのでしょうか?
AB型男性の恋愛における性格(恋愛傾向)をご紹介します。

  1. 好きな人が解りにくい
  2. 妄想癖がありロマンチスト
  3. 人前ではそっけない態度
  4. 駆け引きはめんどくさい
  5. 自立した関係を好む


それではひとつずつみていきましょう。

AB型男性の恋愛①:好きな人が解りにくい

AB型男性の恋愛は、好きな人が解りにくいのが特徴です。と言うのも、相手の性格や自分の性格が合うかどうかなど計算している場合があり、感情よりも理屈で相手を選びたいと考えています。

結婚を前提に考えている場合は更に慎重に吟味します。出身地や学力、頭の回転の良さなど総合して判断している傾向があります。

感情よりも自分が相手にどう見られているかなどが先に気になるので、表情が顔に出にく、誰のことが好きなのか、周囲の人は全然気が付かない場合もありそう。

AB型男性の恋愛②:妄想癖がありロマンチスト

AB型の妄想は趣味!

AB型男性の恋愛は、妄想癖がありロマンチストという特徴もあります。定番のデートコースや恋愛のパターンに憧れがあり、ロマンチックなシチュエーションを妄想してはひとりでニヤけているような場合も。

もともと美的センスが高く、美しいものを大切にしたいので、映画のワンシーンやドラマのシチュエーションに自分を重ねて楽しんでいるような場合もあります。例え主人公が自分とは真逆の性格や見た目をしていても、脳内でイイ感じに演出して良い思い出にしているなんてことも!

AB型男性の恋愛③:人前ではそっけない態度

AB型男性の恋愛は、人前ではそっけない態度なのも特徴です。妄想の中では思いっきり恋愛を楽しんでいても、実際に自分のことになるとそう上手くは出来ないのがAB型男性。

照れや恥ずかしさが勝ってしまい、他人の視線も気になるので、妄想とは真逆というほどそっけなくしてしまう場合も。やはり美しさを大切にしているので、自分のキャラに合わないと感じたり、理想と現実の差を感じると、自信をなくしてしまうよう。

理想が高く完璧主義だからこそ、うまく出来そうにないと判断すると途端に諦めてしまうのかも?

AB型男性の恋愛④:駆け引きはめんどくさい

AB型男性の恋愛は、駆け引きはめんどくさいと考えているのも特徴です。そもそも口下手で照れ屋なAB型男性なので、駆け引きは大変だと考えています。

また、理屈でものごとを考えるような理系な部分があるので、恋愛で駆け引きをするのは時間の無駄だと思っている場合も。AB型男性は付き合うまでよりも、付き合ってからの時間を大切にしたいと考えているよう。

出来るだけ早めに結婚まで行きつくよう、最短コースを考えているようです。

AB型男性の恋愛⑤:自立した関係を好む

AB型男性の恋愛は、自立した関係を好むのが特徴です。例えばお互いに夢中になる趣味があったりしても、口を挟まず干渉しないのがAB型男性。

女性には女性特有の関係があったり、男性には男性同士の付き合いがあるなど、男女の役割を分けて考えている傾向にあります。そのため、カップルでも根本から理解できなくて良いと思ってて、そのぶんお互い自立している事を重視します。

パートナーはパートナー、趣味は趣味と分けているので、一緒に遊ぶ人イコール恋人とは思っていないよう。

AB型女性の恋愛における性格(恋愛傾向)

AB型女性と言えばツンデレ!

では、AB型女性の恋愛における傾向にはどのような特徴があるのでしょうか?
AB型女性の恋愛における性格(恋愛傾向)をご紹介します。

  1. 強がりでツンデレ
  2. 理想が高い
  3. 恋愛では不器用
  4. 危険な人に恋をしてしまう
  5. 実は寂しがり屋


それではひとつずつみていきましょう。

AB型女性の恋愛①:強がりでツンデレ

AB型女性の恋愛は、強がりでツンデレなのが特徴です。愛情表現が苦手で照れ屋なため、女性でもうまく甘えることが出来ずつい強がってしまいます

物事を俯瞰して見ることが出来るので、相手が彼氏でもストレートにダメ出しをするようなことも。基本的には甘やかすよりも厳しめのほうが相手のためになると考えている傾向にあります。

しかし結局のところは嫌われたくないという気持ちが出てくるので、あとから謝ってきたり甘えてくるようなツンデレさが出てきます。

AB型女性の恋愛②:理想が高い

AB型女性の恋愛は、理想が高いのが特徴です。スペック重視で人を判断したいAB型女性は、データ好きなので様々な項目を検討しています。

あの男性はココが良くて、でも優しさが足りないなどなど、比較して妄想するのは趣味のようなもの。本当にその人のことを好きになるかどうかは別として、ただ妄想するのに楽しいからデータ集めをしている可能性も?

理想は高くてもこだわりが強いだけなので、実際付き合うのは人からすると驚くような人の場合もあります。

AB型女性の恋愛③:恋愛では不器用

AB型女性の恋愛は、恋愛では不器用なのが特徴です。AB型の特徴としては何でも器用にこなせるのですが、こと恋愛に関してはうまく行かないのがAB型女性

美しさを重視するので、恥ずかしい事やみっともないマネはしたくありません。人からの目線を気にして行動できないうちに、他の人に取られてしまうなんてことも。

ただし俯瞰して物事を判断しているので、好きな人に恋人が出来ても別れるまで待つなど、アプローチ方法はゆっくりとしています。

AB型女性の恋愛④:危険な人に恋をしてしまう

危険なほど燃える?

AB型女性の恋愛は、危険な人に恋をしてしまう場合もあります。基本的にはスペック重視なので未婚の人のほうが狙いやすいのですが、そこでめげないのがAB型女性。

本当に良いと思ったら、既婚者や恋人がいても好きになってしまうことも。良い人ほど早く結婚してしまったり、既に恋人がいると思っているので、人のものほど良く見えてしまうのかも?

気長でじっくりとアプローチしていくので、誰かの恋人でも最終的にはゲットしてしまうなんて事もありそう。

AB型女性の恋愛⑤:実は寂しがり屋

AB型女性の恋愛は、実は寂しがり屋なのも特徴的。自立していて大人な関係を好むAB型女性ですが、内心ではイチャイチャしたいと思っていたりずっと一緒にいたいと思っている場合も。

甘えるのは恥ずかしいことと思っているので、素直に甘えられないのですが、内心では情熱的に相手へ焦がれている日もあるよう。また、変に理論的なところがあるので、素直になれないことが返って刺激的になり、恋愛のスパイスになると考えている場合も。

AB型はこう扱うべし!関係性別、取扱説明書

では、AB型はどう扱ったらいいのでしょうか?
関係性別にAB型の取扱説明書をご紹介します。

仕事関係におけるAB型トリセツ

会社にAB型がいる?

仕事関係におけるAB型との付き合い方としては、適度な距離を保って、良い仕事仲間と割り切りましょう。AB型は基本的に人見知りで、関係性や距離感などに敏感です。

職場でのAB型は、職場だけの付き合いだと割り切っている場合があるので、プライベートに干渉したり趣味を聞くのは辞めた方が無難です。答えてくれたとしても、無難な嘘をついているなんてことも。

根は真面目で相手の事をよく見ているAB型なので、まっとうな事をしていればAB型から信頼を得られます。時間は掛かりますが、急がずゆっくり信頼関係を築くのがオススメです。

友達関係におけるAB型トリセツ

友人関係におけるAB型との付き合い方としては、相手の内面に土足で踏み込まないよう、ゆっくり仲良くなりましょう。友人関係と言っても、すぐには心を開かないのがAB型。

相手の事を信頼して良い人間なのか、信用できるのかをシビアに判断しています。少しでも疑わしい行動があったり、嫌な空気を出すとすぐに離れていくので、仲良くなりたい場合は努めて味方でいるようにしましょう。

傷つきやすい繊細な部分があるので、仲良くなるには時間が掛かりますが、一度信用されるとべったり甘えたさんになる場合も!

家族関係におけるAB型トリセツ

家族関係におけるAB型との付き合い方としては、思った事や考えは下手に隠さず、意見をまとめて相談しましょう。家族と言う間柄では、恋愛以上に腹を割って話したいと考えているAB型です。

言いたいことが言えずにモヤモヤしたり、やりたいこととが出来ないような時間は勿体ないと感じています。協力して力を合わせて問題解決することで、絆はさらに強くなるでしょう。

AB型は好きな人にはとても協力的で、特に問題を解決するのはゲームのように捉えています。問題解決できた時には嬉しそうにドヤ顔してくるので、素直に感謝を伝えて褒めてあげましょう。

血液型別相性診断。AB型ともっとも相性がいいのは?

AB型と相性が良いのは?

では、AB型ともっとも相性が良いのはどの血液型でしょうか?
血液型別相性診断をご紹介します。

AB型×A型

まずAB型とA型の相性は、仲良くなれば悪くはないと言えそうです。そもそもA型は固定概念が強く、一般的な意見をよく記憶しているので、AB型に対して最初は警戒している場合がありそう。

AB型は頭が良い、天才気質なところがあるので、A型からすると別世界の人のように思っていることも。また、AB型も相手の空気や雰囲気を察知するのに長けているので、お互いに警戒してしまう場合もあります。

お互い血液型を知らないまま仲良くなれると良さそうです。

AB型×O型

次にAB型とO型の相性はバランスが重要です。と言うのも、一度仲がこじれてしまうと仲直りは難しそう。

もともと場の空気を重要視していてリーダー気質を持つO型は、AB型の天才肌なところに脅威を感じているよう。O型はムードメーカーの場合が多いので、AB型に嫉妬心や劣等感を覚えてしまうことも。

人として凄いとは思っているのですが、ライバルと思いやすく喧嘩が起こりやすいかも。お互い頑固な性格も持ち合わせているので、一度仲がこじれてしまうと、一生仲良くできない!なんて可能性もあります。

AB型×B型

AB型とB型の相性は、長続きすることが多そうです。もともとAB型はA型とB型両方の気質を持っているので、お互い理解できたり共感できる部分があります。

とくに天真爛漫で自由なB型の気質は、AB型からしても居心地が良いよう。突然どこかに出掛けたり、突拍子のない事を言っても、お互いに楽しい気持ちを共有できるので相性は良いでしょう。

B型は基本的に素直で甘え上手なので、思いもよらずAB型の理想を叶えたり言いにくいことを言ってくれる場合も。お互い人生論や哲学があったりしますが、うまく尊重しつつ譲歩していけそう。

AB型×AB型

AB型とAB型の相性は相性抜群です。お互いに感性や考え方が似ているので、居心地がよく一緒にいて疲れないでしょう。

AB型は不器用で口下手だったり、人見知りなことが多いですが、お互い不器用なのが理解できるので、言いたいことを正しく伝えられることが多く、長続きしやすいです。かっこわるいことが嫌いで素直になれないAB型ですが、AB型同士であれば、言葉と内面が異なるのも理解できて喧嘩になりにくいです。

ただし、どちらも受け身な場合が多く、関係を築いていくのもゆっくりなので、仲良くなるまでに時間が掛かりそう。

AB型は不器用でツンデレ

内面は繊細です!

AB型は性格が悪いと思われてしまう事もありますが、ツンデレで不器用なだけで内面は繊細。口下手なので、理解されないのならそれでもいいと諦めてしまっている場合もありそう。

実は傷つきやすく寂しがり屋なので、時間を掛けて信頼を築くと一気に仲良くなれるでしょう。一度仲良くなれたら意外と情に厚いところがあるので、いざという時には頼りになる場合もありますよ。

AB型の特徴を掴んで仲良くなれたら、ベストカップルになれるかも!