オレンジチークでフレッシュに!使い方や人気のオレンジチークご紹介

チークのカラーはピンク系が定番ですが、元気で可愛らしい印象を与えてくれるオレンジのチークが今大人気です。同じオレンジでもおトーンによって雰囲気もガラッと変わるので色々な雰囲気を楽しむことができます。そこで、オレンジチークの使い方や人気のチークをご紹介します。

2019年11月1日

オレンジチークが似合う人の特徴

オレンジチークが似合う人の特徴

まずはオレンジチークが似合う人の特徴をご紹介します。

  1. イエベの人
  2. 明るいヘアカラーの人
  3. 童顔の人
  4. 健康的な肌色の人

似合う人の特徴①:イエベの人

人の肌はイエローベースの人とブルーベースのふたつに大まかに分類されて、自分のベースカラーによって似合う色やトーンが違います。オレンジチークの場合、黄味がかった肌色のイエローベースの人の方が似合います。

日本人の肌色は大体がイエベに分類されると言われているので、オレンジチークは割と誰でも取り入れやすいです。反対に肌が白く赤味がかったブルーベースの人はピンクなどの明るいカラーが似合うと言われています。

自分のパーソナルカラーを知って、自分に合うカラーのチークを使用するようにしましょう。

似合う人の特徴②:明るいヘアカラーの人

元気でフレッシュな印象を与えるオレンジチークなので、黒髪など暗いトーンのヘアカラーの人にはあまり似合いません。どちらかといえば、金髪やベージュなど明るいヘアカラーの人の方がよく似合います。

さらに、ブルーベースの人でも明るいヘアカラーにしている人なら違和感なくオレンジチークを楽しむことができます。全体のバランスや雰囲気も大切ですが、オレンジチークを楽しみたいなら、似合うテイストに自分から寄せていってもいいですね。

似合う人の特徴③:童顔の人

オレンジのチークの印象が、元気でハツラツとしたものなので大人っぽい印象の顔の人やクールな印象の顔の人にはあまり似合いません。なので、どちらかというと童顔で明るく元気な印象の人の方がよく似合います。

もちろん、大人っぽい顔の人でも薄めにチークを入れたり入れ方を調整すれば取り入れることはできるので自分に合ったチークの使い方を知ることが大切です。童顔の人でもあまりにも濃すぎたりすると似合わなくなってしまいます。

後でチークの入れ方もご紹介するので参考にしてください。

似合う人の特徴④:健康的な肌色の人

肌色の系統的に、色白の人はピンクなどの優しいカラーが似合い、日焼けしているなどの健康的な肌色の人にはオレンジなどのカラーがよく似合います。オレンジはもともと肌馴染みのいいカラーなので、健康的に焼けている肌に映えます。

暗めの肌色にもしっかり発色できるカラーで馴染んでくれるので取り入れやすいと思います。明るい髪色で健康的に焼けている肌によく合うので、夏に流行る色でもありますよね。

季節なども意識するとよりオレンジチークを楽しむことができます。

【印象別】オレンジチークの使い方

では、印象別にオレンジチークの使い方、入れ方をご紹介していきます。

子供っぽく見せたい時

引用:Instagram@mugi_ykg

オレンジチークを使って子供っぽく可愛らしい印象に見せたいときは、ほほの中心を意識して伸ばしていきましょう。頬骨の1番高いところから広がっていくように丸く伸ばします

中心が1番濃いオレンジで広がっていくにつれて自然に薄くなっていくように塗るのがポイントです。はっきり色を乗せるよりもナチュラルに子供っぽく若い印象になります。

一度に塗ると細かい表現がしづらいので、少量ずつを重ねて色を濃くしていくようにしてください。オレンジチークの中でもはっきり発色するものを使うのがおすすめです。

フレッシュに見せたい時

引用:Instagram@hirona0523

フレッシュに見せたいときは、オレンジの色を強調するよりもナチュラルに乗せて血色をよくするくらいの意識で塗るのがおすすめです。前述の子供っぽく見せたい時は頬の上の方にしっかり色を乗せましたが、逆に上すぎないのがポイントです。

頬の1番高いところから少し下げた位置にふんわりと乗せていきましょう。また、丸く伸ばすのではなく、さっと横に広げる程度に抑えるとナチュラルでフレッシュな印象になります。

あまり広く広げてしまうとチークの印象が強くなってしまうので範囲も狭めを意識して塗ってください。

シャープに見せたい時

引用:Instagram@ta.chako

顔をシャープに見せたい時は、縦のラインを意識してチークを塗るようにしましょう。といっても実際に縦に塗るわけではありません。

頬骨の1番高いラインとこめかみを結ぶように縦ラインを意識して斜めにチークを入れていきます。あまり濃くしすぎると違和感があるのであくまで自然にを心がけてください。

オレンジは肌色に近いので顔の形を矯正するような効果もあるので小顔、シャープな輪郭を意識して塗ってみましょう。シャープに見せたい時におすすめなのは、肌色に近く馴染みやすい色がおすすめです。

発色が良すぎるものやパール、ラメが入っていないものがおすすめです。

大人っぽく見せたい時

引用:Instagram@kajierimakeup

大人っぽい印象にしたい時は。子供っぽい印象にしたい時と反対で低い位置にチークを入れましょう。鼻の横くらいを目印に横向きの平行にラインを引いていきます。

大人っぽく見せたい時はチークを塗る前にゴールド系のハイライトを仕込んでおくのもおすすめです。深みが出て大人っぽい印象になります。

また、パールなどのラメ感のあるチークもおすすめです。発色が程よくてきらめきのあるチークを使うことで大人っぽい印象にプラスして上品な雰囲気にもなるので取り入れてみてください。

オレンジチークを選ぶ時のポイント

では、オレンジチークを選ぶ時はどのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。ポイントをご紹介します。

  1. 艶が欲しい時はクリームタイプ
  2. ふんわりした仕上がりにはパウダータイプ
  3. コスパ重視ならリキッドタイプ
  4. マットな質感のマットチーク
  5. 自然な血色の水チーク

ポイント①:艶が欲しい時はクリームタイプ

引用:Instagram@rioooox

クリームタイプのチークはお肌にツヤ感を与えてくれるチークとして人気です。パウダーファンデーションの場合は先に、リキッドファンデーションの場合は後にチークを塗るようにしましょう。

乾燥が気になる人にもおすすめで、保湿成分が入っているものが多く、つけ心地が軽いので肌に馴染みやすいです。単色のものからスティックタイプ、パレットタイプなど種類もたくさんあるので自分好みのものを見つけやすいのも特徴です。

また、クリームチークはリップとしても使えるのでメイク直し用に持ち歩いている人も多いです。

ポイント②:ふんわりした仕上がりにはパウダータイプ

引用:Instagram@tamaki.tuneoka

パウダーをブラシで乗せるパウダーチークはふんわりした仕上がりが特徴で、軽いつけ心地です。オイリーっぽい肌質の人にもさらりとしているのでおすすめです。

また、扱いやすいのでメイク初心者でも簡単に付けることができますし、濃さの調整などもしやすいです。汗や水に弱いのでメイク直しは必要ですが、さっと使えるので使い勝手も抜群です。

チークの中では1番メジャーなタイプなので種類やカラーが豊富なことも魅力的ですね。

ポイント③:コスパ重視ならリキッドタイプ

引用:Instagram@revlonjapan

水分を多く含んだリキッドチークはヨレにくく発色がいいことが特徴です。少量でもしっかり発色し落ちにくいのでコストパフォーマンスに優れているところも魅力的ですね。

また、水分を多く含んでいるので乾燥しづらいのも特徴です。乾燥する時期にはリキッドタイプ、というふうに使い分けてもいいですね。

ほかのチークに比べると使い方にコツがいったりと少し難易度の高いチークではありますが、独特の発色やコスパのよさで慣れるととても魅力的に感じるという人が多いのもリキッドチークの特徴と言えます。

ポイント④:マットな質感のマットチーク

引用:Instagram@mw_st16

素肌っぽさが特徴のマットチークは、ラメや光沢感などが一切入っていないマットな質感です。マットなチークは素肌から滲み出たような血色のよさを演出することができます。

パウダータイプやクリームタイプのものもありますが、どれも発色がよく渋い色合いのものが多いですね。寒い頃を連想させるような季節感も感じられるのでメイクのポイントとして使う人も多いです。

ほかのチークと比べても圧倒的にオシャレ感が出るので遊び心として取り入れる人もいます。使い方次第でメイクの主役にすることもできるので、マットチークをひとつは持っていてもいいかもしれませんね。

ポイント⑤:自然な血色の水チーク

引用:Instagram@emiko83125

リキッドチークと似ていますが、より自然でナチュラルな仕上がりになるのが水チークです。リキッドチークよりもとてもさらさらしたテクスチャで本当に水のようです。

さらっとした使い心地なので始めての人には少し難しいかもしれませんが、トントンと叩くように広げていくとヨレにくいメイクをすることができます。はっきりした発色のものよりもナチュラルな仕上がりのものが多く、肌からじゅわっと滲み出たような自然な頬を作ることができます。

また、ウォータープルーフのものが多いので汗をかきやすい季節なども重宝しそうですね。

おすすめのオレンジチーク【デパコス】

それではおすすめのオレンジチークをご紹介します。まずはデパコスからです。

①:ADDICTION ザブラッシュ

デパコスで人気のADDICTIONのチーク、ザブラッシュはカラーバリエーションがとても豊富で見ているだけで楽しくなってきます。オレンジ系のカラーも何色かあるので自分の肌色に合ったものを選んでください。

パウダータイプのチークですが保湿成分が配合されているのでパサついたり浮いたりしいにくいのが特徴です。

画像引用元:amazon

②:CHANEL ジュ コントゥラスト

大人の女性の雰囲気漂うCHANELの定番チーク、ジュコントゥラストは肌にツヤ感を与えてくれると人気の商品です。他にもスティックチークなどもありますが、このチークはとても柔らかいテクスチャで他にはない贅沢な使い心地です。

フリヴォルというカラーは発色のいいオレンジで顔色をよく見せてくれます。フェイスラインに乗せると顔を立体的に見せてくれるので色々な使い方ができそうです。

画像引用元:CHANEL公式

③:SUQQU シマーリクイドブラッシュ

SUQQUには個性的で他にはないコスメがたくさんあることで有名ですが、シマーリクイドはまるでポリッシュのような見た目のリキッドチークです。自然ににじみ出たような血色をコンセプトに頬にツヤ感を与えます。

はっきりとした発色なので少量ずつ使用できるので意外と長持ちしコスパのいい商品です。

画像引用元:SUQQU公式

④:YSL ブラッシュクチュール

イブサンローランのチーク、ブラッシュクチュールのオランジュペルフェクトはマットな質感が特徴のチークです。オレンジの発色がよく、スタイリッシュな見た目で人気の商品です。

ふわりと肌に乗り溶け込むような仕上がりで馴染みます。カラー展開も豊富なだけでなくマット、シアーなど質感も選べるので自分にぴったりのものが選べます。

画像引用元:YSL公式

⑤:Dior スキンルージュブラッシュ

Diorのチーク、スキンルージュブラッシュはデパコスコスメの中でも定番人気のチークです。ホワイノットというカラーはピンクが強めのオレンジですが、肌に馴染みやすくどんなメイクにも合います。

重ねて塗っても厚塗り感は出ずに濃さの調整ができるのでとても扱いやすい商品です。

画像引用元:Dior公式

⑥:シュウウエムラ フレッシュクッションブラッシュ

発色のよさやおしゃれな見た目で人気のシュウウエムラのチークは他とは一風違うクッションチークです。軽いつけ心地で長時間つけていてもヨレません。

また、シアーな質感で自然な仕上がりでとても使いやすい商品です。滑らかに滑らせたりトントンと叩くように乗せたり塗り方によって仕上がりが変わることも楽しめます。

画像引用元:シュウウエムラ公式

⑦:RMK インジーニアスパウダーチークス

RMKのチークは豊富なカラーで人気ですが、インジーニアスパウダーチークスのソフトオレンジは肌色に近いナチュラルなオレンジに鮮やかなパールがきらめくとても綺麗なチークです。

パールのきらめきが存在感を出しつつもとても上品なので使い方次第で色々な雰囲気を出します。ほかの色と混ぜ合わせて使ってもおもしろいです。

画像引用元:RMK公式

⑧:ローラメルシエ ブラッシュカラー インフュージョン

オレンジベージュのようなナチュラルなカラーが特徴のローラメルシエのブラッシュカラーインフュージョンのフレスコ。独特のカラーでオシャレ感が強いですね。

保湿力と密着力に優れているので潤い感のある仕上がりが長時間続きます。とても発色のいい商品ですが、肌馴染みがいいのでナチュラルな仕上がりが叶います。

画像引用元:amazon

おすすめオレンジチーク【プチプラ】

続いてはプチプラブランドのおすすめオレンジチークをご紹介します。

①:CANMAKE ユアチークオンリーティント

プチプラコスメで定番の大人気ブランドといえば CANMAKEですよね。プチプラコスメとは思えない豊富な種類と質の良さで若い女性のみならず大人の女性にも人気です。

ユアチークオンリーティントはスティックタイプのチークでとても扱いやすいことで人気の商品です。肌の水分によって色が変化する商品で、オレンジから明るいコーラルへと変化するので面白いですね。

画像引用元amazon

②:ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム

ヴィセのチークはクリームタイプで、チークとしてもリップカラーとしても使える優秀な商品です。クリームチークなのでツヤ感のある頬を演出することができます。

サニーオレンジは明るいオレンジで挑戦するのに勇気が要りそうに見えますが、実際に付けてみるとすっと肌に馴染んで付けやすいカラーです。

画像引用元:amazon

③:エチュードハウス ピクニックブロッサムチーク

韓国コスメの中で日本でも人気のブランド、エチュードハウスのチークはピクニックブロッサムという桜をモチーフに作られた見た目も可愛い商品です。「待ちわびる桜」という名前のカラーで、オレンジベージュです。

肌色に近くナチュラルな仕上がりと肌に馴染むように計算されたカラーが女性らしいかわいさを演出します。

画像引用元:エチュードハウス公式

④:セザンヌ ナチュラルチーク

セザンヌのナチュラルチークはカラー展開が豊富で、オレンジ系だけでもゴールドオレンジ、ベージュオレンジ、オレンジピンクなどたくさんあります。自分にぴったりのカラーを見つけたい人におすすめの商品です。

プチプラコスメなのに発色がとてもよく、パールが配合されているのでほどよいツヤ感なども出せる優秀な商品です。

画像引用元:amazon

⑤:インデグレート メルティーモードチーク

インデグレートのチークはクリームタイプのチークが肌に伸ばすとパウダーに変化する不思議なアイテムです。二色を組み合わせて使うので自分好みに調整できてとても便利です。

クリームタイプのいいところとパウダータイプのいいところを両方兼ね備えたチークなので使い勝手がよく、コンパクトなのでメイクポーチに入れて持ち運びにもよさそうです。

画像引用元:amazon

⑥:Sugao スフレ感チーク

Sugaoのチークはひだまりオレンジというカラー名で、スフレの質感が新しいチークです。光を肌に取り込むトーンチェンジパウダーを配合しているので肌を明るく見せてくれます。

スフレなので肌にしっかり密着するだけでなく、ふんわりとした仕上がりで女性らしいナチュラル感を演出してくれます。

画像引用元:ROHTO公式

⑦:レブロン マットパウダーブラッシュ

レブロンのチークはマットな仕上がりが特徴です。オレンジスエードというカラーは肌色よりも明るいオレンジで、はっきり発色してくれるので付けているだけで元気になるようなチークです。

仕上がりがマットな分カラーが強調されすぎず肌に馴染むので誰でも取り入れやすい商品です。また、長時間付けていても仕上がりがメイクしたてと変わらない優秀なアイテムです。

画像引用元:amazon

⑧:マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チーク

マスカラで有名なマジョリカマジョルカにはチークもたくさんの種類があります。中でもこのクリームチークはひとぬりでしっかり色づきとてもよく伸びるので使い勝手がいい商品で人気です。

クリームチークは慣れるまで使うのが難しいといイメージがある人が多いですが、コツさえ掴めば簡単に使うことができるので挑戦してみてください。

画像引用元:amazon

オレンジチークに合うリップの色

オレンジのチークには何色のリップが合うのでしょうか。

  1. ピンク
  2. オレンジ

合うリップの色①:ピンク

引用:Instagram@moniyuki_v

オレンジのチークにピンクのリップの組み合わせはオシャレ感が強い組み合わせです。カラーメイクは春夏にぴったりですよね。

オレンジとピンクはもともと相性がいいカラーですが、よりマッチさせるなら優しいトーンのものを選ぶのがおすすめです。はっきりしたオレンジとピンクの組み合わせも個性的で可愛いですが、挑戦するのに少し勇気がいりますよね。

淡いトーンなら肌に馴染みやすくナチュラルな仕上がりになるので色同士が喧嘩せずにまとまった印象になります。肌も明るく見えるのでおすすめです。

合うリップの色②:赤

引用:Instagram@mymy_sr03

オレンジチークは元気で明るいイメージ、赤リップは大人っぽくセクシーなイメージがありますよね。そんな2色なので合うのかな?と疑問に思う人も多いですが、実はこの2色はとても合うんです。

肌に馴染みやすいオレンジチークに赤リップをプラスすることで肌のトーンが明るく綺麗に見えます。また、赤リップは主張の強いアイテムなので、元気で子供っぽく見えがちなオレンジ系チークを大人っぽい落ち着いた印象にしてくれます。

お互いの色のいいところを強調しあうカラーで肌を健康的に明るく見せてくれるのでオレンジチークと赤リップの組み合わせはおすすめです。

合うリップの色③:オレンジ

引用:Instagram@kanamingram_24

オレンジチークにオレンジリップを合わせるオレンジメイクは秋にぴったりなメイクです。同系色でまとめたメイクはシンプルで物足りないという人も多いですが、同じオレンジでもトーンを変えたりすることで上級者向けのおしゃれメイクに変わります。

秋ならマットリップを取り入れたり、パール感の強いチークを塗ったり質感や仕上がりの違いなども楽しめますね。また、アイシャドウ やハイライトなどでゴールド系を取りれるとオレンジメイクがさらにランクアップします。

同系色でまとめると意外とおしゃれ感がアップするので挑戦してみてください。

オレンジチークをおしゃれに取り入れよう

デパコスやプチプラブランドからたくさんの種類が出ているオレンジチーク、使い方も合わせ方も本当にたくさんありましたね。オレンジと聞くと個性的で合わせにくいと思っている人も、一度使ってみると肌馴染みがよくとても使いやすいカラーでハマります。

自分に合ったオレンジチークを見つけておしゃれに取り入れましょう。自分だけのチークの塗り方も探してみてくださいね。