イベントネイルデザイン50選!人気デザインからセルフネイルまでご紹介♡

「お正月」から「クリスマス」まで、日本ってホントに1年中いろいろなイベントで盛り上がれますよね。
もともとお祭り好きな民族だから、何かにかこつけて騒ぎたい性分なのかも…。
1年に1回ずつしかやってこない、大切なイベント。
大切な人と楽しいステキな思い出を残したいですよね?
そんな日は、ネイルも特別仕様にしちゃいましょう♡

2019年5月14日

イベントネイルとは?

 (36556)

イベントネイルとは、シーズナルイベントに合わせたカラーリングやモチーフを用いるネイルデザインのこと。
具体的には、「バレンタイン」「ハロウィン」「クリスマス」あたりが定番のイベントかもしれませんが、日本はイベント大好き国なので、まだまだイベントごとはたーくさんありますよ!
例えば、誰でも1年に1回は経験する「お誕生日」も立派なイベントのひとつ。
学生さんなら「成人式」に「卒業式」もあるし、女の子ならみんな夢見る「結婚式」も外せないイベントですよね♡
今回は、シーズナルイベントの特徴を抑えたネイルデザインや、セルフネイルのやり方をご紹介します。

なぜイベントネイルは人気なのか?

その年のイベントは一生で1回だけ!

 (36554)

SNSが流行っている今、仲の良い友達やコミュニティは毎年めまぐるしく変化していくものですよね。
気軽に人と繋がれる分、本質的な繋がりは少し希薄になっている一面もあるかもしれません。
また結婚や出産、転勤など、もしかしたら来年は気が合う仲間たちと、気軽に集まれなくなっちゃうかもしれませんよ?
今年のイベントは1回だけ。集まったメンツも一期一会かも。
だから1回1回のイベントを特別視して、思いっきり楽しみたいですよね!

意外と指先を見られる機会が多い!?

 (36553)

キャンプやバーベキューといったアウトドアイベントや、パーティや親睦会といった飲み食いするイベントって、お料理を取り分けたり、ドリンクケアをしたり、意外と指先を見られる機会が多いんですよね。
せっかくイベントで開放的な気分になっているのに、指先がボロボロだったら「ズボラ女子」扱いされちゃったり、イメージダウンにも…。
アウトドアイベントでもネイルに気を使って、意中のカレにちゃんと「女の子認定」してもらいましょう!

日本は1年中イベントだらけ!

 (39269)

人生のイベントといえば成人式や結婚式など、自分自身のライフイベントがあります。
他にもひな祭りや七夕など、いわゆる日本の風習になっているイベントは、小さい頃からお祝いをしたりして馴染みがありますが、最近は「輸入イベント」なるものが多いとか。
例えば「イースター」や「ハロウィン」はキリスト教の神聖なる行事ですが、イースターエッグやジャックオランタンなど、モチーフがとってもかわいいですよね。
お祭り大好きな日本人は、海外のイベントもお祝いしちゃう民族なんですね。

イベントネイルのセルフネイルの塗り方

 (37059)

イベントネイルといってもゴテゴテしたデザインばかりではないですよ!
いつものネイルに少しだけイベントっぽいモチーフをプラスするだけでOKなんです。
今回は、誰にでも1年に1回訪れるバースデーにちなんだケーキデザインを紹介します。

《用意するもの》
 ・スポンジ部分に使うポリッシュ
 ・クリーム部分に使うポリッシュ
 ・フルーツのパーツ(100円ショップなどで購入できます)
 ・ベースコート
 ・トップコート

 (37060)

①ベースコートを塗ったあと、スポンジ部分のポリッシュを塗る
②クリーム部分のポリッシュを塗る
③クリーム部分にフルーツパーツを配置する
④トップコートを塗って完成

《ポイント》
スポンジ部分とクリーム部分のポリッシュが重なると乾きにくくなるので、なるべくスポンジ部分のポリッシュを細めに塗るのがポイント!

今回はイチゴのショートケーキですが、フルーツパーツはいろいろな種類があるので、自分の好みのパーツを探してみるのも楽しいですね♡

イベント別★ネイル50選

1月:お正月

01:だるまがキュートなイベントネイル

01:だるまがキュートなイベントネイル

初詣のとき、こんなかわいいイベントネイルで出かけたら、福が舞い込んできそう!
手描きモチーフは、全体的に丸みのあるデザインに仕上げると、さらにキュート♡
要素が少なめだから、ショートネイル派の人にもオススメですよ。
02:梅の花が可憐なイベントネイル

02:梅の花が可憐なイベントネイル

日本を代表する花のひとつに「梅」がありますね。
丸みのある形は、手書きでもホログラムでも再現しやすいので、とってもアート向きなんですよ♡
細みの枝と、少し滲ませた手描き風アートが可憐で控えめで、まさに大和撫子デザインですね。
03:高級感あふれるイベントネイル

03:高級感あふれるイベントネイル

まるで漆塗りの漆器のような高級感あふれるイベントネイル。
うっすら施されたグラデーションと、ゴールドのホログラムで描いた梅の花が大人っぽい仕上がりですね。
シックな色味が、お正月のおでかけネイルにぴったりですよ。
04:《Foot》吉祥柄風なデザインがゴージャスなイベ...

04:《Foot》吉祥柄風なデザインがゴージャスなイベントネイル

お正月の季節は、なかなか素足になることは少ないですけど、普段見えない部分もぬかりなくオシャレでいたいのが女の子ですよね♡
お重箱の模様みたいなゴージャスなイベントネイルで、足元もお正月気分に染めちゃいましょう!

1月:成人式

05:ピンクの晴れ着とリンクしたイベントネイル

05:ピンクの晴れ着とリンクしたイベントネイル

成人式ネイルの基本は、着物や帯や小物と色味を合わせること。
こちらはピンクとホワイトのカラーグラデーションをベースに、着物の柄と帯紐のデザインをアクセントにしていますね。
晴れの日なので、ストーンをあしらって華やかに仕上げましょう!
06:重厚な漆器風のイベントネイル

06:重厚な漆器風のイベントネイル

光沢感のある黒塗りの漆器をモチーフにしたネイルデザインは、着物の色や柄に左右されることなく、上品で大人っぽい雰囲気になりますね。
ところどころ、スタッズやワイヤーなどを配置することで、モダンな印象になりますよ。

2月:バレンタイン

07:あま~いチョコがけイベントネイル

07:あま~いチョコがけイベントネイル

バレンタインイベントに合わせて、一度はチャレンジしてみたいのがチョコがけデザイン♡
ぷっくり感やかすれ感など、均一に塗らない方がかえってホンモノっぽくなるので、セルフネイルにもオススメなデザインなんですよ!
08:ハートがいっぱい♡イベントネイル

08:ハートがいっぱい♡イベントネイル

バレンタインモチーフの代表格であるハートがいっぱいのイベントネイル。
手描きや3Dアートは、なかなか難易度が高めですけど、ホログラムを使えばカンタンにキュートなデザインが作れますよ♡
好きな人への想いを指先からも溢れさせちゃいましょう!
09:ホンモノそっくりなイベントネイル

09:ホンモノそっくりなイベントネイル

指先ひとつひとつがまるでトリュフ!
本当に食べれちゃいそうなくらいリアルなチョコレートデザインのイベントネイルです。
ツヤっぽく仕上げれば、テンパリングしたチョコを再現できますし、リアルさを追求するならマット仕上げが断然オススメ!
10:シンプルワンカラー仕上げのイベントネイル

10:シンプルワンカラー仕上げのイベントネイル

イベントも大事だけど、なるべくシンプルに仕上げたい人には、こんなワンカラーネイルはいかが?
立体感がなくても、丸みのあるパーツやハートモチーフのワイヤープレートで充分バレンタインの雰囲気が出ていますよね!
仕上げは、気になるあの人のイニシャルを薬指にオンしてね♡
11:ミルキーチョコをイメージしたイベントネイル

11:ミルキーチョコをイメージしたイベントネイル

ホワイトチョコやミルキーチョコをイメージしたイベントネイル。
マットネイルをベースにしている分、デコレーションは大きめのビジューや、ツヤ感のあるポリッシュを使って、高級感あるショコラを再現していますね。
12:頬まで一緒に染まっちゃいそうなイベントネイル

12:頬まで一緒に染まっちゃいそうなイベントネイル

あふれる想いで頬まで染まっちゃいそうなチークネイルを基調にしたイベントネイル。
王道なラブリーデザインですが、華奢なレースや控えめなストーン、ラフに描かれたハートマークが大人っぽい印象に仕上がっていますね。

3月:卒業式・謝恩会

13:シンプルエレガントなイベントネイル

13:シンプルエレガントなイベントネイル

ホワイトのグラデーションネイルは、シンプルだけどとってもエレガントな仕上がりなので、卒業式や謝恩会などのオケージョンにはぴったりなデザイン。
華やかな席に合わせて、少し大きめのビジューやストーンを多めに使っても◎
14:サクラが満開なイベントネイル

14:サクラが満開なイベントネイル

日本の春といえば、やっぱりサクラ。
特に、春先の出会いと別れの季節には欠かせない存在ですよね。
大人っぽい薄いピンクのグラデーションネイルをベースにして、大振りのサクラを指先にも満開に咲かせてみましょう!

4月:イースター

15:カラフル模様がかわいいイベントネイル

15:カラフル模様がかわいいイベントネイル

イースターはイエスキリストの復活祭です。
代表的なモチーフのひとつが「復活の象徴」とされているタマゴ。
ピンクは「成功」、紫は「信頼・忍耐」のように、カラフルにペイントされたタマゴのカラーリングや幾何学模様には、それぞれ意味があるそうですよ★
16:うさぎモチーフのイベントネイル

16:うさぎモチーフのイベントネイル

イースターといえば、タマゴを隠しにやってくるイースターバニーも欠かせない存在ですよね。
モコモコしたまんまるのシッポや、長いミミがとっても愛くるしいうさぎモチーフのイベントネイルは、モヘヤ素材を使ってモコモコ感を再現しちゃいましょう。
17:パステルカラーが春らしいイベントネイル

17:パステルカラーが春らしいイベントネイル

イースターネイルはカラフルでかわいいけど、ちょっと派手だなぁと思う人でも大丈夫!
春らしいパステルカラーのワンカラーネイルに、大き目のパールでうさぎのシッポをプラスするだけでも、充分春らしいイベントネイルになりますよ♡

7月:海の日

18:シェルの光沢が瑞々しいイベントネイル

18:シェルの光沢が瑞々しいイベントネイル

爽やかな夏の海をイメージしたブルーグリーンのラメグラデーションに、大小さまざまなシェルをプラスしたイベントネイル。
シェル特有のランダムな光沢感がとっても瑞々しいですよ。
モザイクアートのように、先端からだんだんシェルを小さめに配置するのがポイント!
19:ネオンカラーが眩しいイベントネイル

19:ネオンカラーが眩しいイベントネイル

ヒトデや貝殻など夏らしいモチーフをふんだんに取り入れたイベントネイル。
ネオンカラーが眩しいですが、クリアネイルをベースにしているので、不思議とスッキリした仕上がりになっています。
ショートネイル派の人にもオススメですよ!
20:《Foot》水面のきらめきが爽やかなイベントネイル

20:《Foot》水面のきらめきが爽やかなイベントネイル

マリンモチーフのパーツがたっぷり!南国の海のような水面のきらめきが爽やかなイベントネイルです。
本当にカメが泳いでいそうなくらい、キレイなグラデーションですよね。
白い砂浜にも映えるフットネイルで、ビーチの主役になっちゃいましょう!

8月:音楽フェス

21:推しカラーのイベントネイル

21:推しカラーのイベントネイル

音楽フェスは昔よりもライトに参加できるようになり、現地でもライブビューイングでも楽しめるイベントになりましたよね。
せっかく参加するのだから、フェスのロゴや推しメンバーのカラーリングに寄せたネイルで楽しみましょう!
22:オールブラックなイベントネイル

22:オールブラックなイベントネイル

ハードロックテイストを全面に出したイベントネイル。
レザーの質感や鋲の配置までこだわっていますよね。
クリアネイルやミラーネイルなどと組み合わせて、程よい抜け感を出すことがポイント。
23:ペイズリー柄のイベントネイル

23:ペイズリー柄のイベントネイル

キャンプやバーベキューなど、アウトドア系イベントにはペイズリー柄はいかが?
爽やかな色味のクリアネイルなので、白いシャツやデニムスタイルにもぴったりですよ!
今は便利なシールも売っているので、セルフネイルでも楽しめますね♡

9月:実りの秋

24:秋の味覚を詰め込んだイベントネイル

24:秋の味覚を詰め込んだイベントネイル

「実りの秋」は美味しい食べ物はもちろん、ネイルに使えるモチーフもたくさんなんですよ♡
こちらはクリ、ブドウ、リンゴ、みかんのモチーフカラーをフレンチネイルにして、1本だけイラストで仕上げたデザインです。
落ち着いた秋の色味がステキですね。
25:ほっくり美味しそうなイベントネイル

25:ほっくり美味しそうなイベントネイル

秋になると甘くて美味しくなるのがさつまいもですよね。
こちらのネイルはマット仕上げにしたさつまいもネイル!
さつまいものカラーや質感を似せる遊び心もありながら、ちゃんと逆フレンチだったり、マットとツヤ感の合わせ技だったり、ネイルテクニックも感じられますね。
26:パープルがスッキリした印象のイベントネイル

26:パープルがスッキリした印象のイベントネイル

ブドウ狩りは、今や定番となっている秋のイベントのひとつ。
こちらは、ブドウ色の斜めフレンチネイルに、ホログラムでブドウをあしらったシンプルなデザインのイベントネイルです。
全体的にスッキリした印象なので、秋のオフィスネイルとしても大丈夫ですね♡

10月:ハロウィン

27:ジャックオランタンのシンプルイベントネイル

27:ジャックオランタンのシンプルイベントネイル

コスプレや飲み会でにぎわうハロウィンは、ネイルも一緒に弾けたいですよね。
いつものワンカラーネイルにパンプキンオレンジをプラスして、数方のネイルにジャックオランタンの顔だけペイントしてみて!
あっという間にハロウィン仕様に早変わり!
28:カラーがポップなイベントネイル

28:カラーがポップなイベントネイル

ハロウィンのコスプレで人気なのがゾンビ。
ちょっとグロいのは苦手な人でも、カラーリングをポップにしちゃえば、血のりっぽいフレンチネイルもかわいい仕上がりになりますね。
ジャックオランタンとオバケのペイントは忘れずに!
29:シールでカンタン!イベントネイル

29:シールでカンタン!イベントネイル

もっと手軽にイベントネイルを楽しみたいという人にオススメなのが、シールを使ったデザイン。
いつものワンカラーネイルやグラデーションネイルに、シールを貼るだけで、カンタンにイベントネイルが出来ちゃいますよ!
30:《Foot》アシンメトリーなイベントネイル

30:《Foot》アシンメトリーなイベントネイル

右は鮮やかなカラーグラデーションにハロウィンモチーフを描いたネイル、左は女っぷりのアガるボルドーと組み合わせたシースルーネイル。
イベントが多い秋は、アシンメトリーなフットネイルで友達に差をつけちゃいましょう!
31:パステルカラーがかわいいイベントネイル

31:パステルカラーがかわいいイベントネイル

パステルカラーのクリアネイルも、秋はハロウィン仕上げにしちゃいましょう。
コミックっぽさと統一感を出すためにイラストは全部ブラック!
丸みのあるタッチで、オバケやクモの巣をバランスよく描きこんでみてね!
32:ヴァンパイアっぽいイベントネイル

32:ヴァンパイアっぽいイベントネイル

ヴァンパイアからインスパイアされたイベントネイル。
ゴシック系をイメージして、ブラックのワンカラーネイルをベースに、クモの巣とクロスモチーフを1本ずつ配置して、あとはレッド系のラメグラデーションでシンプルに仕上げたデザインです。

12月:クリスマス

33:ホワイトとピンクの聖なるイベントネイル

33:ホワイトとピンクの聖なるイベントネイル

イベントネイルの代名詞といえばクリスマスネイルですよね♡
ツリーにリース、サンタや雪の結晶などいろいろなモチーフに溢れています。
こちらはホワイトとピンクのワンカラーネイルに、ビジューを上手に配置したイベントネイル。
ところどころに施されたゴールドのパーツ使いも、マネしたいテクニックですね。
34:シンプルピンクのイベントネイル

34:シンプルピンクのイベントネイル

シンプルなバルーンフレンチも、雪の結晶をあしらえば冬のイベントネイルに早変わり!
水色やシルバーを合わせる人が多いですが、コーラルピンクやパールと組み合わせれば、とってもキュートな印象になりますよね♡
35:指先まで暖かそうなイベントネイル

35:指先まで暖かそうなイベントネイル

マットコートで仕上げたニット風のイベントネイル。
冬らしいパールモチーフと、繊細に編み上げたニット模様がとってもガーリー♡
いつものニットネイルに、パールで作ったリースとツリーがイベント感を盛り上げてくれますね。
36:光沢感がエレガントなイベントネイル

36:光沢感がエレガントなイベントネイル

シンプルなワンカラーネイルですが、パール系の光沢感のある質感をチョイスするとイベントネイル仕様になります。
控えめなシルバーラメがまるで粉雪みたい♡
パーツはホワイトとゴールドでまとめると、冬らしいエレガントな仕上がりになりますね。
37:アイスブルーが涼しげなイベントネイル

37:アイスブルーが涼しげなイベントネイル

雪の女王のような高貴な印象に仕上がったアイスブルーのイベントネイル。
イベントネイルはラメやビジューで豪華になりがちなので、クリアネイルを組み合わせたバルーンフレンチにすると、よりライトな仕上がりになりますよ。
38:大人かわいいイベントネイル

38:大人かわいいイベントネイル

大人っぽい仕上がりにしたい方は、ホワイトとグリーンのチークネイルはいかが?
深みのあるネイビー寄りのグリーンはとっても上品!
雪の結晶やシルバーラメなど、イベント感を感じられるパーツをしっかり取り入れています。

オールシーズン♡パーティ向け

39:ゴージャス感が主役級のイベントネイル

39:ゴージャス感が主役級のイベントネイル

謝恩会や2次会など、大人になると結構な頻度で開催されるパーティシーン。
「思いっきり目立ちたい!」という席では、ゴールドラメのフレンチネイルで決めちゃいましょう。
大きめビジューをたっぷりのせて、ネイルも主役級に!
40:リアルレースが豪華なイベントネイル

40:リアルレースが豪華なイベントネイル

カラーリングを派手にするだけがイベントネイルではありません。
ホワイトのワンカラーネイルでも、リアルなレースをのせたり、ビジューをシャンデリア風に配置するだけで、こんなに豪華なイベントネイルになりますよ★
41:サマーパーティー向けのイベントネイル

41:サマーパーティー向けのイベントネイル

エスニックテイストを醸し出すタイダイネイルと、ゴールドラメを組み合わせたイベントネイル。
控えめに配置されたターコイズのパーツが、エキゾチックなイメージですね。
ゴールドラメは左右1本ずつでも、充分ゴージャスな仕上がりになりますね☆
42:キラキラまぶしいイベントネイル

42:キラキラまぶしいイベントネイル

ヌーディなベージュをベースにした、キラキラまぶしいイベントネイル。
ベースカラーがとってもシンプルなので、大人っぽく仕上がっています。
主張が控えめなカラーリングは、お呼ばれされたシーンでも使えますよ。
43:パヴェ仕立てのイベントネイル

43:パヴェ仕立てのイベントネイル

ネイビーブルーのワンカラーネイルのうち、1本だけパヴェ仕立てにしたイベントネイル。
パヴェ仕立てのビジューネイルは、1本だけでもとってもゴージャス☆
スラリとしたポインテッドシェイプで、大人っぽい仕上がりになりますね。
44:普段仕様をちょっぴり格上げなイベントネイル

44:普段仕様をちょっぴり格上げなイベントネイル

いつものシンプルなカラーグラデーションネイルをちょっぴり格上げしたイベントネイル。
難しいことは何もありません。
細かいパールが入ったベースをチョイスするのと、大きめのストーンを数本のせるだけでOK!
45:ハーフフレンチベースのイベントネイル

45:ハーフフレンチベースのイベントネイル

シンプルベージュのハーフフレンチも、ビジューとラメの使い方でイベントネイルに早変わり!
イベントネイルで使うラメは、華やかなゴールドがオススメ。
ブリオンやパーツもゴールドで統一感を出すと、ぐっと締まった印象に仕上がります。

女の子のあこがれ♡ブライダル

46:ホワイトグラデーションのイベントネイル

46:ホワイトグラデーションのイベントネイル

花嫁さんのネイルといえば、やっぱりホワイト!
ホワイトグラデーションのシンプルデザインだけだと物足りないので、フラワーモチーフのレースデザインと組み合わせてみました。
これなら、グローブを外したときもオシャレ感がありますよね♡
47:レースフレンチデザインのイベントネイル

47:レースフレンチデザインのイベントネイル

清楚なイメージなホワイトのフレンチネイル。
境目のデザインをレース仕立てにするだけで、さらにエレガントな仕上がりになりますね。
シンプルな中にもゴージャス感を出すのは難しいですが、お気に入りのデザインをゆっくり探すのも楽しいですよね♡
48:洋装・和装どっちもOKなイベントネイル

48:洋装・和装どっちもOKなイベントネイル

花嫁さんの衣装は洋装だけじゃないですよね。
洋装・和装どちらも着る花嫁さんは、和洋折衷なイベントネイルはいかが?
ホワイトグラデーションをベースにしていますが、和風なフラワーモチーフを組み合わせて、いいとこ取りしちゃいましょう♡
49:オールピンクなイベントネイル

49:オールピンクなイベントネイル

晴れの日は自分の好きな色に囲まれたい!
そんな人のイベントネイルはオールピンクで決まりですね♡
ベージュに近いピンクなら、どんな装いにもピッタリ。
ホログラムやストーンを使って、しっかりイベント感を演出してね。
50:ハートフレンチなイベントネイル

50:ハートフレンチなイベントネイル

王道のホワイトもフレンチも何か無難でイヤだなぁ…。
オシャレ上級者の花嫁さんは、ハートフレンチのイベントネイルがオススメです。
控えめなシルバーラメとストーンが愛らしいネイルデザインは、奥ゆかしい印象ですね。

イベントは思いっきりはじけて、一生の思い出にしよう!

sachi&Co. on Twitter: "今年も大活躍の泡マシーン‼︎イベントに、プロモ撮影に、雪の演出に、まだまだご依頼頂いてます!サチコのTwitterみたとお問合せ下さい♪株式会社アズオン https://t.co/nVl0nqZ3gx  tel: 0587-53-5185#泡フェス  #泡パ #野外フェス… https://t.co/tyJFnR0WjP" (38543)

定番のイベントから、ミレニアムな限定イベントまで、毎月イベントであふれている日本。
特に2019年は「令和元年」、2020年は「オリンピックイヤー」なので、国内のみならず海外の旅行客を狙った大型イベントもたくさん開催されるでしょう。
気の許せる仲間と楽しんだり、一期一会の出会いを求めにいったり、イベントの楽しみ方は人それぞれです。
一生に1回だけのステキなイベントと一緒に、ネイルも楽しんじゃいましょう!