お酒で記憶なくす男女の印象|病気になる前に飲み方を変えよう

皆さんはお酒を飲んで記憶をなくしたことはありますか?お酒の場は楽しくてついつい飲んでしまうことってありますよね!でも、翌日目が覚めて記憶をなくしていた時、昨日の失態を思い出せなくて焦ってしまう…。
皆さんもこの記事を飲み会の前に読んで、是非記憶喪失に気を付けて楽しんでください♩

2019年9月10日

お酒で記憶をなくす男女のエピソード

唐突ではありますが、お酒って本当に怖いですよね。もちろん、楽しくおいしく飲む分にはとてもよいものです。問題はちょっと飲みすぎてしまったとき。お酒で記憶をなくした男女のエピソードをご紹介します。

お酒で記憶をなくす男性のエピソード

①しつこくLINEスタンプを送り付けた相手は…?

酔っ払って彼女に会いたくなると、ラインスタンプを100個ぐらい送りつけて、彼女に翌日めちゃくちゃ怒られたりしました。 (32歳男性 エンジニア)

ある日もまた酔って彼女に「好きだよ」とかベットでイチャイチャしてる風のスタンプを100個くらい送りつけました。 しかし翌朝見てみると、送り先がなんと彼女ではなく自分の母親。 すでに既読状態になっており、恥ずかしすぎて身悶えた。

②駅のホームで口論

彼女と酔っ払って駅のホームで口論になりました。 (27歳男性 サラリーマン)
口論の内容は、「彼女に愛されているかどうかわからないので、一緒に電車に乗って欲しくない」と言う意味のわからない内容でした。

乗る手前で喧嘩になったので、電車が止まるアクシデント発生。 泣いている彼女、自分を押さえつけている駅員の姿。

電車に乗っている人全員の注目の的になってしまった。その時はどうでもよかったのだけど、朝起きて思い出すと、とんでもなく恥ずかしいことをしたのだと自覚しました。

③ お風呂を詰まらす大量リバース

カードゲームで負けたら一気。ペースは尋常じゃないくらい早くて、30分もしないうちに潰れていく人がほとんどでした。

その中でも僕はその飲み会でも潰れず最後まで残ったうちの1人。しかしお風呂で最悪の事態を起こしてしまいました。(35歳男性 スポーツ関係)

男8人くらいで飲んでいたんですが、最後はその家の持ち主である先輩と僕しか座っていられないほどでした。そのあとそのまま会社に行かないといけなかったから、先輩の家でお風呂を借りた際にシャワーだったんですが、昨日の残り湯が残っている湯船にリバースしてしまいました。

黙っていようと急いで流したところ、下水が詰まってしまって……。結果、業者を入れた清掃代を出さされました。

お酒で記憶をなくす女性のエピソード

①ものまねをしていた

高いところに登って、くまのプーさんに出てくる男の子、クリストファー・ロビンのモノマネをしていたらしいです。アニメも見たことないのに……(27歳女性 飲食店)

みんなが次の日に動画を見せてくれて、爆笑しているのを見ると、記憶にないことが悔やまれるくらい楽しい場だったのだと思えました!

ブサイク3人とファミレスで朝

クラブ帰りの朝、気がついたらブサイク3人とファミレスで朝ごはん食べていました。(21歳 学生)

正直あるあるなのが、ナンパされた人の顔も良く見ずに一緒に楽しく絡んでいる事件。朝方、朝日を浴びた彼らの顔を見て驚き!酔っぱらっていても顔はしっかり確認しましょう。

③ ベタな話だけど…まさか私が!?

会社の後輩から合コンに誘われて、久しぶりに5対5の合コンに参加しました。男性メンバーも比較的レベルが高く、楽しい時間を過ごしました。

一人の男性ととても話が合って、それでついついお酒が進んでしまいました。合コンは二次会なしでお開きになったそうなのですがそのあたりの記憶は無し。

次に覚えているのは、翌朝私の家のベッドに見慣れない男性が裸で寝ている光景です。(31歳女性 商社) 「まさか私が!?」と思い、軽いパニック状態でその男性を起こして記憶がないことを伝えると「えっ! 覚えてないの?ちゃんとやることはやったよ」と…。

お酒で記憶をなくす男性への印象

お酒で記憶をなくしてしまった男性への印象はいかがなものでしょうか?
女性からの印象と意見をまとめてみました。

  1. 喧嘩や口論をしたがる
  2. ボディタッチが増える
  3. ヘタレ

お酒で記憶をなくす男性への印象①: 喧嘩や口論をしたがる

お酒の力を借りてナンパをして、記憶がないという言い訳を使って強引に女性にアプローチをかけたゆえに相手にされなかったらキレるなど、正直迷惑をしている女性も多いです。

普段は優しいのにお酒を飲んだら豹変して喧嘩っ早くなる人は怖いですよね。なにかと文句をつけたがったり喧嘩や口論をする男性は女性からすると正直ひきます。気を付けましょう。

お酒で記憶をなくす男性への印象②: ボディタッチが増える

酔った勢いでやたらと女性にボディタッチが増える人っていますよね。お酒の席でトラブルとして深刻な状況になりやすいのが、酔って身体に触りたがる人です。

そういった行動をしてしまう人は性的な劣等感や欲求不満を抱えている人が多いと言われています。性的な欲求をうまく解消できない中年男性に多いと言われています。会社の上司だとセクハラトラブルを犯しやすいので要注意!

お酒で記憶をなくす男性への印象③: ヘタレ

お酒で記憶をなくしてしまった男性はお酒に強い女性からするとヘタレに見えます。たまにいる泣き上戸の人なんてもってのほか!

お酒に弱いのであれば自分で飲むペースを調整するなり、お酒と上手に向き合い楽しく飲むことを意識しましょう。酒豪女子からすると、頼りなく感じてしまいます

お酒で記憶をなくす女性への印象

さて、お次はお酒で記憶をなくす女性への印象を見てみましょう。
男性は女性の失態をどう受け止めるのでしょうか?

  1. 彼女にしたら(だったら)心配が絶えない
  2. 簡単に手が出せそう
  3. キス魔になる

お酒で記憶をなくす女性への印象①: 彼女にしたら(だったら)心配が絶えない

記憶をとばして第三者に迷惑をかけるタイプの女の子だった場合、「また飲み会でやらかしてくるのではないか」「彼女のせいで自分が恥ずかしい思いをするのではないか」と心配が絶えません

また、酔っぱらってキス魔になる女の子だと、「自分以外の男性以外にもやっているのかな」という印象を与えてしまいます。 彼女だと「飲み会に行くたびに浮気するんじゃないか」と不安になってしまいます。

お酒で記憶をなくす女性への印象②: 簡単に手が出せそう

記憶がなくなるほど酔っぱらってしまうとガードが緩くなってしまいますよね。そこに男性は付け入る隙を感じ、記憶をなくす女性は手が出しやすいので狙いやすいという意見も。

簡単に手を出せそうと思われるような女子にはなりたくないですよね。でもそれがきっかけで付き合う人もいるそうです(笑)

お酒で記憶をなくす女性への印象③: キス魔になる

寂しがり屋で酔うことが好きな女性は記憶のない間にキス魔になってしまってる人もいるのではないでしょうか?キス魔になる女性を嫌な男性もいれば嫌じゃない男性もいます。

誰とでもしてるのかなと思って軽いのがいやだという意見や、可愛い子だと素直にうれしいという意見もありました。

お酒で記憶をなくすメカニズム

酒乱と呼ばれる人、あるいはその可能性がある人にしばしば起こることがあるのが「ブラックアウト」です。いわゆる「酩酊(めいてい)して、記憶が消えてしまう」状態のこと。

ブラックアウトはアルコールの血中濃度の急速な上昇と関係していることを示唆する研究報告があります。例えば空腹時に酒を飲んだり、アルコール度数の強い酒を一気に飲むとブラックアウトを起こしやすくなるのです。血中アルコール濃度が0.15%程度を超えると起こりやすくなると考えられます 。

お酒で記憶をなくす人が気を付けるべき病気

アルコールによって記憶をなくした人でも、多くは普通に会話をして、自宅に帰り、寝室で休んでいるものです。
でも、中には怖い病気を患ってしまう可能性も…。気を付けるべき病気を見ていきましょう。

お酒で記憶をなくすのと関連した病気①: アルコール性認知症

アルコール性認知症とは、 アルコールを多量に飲み続けた事により、脳梗塞などの脳血管障害や、ビタミンB1欠乏による栄養障害などを起こし、その結果起こるとされている認知症です。また多量に飲み過ぎた事だけでも、脳は委縮するのではないかとも考えられています。

高齢者だけではなく、若い世代でも見られます。脳梗塞などは、アルコール依存症で入院し、脳のCTなどの検査を行って初めてわかる事もあります。

お酒で記憶をなくすのと関連した病気②: アルコール依存症

大量のお酒を長期にわたって飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態が、アルコール依存症です。その影響が精神面にも、身体面にも表れ、仕事ができなくなるなど生活面にも支障が出てきます。

またアルコールが抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛、手の震え、発汗、頻脈などの離脱症状が出てくるので、それを抑えるために、また飲んでしまうといったことが起こります。人によっては吐き気や下痢、胃痛、動悸、高血圧といった症状もみられます。さらに進むとうつ状態に陥り、ないものが見える(幻視)、ない声や音が聞こえる(幻聴)といった症状や、記憶障害なども起こすようになり、仕事や家庭生活にも大きな支障を及ぼすようになります。

お酒で記憶をなくす前にチェック!酔いの段階とは

アルコールは麻酔作用によって脳をマヒさせ、「酔った」状態を作ります。酔いの程度は、脳内のアルコール濃度によって決まりますが、脳細胞のアルコール浸透度を測ることは不可能なので、かわりに血中のアルコール濃度を測って「酔い」の程度を判定します。

  1. 爽快期
  2. ほろ酔い期
  3. 酩酊初期
  4. 酩酊期
  5. 泥酔期
  6. 昏睡期

酔いの段階①: 爽快期

理性をつかさどる大脳新皮質の活動が鈍くなり、本能や感情をつかさどる大脳辺縁系のはたらきが活発化するのが「酔い」の初期状態です。お酒を飲んでいると解放感を感じ、ストレスが解消されたような気分になるのは、このためです。

爽快期の酔いの状態は、「さわやかな気分になる」「皮膚が赤くなる」「陽気になる」「判断力が少しにぶる」等です。

酔いの段階②: ほろ酔い期

ほろ酔い期の酔い状態は、「 ほろ酔い気分になる 」「 手の動きが活発になる 」「 抑制がとれる(理性が失われる)」「体温が上がる」「脈が速くなる」等です。

酔いの段階③: 酩酊初期

さらにお酒を飲み進めると、血液中のアルコール量は増え、小脳まで麻痺が広がると知覚や運動神経が鈍り、何度も同じことをしゃべったり、千鳥足になったりします。 酩酊初期の酔いの状態は、「気が大きくなる」「大声でがなりたてる」「 怒りっぽくなる」「立てばふらつく」等です。

酔いの段階④: 酩酊期

酩酊期の酔いの状態は、「千鳥足になる」「何度も同じことをしゃべる」「呼吸が速くなる」「吐き気、嘔吐がおこる」等です。酩酊期では小脳まで麻痺が広がっているので、足元がふらふらになったり、一人ではまっすぐ歩けなくなってきます。

酔いの段階⑤: 泥酔期

海馬(記憶の中枢)が麻痺すると、今やっていることを記憶できない状態になり、さらに延髄にまで麻痺が広がると、最悪の場合、死に至る危険性もあります。 泥酔期の酔いの状態は、「まともに立てない」「記憶がはっきりしない」「言葉がめちゃくちゃになる」等です。

酔いの段階⑥: 昏睡期

麻痺が脳全体に広がると、延髄(脳の呼吸をつかさどる部分)も危険な状態となり、死に至ることもあります。昏睡期の酔いの状態は、「ゆり動かしても起きない」「大小便が垂れ流しになる」「呼吸はゆっくりと深い」「死亡」等です。

お酒で記憶をなくす人に実践してほしい飲み方

では、お酒好きのあなたに”お酒に酔わない飲み方”をご紹介したいと思います。
お酒を飲む前にすべきこと、飲んでいる最中にすべきこと、飲み終わったあとにすべきことを解説します。

  1. お酒を飲む前にすべきこと
  2. お酒を飲んでいるときにすべきこと
  3. お酒を飲み終わったあとにすべきこと

記憶をなくさないお酒の飲み方①: お酒を飲む前編

急激にアルコールを摂取すると、酔いやすくなり、悪酔いや二日酔いの原因となります。酔いを防ぐために、空腹の状態で飲酒をするのは避けましょう。具体的には、脂肪分を多く含むバター類、チーズなどの摂取が効果的です。

また、ドレッシング(ノンオイルでないもの)をかけたサラダを食べてもよいでしょう。薬局やコンビニなどで売られているウコン配合の栄養ドリンクを飲むのも効果的です。

記憶をなくさないお酒の飲み方②: お酒を飲んでいるとき編

酔いにくいお酒の種類と飲み方に気を付けましょう。アルコール度数の低いお酒をゆっくりと飲んでください。

水やお茶で割って飲むのもオススメです。逆に、お酒を一気飲みしたり、ロックやストレートなどで飲むと酔いやすくなってしまいます。

酔いにくいおつまみをチョイスすることも重要です。アルコールの吸収をゆっくりにするためには、脂肪分が重要です。チーズ、揚げ物、脂の乗った魚や肉などが良いでしょう。

あとは、摂取したアルコールと同じくらいを飲んで、トイレは我慢せずに行きましょう。また、食事や会話も楽しみながら、ゆっくりと飲むようにしてください。

記憶をなくさないお酒の飲み方③: お酒を飲み終わったあと編

最も重要なことは、しっかりと水分を摂ることです。二日酔いになる原因の一つに脱水症状があります。

アルコールそのものに利尿作用があるため、アルコールを飲めば飲むほど体から水分が失われてしまいます。睡眠前にしっかり水分補給をしておけば、脱水症状を防いで二日酔いを予防できます。

自分のキャパを知ってうまく付き合うべし

お酒を飲む以上、やはり多少は酔っぱらってしまいます。お酒と上手に付き合うために、まずは自分の適量を把握しましょう。

せっかくの楽しいお酒の席での記憶を失ってしまってはもったいないですよね。「こんなになるほど酔いたくない!」と毎度思うのに、やっぱり飲むことは楽しいものです。

でも、「救急車で運ばれた」といった事態が起きてからでは遅すぎるので、飲み過ぎには充分ご注意ください。お酒は楽しくほどほどに!