【爪のカビ】ネイルを楽しむなら知っておきたいグリーンネイルの原因と対処法

ネイルをオフした時に、自爪が緑になっていた!という経験がある方はいらっしゃるのではないでしょうか?もしかしたらそれはグリーンネイルかもしれません!今回はグリーンネイルの原因と対処法についてまとめてみました♪

2016年8月27日

 (953)

あなたはネイルサロンで「これはもしかしたらグリーンネイルかもしれません!」と、いわれたことはありませんか?
グリーンネイルを放置しておくと、のちに大変なことになってしまうことをご存知でしょうか。「たいしたことない!」と思って見逃している方は、必ず治療するようにしましょう。
今回はグリーンネイルの原因と対策法についてまとめてみました。是非この機会に、恐ろしいグリーンネイルについて知識を身につけましょう!

グリーンネイルとは?

 (987)

グリーンネイルと聞いて、ピンとくる方は多くはないかと思います。どのような爪の症状のことをグリーンネイルと呼ぶのでしょうか。
こちらがグリーンネイルです!

こちらがグリーンネイルです!

こちらの画像がグリーンネイルの症状になります。親指の爪が緑~深緑に変色しているのが分かりますね。
グリーンネイルは水で洗ってもこすっても落ちません。見た目も悪いですし、普通でない状態事はすぐにわかりますね。
グリーンネイルはカビだった!

グリーンネイルはカビだった!

グリーンネイルとは、常在菌の一種である緑膿菌の感染と増殖が原因といわれています。
初期症状の色は、黄ばんだような黄色です。だんだん悪化してくると、緑へと変化し、深緑になっていきます。
 (988)

自分の爪にカビが生えた!と思うと、すごく不快な気持ちになりますよね。
清潔感も欠けますので、イメージもよくありません。
次に、グリーンネイルを引き起こす原因についてご紹介したいと思います。

グリーンネイルの原因は?

 (999)

どのような原因でグリーンネイルになってしまうのでしょうか。考えられる原因をいくつかご紹介したいと思います。
あなたは当てはまっていないかチェックしてみてくださいね!
ネイルのつけっぱなし

ネイルのつけっぱなし

ネイルサロンでつけたネイルを長い間つけっぱなしのままにしておくと、自爪とネイルの間に高温多湿になり菌が繁殖しやすいといわれています。
「もったいないからまだメンテナンスは大丈夫!」とおもって放置しているとグリーンネイルになる危険性があります。しっかりとメンテナンスするようにしましょう。
ネイルサロンでの感染

ネイルサロンでの感染

緑膿菌は感染菌の一種です。ネイルサロンで使用しているネイルケア用品を通じて感染するということがあります。
もちろんネイルサロンはそのような感染がないように衛生面には気を付けていますが、隙間を抜けて感染するということも考えられます。
免疫力の低下

免疫力の低下

体調を崩しているときなど、免疫力が低下している時には感染症にかかりやすいといわれています。
普段から気を付けていても、思わぬところから感染することもあるということなのです。
体調管理はしっかりするようにし、グリーンネイル以外の感染症から身を守るようにしましょう。
水との接触

水との接触

家事やお風呂などで爪は水と必ず接触します。
水が、スカルプネイルやジェルネイルと自爪の間に入り込み、そのままの状態を放置してしまうと菌にとって住みやすい環境を作り出してしまいます。
その結果、グリーンネイルとなってしまうのです。

グリーンネイルになってしまったら・・・

 (960)

もしあなたの自爪がグリーンネイルになってしまったら・・・。どのように対処したらよいのでしょうか。
グリーンネイルになってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。
すぐにネイルをオフしましょう

すぐにネイルをオフしましょう

グリーンネイルであることが確認されたら、すぐにスカルプネイル、ジェルネイルをはずしましょう。
そのままにしておくと、グリーンネイルはどんどん進行してしまいます。
皮膚科へ受診しましょう

皮膚科へ受診しましょう

グリーンネイルになってしまったら皮膚科で行きましょう。その際は、ネイルサロンでスカルプネイル、ジェルネイルを外してから受診するようにしましょう。皮膚科ではネイルオフは行っておりません。
市販の薬では治せません。少しでも気になったら必ず皮膚科に相談しましょう。そのまま放置しておくと、最悪の場合、自爪を失うということもあります。
内服薬や外用薬で治します

内服薬や外用薬で治します

グリーンネイルの治し方は、皮膚科で処方された外用薬を患部に塗ります。
グリーンネイルの進行度にもよりますが、完治するまで根気よく塗り続ける必要があります。
症状によっては、内服薬を処方されることがあります。皮膚科の先生の指示に従って、しっかり治すようにしましょう。
完治したらネイルを楽しみましょう♪

完治したらネイルを楽しみましょう♪

グリーンネイルが完治したら、今まで通りネイルを楽しんで大丈夫です♪
やはり手元がきれいだと気分が上がりますよね!
オシャレをするためにも、グリーンネイルはしっかりと治すようにしましょう。

グリーンネイルの予防法は?

 (964)

ネイルをお休みしなくてはいけないし、治療で通わなくてはいけないのでグリーンネイルにはなりたくないですよね。
どのようにしたらグリーンネイルにならずに済むのでしょうか?グリーンネイルにならないための予防法をご紹介したいと思います。
手元を清潔に保つ

手元を清潔に保つ

先ほどお伝えしたように、スカルプネイル、ジェルネイルと水の相性はよくありません。
日常生活を送る上で水を触らないということはできません。しっかり水気を取って、菌にとって居心地の良い環境をつくらないようにしましょう。濡れたままの爪先はNGです!
信頼できるネイルサロンへ通う

信頼できるネイルサロンへ通う

最近ではネイルブームにより沢山のネイルサロンがあります。場所によっては、価格やお客さんの回転重視で衛生面が不安な店舗もあります。
ご自身が「安心できる!」と思えるネイルサロンへ通うようにしましょう。
定期的なメンテナンスをする

定期的なメンテナンスをする

定期的にネイルサロンへ行き、メンテナンスを行うようにしましょう。
最近は持ちの良いネイルも出てきたりなど、1か月以上経過しても自爪にしっかりとついているものも出てきています。
自分では問題ないと思っていても、自爪とスカルプネイルやジェルネイルの間が菌の温床になっているかもしれません。
定期的にネイルサロンへいくことで、グリーンネイルの早期発見にもつながります。

グリーンネイルが完治したらネイルを楽しみましょう♪

 (1017)

グリーンネイルが完治したら今まで通りにネイルを楽しむことができます。
今流行りのオシャレなネイルをご紹介したいと思います。気分が上がること間違いなしです!
 (1018)

ベージュのフレンチネイルです。ベージュの中でもあたたかみを感じる色合いになっています。手元が華やかに見えるのと、上品さが引き立つということで人気のあるカラーになっています。さかいめについているラインストーンも上品で◎!オフィスシーンで人気のデザインです。
 (1019)

爪先がホワイトラメでピンクのグラデーションがかかったネイルです。おおきめのピアス風パーツがキュートですよね!かわいいデザインのファッションが好きな方におすすめのデザインです。
 (1020)

今流行りのイチゴ柄のネイルです。ポップでキュートなデザインが10代を中心に人気をあつめています。イチゴの赤がアクセントになっていてかわいいですよね!お友達と差をつけることのできるネイルデザインとしておすすめです♪
 (1021)

パステルカラーにゴールド系のパーツを組みあわせたデザインのネイルです。以前まではパステルカラーは春~夏のイメージが強かったのですが、最近では1年を通じて流行っています。やわらかい印象のネイルになるので、彼ウケ・友達ウケ◎ですよ♪
 (1022)

クールな色の組み合わせの迷彩デザインのネイルです。迷彩デザインは一年を通じて人気があります。ワンポイントについているゴールドパーツのアクセントもおしゃれですよね。かっこいい系デザインが好きな方におすすめです!
 (1027)

ダブルカラーのスクエアデザインのフレンチネイルです。最近ではこのようなダブルカラーのフレンチネイルがはやっているんですよ!どんなデザインにも合うのがいいですよね!色を変えても◎。お気に入りの組み合わせを試してみてくださいね♪

まとめ

 (967)

今回はグリーンネイルの原因や対処法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?自分の爪が緑色に変色するのは怖いし、菌が住み着いているというのは衛生的に嫌ですよね。
定期的にネイルサロンへ行ってチェックしたり、爪を清潔に保つことでグリーンネイルの予防につながります。
もしグリーンネイルになってしまっても皮膚科を受診すれば完治します。放置すると自爪を失う危険性もあります。
オシャレなネイルをするためにも、グリーンネイルにならないように日々気を付けるようにしましょう♪