あぶらとり紙はメイク直しの必需品☆おすすめ12アイテムを厳選

使う人、使わない人、分かれるところのあぶらとり紙ですが、これからの季節にはもってこいの優秀アイテムなんです。テカり防止はもちろん、メイク直しもこれ一枚で完結!なんていう商品まで、あぶらとり紙も進化しているんです。
そんなあぶらとり紙の正しい使い方から、種類、オススメアイテムまで一挙公開です!

2019年7月10日

あぶらとり紙の役割

あぶらとり紙の使い道と役割は、みなさんご存知の通り【余分な皮脂の除去】です。元々は金箔の製造時に使用される箔打紙の再生利用品ということご存知でしたか?

あぶらとり紙最大の強みは、ファンデーションの上からでも皮脂や皮脂汚れを吸着できてメイクは崩れないというところにあります。これからの季節に欠かせないアイテムの一つです。

あぶらとり紙の正しい使い方

あぶらとり紙の正しい使用方法をご存知でしょうか?顔がテカる!からといって完全に皮脂を取り除こうと、何枚も使ったり、擦り付けるように使うのはNG!顔全体ではなく、小鼻やTゾーンの皮脂の分泌が目立つ部分に、押し当てる程度で皮脂を取り除きましょう。

またあぶらとり紙には裏表もあります。ツルッとした面でなく、少しざらつきのある面を使って皮脂を取り除くようにしましょう。

あぶらとり紙の種類

以外と知られていない?あぶらとり紙の種類をそれぞれの特性とともにお伝えします!

  1. 和紙タイプ
  2. フィルムタイプ

和紙タイプ

古くからある紙タイプのあぶらとり紙。金箔製造に用いられてきた専用の和紙の箔打紙が再利用されたのが起源です。

余計な油脂は吸着し、保湿に必要な皮脂は残してくれるという特徴があり、フィルムタイプより皮脂吸着力が弱いので、一度に何枚か使用して加減ができます。破れやすいですが、その分優しく扱うことができるので肌への負担も少ないです。乾燥肌や初めての方にオススメのタイプとなります。

フィルムタイプ

素材はポリプロピレン、和紙タイプよりも皮脂の吸着力に優れており、フィルムなので和紙タイプよりも耐久性があり破れにくいのが特徴です。

こちらは脂性(オイリー)肌や、ニキビ肌向けのあぶらとり紙です。フィルムタイプが吸着するのは液体化している皮脂のみなので、皮脂の取りすぎの心配も必要ありません。

あぶらとり紙が手元にないときの代用品

メイク直しをする前に、テカりをなんとかしたい!そんなとき、あぶらとり紙が手元になかったら?どこにでもある代用品をまとめてみました。

  1. ティッシュ
  2. 紙ナプキン
  3. レシート

①ティッシュ

箱ティッシュでもトイレットペーパーでも代用が可能!さすがにこれならいつどこでもほぼ手に入るので代用品としては最適です。
あぶらとり紙ほど皮脂を取り除けているのかわからない…と思う方、皮脂の取りすぎは厳禁!メイク直しの前のテカり除去には、ティッシュオフでも十分なのです。

②紙ナプキン

レストランや飲食店のテーブルに備え付けてある紙ナプキン。こちらもあぶらとり紙の代用品としては優秀なアイテムとも言えます!特に、油物を提供しているような飲食店のものは、皮脂を吸着しやすい仕様になっています。

③レシート

出先で、ポケットティッシュもない!飲食店に入るタイミングもない時は、ほとんどの人が持ち歩いているであろうレシートがまさかの代用品に!
印字されていない裏面部分を小鼻に当ててみてください!いざという時の代用品ではありますが、豆知識として覚えておいてくださいね。

惜しみなく使える♪コスパ重視のあぶらとり紙3選

①:ダイソー あぶらとり紙 彩|¥108

【300枚入り】

驚異の大容量!100均一の王者ダイソーからの商品です。カラー展開もあり見た目にも可愛いパステルカラー。

消耗品は100均一でいいとう方にはもってこいのコスパ!

②:Seria あぶらとり紙|¥108

【70枚入り】

セリアから発売されているおしゃれな可愛いパッケージのあぶらとり紙!

テカリと皮脂の吸い取りもしっかりとしており、コスパのいい商品です。

③:無印良品 紙おしろい|¥210

【60枚入り】

和紙製の無印の紙おしろい。コンパクトなサイズでシンプルなデザインなので男女関係なく持ち歩けるデザインです。
おしろい付きの和紙となっているので、使用後はさらっとした仕上がりに◎

がっつり吸着!脂性肌向けのあぶらとり紙3選

①:ギャツビー あぶらとり紙(フィルムタイプ)|¥280

【70枚入り】

毛穴の奥の皮脂までもしっかりと吸着するフィルムタイプのあぶらとり紙。

メンズの商品なイメージのギャツビーですが、女性でもオイリー肌・ニキビ肌の人に適しており、これからの季節には大活躍!

②:ギャツビー パウダーあぶらとり紙|¥302

【70枚入り】

女性にも嬉しい、パウダー付きのあぶらとり紙。もちろん使用後はサラサラな仕上がりに。ギャツビーからの商品ですがどちらというとメイク直しなど、女性向け。

コスパのいい商品として大人気です。

③:加美屋 あぶらとり紙 墨|¥400

【80枚入り】

あぶらとり紙自体が真っ黒なので、皮脂吸着をしっかりと感じられる商品です。

和紙が柔らかく、取り出しにくいという難点はありますが、皮脂吸着に加え、消臭効果もあるのでオススメ。

必要なときに手に入る!薬局&コンビニで買えるあぶらとり紙3選

①:資生堂 紙おしろい|¥400

【65枚入り】

パウダー付きのあぶらとり紙でこちらのサイズ感は少し小さめ。

出先でのちょっとしたメイク直し時に最適です。大きくはないので、しっかり皮脂を取り除きたい方向きではありません。

②:コーセーソフティモスーパーあぶらとり黒シートN|¥450

【60枚入り】

吸着皮脂が目に見えてわかる黒シートのあぶらとり紙。

大判タイプで一枚でもしっかりと皮脂を取り除けるのでコスパも抜群!
少し厚めの柔らかい紙質で片面使用。通常の和紙タイプよりも強く、フィルムよりも弱いシートです。

③:チャスティ パウダー付きあぶらとり紙クリア|¥340

【50枚入り】

メイク直しにもぴったりのパウダー付きあぶらとり紙で、さらっとした仕上がりになります。

取り出しやすい、一枚ずつのポップアップ式になっているので、どんな場面でもささっとテカりを抑えられます。

プチ贅沢におすすめ♡コスメブランドのあぶらとり紙3選

①:よーじや あぶらとり紙|¥570

【20枚入り】

あぶらとり紙といえば、よーじや!というほど有名人気の商品。

皮脂の吸着力はさながら、メガネ拭きにも使用できる優秀商品です。お土産としても最適!

②:オルビス あぶらとり紙5冊|¥1300

【30枚入り×5冊】

95mm四方の大判ですが30枚入りで1冊となっているので、ポーに入れてもかさばりません。

化粧品メーカーの商品の割にコスパのいい商品です。

③:シャネル オイルコントロールティッシュ|¥3700−150

【150枚入り】

大手ブランドらしい、カバーにも高級感のあるシャネルのオイルコントロールティッシュ。

一枚一枚にロゴが入っているのも高級ブランドならでは。もちろん使用感も◎プレゼント用にもぴったりです。

これからの季節に重宝するアイテム

今まであまり使用感以外であぶらとり紙を選ぶことがなかった人も、そもそもあまり使わないという方も、多種多様な商品があることを知っていただけたでしょうか?

女性には嬉しい、ファンデーションいらずのパウダー付きあぶらとり紙や、肌質別に選び方があるのでぜひ自分にあった商品を使って、楽チン☆テカりケアをしていきましょう。