アイロンビーズは100均でも買える?やり方や作品のアイデアも

リハビリでも使われている「アイロンビーズ」ものづくりが好きな方は、1度はハマったことがあるのではないでしょうか。最近では、インスタやツイッターなどで、アイデアがたくさん見れるので、おしゃれなモチーフや雑貨が話題となり、再ブレークしているんです。100均でできる作品集や作り方をまとめましたので、チャレンジしてみてくださいね!

2019年8月19日

手芸は楽しい

アイロンビーズとは

パイプ状のビーズを並べ、アクセサリーやオブジェ、モチーフなどを作れるパーツのことを「アイロンビーズ」と言います。
特徴は、アイロンでくっつけるというところになります。

ビーズの並べ方によって、様々な絵柄ができ、出来上がる作品は無限にあるので、アイデア次第で、楽しむことができます。
簡単、手軽に始められるアイロンビーズですが、意外と奥が深くて、ハマってしまう人が続出してるんですよ!

ツイッターやインスタなどでも話題となっている「ものづくり」のうちの一つとしても人気があるんです。

100均アイロンビーズの種類やサイズ

作品によって使い分けることができるビーズ。どのようなものが販売されているかご紹介します。

  1. ダイソー
  2. セリア
  3. キャンドゥ

種類① : ダイソー

“引用 : instagram @natsuko19780704”

ダイソーのビーズの特徴は、小さめでアクセサリーを作るのにちょうどいいサイズが作れるというところです。
カラーのバリエーションが豊富なので、いろいろなデザインにチャレンジできます。

また、プレートやデザイン、道具などがセットになった商品も販売しているので、作りたいものに合わせて購入してもいいですよね!
ただし、発売中止になっている商品もあるので注意しましょう。

種類②:セリア

”引用 : twitter @sa_ssbk0911″

セリアのビーズが人気なのは、セットにった商品が便利というところになります。
プレートは最初から形になっていますし、ビーズもそのデザインになるようになっているので、初めてでも簡単に作ることができます。

店舗によっては売り切れている場合も。
見つけたら即買いしたほうが良さそうですね!

種類③:キャンドゥ

”引用 : twitter @CruruCuma000″

キャンドゥでも人気なのが、プチプラパックというセットになっている商品となっています。
ほかの100均と違って、星やハートなどの大人モチーフのデザインになっています。

カラフルなビーズの他に、オシャレなモノトーンビーズなども販売しているので、大人の方にも人気があります。

100均で買えるアイロンビーズの品質

人気があるアイロンビーズのブランドは「ハマビーズ」「フューズビーズ」「パーラービーズ」が主にあげられます。
これらは、安くて200円、高くて2000円以上するものもあります。

これらのブランドに比べると、高さが微妙に違ったり、中国産だったりしますが、ダイソーなどの100均の商品でも安全に作られているので、問題ありません。
むしろ、コスパのいい100均の商品で練習したり、難しいデザインにチャレンジしたり出来るので、どんどん使っていきたいですよね!

100均のアイロンビーズを使った平面作品の作り方

早速やり方を動画で見ていきましょう!
アイロンビーズでクッキーの作り方をご紹介します。

  1. 四角いプレートに赤・濃茶・茶・薄茶・白を使って、クッキーになるように並べていきます。
  2. 並べ終わったら、クッキングシートをのせ、アイロンを5秒ほどかけていきます。
  3. 表にアイロンをかけたら、ひっくり返して裏面も同様にかけていきます。
  4. 立体型にしたいときは。同じデザインのクッキーを重ねて、グルーガンか接着剤でつけます。
  5. キーホルダーにしたいときは、丸カンを使いチェーンなどをつけましょう。

アイロンビーズを作るときに使う道具

道具があると、簡単に作ることができます。
どのような道具を使うか見ていきましょう。

  1. 図案
  2. 専用プレート
  3. クッキングペーパー
  4. アイロン

使う道具①:図案

”引用 : twitter @nana36570966″

まずは、どんな作品を作りたいか図案を決めましょう。
セットになっている図案や、インターネットで探した図案を使ってもいいですし、自分のオリジナルのものも作成できます。

オリジナルのものを作る時には、アプリを使ったり、方眼紙を一コマづつ塗りつぶして作ることもできますよ!

使う道具②:専用プレート

”引用 : twitter @mogu_ka”

細かいビーズを並べるためには、専用のプレートが必要となります。
ダイソー、セリア、キャンドゥで販売していますが、形や大きさが違うので、作品によって使い分けることをオススメします!
初心者の方は、セットになっているものから使ってみて、コツを掴みましょう。

使う道具③:クッキングペーパー

“引用 : twitter @FTB15801014”

アイロンビーズは並べ終えたあと、アイロンで熱を加えて仕上げます。
直接当ててしまうと溶けてしまうので、シートを挟んでから当てていきます。

セットになっているものにはアイロンシートが付いてきます。
また、単品でも購入することができますが、代用としてクッキングシートも使えますので、準備しておくといいでしょう。

使う道具④:アイロン

”引用 : twitter @craft_town”

アイロンはビーズ作りに欠かせないアイテムです!
残念ながら100均で本体を購入することはできませんが、「アイロン台」は購入することができます。

アイロン台があると便利なので、ビーズと一緒に購入しておくと良いでしょう。
また、アイロンは一般的な形のものがオススメです。

100均のアイロンビーズで作れる!色々な作品集

皆さんは、どんな作品を作っているのでしょうか。
クオリティの高いアイデアをご紹介します。

① : ガーランド

“引用 : instagram @fun.wa.riri”

お誕生日や季節のイベントに大活躍しそうな「ガーランド」がアイロンビーズで可愛くできます。
好きなモチーフを組み合わせて、ヒモに通せばお気に入りの作品になること間違いなし!
パーティ前やサプライズの時に、みんなで作れたら楽しいですよね。

② : 名札

“引用 : instagram @majolita_ai”

子供達に喜ばれそうな名札がアイロンビーズ で作れます。
子供達と一緒に作ると愛着が湧きそうですよね。

また、ペットの名前で作って、リードにつけても可愛いです!
バッグやお弁当、ペットボトルにつけても楽しめますね!

③ : コースター

”引用 : instagram @bonbonxbonbon”

丸や四角のプレートを使ってコースターが簡単にできます。
自分のアイデア次第で、インテリアとしても楽しめそうですよね!

何枚も組み合わせれば、ランチョンマットもできちゃうので、たくさん作っても無駄がありません!

④ : アクセサリー

“引用 : instagram @ao_haru”

ビーズミニを使ってアクセサリーが作れます。
大きめのビーズでもできますが、小さいサイズを使うと小ぶりのアクセサリーができるので、おすすめです。
お菓子やフルーツなどのモチーフで楽しんでみてはいかがですか。

⑤ : クリップ

“引用 : instagram @spk_25ka”

100均で購入できるウッドクリップにアイロンビーズをくっつけたアイデアは、ぜひ真似したいですよね!
クリップだけでなく、マグネットやペンなどにも接着することができます!自分だけのオリジナル文房具を作ってみてくださいね。

アイロンビーズは脳トレにもなる!

アイデア次第で楽しめる!

アイロンビーズは、高齢者のリハビリ治療用に開発されたと言われています。
現在では、おもちゃとして使用されていますが、手先を動かす為のリハビリにも取り入れられています。

親子3代で楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
子供だけでなく、大人用のアクセサリーやモチーフを楽しむこともできるので、インスタなどを参考にして、自分だけのアイロンビーズを作って、楽しんでくださいね!

脳も鍛えられるかもしれませんよ!