気温24度に最適な服装とは?服装選びのポイントやおすすめアイテムご紹介!

その日の気温は、服装を考えるにあたって、大切なポイントです。最低気温と最高気温、そしてその日の天気が晴れなのか、雨なのか、風があるのか、などなど、さまざまなポイントを見た上で決める必要があります。ですが、気温の数字を見ただけでは、どんな服装がぴったりなのかなかなかピンときませんよね。そこで今回は、気温24度の日に最適な服装について見ていきましょう。

2019年4月1日

気温24度の服選びのポイント

まずはじめに、服を選ぶためのポイントについて見ていきましょう。気温24度の日には、どのようなポイントを参考にすればいいのでしょうか。

  1. 薄手の上着が大活躍
  2. 適度に風通しのいい素材を選ぶこと
  3. 季節感を取り入れるのを忘れずに
  4. 気温だけじゃなく天気も確認!

ポイント①:薄手の上着が大活躍

気温が24度の日は、最低気温が24度の場合でも、最高気温が24度の場合でも、薄手の上着があるととっても役に立つ時期です。最低気温が24度の日は、おもに初夏から残暑にかけての夏の間によくある気候です。

Tシャツ1枚で充分なように思いますが、問題なのは電車やお店での冷房の強さ。汗をかいたところに冷たい風を浴びてしまうと、身体が冷えてしまいます。

また、最高気温が24度の日は、朝や夜などはそれよりも気温が下がりますよね。季節や日によってはぐっと冷え込むこともあるので、温度差への対策が必要になります。

そんなときのために、薄手の上着を持っておくととても役に立ちます。

ポイント②:適度に風通しのいい素材を選ぶこと

最低気温、および最高気温が24度の日は、あたたかくて少し動くと汗をかくことがあります。そのままにしておくと、身体が冷えてしまったり、汗が蒸して不快な思いをするかもしれません

それを防ぐために、洋服の生地感や、素材にも注目して選ぶことをおすすめします。風通しがいい素材の洋服を選ぶことで、気温の差がある日でも快適に過ごすことができます。

また、風通しをよくしたり、汗を吸い取って発散してくれる機能のあるインナーを着るのもおすすめですよ。

ポイント③:季節感を取り入れるのを忘れずに

気温への対策も大切ですが、そればかりを重視してしまって、季節感のない服装になってしまっては台無しです。寒さや暑さへの対策はしっかりしながらも、季節感はきちんと取り入れていきたいですね。

季節感を取り入れるためには、服の素材感や色合い、デザインなどに注目してアイテムを選ぶといいでしょう。夏に近い暑い日には、薄手の素材のもので、さわやかな色合いのものが似合いますし、少し肌寒くなる秋などには、生地のしっかりした素材の、あたたかみのある色合いのものが似合います。

また、その季節ごとのトレンドを取り入れるのも大切です。柄や色、デザインなど、しっかりチェックしておきたいですね。

ポイント④:気温だけじゃなく天気も確認!

その日の最高気温と最低気温を確認して、服装を決め、寒すぎたり暑すぎたりしないように、快適に過ごせるようにするのは大前提。そこにプラスで考えたいのが、その日のお天気です。

太陽の出ている晴れの日と、雨が降っている日では、気温が同じような数値でも、体感温度が変わってきます。特に雨の日や風の強い日は、冷たい雨や風で気温よりもひんやりと感じたり、または、気温の高い雨の日などは、湿気でじめじめとして蒸し暑く感じることもありますよね。

気温の数字だけ見ていても、体感温度はわかりません。もし迷ったときには、その日の気温を平均して、おすすめの服装を提案してくれる、「服装指数」を調べてみるのもいいでしょう。

最低気温24度のおすすめの服装【レディース編】

それでは、それぞれの気温にあわせたおすすめの服装を見ていきましょう。はじめに、最低気温が24度のときにおすすめな、レディースの服装をご紹介します。

①:Tシャツ1枚でらくちんサマーコーデ

引用:Instagram @marsofficialjapan

最低気温が24度の日は、最高気温は30度に近づくような、夏に近い陽気の日になることが多いですよね。そんな気温の日であれば、ビッグサイズのTシャツを1枚、ワンピースのように着こなすのがらくちん可愛いのでおすすめ!

もちろん、下にワイドパンツやスカートをあわせたり、Tシャツをインして着ることもできるので、いろいろなコーデに使いまわすことができるのもポイント。ダークな雰囲気で、周りと少し差をつけたかわいいコーデに。

②:シンプルだけどスタイルアップなメリハリコーデ

引用:Instagram @chogpoyo

ゆったりしたシルエット感のTシャツに、ハイウエストのワイドパンツをあわせたシンプルなカジュアルコーデ。上下ともにシルエットに余裕のあるゆったりしたデザインのアイテムですが、ハイウエストパンツにトップスをインすることで、しっかりとウエストマークをすることができて、メリハリのあるラインに仕上がっています。

さらに、濃いめの色のパンツにすることで、ワイドパンツでも足が太く見えてしまうようなこともなく、シュッとした細見え効果がアップ。足長効果もあるので、シンプルでもスタイルアップが叶っちゃいます。

③:さわやかな色合いのシンプルガーリーコーデ

引用:Instagram @chogpoyo

春から夏にかけて、明るいカラーのアイテムが気になってくる季節ですよね。水色と白の明るくさわやかな色合いのコーディネートは、見た目にもすずしげで明るい印象を与えるだけでなく、顔の印象もぱっと明るく見せてくれるので、かわいらしい女の子の雰囲気にぴったり

ゆるめのシルエットのトップスにロングスカートをあわせたシンプルなコーデに、細目のベルトでウエストマークをプラス。ウエストの位置を高く見せられるので、足長効果を出すことができます。

④:大人かわいいシンプルワンピースコーデ

引用:Instagram @chogpoyo

フロントの大き目なボタンデザインが特徴的な、シンプルでかわいいワンピースをメインにしたコーデです。ベージュカラーにすることで、膝丈のワンピースでもかわいらしくなりすぎず、大人っぽい印象で着こなすことができます

また、スカーフとパンプスの柄をあわせていることで、コーデにまとまり感がプラスされています。シンプルな白ソックスでカジュアルさをプラスして、大人かわいいワンピースコーデの完成です。

⑤:夏にぴったりなボーダーカジュアルコーデ

引用:Instagram @misane1209

夏に着たくなる柄といえば、海にぴったりなボーダー柄。マリンルックなどにもよく使われるボーダー柄は、ネイビーや白といったカラーリングのものを使うと、より夏っぽさを感じさせるコーデにすることができます。

おおきめのシルエットのボーダーTシャツに、ロールアップしたデニムのワイドパンツをあわせれば、カジュアルでかわいいサマーコーデが完成。さらに白のソックスとスポーツサンダルをあわせることで、足元までばっちりなさわやかカジュアルコーデになっています。

最高気温24度のおすすめの服装【レディース編】

続いては、最高気温が24度のときにおすすめなレディースの服装を見ていきましょう!

①:春に着たくなるピンクコーデ

引用:Instagram @yuichin__

最高気温24度の日は、春先や秋などによくみられる気候です。春に着たくなるカラーといえば、やっぱり華やかでかわいらしいピンクが気になりますよね。

デニムシャツと靴下、そしてカバンにピンクを取り入れたキュートなコーデは、かわいらしいピンクを引き立たせるよう、他のアイテムはシンプルな白とブラックに統一しています。スカートとローファーの素材感がしっかりしているので、よりコーデを引き締めてくれていますね。

②:シンプルかわいい大人のらくちんコーデ

引用:Instagram @chogpoyo

最高気温が24度ということは、朝や夕方は少し気温が下がり、日中よりすずしく感じることもあります。そんなとき、薄手のアウターを羽織っておくと、急な肌寒さにも対応することができるのでおすすめ。

白のトップスとデニムワイドパンツのさわやかなコーデに、ロング丈のシンプルなアウターをプラス。コーデの邪魔をすることなく、Iラインを強調できるので、細見えも叶います。

しっかりした生地感のものは暑く感じてしまう上に重たくなりがちなので、さらっとした薄手のアウターがおすすめですよ。

③:ミリタリちっくな大人カジュアルコーデ

引用:Instagram @chogpoyo

こちらはミリタリカラーなカーキのシャツをあわせたコーデ。シンプルな白のトップスに小花柄のロングスカートをあわせたシンプルでかわいいコーディネートを、カーキシャツのミリタリな雰囲気で引き締め、甘辛コーデに仕上がっています。

カーキは一年中使い回しがしやすく、シャツなら重たくなりすぎないので、さっと羽織るのにうってつけのアイテム。色違いや素材、デザイン違いでいくつか持っておくと、アウターを着るには暑いけど、半袖は涼しすぎるかも、という日に活躍するのでおすすめです。

④:ゆったりカーディガンのシンプル秋コーデ

引用:Instagram @chogpoyo

秋にさしかかると、日中と朝夜の気温の差がとても大きくなってきます。日中の気温を参考にして薄着で出てしまうと、夜は寒くて風邪をひいてしまうこともあるかもしれません。

そんな時期におすすめなのが、薄手のニットを使ったコーデ。インナーにレースのトップスをあわせ、ニットの襟元から覗かせることで、カジュアルさの中に女性らしさをプラスして見せることができます。

さらに、秋らしさのポイントとして、靴下のマスタードカラーが差し色になっています。

⑤:雨の日もかわいく!モノトーン梅雨コーデ

引用:Instagram @wpc_official

最高気温が24度の日は、雨が続く梅雨の時期にも見られます。一日中雨が降り続くような日は、コーデを考えるのも少し憂鬱に感じてしまうかも。

そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすには、お気に入りになるようなかわいいレインアイテムを手に入れるのがおすすめ!レインコートや傘、レインブーツなど、最近はとってもかわいいデザインのものが多く販売されています。

こちらはボーダー柄のレインコートと、チェックの傘の色合いをあわせた、キュートなモノトーンコーデ。レインコートでもデザインや柄によって、かわいいコーデにできますよ。

最低気温24度のおすすめの服装【メンズ編】

次にご紹介していくのは、メンズのコーディネートです。まずは、最低気温が24度のときにおすすめな服装を見ていきましょう。

①:ホワイトが爽やかなセットアップコーデ

引用:Instagram @__06__gram

おしゃれに使える定番アイテムのひとつ、セットアップ。メンズでもレディースでも、気軽に着こなせることで大人気です。

こちらはクリームカラーのホワイトのセットアップを使ったコーデ。トップスもホワイトであわせたコーデの中に、差し色として鮮やかなグリーンのスニーカーをあわせることで、ぼやけて見えがちなホワイトコーデをしっかりおしゃれに仕上げています。

セットアップはあわせて着ればコーデが完成するだけでなく、上下セパレートして別々に使いまわすこともできちゃうので、1着持っているとコーデの幅が広がります。

②:スカーフがポイントの落ち着ききれいめコーデ

引用:Instagram @__06__gram

注目度の高いファッションアイテムのひとつであるスカーフは、レディースのみならず、トレンドに敏感なメンズも積極的に取り入れているアイテム。シンプルなシャツときれいめのパンツをあわせたコーデに、シックなベルトとスカーフをプラスするだけで、一気におしゃれ度がワンランクアップ。

スカーフの色味をコーデの雰囲気に合わせることで、クラシカルで大人っぽい雰囲気も出ていますね。落ち着いた大人っぽさも感じられるきれいめコーデに仕上がっています。

③:カジュアルでおしゃれなサマーコーデ

引用:Instagram @taipurine__0325

インパクトのあるロゴTシャツにデニムをあわせたシンプルなコーデですが、襟元のシャツ襟がおしゃれのポイントに。足元は靴下とスポーツサンダルをあわせて、シンプルながらスポーティさも取り入れたカジュアルコーデに仕上がっています。

ロゴが目を引くTシャツは、深みのあるカラーのものを着ることで、カジュアルすぎない印象に。シャツ襟がさらにきちんと感をプラスしてくれるので、大人カジュアルな雰囲気になっています。

④:シックでおしゃれなきれいめコーデ

引用:Instagram @man______ta

シンプルな白のTシャツに、ブラウンのきれいめなハイウエストパンツをあわせたコーデ。スニーカーやベルトはシンプルなカラーでコーデにまとまりを与えています。

さらにポイントとしてプラスされたスカーフが、一気におしゃれ感をプラス。首元に簡単に巻くだけでも、コーデの雰囲気ががらっと変わって見えるのでおすすめです。

ブラウンのパンツとスカーフの色味をあわせることで、コーデ全体を引き締め、おしゃれなきれいめコーデになっています。

⑤:重くならないシンプルサマーコーデ

引用:Instagram @man______ta

初夏の頃から多くなってくる最低気温が24度の時期は、ブラックのアイテムの使い方を間違えると、一気に重たく見えて暑苦しく感じてしまうことも。ですが、あわせるカラーやアイテムによって、コーデをスタイリッシュに見せることも、すずしげに見せることもできるので、積極的に使っていきたいカラーです。

こちらはブラックのトップスとパーカーにくすみカラーのワイドパンツをあわせた、シンプルなカラーのコーデですが、サンダルもブラックで統一することで、コーデに統一感が出ています。さらに、くすみカラーのワイドパンツがポイントで、ゆったりとしたワイドパンツのサイズ感が、絶妙な足首見せになるので、すずしげな雰囲気も感じられるようになっています。

最高気温24度のおすすめの服装【メンズ編】

続いて、最高気温が24度のときにおすすめなメンズの服装のご紹介です。

①:好印象なきれいめコーデ

引用:Instagram @bone_wear2

ポケットや袖、裾の部分のブラウンの切り替えデザインがおしゃれなシャツと、シンプルなスキニーデニムをあわせたきれいめコーディネート。シンプルな組み合わせですが、シャツのデザイン性が高いアイテムをあわせることで、一気におしゃれに見せることができます。

細身のスキニーデニムにあわせ、靴もブラックにすることで、統一感が生まれて足長効果も。秋の時期におすすめな、シンプルで好印象なきれいめコーデになっています。

②:秋にぴったりなシンプルチェックコーデ

引用:Instagram @varg_giraffe

ロゴ入りトップスとチェックのパンツをあわせたシンプルなコーデ。どの季節にも使いまわせるロゴ入りトップスは、どんなコーデでも使える万能アイテムです。

チェックのパンツは秋から冬にかけて大活躍してくれるアイテム。あたたかみのあるチェック柄をチョイスすることで、落ち着いた大人っぽい雰囲気にも見せることができます。

ロゴ入りトップスのカジュアルさに、チェックパンツのきれいめさがプラスされたバランスコーデです。

③:シンプルイズベストなきれいめおしゃれコーデ

引用:Instagram @varg_giraffe

きれいめコーデに仕上げるなら、注目したいのがシャツ。カラーやデザイン、袖丈の長さやシルエット感など、シンプルなようでさまざまな種類があり、それぞれがらっと印象が変わって見えます

袖口がきゅっと詰まったデザインのこのグレーのシャツは、スウェードのような生地感がポイント。秋が深まってくる時期にもぴったりで、どんなコーデでも使いまわしやすいグレーカラーです。

シンプルにスキニーデニムをあわせるだけでも、シャツの生地感がしっかりしているので、安っぽく見えず、大人っぽいきれいめコーデに仕上がっています。

④:さわやかな雰囲気のオータムコーデ

引用:Instagram @the.pitasstyle

夏から秋へと移り変わる残暑の時期は、少しずつ秋のカラーを取り入れつつ、日中と朝夜の温度差の対策もしたいという、気になるポイントが多くなる時期でもあります。そんなとき、使い勝手がいいアイテムがシャツ

もちろん夏にも大活躍したシャツを、長袖にしてカラーを徐々に秋っぽく変えていけば、それだけで季節感に合わせたコーデに仕上がります。シンプルなトップスとパンツに羽織るだけで、温度差の対策もできてしまう優れものです。

⑤:雨の日もおしゃれな梅雨コーデ

引用:Instagram @reis_uniqlo

最高気温が24度の日は、湿気で蒸し暑く感じる梅雨の時期にもよくあります。雨が降り続く日は靴や足元が濡れてしまうし、濡れると冷えて寒く感じてしまうしと、コーデがちょっと難しいかもしれません。

ポイントになるのは、脱ぎ着のしやすい薄手のアウターを使うこと。そして、なるべく水をはじく素材の靴をはいておくことです。

レインブーツとまでいかなくても、エナメル素材やブーツなどで足元が濡れるのを守るだけで、その日の不快指数は大きく変わります。また、泥はねなどをさけるため、長すぎるアウターはNGにしておくと安心ですよ。

気温24度の服装におすすめのアイテム

最後に、気温が24度のときにおすすめしたいアイテムをご紹介します。役立つアイテムやワンポイントとして、ぜひ取り入れてみてください。

①:カーディガン

引用:Instagram @gene_clo

どの季節でも活躍してくれる、万能アイテムなカーディガン。最高気温が24度でも、最低気温が24度でも、もちろん大活躍してくれます。

薄手のものやざっくりとした編み目の大きいカーディガンなら、暑くなる夏の日でも軽いので持ち運びやすく、クーラーなどで冷えたときにさらっと羽織ることができて、寒暖差の対策もできます。春や秋の時期の朝夜の冷え対策なら、編み目のつまったものや、すこし厚手のカーディガンをあわせると安心ですよ。

②:キャップ

引用:Instagram @hoshino_maria

カジュアル女子やスポーティ女子の御用達アイテムなキャップ。メンズライクすぎて似合わないかも、と躊躇っている人は、ベージュやブラウン、ピンクなどのやわらかいカラーのキャップから挑戦してみましょう。

デザインでスポーティさはばっちりなので、印象を左右するのはカラー。ピンクやブラウンならガーリーな雰囲気をプラスすることができ、ベージュなどのやわらかいカラーはカジュアルな雰囲気にすることもできます。

③:ハット

引用:Instagram @___er_5m

キャップと並んで人気なのがハットです。どの季節にもあわせられるシンプルなデザインのものや、夏にぴったりな麦わら素材、冬にあわせやすいファー素材など、さまざまなデザインがあるので、いくつか持っておくと使いやすく、あわせるだけでおしゃれに見せることができちゃいます

さらに、ハットにあわせたヘアアレンジができるのもポイントのひとつ。結んだり編んだりしてもよし、ストレートにおろすもよし、ハットとヘアスタイルの両方を楽しむことができ、印象もがらっと変わるので、ぜひチャレンジしたいアイテムです。

④:スポーツサンダル

引用:Instagram @akari___0302

春、夏、秋と、どんなシーズンでも使うことができるスポーツサンダル。はきやすく、動きやすく、そしてシンプルでどんなコーディネートにもあわせやすいので、1足持っておくと大活躍間違いなしです。

夏場はもちろん素足ではけますし、靴下をあわせれば表情が変わって見えます。靴下のカラーや素材感を変えるだけでも、季節感が変わってみえるので、使い回しもしやすいアイテムです。

どの季節でもおしゃれな自分で過ごしたい!

気温が24度のときにおすすめなコーディネートやアイテムをご紹介しました。最高気温の場合と最低気温の場合、そして季節にあわせてと、同じ気温の数字でも、まったく違うコーディネートになりましたね。

トレンドや季節感、カラーやスタイルにあわせてなど、服装を考えるときに気になるポイントは本当にたくさんあるので、毎度悩んでしまう人も多いはず。その分悩んで素敵なコーディネートを作れたら、きっともっと楽しい気分で過ごすことができますよ