市販のアッシュグレーカラー剤おすすめ5選!綺麗に仕上げるコツも

アッシュグレーのヘアカラーはとてもおしゃれでかっこいいですが、自分でカラーしようと思っても難しかったりすぐに色が抜けてしまったりとケアが難しいイメージですよね。でもやっぱりアッシュにしたい!という人も多い人気カラーです。そこで、アッシュグレーをセルフで綺麗に発色させるコツや、長持ちの方法などご紹介します。

2019年8月19日

アッシュグレーの髪の毛

アッシュグレーとは

アッシュグレーとは

アッシュグレーとは、くすんだ灰色をイメージする人が多いと思います。青みが強い灰色というのが1番ぴったりの表現ですね。

派手な髪色を想像する人も多いかもしれませんが、落ち着いた印象を与えることができるので決して派手ではありません。トーンにもよるので、おしゃれ髪にも落ち着いた髪にもすることができます。

日本人特有の髪の赤みを抑えくれる効果もあるので、日本人にぴったりの髪色ともいえます。青みや紫なども含まれているカラーなので、赤みを抑えることができるんですね。

また、トーンによって印象が変わることは先述の通りですが、元の髪色によっても仕上がりが全く変わるので面白いですね。

アッシュグレーが向いている髪質

アッシュグレーが向いている髪質

アッシュグレーというと、色が抜けやすいイメージがあると思いますが、実はこのカラーに向いている髪質があります。普段カラーを入れても黄色くなりやすかったり、抜けやすいという人に向いているんです。

それだけではなく、柔らかく髪の毛自体が細い毛の人の方が綺麗にカラーが入りやすいです。アッシュグレーの魅力である透明感が、赤みのない髪の毛の方が出やすいので、このような髪質の人におすすめです。

アッシュカラーは、カラーの色落ちも楽しめるカラーなのでどんどん抜けていく人の方が色変化の経過も楽しめますね。とはいっても、その逆の赤みのある髪の毛や硬い毛の人がアッシュにならないわけではないので、美容室で相談してみるのをおすすめします。

市販のアッシュグレーにする前のチェック項目

市販されているカラー剤でアッシュグレーにする前にチェックしておきたい項目をご紹介します。

  1. アンダーカラーを知る
  2. ブリーチのありなしで仕上がりが変わる
  3. 黒染めや暖色からは難しい

アッシュグレー前のチェック項目①:アンダーカラーを知る

アンダーカラーというのは、元々の自分の髪が持っている色のことです。綺麗なアッシュグレーにするためには、ブリーチをすることがほとんどなのですが、元々の髪色によっても仕上がりは変わります。

アッシュグレーを作るには、髪の毛が白の状態から作るのが1番綺麗で作りやすいです。しかし、先ほども説明した通り日本人の髪の毛は赤みが含まれていることが多く、黄味だったり青みだったりと人によって差があります。

美容室でカラーする場合は、そのアンダーカラーを見てカラー剤を調合してくれますが、セルフの場合自分のアンダーカラーによってブリーチをしたり、カラー剤の色を決めたりしなければいけません。

アッシュグレー前のチェック項目②:ブリーチのありなしで仕上がりが決まる

アンダーカラーを見るのと内容は少し被りますが、綺麗なアッシュグレーにするためにはブリーチをするのがおすすめです。アッシュグレーにする前に髪の毛を白に近い色にすることで、綺麗な色が入ります。

仕上がりイメージによって方法は少し異なりますが、ブリーチをしなくてもアッシュグレーにすることはできます。暗めのトーンならアッシュにすることができるので、したいカラーのイメージによって、ブリーチをするのかしないのか調整してみてください。

ブリーチをする場合は、一度じゃ足りない場合もあるので、何度かブリーチを繰り返してイメージに近づけてみてください。

アッシュグレー前のチェック項目③:黒染めや暖色系からは難しい

元の髪色が白に近ければ近いほど綺麗なアッシュグレーが入りやすいので、黒染めしたあとの髪の毛やオレンジなどの暖色系の髪の毛では色が入りにくいです。絵の具などで色を混ぜていくのを想像すると分かりやすいですが、オレンジからグレーを作るのと白からグレーを作るのでは、工程や仕上がりが全然違いますよね。

黒から作るのはもっと難しいです。なので、元の髪色が暖色系だと一度で綺麗なアッシュグレーにするのは難しいですね。

何度かアッシュグレーに染めるのを繰り返していけば理想の仕上がりに近づいてはいくので、一度で綺麗な色の染めようと思わず、何度か繰り返してみてください。

市販のアッシュグレーを綺麗に発色させるコツ【タイプ別】

綺麗に発色させるコツ

ここからはタイプ別にアッシュグレーを綺麗に発色させるコツをご紹介します。

白髪染めアッシュグレーのコツ

白髪染めのアッシュグレーは寒色系で透明感のある仕上がりになります。白髪までしっかり染まることがカラー選びで大切なポイントです。

染め方はコームタイプや泡タイプなど色々な種類があるので、自分が使いやすいものを選んでください。白髪が頭のどこに集中して生えているのか、どの範囲に生えているのかなどによってカラーする頻度などが変わります。

また、白髪染めを使う人はそれまでにしているカラー履歴によっても色の入り方が変わります。先ほども触れたアンダーカラーを意識してカラー選び、セルフカラーをしてください。

ブリーチなしアッシュグレーのコツ

ブリーチをした方が綺麗に発色することはお伝えしましたが、ブリーチをすると髪の毛が傷んでしまうのでなるべくしたくないという人も多いですよね。その場合は、暗めの仕上がりを想定したカラーにするのがおすすめです。

最近のカラー剤はクオリティが高いのでブリーチなしでも結構明るくはなりますが、暗めにした方がおしゃれ感が出ます。また、ブリーチをしないときはグリーンやブルー系のカラーを混ぜて使うこともおすすめです。

こうすることで、髪の毛の赤みを抑える効果が期待できるので、ブリーチなしでも色が入りやすいでしょう。試してみてください。

ブリーチありのアッシュグレーのコツ

ブリーチをすると色が綺麗に入るのは何度もお伝えしてきまいたが、やはりセルフでブリーチをするなら髪のダメージを1番気をつけなければいけません。それと、セルフでカラーする際にもうひとつ気をつけなければいけないのは「染めムラ」です。

ブラシやコームでカラー剤を塗るタイプだと、プロとは違いどうしても塗りにくかったり後ろ頭が塗れなかったりしますよね。最近定番になってきている泡タイプを使うと染めムラが少なくなりますし、後頭部もとても塗りやすいのでおすすめです。

また、髪のダメージを防ぐために毛先などにトリートメントをつけておくという前処理も重要です。仕上がりが格段によくなるというわけではありませんが、髪の毛のことを考えるなら大事な一手間なので覚えておきましょう。

市販のアッシュグレーおすすめ5選

それでは実際におすすめの市販のアッシュグレーをご紹介していきます。

①:フレッシュライト シュガーアッシュ

引用:フラッシュライト公式

個性的なカラーが豊富なことで人気のフラッシュライトのシュガーアッシュは落ち着いたトーンで大人な印象のアッシュグレーカラーです。泡のポンプ式なので扱いやすいのも人気の理由です。

価格は800円前後でドラックストアなどで購入できるので、思い立ったらすぐにカラーできるのも魅力的ですね。透明感を重視したい人にオススメの商品です。

②:ビューティーン グレーアッシュ

引用:ビューティーン公式

元の髪色がどんな色でも濃くはっきりと発色するのが特徴のビューティーン、グレーアッシュです。都会的でカッコいい印象になる商品ですね。

泡がもこもこでもっちりとした感触で染めやすいと人気です。青みが入っているのでグレー感はしっかり出ますが、暗すぎず明るすぎずちょうどいいという声が多いですね。

価格も600円前後と手軽なのも嬉しいですね。

③:ビューティーラボ ミスティアッシュ

引用:amazon

落ち着いたアッシュグレーが、会社勤めや学生にも人気の商品です。はちみつなど潤い成分がたくさん入っているのでセルフカラーで気になる髪のダメージも少ないです。

アッシュにするときに透明感と潤いがあった方がおしゃれに感じますよね。その点この商品は潤い感が強いので優秀な商品だといえます。

価格は650円ほどです。

④:リーゼ泡カラー ブリティッシュアッシュ

引用:amazon

マット系の爽やかなアッシュグレーがステキなリーゼ泡カラー、ブリティッシュアッシュです。グリーン系の色味が少し強いですが、落ち着いた印象のアッシュグレーを楽しむことができます。

アッシュカラーは色落ちが早いですが、このカラー剤は元が落ち着いた色なので、長く楽しめるという声が多いです。泡タイプなので、染めやすいですし価格も600円ほどとお手軽です。

⑤:リーゼ泡カラー ニューヨークアッシュ

引用:amazon

続いてもリーゼ泡カラーの商品です。こちらはニューヨークアッシュというカラーで、都会的でおしゃれな雰囲気のするカラーです。

リーゼの商品は染めやすさとアッシュのクオリティが高いととても人気ですね。すぐに髪色が馴染むので、挑戦しやすいです。

こちらのカラーもどちらかというと暗めで落ち着いた色味なので誰でも試しやすいでしょう。

市販のアッシュグレーを長持ちさせる方法

長持ちさせる方法

色落ちしやすいところが気になるアッシュグレーですが、気をつければ長持ちさせることができます。その方法をご紹介します。

  1. シャンプーのしかた
  2. 熱を入れすぎない
  3. 暗めのトーンにする

アッシュグレーを長持ちさせる方法①:シャンプーのしかた

美容室でカラーした場合でも同じなのですが、カラーをしてすぐはまだ髪に色が定着していないので、強い力でごしごしシャンプーするのはおすすめしません。2日間ほどは気をつけたいですね。

とはいえ頭を洗わないわけにはいかないので、あくまで優しくすすぐ程度にしてください。普段から強い力で洗っている人は気をつけてみてください。

また、紫系のカラーシャンプーを使うのもおすすめです。アッシュに限らず寒色系のカラーをしている髪の毛には紫シャンプーで色を少しずつ入れていくのが長持ちさせるにはおすすめです。

色が少しずつ入っていくので退色を防ぐことができます。

アッシュグレーを長持ちさせる方法②:熱を入れすぎない

ドライヤーやアイロン、コテなど熱を入れすぎるとどんどん髪の毛は傷んでいきます。同時にカラーも抜けていくので、ここでケアが重要です。

ドライヤーをする前にはトリートメントやオイルを付けて髪の毛を熱から守ってください。髪の毛は濡れているとダメージが進むのでお風呂上がりなどはすぐに髪の毛を乾かすようにしてください。

また、熱い風ではなく低音の風で乾かしてくださいね。これはアイロンも同じで、低めの温度でさっと使用するようにすることも大事です。

これらは毎日のことなので、少しのことでもダメージが蓄積されていきます。細かいですが気をつけていきましょうね。

アッシュグレーを長持ちさせる方法③:暗めのトーンにする

どれだけ気をつけていても、やはり色落ちしやすいカラーなので、それが嫌なのでだればトーンを暗めにすることをおすすめします。暗いトーンでも十分に可愛く、アッシュグレーを楽しむことはできるのでいい方法だと思います。

どんな色でも、トーン明るいほど抜けやすい傾向にあると言われているので抜けやすいな、と思っている人はいつもより2トーンくらい落として染めるといいかもしれません。さきほどご紹介したセルフ用のカラー剤でも、商品によって仕上がりが明るいもの、暗いものとあるので自分に合ったものを比較してみてください。

市販のアッシュグレーを長持ちさせるアイテム5選

アッシュグレーを長持ちさせるのにおすすめのアイテムをご紹介します。

  1. アンナドンナエプリ カラートリートメント
  2. ラシカ シースルーグロスシャンプー
  3. N.カラーシャンプー
  4. Panasonic ナノケアドライヤー
  5. ケラスターゼ NU ソワンオレオリラックス

①:アンナドンナエプリ カラートリートメント

引用:amazon

アッシュ系のカラーをしている人に圧倒的に支持されているカラートリートメントです。繰り返し使用することでほんのり色づいていくので、退色を防ぐことができます。

カラー成分が入っているのにお風呂で素手のまま使えるのも人気の理由ですね。カラーしていない人が使っても少しずつ色づいていくので、誰でも使うことができます。

1500円ほどで購入できるので、お手頃です。

②:ラシカ シースルーグロスシャンプー

引用:ラシカ公式

カラーが退色していくときに出てくるオレンジ系の黄味を抑える補色となる紫が配合されているので、色落ちを防ぐことができるグロスシャンプーです。色落ちを防いでくれるだけではなく、髪に潤いを与える成分も配合されているので、使わない理由がありませんね。

価格はトリートメントとセットで5000円ほどと決して安くはありませんがそれだけの価値はありますよ。

③:N.カラーシャンプー

引用:N.公式

ヘアオイルが人気のN.には、染めているカラーごとに合うように豊富なカラーシャンプーがあります。アッシュグレーで染めている髪の毛にはシルバーかパープルのカラーシャンプーがおすすめです。

パープルは、退色時に出てくる黄味を抑えてくれる効果があり、シルバーにはアッシュ系の寒色の色味を持続してくれる効果があるので、自分の髪質や髪色に合ったカラーシャンプーを使用してください。価格は2400円です。

④:Panasonic ナノケアドライヤー

引用:amazon

ドライヤーの熱から髪の毛を守ることもアッシュグレーを長持ちさせるには重要です。Panasonicのドライヤーはナノイー、ダブルミネラルなどを発生させ髪の毛を守るだけではなく、まとまりのある髪の毛にしてくれると話題の商品です。

ハイトーンカラーにしている人でもまとまりを実感していて、本当にいい商品です。価格は18000円ほどと高くないので毎日ののドライヤーから変えてみるのもいいでしょう。

⑤:ケラスターゼNUソワンオレオリラックス

引用:amazon

美容室でも使用しているところが多い有名なヘアオイルです。ドライヤーやコテを使ったあとなどヘアオイルはとても大事ですよね。

カラーを長持ちさせるだけではなく、髪の毛をダメージから守ることも大事なのでオイルを使うことをおすすめします。美容室で使われているというところからも品質のよさなどが分かると思います。

価格は3500円ほどです。

市販のアッシュグレーを楽しもう!

これまでセルフでカラーしたことのない人もしたことある人でも、特にアッシュカラーは難しいイメージがあったと思いますが、カラーするときのポイントと長持ちさせる方法を知れば挑戦してみたくなりますよね。美容室でカラーするのももちろんいいですが、安価で自分のしたいときにできるセルフカラーもとても魅力的だと思います。

これをしっかり見て、市販のアッシュグレーも楽しんでくださいね!