トレンドから裏ワザまで!セルフネイルの参考になるネイル雑誌まとめ

今じゃネイルもサロンへ行かず自分でチャレンジされる方が増えていますよね♡簡単に出来る!なのに可愛いセルフネイルをどどーんとご紹介していきますので是非チャレンジしてみてくださいね♪

2017年1月18日

セルフネイルの魅力とは?

セルフジェルネイルの魅力に迫ります! (15828)

常に可愛い爪でいたいのに、「時間に余裕がない」「子供がいてサロンに行けない」などなかなか毎月サロンに通う事が出来ずネイルが出来ないという方もいるのではないでしょうか?
そんな悩みから開放されるのが、セルフジェルネイルです。基本的な道具を揃えることで、自宅で簡単にジェルネイルが楽しめるのです。必要な道具一式も便利なスタートキットを購入すれば、一度で揃えることができます。色んなメーカーが販売しているので、自分の好みのジェルが入ったものを選ぶこともできます。

ラメ&ホログラムを使ってキラキラネイル

 (15835)

ネイルデザインを華やかにしてくれるアイテム。ジェルを用意しておくだけでなく、自分で量を調整できるように、幾つかカラーを揃えておくと、表現に幅が出てオリジナリティを発揮できます。グラデーションを作ったり、ポイントとして使ったり、色んな使い方ができるのがいいところです。
ネットショップなどでも販売されているラメやホログラム。袋などに入って売られているので、いくつか持っておくと簡単で便利です。
 (15837)

ラメカラーのピンクホログラムネイルです。

ネイルテープを使ってシンプルにかっこ良く

 (15840)

ネイビーとグレーでシックな簡単デザインです♡
 (15843)

ホワイトとゴールドでおしゃれゴージャスネイル!

王道のフレンチネイル

 (15846)

大人気のボルドーのフレンチネイル♡
 (15848)

ホワイトとブルーを使い爽やかにストーンも乗せて可愛く♡

セルフネイルの裏ワザをご紹介

 (15857)

※【重要】基本のベースカラー塗り
数字がふってある順番にネイルカラーを塗っていきます。中央から塗ったら次にサイド、そして爪の側面へと塗っていきます。
あまり見えないのにもかかわらず爪の側面にネイルカラーを塗る理由は、ネイルカラーをはがれにくくするため。側面を塗っておくと、塗っていないときに比べ何倍も持ちが良くなります。それに側面も同じカラーだと仕上がりがキレイですよね♡
では次に自分でできる、簡単ネイルデザインのやり方をご紹介していきます!

自宅にあるものを使っネイルデザインを描く

 (15861)

自宅にあるものが簡単にネイルアートアイテムに大変身。例えばヘアピンの丸い先端を使ってドット柄を描くことができます。他にも、爪楊枝やシャープペンの先、バンドエイドの穴を使って描く方法もあります。筆で描くよりも簡単にできます♪
 (15863)

もはやネイルアートをするのにかかせない存在のマスキングテープ。ホームセンターやステーショナリーショップなどで手に入ります。まずはフレンチネイルに活用。マスキングテープをカーブ状にカットし、爪の中央よりやや上に横位置でつけてテープより上の部分にマニキュアを塗ります。すると簡単にフレンチネイルのでき上がり♪ カーブをつけてカットする際、マスキングテープをどこかに貼りつけて1円玉やネイルカラーのキャップなどを利用してペンで線を引くと上手にできます。
複雑そうな模様も簡単
細く切ったマスキングテープを何本も並べてオリジナルの模様をデザインするのもおすすめ。きちんと乾かしてからはがすと失敗しません。
 (15865)

メイク用のブラシを使ったネイルアート。メイクのフィニッシュブラシの先にネイルカラーをつけてサッと横向きに塗りつけます。一色目が乾いたら二色目とお好みで。一度ネイルカラーがついた筆はメイクには使えないので要注意です。もう使わなくなった筆やフィニッシュブラシをネイル専用として使いましょう。
 (15867)

ネイルカラーを塗った上から、半乾きのままレースを貼りつけ、上から違うネイルカラーを塗ります。レースをはがすととても繊細なレース模様が表現されることに感動!半乾きのままレースを貼りつける理由は、レースを固定するためです。

最後に・・・・・

 (15870)

セルフネイルの方法、分かりましたか?
こまめなネイルケアをすることによってキレイに塗ることができますし、ネイルの発色も良くなります。
ネイルをOFFした後は、しっかり保湿をして乾燥を防ぐことも大事ですね。
まずはワンカラーのネイルポリッシュからチャレンジしてみましょう。
慣れたらカラーを増やしたり、ネイルシールを取り入れたりと爪のおしゃれを楽しんでくださいね♪