最新のおすすめアイシャドウ!デパコス・プチプラ共にご紹介

アイシャドウ選びって、難しいですよね。アイシャドウは、メイクアイテムの中でも特に種類が多く、色もたくさんあり、迷ってしまいます。
今回は、そんな悩ましいアイシャドウ選びのポイントをご紹介します!

2019年8月16日

アイシャドウの選び方

アイシャドウは色もテクスチャーも豊富で、迷ってしまいますよね。実際にまぶたに塗ってみると、思っていたように仕上がらないことも多々あります。
でも、これからご紹介するポイントをおさえれば、自分にぴったりのアイシャドウを見つけることができますよ!

  1. 肌の色に合ったものを選ぶ
  2. まぶたのタイプに合ったものを選ぶ
  3. なりたい印象に合わせて選ぶ

アイシャドウの選び方① : 肌の色に合ったものを選ぶ

引用 : rimmellondon_jp

肌の色は、大きく2種類のタイプに分けることができます。
肌色に黄味が強く、ゴールドやオレンジなどの色が似合うイエローベース。肌色に青みがあり、シルバーやブルーなどの色が似合うブルーベース。

肌の色味によってタイプ診断することを、「パーソナルカラー診断」といいます。自分の肌がどのタイプになるのかによって、似合うアイシャドウの色が変わってきます。

パーソナルカラー診断によって、自分に似合う色のアイシャドウを使えば、肌にスッと溶け込んで顔の印象を引き立ててくれます。 逆に似合わない色をつけていると、何となく顔色がパッとしなかったり、思っていたように仕上がらなかったり…。

最近では、デパートなどでもパーソナルカラー診断をおこなってくれるところもあります。色選びに失敗しがちな方は、一度プロに相談してみるものおすすめです。

アイシャドウの選び方② : まぶたのタイプに合ったものを選ぶ

引用 : syuuemura

一言にアイシャドウといっても、色味やテクスチャー、輝き方などは大きく異なります。まぶたの形が一重なのか二重なのか、それとも奥二重なのかによっても、アイシャドウの選び方は変ってきます。

まぶたのタイプに合ったものを選ばなければ、なんだか腫れぼったく仕上がってしまったり、目元がくすんで見えてしまったりしてしまいます。それでは、せっかく綺麗にメイクをしても、台無しですよね。

どういったアイシャドウなら、自分の瞳や顔立ちをより引き立たせることができるのかを知ることは、メイクをするうえでとても重要な事です。

アイシャドウの選び方③ : なりたい印象に合わせて選ぶ

引用 : syuuemura

アイシャドウは目元だけではなく、顔全体の印象を左右する、とても重要なアイテムです。どんな顔立ちになりたいのか、どういった雰囲気に近づきたいのかといった、希望に合わせて選ぶことが大切です。

かわいい雰囲気になりたいのに、キツく見えてしまうアイシャドウを選んでしまったり、逆に大人っぽくなりたいのに、幼く見えるものを選んでしまったり…。

なりたい印象に合わせて、アイシャドウの色やテクスチャーを使い分けましょう。まずは、ピンク=かわいい、ブラウン=大人っぽいといった、色味から連想できるものを使ってみると、簡単になりたい印象に近づくことができますよ。

種類別!アイシャドウの塗り方ポイント

アイシャドウにはさまざまな種類がありますが、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ の、大きく3つのタイプに分けることができます。
ここでは、種類別に塗り方のポイントをご紹介します。

  1. パウダータイプ
  2. リキッドタイプ
  3. クリームタイプ

アイシャドウの種類① : パウダー タイプ

引用 : makeit_press

パウダータイプのアイシャドウは、筆やチップ、指などを使って塗ることができ、塗り方によって全く違う雰囲気を楽しむことができます。また、簡単にアイメイクを仕上げることができるので、初心者の方にもおすすめです。

アイシャドウの中でも、一番色彩豊富に展開されています。薄い色から濃い色まで、まるで絵の具のようにカラーを選ぶことができます。

ラメやパールが含まれているものも数多くあるので、なりたいイメージを簡単に再現することができます。

アイシャドウの種類② : リキッドタイプ

引用 : makeit_press

リキッドタイプのアイシャドウは、リップグロスのような容器に入っているものが多いのが特徴です。

とろりとしたテクスチャーで、艶のある仕上がりになります。基本的な使い方は、リキッドアイシャドウをまぶたにのせ、トントンと指を使って広げていきます。

パール感の強いものや、ラメがふんだんに含まれるものが多いので、濡れたような艶のある目元を作りたいときにおすすめです。

アイシャドウの種類③ : クリームタイプ

引用 : makeit_press

クリームアイシャドウは、コンテナ容器に入っているものが多く、比較的重めのテクスチャーです。

使い方としては、そのまま指にとって、まぶたに広げていきます。パウダータイプに比べると、量の調節が少し難しいので、慣れるまで工夫が必要なものもあります。

また、3つのアイシャドウ中では、一番油分が多く含まれています。目元の乾燥が気になるとき使うと、アイメイクをしながら保湿も同時に行うことができますよ。

また、まぶたへの密着度が高いので、ヨレたり崩れたりすることが少ないのも特徴の一つ。化粧直しの時間が取れない時には、強い味方になってくれます。

年齢別おすすめのアイメイク方法

アイメイクは、年齢によっても似合う、似合わないが変わってきます。
それぞれの年齢に沿ったメイクに変えていくことによって、いくつになっても、より一層輝くことができますよ!

  1. 20代におすすめのアイメイク方法
  2. 30代におすすめのアイメイク方法
  3. 40代におすすめのアイメイク方法

20代におすすめのアイメイク方法

引用 : saki7905

20代は、まぶたにハリがあり、小じわなども目立たないので、アイラインを長く引いてもすんなりとなじませることができます。マスカラもしっかり塗って、より力を強めていきましょう。

カラコンを使うときは、少し縁の大きめのものや、ハーフっぽい印象になれる色を使うのも楽しいです。

20代のうちは、派手なアイメイクでもいやらしくならず、楽しむことができます。ラメをふんだんに使って、思いっきりまぶたをキラキラさせてもすんなり馴染むのは、20代の特権!

30代におすすめのアイメイク方法

引用 : nyao_mmm

30代は、20代の頃に比べてまぶたのハリがなくなってきます。くすみや小じわなども目立ち始めるのですが、一番ナチュラルなアイメイクが似合う年代でもあります。

アイラインは目尻にほんの少しだけ伸ばし、あまり跳ね上げないようにします。
マスカラもボリュームタイプよりも、ロングタイプのほうがすんなり馴染みますよ。

アイシャドウは、程よく悩みをカバーしながら、明るい目元に導いてくれる色選びが重要になります。肌なじみの良いオレンジや、くすみを飛ばしてくれる明るいピンクがおすすめです。

40代におすすめのアイメイク方法

引用 : nyao_mmm

40代は特に、自分に合ったアイメイクを施すことが重要です。目力ばかりを求めて、どんどん重ね塗りをしていくのは絶対にNG。
艶と陰影を意識して、アイメイクを仕上げていきます。

アイラインは、インラインをしっかり塗って、目に奥行きを持たせます。マスカラはロングタイプより、ボリュームタイプがおすすめ。
しっかり根元からまつ毛をセパレートさせて、根元にマスカラが濃く付くように塗っていきましょう。

アイシャドウは、艶のある保湿性の高いものを使うと、アイメイクをしながら保湿ケアができるのでおすすめです。

おすすめのアイシャドウランキング【プチプラ編】

アイシャドウは、たとえプチプラでもかなりの実力派が揃っています。不動の人気を誇る、5つのプチプラアイシャドウをご紹介します。

5位 : ファシオ リキッドアイカラー

引用 : FASIO

ファシオ リキッドアイカラー
全10種/¥1200(税抜)

ファシオのリキッドアイカラーは、肌なじみが良く、くすみを飛ばしてくれるパステルカラーが、豊富に展開されています。

みずみずしく軽く伸び広がり、ヨレに強いウォータープルーフタイプ。きらめきのある、華やかな目元に仕上がります。

4位 : クリオ プロシングルシャドウ

引用 : CLIO

クリオ プロシングルシャドウ
全6種/¥1200(税抜)

大小のラメが贅沢に入っているので、濡れツヤアイメイクも思いのまま。
これを使うだけで簡単に、うるんだ瞳が完成しますよ!しっとりとした質感でラメ飛びせず、ピタっとまぶたに密着してくれます。

3位 : キャンメイク パーフェクトマルチアイズ

引用 : CANMAKE

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ
全5種/¥780(税抜)

アイシャドウ、アイブロウ、アイライナーとマルチに使えるカラーが5色入ったアイシャドウパレット。

マットカラーがすっと肌に溶け込んで、印象的な目元を演出できます。ラメやパール感が強いと、目が腫れぼったく見えてしまいやすい方に、ぜひ使ってみていただきたいアイテムです!

2位 : エクセル  スキニーリッチシャドウ

引用 : エクセル

エクセル スキニーリッチシャドウ
全6種/¥1500(税抜)

しっとりしたパウダーで、信じられないほど簡単に、きれいなグラデーションを作ることができます。

自然に目を大きく見せてくれるので、オンオフ問わず上品メイクを楽しむことができます。綺麗な発色が1日中続くので、ほとんどメイク直しなしで過ごすことができますよ!

1位 : キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ

引用 : CANMAKE

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ
全9種/¥780(税抜)

プチプラとは思えない実力派アイシャドウ。

欲しいカラーが全てこのパレットに入っているので、なりたい印象に合わせて塗り分けることができます。涙袋メイクもこれ一つで仕上げることができます。
発色も色持ちもパーフェクトで、まさに言うことなしのアイテム!

おすすめのアイシャドウランキング【デパコス編】

デパコスのアイシャドウは、質感も発色も「さすが!」の一言!アイメイクに自信がなくても、美しいメイクを完成させることができるアイテムが揃っています。

5位 : クリスチャン・ディオール サンククルール

引用: クリスチャンディオール

クリスチャン・ディオール サンククルール
全12種/¥7600(税抜)

見たままに発色する絶妙カラーが絶大な支持を得ています。

5色パレットは捨て色がなく、重ねる順番によって全く違う印象を楽しむことができます。輝きも上品で、オフィスメイクでも安心して使うことができます。

4位 : アディクション ザアイシャドウ

引用 : アディクション

アディクション ザアイシャドウ
全99種/¥2000(税抜)

ベーシックで使いやすいカラーが、全99色と豊富に揃っています!

繊細なパール感のシルキー、見たまま発色するマット、繊細なものからリッチなものまでバリエーション豊富なパール、肌へのフィット感高く艶やかな仕上がりのメタリックと、質感も豊富に用意されています。
自分にぴったりのカラーを、きっと見つけることができますよ。

3位 : スック デザイニングカラーアイズ

引用 : SUQQU

スック デザイニングカラーアイズ
全15種/¥6800(税抜)

洗練されたくすみカラーに、透明な輝きを合わせた4色アイシャドウ。

肌に程よく溶け込んで、テクなしでも印象的な目元を作ることができます。定番カラーに加えて、季節に合わせて限定カラーも登場するので、要チェックアイテムです。

2位 : コスメデコルテ アイグロウジェム

引用 : コスメデコルテ

コスメデコルテ アイグロウジェム
全30種/¥2700(税抜)

スキンフィットオイル配合で軽やかに肌に溶け込み、しっとりとした濡れ艶まぶたを演出してくれます。密着力が高いので長時間ヨレず、くすまず、つけたての美しさが持続します。

アイシャドウベースとしても使うことができるので、上からパウダーアイシャドウを重ねて、より深みのある目元を作ることもできますよ。

1位 : ルナソル ニュアンスシェイドアイズ

引用 : LUNASOL

ルナソル ニュアンスシェイドアイズ
全4種/¥5000(税抜)

4色セットのアイシャドウは、捨て色がなく、すっと肌になじみます。

深みと奥行きのある目元を演出し、色持ちも申し分なし。どんなまぶたのタイプでも印象的に仕上げることができ、その実力の高さは多くの女性の支持を集めています。

自分にぴったりのアイシャドウを見つけよう!

アイシャドウは、パーソナルカラーやまぶたの形、年齢によって変えていく必要があるアイテムです。その時の自分に合わせて、ぴったりのアイシャドウを選んでいくと、顔の印象を良く見せることができ、気になるくすみや肌の悩みもカバーしてくれます。

今回ご紹介した、アイシャドウ選びのポイントを参考に、素敵なアイシャドウを見つけてくださいね!