かわいいおばさんとは?特徴やかわいいおばさんになる方法徹底解説

「なんか最近シワやたるみが気になる…あれ、私老けた?」、人間誰しも年齢には逆らえないもの。そうはいっても、いつまでもかわいくいたい女性にとって、加齢による見た目の変化はとてもショックですよね。

「若作り感必死なのはいや!でも歳を取ってもかわいいおばさんでいたい」、そんな方のために、今回はかわいいおばさんの特徴から、歳を重ねても外見・内面ともにかわいくなる方法についてご紹介していきます!

2019年10月20日

かわいいおばさんの特徴

かわいいおばさんは笑顔が魅力的!

「かわいくみられたいけれど、痛々しいおばさんにはなりたくない!」、これって意外とむずかしいことなんですよね。そこで、ワザとらしく見えないかわいいおばさんの特徴を紹介していきましょう!

  1. いつも笑顔
  2. 流行に敏感
  3. 姿勢が美しい
  4. ちょっと抜けてる
  5. 言葉遣いがキレイ
  6. 自分の見せ方を知っている
  7. ポジティブ思考
  8. 人の悪口は言わない
  9. 友達が多い
  10. 仕草がゆったりしている
  11. 好きな仕事や趣味を持っている
  12. 素敵な恋愛をしている

かわいいおばさんの特徴①:いつも笑顔

かわいいおばさんは笑顔が上手な人が多いです。「笑いすぎるとシワができるから嫌!」という方もいますが、シワやたるみを気にした口元のみの笑顔は、「目が笑ってない」と怖がられることもあります。

笑って生き生きとした表情はどんなメイクや美容法も敵いません!優しく微笑みながら相手の話を聴いたり、歯を出して綺麗な笑顔を作ることを意識してみましょう。

ただし、あまりに大口を開けてガハガハと笑ったり、お笑い芸人のように顔の前で手を叩いたりするような所作はしないよう、くれぐれも注意してくださいね。

かわいいおばさんの特徴②:流行に敏感

メイクもファッションも、今までの固定観念にとらわれず、新しくていいものを取り入れるよう常にアンテナを張っておきましょう。具体的には、ファッション雑誌をチェックしたり、メイクの美容部員さんやアパレル店員さんなどにどんどん相談して、トレンドメイク・ファッションをアップデートしていくといいですね。

「このカラー私には似合わないんじゃ…」と思っていても、案外しっくりくるかも。自分の新しい一面を知っていくことが大事ですよ。

かわいいおばさんの特徴③:姿勢が美しい

どんなにメイクやファッションが完璧でも、姿勢が悪かったらそれだけで台無しに。また、姿勢が悪い人は身体の代謝が悪くなり、美容や健康にも影響がでる可能性があります。

姿勢をキレイに保つ方法として、頭の上からかかとまで1本の糸でまっすぐ吊るされているようにイメージしながら、ピンと背筋を伸ばしましょう。最初は辛いかもしれませんが、慣れてくればそれが普通になってきます。垢抜けた姿勢美人を目指しましょう!

かわいいおばさんの特徴④:ちょっと抜けてる

歳をとってもかわいいおばさんで居続けるには、ちょっとした天然要素も必要です。確かに、年齢を重ねていくと、誰かに甘えたり、弱い部分を知られることが怖くなることもあるでしょう。

でも、常に隙なしの完璧人間でいると、特に男性からは倦厭されてしまう可能性が。ワザと天然ボケをかます、なんてことはしなくても大丈夫ですが、肩の力をちょっと抜いて、たまには誰かを頼ったり、のんびり構えてみることも大事ですよ。

かわいいおばさんの特徴⑤:言葉遣いがキレイ

年齢的にはおばさん、でも可愛くて上品に見える人って、言葉遣いがとてもキレイです。「元々そういうキャラじゃない」、「急に変えるなんて恥ずかしい」、なんて方は一人称や語尾を変えてみるだけでだいぶ印象は変わってきます。

「あたし」や「ウチ」を「わたし」に、「〜じゃん?」を「〜でしょう?」といった具合ですね。また、話すスピードが早口な人は、少しゆっくり話すことを意識するだけでも印象はかなり変わってきますよ。

急に全てを変えることは難しいですが、周囲の言葉遣いがキレイな人を真似してみることから始めてみましょう。

かわいいおばさんの特徴⑥:自分の見せ方を知っている

自分に似合った服やメイク、ヘアスタイルなどを心得ていることも、かわいいおばさんになるために必要な要素です。自分の肌色にあったメイクや、顔の欠点をカバーしてくれるヘアスタイルにすれば、同じ顔でも見違えて垢抜けたかわいい印象に変わりますよ。

特に、最近流行してるパーソナルカラー診断や骨格診断にそって、自分に似合う色やトーン、服のタイプを探してみましょう。PCやスマホで自己診断もできますが、自信がない方は専門店へ足を運んでみるのもおすすめです。

かわいいおばさんの特徴⑦:ポジティブ思考

どんなに外見をかわいくしても、マイナス思考だったり後ろ向きな発言をしていると、せっかくの印象が台無しに。若い時はうじうじ、くよくよしてても構ってくれる人はいたかもしれません。

でもおばさん年齢になってくると、いよいよ「面倒な人だな」と周囲から思われて、誰も寄って来なくなるかも…。いくつになってもかわいい人は、明るくポジティブ思考です。

ネガティブ思考さんにイチオシな方法は、「前向きな発言を口にするよう心がける」、たったこれだけ。最初は抵抗があるかもしれませんが、気持ちだけでなく、顔つきも本当に明るく変わっくるのでおすすめです!

かわいいおばさんの特徴⑧:人の悪口は言わない

年齢に関わらず、みんなで集まって愚痴や悪口大会が好きな女性は多いです。女性同志で集まっては、そこにいない友人や同僚の陰口を叩いたり…。

あなたの職場やご近所にも、このような女性はいるのではないでしょうか。不思議と悪口を言っているときの人の顔って、醜く歪んでいることが多いです。

内面も美しく、かわいいおばさんであるためには、そういった負のオーラがある人とはなるべく関わることはやめましょう。職場やご近所付き合いに角が立たない程度に、上手くかわしたり、スルースキルを身に着けていくことをおすすめします。

かわいいおばさんの特徴⑨:友達が多い

性格が明るく、外見もおしゃれなかわいいおばさんは、周囲から好かれる存在。そのため、老若男女問わず友人が多いです。

「新しい友達なんてしばらくできてない」、という方は、社会人サークルや習い事教室に通ってみてはいかがでしょうか。特に、社会人サークルは、幅広い年齢層・職業の方と知り合うことができるのでおすすめ。

様々なバックグラウンドを持っている人と交流していくことで、平凡な日常に刺激が生まれ、内面により磨きがかかるでしょう。

かわいいおばさんの特徴⑩:仕草がゆったりしている

可愛らしい人って、仕草や動き方がゆったりしています。逆に、歩き方や行動がせかせかしている人って、ギスギスしていて、近寄りがたい雰囲気がありますよね。

余裕のある大人かわいい女性になるなら、焦らず、自分のペースを持って行動することを心がけましょう。ゆったりとキレイに歩く、食べる、髪をかきあげる、このようなことを意識するだけでも周囲に印象的に映るはずですよ。

かわいいおばさんの特徴⑪:好きな仕事や趣味を持っている

自分が輝ける仕事や趣味を持つことも、かわいいおばさんになるためにとても大切。好きなことに向かって一生懸命な人の表情って、男女年齢問わずかっこよくて美しく見えますよね

本当にやりたい仕事を選ぶことは難しいかもしれませんが、それなら、趣味を見つけてみましょう。好きなことに没頭する時間は、ストレス解消にもなり、美容と健康にも嬉しい効果が。

さらに、趣味を通じていい出会いにも恵まれるかもしれません。

かわいいおばさんの特徴⑫:素敵な恋愛をしている

「恋をすると人はキレイになる」、といいますよね。誰かを想うドキドキする気持ちで、肌にキレイなツヤが生まれる、余計な食欲を抑えられる、などこの他にも美容面や性格にいい変化が恋愛にはたくさん。

年齢を重ねた女性こそ、いい恋愛をすることで、より内面・外見ともに輝きが増していくことでしょう。「まだいい出会いがない」という方は、積極的に出会いの場に足を運んでいきましょう。

もちろん、その間は自分磨きも忘れないでくださいね!

かわいいおばさんになる方法【外見】

かわいいおばさんメイクは「薄づき」を意識して

かわいいおばさんになるために外見で気をつけることとは?順番にご紹介していきます!

  1. ハリ・ツヤのある肌を保つ
  2. 厚塗り感のないメイクにする
  3. 手元のケアも忘れずに
  4. ヘアケアにも力を入れる
  5. 清潔感のあるシンプルなファッションにする

なる方法①:ハリ・ツヤのある肌を保つ

かわいいおばさんの肌作りは、とにかく生き生きとした「ハリ・ツヤ感」が重要!スキンケアやメイクで、プルプル肌に仕上げることで、若々しく垢抜けた印象になります。

スキンケアは化粧水、乳液以外にも美容液やクリームをプラスしましょう。また、メイク用品はツヤ感のある下地、ファンデはクッションタイプや美容成分たっぷりのリキッドタイプがいいでしょう。

仕上げにテカりやすいTゾーンにうっすらお粉で軽く抑えて完成です。

なる方法②:厚塗り感のないメイクにする

かわいいおばさんメイクには、いかに厚塗り感を出さないメイクにするかがとても重要。シミや毛穴を隠したい気持ちはよくわかりますが、あくまでベースメイクは「薄く」を意識してください!

また、ポイントメイクは、アイシャドウ・チーク・リップを1色で統一するワントーンメイクがおすすめ。顔のバランスが取りやすくなり、厚塗りメイクを回避できますよ。さらにハイライトやシェーディングを仕込んで、立体感のあるメイクを意識しましょう。

なる方法③:手元のケアも忘れずに

いくらメイクを頑張っても、手元をふとみたらガサガサ、指先はささくれが…という感じだったら一気に老け見え確実。残念な印象になりかねません。

洗い物などの水仕事をする際にはゴム手袋を使い、ハンドクリームは季節関わらず使用するようにしましょう。また、紫外線によるシミも年齢を感じさせる一要素。

日中は、保湿効果のある日焼け止めにして使い分けるといいですね。

なる方法④:ヘアケアにも力を入れる

年齢を感じさせる見た目の原因の1つが、「髪」であることは知っていますか?ヘアカラーは色落ち、質感もパサパサで極め付けは枝毛だらけ。

こんな髪だったら、いくらスキンケアやメイクを頑張っても印象は台無しです。美容院ではツヤ感を意識したカラーにしてもらいましょう。

また、髪の内部までしっかり保湿してくれる効果のあるトリートメントやヘアオイルも欠かさず行なってくださいね。

なる方法⑤:清潔感のあるシンプルなファッションにする

20〜30代の頃に花柄、チェック模様のワンピースやスカートを好んで買っていた方は要注意。年齢を重ねていくとそういったブリブリなデザインの服装は、顔と服装がちぐはぐになってしまい、野暮った印象になってしまいます。

かわいいおばさんを目指す人こそ、清潔感のあるシックなモノトーンコーデや、シンプルカジュアルコーデにシフトしていきましょう。また、「ちょっと可愛すぎるな…」というデザインの服は、ベージュやブラックなどのベーシックカラーにするとコーデがキマりやすくなりますよ。

かわいいおばさんになる方法【内面】

それでは、かわいいおばさんになるために内面で気をつけることとはどんな点でしょうか。順番にご紹介していきます!

  1. 自分に自信を持つ
  2. アクティブに行動する
  3. 誰にでも優しく接する
  4. 周りに流されない
  5. 知識や教養を身につける 
  6. 常に気持ちにゆとりを持つ

なる方法①:自分に自信を持つ

自信を持っていて、凛とした佇まいの女性は、それだけでとても魅力的な印象を与えます。かわいい印象の方ならなおさら、ギャップがステキに映るでしょう。

自信をもつためには、徹底的にコンプレックスを潰していくのみです。運動や筋トレをしてメリハリボディを目指したり、瞑想をしてメンタルを鍛える、読書や資格勉強で知識を積み重ねるなどといったこともおすすめですよ。

なる方法②:アクティブに行動する

「今日は休日だし、ゆっくり寝て、1日中ゴロゴロしよう」、こんなだらだらした過ごし方をしている方は多いのではないでしょうか。内面が磨かれ年齢を重ねてもかわいい女性は、とにかくアクティブ!

積極的に外にでて、新しい発見や、たくさんの人と交流することが大好きな人が多いです。どこにもいく用がなくても、キレイにメイクしておしゃれな服を着て、近所のカフェにいくだけでも大丈夫。

外出する機会を増やすことで、何か新しい発見や閃きが生まれて、生活が華やぎますよ。

なる方法③:誰にでも優しく接する

かわいい女性は、「どうしたら相手が喜んでくれるか」を常に考えていて、とても気配り上手。そんな風に誰にでも優しく接する女性は、一際輝いて見えますよね。

ただ、「優しさ」は時に「優柔不断」に映ってしまうことも。あまりに愛嬌を振りまきすぎると、周囲から八方美人に思われたり、男性からしつこく付きまとわれる恐れもあるので気をつけてくださいね。

時には、毅然とした態度を取ったり、きっぱり本音を伝えることも必要です。

なる方法④:周りに流されない

見た目がかわいく磨かれた女性は、芯が通っていて自分を持っている方が多いです。特に今はスマホやSNSが普及し、嫌でも自分と他人を比べる機会が多くなりました。

そんな情報が溢れかえっている現代だからこそ、自分の軸を持ち、ブレない精神でい続けることがとても大事。他人と比べるよりも、過去の自分と比較することの方がずっと大事ですよ。

今までの自分と徹底的に向き合って、「今日よりも進歩した自分」であり続けられるよう行動していきましょう。

なる方法⑤:知識や教養を身につける 

内面もかわいい女性になるためには、たくさん知識を吸収して、人を魅了する発言力やトーク力を磨いていきましょう。知性に溢れている方の話は内容に厚みや説得力があり、とても面白いですよね。

また、容姿に元から自信がない方でも、知性や人間性の高さでいくらでも素敵な女性に変身できます。若さはいつか衰えますが、知識や教養はいつまでも失われることのない一生の財産。

いつまでも学び続ける姿勢は大事にしていきましょう!

なる方法⑥:気持ちに常にゆとりを持つ

かわいく美しい女性は見た目だけじゃなく、常にゆとりがあります。もちろん、生活もシンプルで整った人が多いですね。

朝は早めに起きて準備をする、家計簿をつけて計画的に貯金するなど、計画性を持って生活すると、自然と気持ちにもゆとりが生まれやすくなります。また、部屋が散らかっている人は整理整頓し、掃除を定期的にするといいですよ。

気分がスッキリするだけでなく、家庭的な一面も生まれて、男性からも好印象間違いなしです。

かわいいおばさん芸能人

かわいいおばさんの特徴を抑えたところで、実際に年齢を重ねてもかわいく輝いている芸能人をご紹介していきます。かわいいおばさんになるためのヒントが隠されているかもしれません!

  1. 山口もえ
  2. 坂下千里子
  3. 高岡早紀
  4. 石田ゆり子
  5. 菅野美穂
  6. 内田有紀

①:山口もえ

人気ママタレントの山口もえさん。40代とは思えない美貌と、そしておっとりした話し方・仕草がとてもかわいらしいですよね。

ふわふわした雰囲気なのに、バラエティ番組で炸裂する毒舌が面白く、巧なトーク力を発揮されています。性格は一見のんびりしてそうですが、実はとてもしっかり者なのだとか。

かわいさのなかにあるギャップも人気の秘訣なのかもしれませんね。

画像引用元:STARDUST公式

②:坂下千里子

ハキハキした話し方でバラエティ番組をいつも明るく盛り上げてくれている坂下さんは、山口さんと同じく人気ママタレント。20代の頃はキレイなお姉さんという感じでしたが、現在は大人かわいいお姉さんという感じですね!

かわいいだけでなく、ご家庭とお仕事をテキパキとしっかり両立されている姿勢が、同世代女子から支持されている理由なのではないでしょうか。

画像引用元:Instagram @chiriko_sakashita_official

③:高岡早紀

派手な美人役から清楚な主婦役まで幅広く演じている女優・高岡早紀さん。現在46歳とアラフィフにさしかかっている高岡さんですが、若さが命の芸能界においても、年齢を感じさせないほどの美貌と実力を持ち合わせ、現在もドラマや雑誌に引っ張りだこです。

ゆったりした話し方や仕草も、人を寄せ付ける魅力がありますね。

画像引用元:Instagram @saki_takaoka

④:石田ゆり子

最新話題作のドラマや映画などに多数出演し、現在も大活躍中の女優・石田ゆり子さん。現在50歳とのことですが、その年齢を感じさせないほどの少女のような可憐さと儚げな雰囲気が魅力的です。

ふわっとした可愛らしさと美しさを兼ね備えた彼女に、年齢問わず憧れている方は多いのではないでしょうか。

画像引用元:Instagram @yuriyuri1003

⑤:菅野美穂

キレイなアーモンドアイ・スッと通った鼻筋につるんとした毛穴レスの肌。菅野美穂さんは「老け」や「衰え」とは無縁の世界にいるんじゃないか、と感じる方はきっと多いはず。

そのルックスとは裏腹に、明るく飾らない性格も彼女の人気を後押ししているのではないでしょうか。プライベートでは、旦那さんである堺雅人さんと2人のお子様にも恵まれ、ますます美しさと輝きを放っていますね。

画像引用元:菅野美穂 OFFICIAL SITE

⑥:内田有紀

安定した演技力で、「ナオミとカナコ」や「西郷どん」など、人気ドラマに多数出演し続けている女優・内田有紀さん。20代の頃の写真と現在を見比べても、「どっちが今の内田有紀?」と区別がつかないほど、衰え知らずの女優さんです。

はっきりとした目鼻立ちに、ハリのあるキレイな肌、女性が欲しいものを全て持ち合わせているような方ですね。

画像引用元:BURNING PRODUCTION公式

女性はいくつになってもかわいくなれる!自分磨きを忘れないで

いくつになっても女性は輝ける!

「歳をとったら可愛いくなるのは諦めなければならないの?」、答えはもちろん「NO!」。女性はいくつになってもかわいく、美しくなれます!

メイクや服装を変えてみる、ダイエットに勤しんでみる、たくさんの人に会って刺激のある時間を過ごす。すぐに結果は出ないかもしれませんが、必ずあなたの人生にプラスになるはずですよ。

あなたらしく輝けるよう、自分磨きを研究してみてくださいね。