おすすめのアイライナーペンシルを紹介!選び方や引き方のコツも公開

アイライナーは、目をくっきり大きく見せてくれるメイクの手順では欠かせないものですね。今回は、初心者さんにもおすすめのアイライナーペンシルについてお話します。
プチプラからデパコスまで、様々なラインナップでご紹介。描き方もあわせてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年10月7日

アイライナーペンシルは初心者さんにおすすめ

アイライナーペンシルは初心者さんにおすすめ

アイライナーは、目のまわりや粘膜にラインを引いたりまつ毛の間を埋める、メイク工程の中でもとても繊細な作業ですね。リキッドタイプやペンシルタイプなどいろいろな種類がありますが、初心者さんにはペンシルタイプがおすすめです。

なぜなら、ペンシルアイライナーはリキッドよりなめらかに描ける上に多少失敗しても修正することができるからです。初心者さんだけでなく、アイライナーを引くのが苦手な方にもおすすめですよ。

アイライナーペンシルは、簡単に描けるけどにじむイメージがあるという方もいるかもしれません。しかし最近は、汗や皮脂に強く「落ちない」「滲まない」を売りにしたアイライナーペンシル もたくさん販売されています。この記事で具体的に紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

アイライナーペンシルの選び方のポイント

アイライナー

アイライナーペンシルを選ぶ時、芯のやわらかさ細さなど、いろいろな種類があって迷ってしまいますよね。 そこで、選び方のポイントを4つご紹介します。

  1. 初心者さんは、芯の細さをチェック
  2. 肌質に合わせて成分をチェック
  3. なりたい印象に合わせてカラーをチェック
  4. 生活習慣に合わせてオフのしやすさをチェック

①:初心者さんは、芯の細さをチェック

既にお伝えした通り、初心者さんにはペンシルタイプのアイライナーをおすすめしますが、中でもなるべく芯が細いものを選んでください。芯が細い方が微調整しながら引くことができます。

さらに、芯だけでなくペン先自体も細いものを選んであげると、ラインを引きたい位置にピンポイントで引けるのでおすすめです。

また、アイライナーペンシルの中でも特に人気のジェルタイプは、軽いタッチでするすると描けるというメリットがある反面、滑って失敗してしまうことも。細いタイプを選ぶことで、細かく調整しながら引くことができるのです。

②:肌質に合わせて成分をチェック

花粉症などで涙が出やすい方や汗をかきやすい方は、水に強いウォータープルーフタイプを選びましょう。夏場の海やプールでも大活躍します。

目の下に皮脂が出やすくパンダ目になってしまうという方は、スマッジプルーフタイプがおすすめです。 スマッジプルーフとは、皮脂に強いという意味です。ウォータープルーフでもにじんでしまうという方は、 一度試してみてくださいね。

③:なりたい印象に合わせてカラーをチェック

ペンシルアイライナーは、黒色茶色、その他様々なカラーバリエーションがあるのが特徴です。

黒色は、目の輪郭をよりはっきりさせ強い印象を与えます。 かっこよくてキリッとしたメイクにしたい方は黒を選ぶといいですね。茶色は、女性らしくやわらかな印象を与えます。かわいらしくナチュラルなメイクにしたい方は茶色をおすすめします。その他のカラーは、個性的なメイクにしたい時や、少し印象を変えたい時におすすめです。なりたい印象に合わせて選んでみましょう。

④:生活習慣に合わせてオフのしやすさをチェック

毎日忙しいOLさんや主婦の方は、メイクオフにあまり時間をかけたくないもの。さっとお湯だけで落とせたり洗顔で落ちるタイプは、時短になりうれしいですね。

ウォータープルーフなどの落ちにくさが売りのアイライナーは、アイメイクだけポイントリムーバーであらかじめ落としてからクレンジングするという方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、ウォータープルーフかつお湯で落とせるというアイライナーもあるんです。購入する際に、オフの仕方もチェックしてみましょう。

口コミ人気の高いおすすめアイライナーペンシル【プチプラ】

コスメはやはり、実際に使っている方の口コミが気になるところ。さきほどご紹介したポイントも交えながら、人気のアイライナーをピックアップしました。

①: キャンメイク・クリーミータッチライナー

クリーミータッチライナー

プチプラでお馴染み、キャンメイクのクリーミタッチライナーは、ジェルタイプのアイライナーです。とてもやわらかい芯でするする描けるのが特徴の大ヒット商品。4色展開なのもうれしいですね。

滲まないのでパンダ目になる心配もなし。芯だけでなくペン先も細いので、ラインを引きたい位置にピンポイントで引くことができます。

画像引用元:キャンメイク公式HP

②:デジャヴュ・ラスティン ファイン a クリームペンシル

ラスティン ファイン a クリームペンシル

デジャヴュといえばアイメイクのヒット商品がたくさんありますが、その中でも人気の「ジェル超え」とも言われるクリームペンシルアイライナー。

芯が楕円形なので、肌に当てる角度を変えれば細いラインも太いラインも自由自在に描けます。名前の通りロングラスティングなのもうれしいポイントです。

画像引用元:デジャヴュ公式HP

③:セザンヌ・ジェルアイライナー

ジェルアイライナー

こちらもプチプラでお馴染みのセザンヌ。くり出し式のジェルアイライナーは、ぼかすとアイシャドウとしても使える優れものです。

色展開は定番のブラックとブラウンの他、バーガンディーとピンクベージュの全4色。1本500円とコスパも抜群なので、全色揃えたくなってしまいますね。

また、ウォータープルーフなので夏場も大活躍間違いなしです。

画像引用元:セザンヌ公式HP

④:リンメル・ エグザジェレート クリーミィ アイライナー WP

エグザジェレート クリーミィ アイライナー WP

リンメルのアイライナーは、まるでクレヨンのようにするする書けるのに、やわらかすぎない芯が特徴。力を入れて描いても折れにくいです。

シャープナーもついているので、いつでも極細ラインが引けるのがうれしいポイントです。

ウォータープルーフなので夏場も安心ですが、速乾性はないため引いたら少し時間を置いて乾かすのが長持ちさせるコツです。

画像引用元:リンメル公式HP

⑤:ラブライナー・ペンシル

ラブライナーペンシル

ラブライナーのペンシルアイライナーは、とろけるようなレア質感なのに落ちにくい優秀商品。楕円形なので角度を変えれば太くも細くも描けちゃいます。

さらに最大のポイントは、ウォータープルーフでありスマッジプルーフでもあるところ。それでいて美容保湿成分が5種類も配合されており、デリケートな目元にとっても優しいアイライナーです。

画像引用元:ラブライナー公式HP

⑥:D-UP・ スーパーフィットジェルライナー

スーパーフィットジェルライナー

とにかく落ちないのが最大の特徴である、D-UPのジェルアイライナーペンシル。水にも強く、擦っても落ちません。

そのためオフの際はアイメイクリムーバーが必要になりますが、絶対にアイメイクを落としたくない!という日にはマストなアイライナーです。描きやすい上に発色もいいので、しっかりメイクを仕上げたい日に使うといいですね。

画像引用元:D-UP公式HP

⑦:ケイト・ レアフィットジェルペンシル

レアフィットジェルペンシル

とろけるような質感なのに、ぴったりと肌に密着してくれます。芯はなんと1.5mmと極細なので、まつ毛の間を埋めたり繊細なラインを引くことができるのがうれしいポイントです。

ウォータープルーフでありスマッジプルーフでもあるので、夏場の海やプールにも、皮脂やこすれにも負けません。

画像引用元:ケイト公式HP

⑧:メイベリン・ EVラスティング ジェルライナー エクストラスリム

EVラスティング ジェルライナー エクストラスリム

こちらも芯が1.5mmの極細ペンシルアイライナー。ロングラスティングなので1日中にじまず安心です。

速乾性が高く汗や涙にも強いのに、6種類のボタニカルオイルが配合されているので目元にとっても優しいです。

カラーはブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色展開。なりたい印象に合わせて選べるのもれしいですね。

画像引用元:メイベリン公式HP

⑨:ヒロインメイク・ ロングステイシャープジェルライナー

ロングステイシャープジェルライナー

落ちないアイメイク商品でロングヒット商品を多数輩出しているヒロインメイク。このジェルアイライナーもその1つです。スーパーガードポリマーa配合で、長時間キープしてくれます。

アイラインをしっかり引いてばっちりメイクに仕上げるのもいいですし、ラインが定着する前にぼかせばナチュラルな印象に仕上げることもできます。

画像引用元:ヒロインメイク公式HP

⑩:LB・ スリムジェルアイライナー

スリムジェルアイライナー

LBのアイライナーも極細の1.5mm。初心者さんにもおすすめです。くり出し式のペン先が細いタイプなので、ラインが引きやすいのが特徴。

そして一番のポイントは、他にはない重厚感あるカラーラインナップ。ジェットブラック・ロイヤルブラウン・セピアの3色展開なので、ぜひ店頭で試してご自分に似合う色を見つけてみてください。

画像引用元:LB公式HP

口コミ人気の高いおすすめアイライナーペンシル【デパコス】

続いてデパコスで人気のアイライナーペンシル10選をご紹介します。デパコスの特徴は、なんといってもカラー展開が豊富なところです。

①:シャネル・ スティロユー ウォータープルーフ

スティロユー ウォータープルーフ

全17色の豊富なカラーバリエーションで、上品な発色が魅力です。色持ちも良く、長く愛用されている方も多いようです。

芯が柔らかくなめらかな描き心地で、ウォータープルーフなので落ちにくいのもうれしいですね。

専用シャープナーが内臓されているくり出し式のペンシルなので、いつでも描きやすい状態をたもつことができます。

画像引用元:シャネル公式HP

②: THREE ・メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル

メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル

全9色のカラーバリエーションで、各色に相反するさまざまな色のパールを配合することで独創的な雰囲気を演出できます。

クリームのようななめらかなテクスチャーなのでするすると描きやすく、ペンシルの反対側にブラシが付属しているのでぼかせばアイシャドウのようにも使え流のもポイントが高いですね。

画像引用元:THREE公式HP

③:シュウウエムラ・ ドローイングペンシル

ドローイングペンシル

全16色のラインナップで、質感もマット・パール・メタリック・グリッターの4種あります。例えば、同じブラックでもマットとパールの2種類あるので、なりたいイメージに合わせて選択できるのがうれしいですね。

テクスチャーはクリーミーで、なめらかな描き心地。ウォータープルーフ処方なので落ちにくい優秀アイライナーです。

画像引用元シュウウエムラ公式HP

④:セルヴォーク・ シュアネス アイライナーぺンシル

シュアネス アイライナーぺンシル

全11色の色展開で、芯は少し太めなので存在感のあるラインが引け、アイシャドウのようにも使えます。個性的なカラーバリエーションなので、店頭で試してみてはいかがでしょうか。

上まぶたにいつものように使うのはもちろん、下まぶたのアクセントとして使うこともできますよ。

画像引用元:セルヴォーク公式HP

⑤:クリニーク・ クリーム シェイパー フォー アイ

クリーム シェイパー フォー アイ

シンプルな色展開ですが、各色にパールが入っており華やかな目元を演出できます。

101のブラックダイアモンドにはシルバーパール、103のエジプシャンにはゴールドパール、105のチョコレートラスタにはブロンズパールが入っています。さりげないパール感なので、いつもの目元を少しだけ華やかにしたい時などに使いたいアイテムです。

画像引用元:クリニーク公式HP

⑥:エレガンス・ ファインラスティング ジェルアイライナー

ファインラスティング ジェルアイライナー

柔らかくて描き心地のいいジェルアイライナー。濃密な発色で目元をキリッと引き締めてくれます。ペンシルの反対側にチップが付いているので、ぼかして柔らかい印象に仕上げることもできます。

カードリッジ単体・ホルダー単体でも購入可能なので、コスパ良くリピートできるのもうれしいポイントですね。

画像引用元:エレガンス公式HP

⑦:ナチュラグラッセ・ アイライナーペンシル

アイライナーペンシル

ナチュラグラッセのアイライナーの最大の特徴は、洗顔でも落とせることです。それでいて発色がよくにじみにくい、リピート間違いなしのアイライナーです。

こちらも反対側にチップが付属しているのでぼかすことができ、これ1本でキリッとした目元にもナチュラルな目元にも仕上げることができます。

画像引用元:ナチュラグラッセ公式HP

⑧:トムフォードビューティー・ エモーション プルーフ アイライナー

エモーション プルーフ アイライナー

トムフォードらしいラグジュアリーで美しい発色と、1日中落ちないロングウェアリング処方が魅力です。滲みや色移りがなく、湿気にも負けません。

くり出し式で専用シャープナーも付いているので使いやすさも抜群。いつでも細く繊細なラインを引くことができます。

画像引用元:トムフォードビューティー公式HP

⑨:ルナソル・ ニュアンスアイライト

ニュアンスアイライト

これまでご紹介したアイライナーとは少し違った、目元を明るく見せるのにおすすめのアイライナーをご紹介します。

ルナソルのニュアンスアイライトは、パールの入ったラベンダーニュアンスカラーで目の下に入れることで目元を明るくしてくれるアイライナーです。白浮きせず自然に仕上がります。

画像引用元:ルナソル公式HP

⑩:アディクション・ アイライナーペンシル

アイライナーペンシル

さらりとしたローズヒップオイルが配合されているので、なめらかな描き心地な上にベタつきがありません。

ウォータープルーフなので、1日中にじまずキープしてくれます。また、シャープナー付きなのでいつでも繊細なラインを自由自在に描くことができます。

画像引用元:アディクション公式HP

目の形別!アイライナーペンシル引き方のコツ

自分の目の形に合ったアイライナーの引き方を把握することは、実はメイクをする上でとても大事なことです。目の形別のアイライナーの引き方を見ていきましょう。

①一重さん

一重さんは、まつ毛の間を埋めること目尻のラインを少しオーバーに描くことがポイントです。しっかりとアイラインを引いてしまうと、いかにもアイラインを引きましたという違和感が出てしまいます。

まずは目尻だけにラインを引きます。目尻より少しオーバーに、細いラインを流れるように引きましょう。

次にまつ毛の間を埋めるようにラインを引きます。指でまぶたを持ち上げながら、粘膜を埋めるように意識しましょう。

②奥二重さん

奥二重さんは、目の際ギリギリになるべく極細なラインを引くのがポイントです。目頭から目尻まで、同じ細さで目の際に沿って引きましょう。アイラインを太く描いてしまうと腫れぼったい印象になってしまうので、極細なラインを引くのが重要です。

また、奥二重さんは目尻だけ二重になっている方が多く、目尻に太いラインを引いた方がいいのではないかと思われがちです。しかし二重幅がラインで埋まってしまうと重い印象になり目が小さく見えてしまいます。目尻も極細なラインを意識してみてください。

③二重さん

元々目ヂカラのある二重さんは、程よい抜け感を作ってあげるのが今風のメイクに仕上げるコツです。太くてくっきりしたラインを引くと、今時な抜け感が失われてしまいます。

細めのペンシルアイライナーを使ってまつ毛の隙間を埋め、目尻は好みの形に仕上げましょう。

また、二重さんはカラーアイライナーを使っても目元がぼやけないのがメリットなので、季節に合わせたカラーでメイクを楽しむのもいいですね。

アイライナーペンシルを使ったおすすめメイクテク

これまでご紹介したアイライナーペンシルを使ってできる、今風なメイクテクをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 秋っぽバーガンディーアイ
  2. 目尻の形でイメチェン
  3. カラーライナーで仕込む錯覚メイク

①:秋っぽバーガンディーアイ

引用:Instagram @cosme_momi

先ほどご紹介したセザンヌのアイライナーペンシルを使ったメイク。秋らしいバーガンディーカラーのアイライナーペンシルで目を囲み、程よい抜け感を演出しています。赤みのあるアイシャドウとの相性も抜群ですね。

ブラウンやバーガンディーのアイライナーは、黒いアイライナーよりも柔らかい印象に仕上がります。誰でも簡単にイメージチェンジできるので、1本持っておくと便利です。

プチプラでもこんなにステキな仕上がりになるので、カラーライナーを試したことがない方はプチプラ商品から試してみてもいいかもしれません。

②:目尻の形でイメチェン

引用:Instagram @csm__mai

こちらも先ほどご紹介した、キャンメイクのクリーミータッチライナーを使用したアイメイクです。同じ目の形でも、目尻のアイライナーの形ひとつでこんなにも印象が変わります。

跳ね上げキャットラインなら少し強めな印象に、平行気味に引けばナチュラルな印象に、下げ気味に引けばタレ目風になります。アイライナーペンシルは少しずつ調整しながら描き進めることができるので、その日の気分に合わせて変えてみるのもいいですね。

③:カラーライナーで仕込む錯覚メイク

引用:Instagram @lalamakeup_official

カラーアイライナーペンシルを使い、いつものアイメイクをよりかわいらしく見せるメイクテクをご紹介します。

まず、下まぶたの際の目頭から1/3部分に赤いカラーを入れます。そして次に、下まぶたの際の目尻から1/3部分にパール感のあるベージュカラーを入れます。

赤は目の粘膜に錯覚させ、ベージュは涙のようなうるうる感を演出し、目をより大きくかつかわいらしく見せてくれます。

アイライナーペンシルを使って初心者でもプロ級メイクを

メイクしている女性

アイライナーペンシルは、初心者やメイクが苦手な方でも使いやすいメイクアイテムです。また、カラー展開が豊富なのでシンプルな普段メイクだけでなく個性的な冒険メイクも可能です。

アイラインがうまく描けない、いつもとちょっと違ったアイメイクに挑戦したいという方は、ぜひ試してみてくださいね。