甘くて可愛い!コンデンスミルクネイルで愛されネイル

コンデンスミルクネイルとは、苺にかけるあのコンデンスミルクのようなカラーのネイルのこと。Ducato(デュカート)の「コンデンスミルク」というネーミングのネイルポリッシュが代表的なものです。甘くてかわいい雰囲気と、アレンジしやすい透明感で大人気。今回は、そんなコンデンスミルクネイルをご紹介します。

2019年6月26日

コンデンスミルクネイルとは

“甘くておいしそうなコンデンスミルクみたいなネイル”

コンデンスミルクネイルとは、「Ducato(デュカート)」から発売されているネイルポリッシュ(マニキュア)の「コンデンスミルク」というカラーを施したネイルのことです。デュカートといえば他にも、チャイラテやシナモン、ベイクドハニーナッツなど、おいしそうなネーミングのカラーがたくさん。

名前だけでなく、ナチュラルで肌なじみのいい色味も支持されています。その中でも特に、コンデンスミルクは季節を問わずに使える万能色として大人気なんです。

コンデンスミルクネイルをきれいに仕上げるコツ

“コンデンスミルクネイルをかわいく塗るコツ”

では、コンデンスミルクネイルをきれいぬ塗るためのコツをみていきましょう。

  1.  筆圧に気をつける
  2.  3度塗りする
  3. 色を重ねる際は下地が十分に乾いてから塗る

コツ①: 筆圧に気をつける

ネイルポリッシュを塗る際に気をつけたいのが、ムラや刷毛跡。もともとホワイトのネイルポリッシュは筆の刷毛跡がつきやすく、塗りにくい色味です。塗る際はできるだけ筆圧をかけすぎないことが大切。

コンデンスミルクはマットホワイトに比べると塗りやすいので、筆圧のコントロールさえ修得してしまえばより簡単に塗ることができます。塗り方は、筆についたマニキュアポリッシュを優しく誘導させるように、ふわっと力を入れないよう心がけましょう。

コツ②:3度塗りする

Ducato(デュカート)のコンデンスミルクは、かなりシアーな(透明感のある)カラーです。1度塗りだと自爪が透けてみえ、クリアネイルと大差がありません。

2度塗りめでほんのりホワイトが透けてみえますが、まだクリア感がたっぷり。通常のネイルポリッシュですと二度塗りで終わることがほとんどですが、コンデンスミルクの場合はやや物足りなさを感じます。

苺にかけるような本物に近いコンデンスミルク感を楽しむためには3度塗りしてちょうどいい濃さになります。

コツ③:色を重ねる際は下地が十分に乾いてから塗る

コンデンスミルク感を楽しむためには3度塗りがちょうどいいといいましたが、重ね塗りする場合はその分、ネイルポリッシュが乾ききるまで時間がかかってしまいます。厚みがあればあるほど、中の方まで乾きづらくなるためです。

また重ね塗りする際に下地が中途半端な乾き具合だと、ムラができやすいです。なるべく厚く塗りすぎないように気をつけながら、下地が十分に乾くのを待って重ね塗りしていきましょう。

どんな色とも相性抜群!コンデンスミルクネイルのデザイン5選

次に、コンデンスミルクネイルのデザイン5選をみていきましょう。

①:シェルのコンデンスミルクネイル

コンデンスミルクとシェルをあわせた爽やかなデザイン。コンデンスミルクネイルは独特の透明感が魅力なので、涼し気なアイテムのシェルとも相性ぴったり。

コンデンスミルクの透明感と、シェルの輝きで、デザインに奥行きが出て素敵。
海やフェスなど、夏のお出かけにつけていきたい涼し気なコンデンスミルクネイルです。

②:ブルーラメのコンデンスミルクネイル

コンデンスミルクとブルーのラメとホログラムをあわせたキラキラデザイン。コンデンスミルクのシアー感は、光を反射するラメやホログラムが引き立つベースです。

こちらも奥行き感が楽しめるネイルデザイン。大きめのホログラムがかわいいです。

薬指のブルーもいいアクセント。コンデンスミルクとエアリーブルーの組み合わせ、梅雨の時期に真似してみたいです。

③:ドライフラワーとコンデンスミルクネイル

コンデンスミルクと、ドライフラワーをあわせたデザイン。人気のドライフラワーも、もちろんコンデンスミルクネイルと相性抜群。ドライフラワーはカラフルなチョイスがかわいいです。

よりドライフラワーの色味をはっきりとさせたい場合は、画像のように濃いめのコンデンスミルク感にしましょう。筆跡に気をつけながら、重ね塗りすることがポイントです。

④:チークネイルとコンデンスミルクネイル

コンデンスミルクネイルに、ほわっとピンクをにじませてチークネイルに。透明感のあるコンデンスミルクネイルは他のカラーがなじみやすく、チークネイルに向いています。

チークデザインに使用するピンクも透明感のあるシアータイプがおすすめ。ほわっと内から発色するようにカラーをのせてください。画像のようにシェルをのせてもかわいいです。

⑤:チョコレートカラーとコンデンスミルクネイル

コンデンスミルクと、チョコレートのようなカラーを組み合わせたおいしそうなデザイン。もちろん相性はピッタリです。コンデンスミルクとチョコレートカラーをツートンにしているところがオシャレです。

フレンチネイルといえば技術のいるデザインですが、画像のようにまっすぐとした形のフレンチはセルフネイルでもやりやすいです。

コンデンスミルクネイルが100均で手に入る!

コンデンスミルクネイルはDucato(デュカート)以外でも手に入れることができます。似てるカラーを100均でも探してみましょう。

①: AC クイックドライ ベース&ハードナー

セリアなどの100均で買える「AC クイックドライ ベース&ハードナー」。ベースコートとハードナー(爪の補強)として販売されているものですが、このまま使うことでコンデンスミルクネイルが完成します。

ただし、もともとはベースコートとして使うものなので、透明感が強いです。コンデンスミルク感を出すためには3度塗り、4度塗りと重ねて塗ることがマスト。

②:ちふれ ベースコート

「ちふれベースコート」。こちらもベースコートではありますが、ほんのりと乳白色なので、重ね塗りすることでコンデンスミルクネイルを楽しむことができます。

他のカラーを塗りたい時もベースコートとして使えるので便利。速乾タイプなのも嬉しいポイントです。お値段は320円(税抜)とプチプラで購入することができます。

③: ネイルホリック WT005

「ネイルホリック WT005」。一度で発色する濃いめの乳白色です。

こちらは1度塗りにするか、ピンクなどナチュラルカラーとのグラデーションがおすすめ。濃いめのコンデンスミルクネイルを楽しむことができます。ドラッグストアなどで手に入りやすく、300円台のプチプラポリッシュ。

手軽にチャレンジしやすい一色です。

甘くてかわいいコンデンスミルクを楽しもう

“コンデンスミルクネイルをアレンジして楽しもう”

コンデンスミルクネイルは何といってもその甘くてかわいい質感と、アレンジしやすい透明感が魅力。プチプラで手に入るのでセルフネイルでもチャレンジしやすいです。

シェルなどのアイテムと組み合わせても楽しめます。ベースコートタイプだと他のカラーを塗る際にも使用できるので経済的。ひとつ持っていて損がない万能色です。