インスタグラマーとは?定義と気になる報酬、誰でもなれるの?

「インスタグラマー」という言葉をご存知でしょうか?その言葉の定義や、気になる仕事としてのインスタグラマーの報酬や特徴、そして一般の人がインスタグラマーを目指すための方法を紹介していきます。特に、投稿のポイントやインスタグラマーとしての専門事務所登録など。これを読めば、誰でも実はインスタグラマーになれる可能性があるということがわかりますよ♪グルメやファッションなど、各ジャンルでの人気のインスタグラマーも最後に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年11月23日

インスタグラマーの定義とは

写真特化型のSNSのひとつで、インスタグラムから派生した言葉です。イメージとしては、芸能人やアーティストなど著名な人ではなく、一般人だったり一般人だった人が、インスタグラムをきっかけに人気になった人のことを指します。

インスタグラマーと呼ばれる人の条件としては、2つあります。

1つめは、1000人のフォロワーがいることが挙げられます。フォロワー数が少ないと拡散力が低く、世の中への影響力があるとは言えません。

2つめは、ただフォロワー数が多いだけではなく、投稿へのリアクションが多いことも挙げられます。いいねの数やコメント数、リポスト、タグ付け等投稿ひとつへのリアクションが高い人もインスタグラマーと言えます。

インスタグラマー、職業としての仕組みとは

Youtuberのように、インスタグラマーも収入を得る方法があります。いくつかの収入を得る仕組みがあります。

1つ目は、企業などから提示された商品をインスタグラマーが紹介したり何気なく身につけたりすることで、企業から広告料をもらう方法です。その場合は、1フォロワー1円と換算されるのが相場のようです。

2つ目はアフェリエイト広告と言って、商品紹介のリンクをストーリー内に貼り付け、そのリンクから商品が購入された場合に何%かの収益を得る方法です。ブログで主流のアフェリエイトのインスタグラム版といえます。

3つ目は、インスタグラマーとして有名になったのちに、テレビや雑誌、サイトなどのメディアに出演したり記事や写真を納品して収益をもらう方法です。インスタグラムでの投稿が自身の営業ツールとなり、テレビ局や出版社などからお声がかかるということはよくあります。

インスタグラマーの特徴

誰でも簡単にインスタグラマーになれるかといえば、そうではありません。インスタグラマーにはいくつか特徴がありますので、ここでは5つ紹介します。

  1. 投稿に統一性がある
  2. 写真撮影や加工技術が高い
  3. 情報が正確でトレンドを掴んでいる
  4. 投稿頻度が高い
  5. フォロワーとコミュニケーションが取れている

特徴①:投稿に統一性がある

インスタグラムの特徴として、投稿した写真が一ページ内に統一間隔で表示されるというレイアウトの変更ができないというものがあります。PC、スマホアプリともに、縦3列ずつの正方形での表示です。パッと見たときに、写真や被写体に統一感があったほうがキレイに見えます

投稿の一覧を見た際に、投稿に一貫性があり、例えば「これはお洒落なファッション系だな」と伝われば、ファッションが好きな人や日々の洋服のチョイスの参考にしたい人にフォローされやすくなります。インスタグラムで人気なのは、ファッションの他にもグルメ、インテリア、ペット、旅などがあります。

特徴②:写真撮影や加工技術が高い

インスタグラムにはもともと写真のフィルター加工用のプリセットが入っています。投稿する際に好きなフィルターを選べば、色彩や明度を一瞬でお洒落に加工してくれます。自由に調整が出来る画像編集アプリも、優秀なものが次々とリリースされています。それらを使いこなすことで、別々のタイミングで撮った写真でもクオリティを高く保つことができます。

光がたくさん入る明るい写真、コントラストがはっきりした写真、料理や花、ペット等、手前のものにピントが合っていて背景がぼやけた一眼レフのような写真など、写真として綺麗なものを投稿するアカウントの方がフォロワーの心を掴みます。

特徴③:情報が正確でトレンドを掴んでいる

SNSとしてのインスタグラムの大きな機能のひとつは、情報発信できるという点です。インスタグラムは、フォローしてくれた人のタイムラインに自動で様々な投稿が流れていく訳ですが、どんな情報であれ、正しい情報を良いタイミングで伝えることができれば信頼度が高くなります。

人気のインスタグラマーたちは、自分の趣味・志向はもちろんですが、きちんとトレンドを抑えながら、世の中が求めている情報をしっかりと発信しています。また、それらに誤りがあると信頼度を失い、フォローを外されてしまうため、正確な情報である必要があるのです。

特徴④:投稿頻度が高い

有名人であれば、ファンがすでにいるので久しぶりの投稿でも「いいね」がたくさんついたり拡散します。ですが、インスタグラマーの場合は、もともとファンがいる訳ではないので、投稿の頻度も重要になります。

朝の8時、昼の12時など決まった時間に投稿する人もいれば、毎日必ず投稿するなど、高い頻度を維持するインスタグラマーは、意識に浸透しやすく忘れられることがありません。投稿しすぎるとタイムラインを独占してしまうため、程よい頻度で投稿すると人気が出やすく、フォローを外されにくいです。

特徴⑤:フォロワーとコミュニケーションが取れている

もともと、SNSはコミュニケーションを行うものです。一方的な投稿ばかりではなく、例えばファッション系の投稿をした際に、「可愛いですね。このトップスはどこのブランドのものですか?」などとコメントが来た際にきちんと返してあげられる人だとインスタグラマーとして人気が出やすいです。

全てにコメントを返さなくても、返信にいいねを押してくれるなど、見ている人に対して親近感や好感を与えられることが大切です。

インスタグラマーを目指すには

全てのインスタグラマーはもともとは一般人です。では、どのようにして一般人からインスタグラマーに成長することができたのでしょうか。ここでは4つの方法をご紹介します。

  1. テーマの確定と写真クオリティの向上
  2. ハッシュタグを活用する
  3. プロフィール(トップ)ページを充実させる
  4. インスタグラマーに特化した事務所に所属する

方法①:テーマの確定と写真クオリティの向上

インスタグラマーの特徴の項目で触れた「統一性」があるアカウントはブレがないため、そのテーマに興味のある人がフォローしやすくなります。自分の得意分野や興味のある分野が多岐に渡っていたとしても、最初はある程度絞ってフォロワーに対して興味のない投稿が流れないように配慮すると良いでしょう。

また、写真クオリティが低ければいくらテーマを絞っても魅力に感じられません。できれば、インスタグラム内にあるフィルターだけに頼らず、画像加工アプリやPhotoshopなどを駆使して自分の世界観を構築しブレずに投稿を続けれると良いです。

方法②:ハッシュタグを活用する

インスタグラムの投稿では、テキスト内にハッシュタグ(「#〇〇」)をつけることができます。最近では、調べ物をする際に、Google検索などを使わずインスタグラム内でハッシュタグによる検索のみをする人も増えてきています

#ファッション、#コーデなどボリュームの多いカテゴリ系のハッシュタグは必須でつけ、ブランド名など詳細情報までできるだけハッシュタグ化してつけておくと目につきやすくなります。とくに、ジャンルによっては英語や韓国語なども混ぜるといいね数が増えていきます。

方法③:プロフィール(トップ)ページを充実させる

投稿を気に入ってもらっていいねをもらえれば、自分のプロフィール(トップ)ページを見てもらえる可能性が高まります。フォローする前の段階で自分のプロフィールページは必ず表示されますので、そのページでしっかりとユーザーの心をつかめるかどうかも大事な要素になります。

最近では、投稿やストーリーをひとまとめにして、たとえば「おすすめリップ」「メディア出演」などその人の特徴のある分野を見せやすいUIになっています。また、URLにてインスタグラム以外の活動やアフェリエイトに繋がるブログ、youtubeチャンネルなどに飛ばすことも忘れずにしましょう。

方法④:インスタグラマーに特化した事務所に所属する

企業からの目線で言えば、広告を頼むインスタグラマーを探すときに担当者がいちいち全てのインスタグラマーの投稿から探すのは大変なので、最近ではインスタグラマーに特化した事務所も増えてきました。

そういった事務所に登録することで、企業のアピールしたい商品とよくマッチするインスタグラマーへの依頼がスムーズになりました。いくらか手数料は事務所に取られますが、仕事の量を確保していきたいなら登録することをおすすめします。

【ジャンル別】人気のインスタグラマー

最後に、ジャンル別で人気のインスタグラマーにはどういった人たちがいるのか例を挙げて紹介します。紹介しきれない程のインスタグラマーがいるので、自分の手本となるようなインスタグラマーをぜひ探してみてくださいね。

①:@kaori_yanagawa/グルメ

引用:Instagram @kaori_yanagawa

グルメに強いインスタグラマーをデリスタグラマーとも呼び一番人気のあるジャンルといえます。こちらは、2児のママで医師でもある栁川かおりさんのアカウントです。フォロワー数は67.9kあります。(1Kで1000ですので、この場合は、67万9,000人となります)

作り置きレシピや、簡単で美味しく、お洒落なメニューを多数紹介しています。お洒落で温かみのある写真には、よく人の手が写り込んでおり、あえて人感をだすことを意識した写真になっています。レシピ紹介サイトやレシピ本なども出版されています。

②:@h.m.m.150406/ライフスタイル

引用:Instagram @h.m.m.150406

夫、娘、祖母と一緒に暮らすHANAさんの、おだやかで豊かな暮らしを等身大の言葉と写真で紹介するアカウントです。Instagramから別のライフスタイル紹介サイトへのリンクもあり、そちらでも専属ライターをしています。グリーンや間接照明をうまく使ったインテリア以外にも、真似しやすい料理レシピなどもとても好感がもてます。

Instagramのフォロワー数は32.2kですが、コメント欄でも丁寧に返信を返すなどコミュニケーションもしっかりとられています

③:@kaimon_magazine/お買い物系

引用:Instagram @kaimon_magazine

河井菜摘さんという、3拠点で金継ぎ職人をしている方のアカウントです。生活する上での便利グッズやおすすめのアイテムを紹介する別アカウント(@kaimon_magazine)と両方とも人気で、金継ぎは11.1k、お買い物アカウントは11.5kのフォロワーがいます。

この方は実際に買う導線作りとして楽天ROOM(楽天でおすすめ商品を紹介するページ)を活用しているので、リンクから購入された場合は収益があがるアフェリエイトのような仕組みもつくっています。

④:@1xxxhr/ファッション

引用:Instagram @1xxxhr

もともとアーバンリサーチやKBFにてモデルをしていたはれこさんですが、最近baycrew’sに移籍し、そちらでも事業部として働きながらモデルをしています。彼女が紹介する服はよく売れ、また彼女自身も人気になり日本各地のパルコなどの店舗にてサイン会などをするほどになりました。

自社ブランドの服以外にも着たり紹介しているので、トレンドを押さえる上でも良いアカウントです。フォロワーは53.5kいて、うまくWEARも活用されています。

⑤:@ai_mitoma/ヘアアレンジ、メイク

引用:Instagram @ai_mitoma

現在2児のママで旦那さんとロサンゼルス在住の三苫愛さんのアカウントです。もともと東京のSHIMAという美容院で働いていた美容師で、いまもロサンゼルスや時折日本で雑誌・カタログ撮影などをメインに活動されています。

ヘアアレンジやメイク方法、おすすめのアイテムの投稿の他、IGTVやyoutubeチャンネルも活用しながら配信をしています。フォロワー数は、79.5kです。とにかくお洒落で有名人でもファンだと公言する方が多いインスタグラマーです。

人気のインスタグラマーから学ぼう!

まずは、自分の好きなジャンルや目指したいジャンルのインスタグラマーがどんな投稿をして人気を博しているのかを研究してみることをおすすめします。ノートに気づいたことをメモしながら、真似できそうなことをどんどん取り入れて、インスタグラムを熟知した上で投稿をすると良いです。

インスタグラムはアップデートも頻繁にあり、時代に合わせて成長を続けているSNSツールです。使い方次第で自分の副業になったり、メインの仕事として活用できるので、ぜひ今のアカウントや新しく作るアカウントで楽しみながらインスタグラマーを目指してみてはいかがでしょうか♪